2010年03月02日

『ニセ科学を10倍楽しむ本』

 このような子供向けのニセ科学解説本が発売中です。



 以前出した『超能力番組を10倍楽しむ本』の姉妹編です。前作は超能力番組のインチキを暴く楽しみを紹介したけど、今回はニセ科学をネタに楽しんでしまいます。
 上の画像をクリックして拡大すれば、どんなネタを扱っているか分かると思います。
 ニセ科学に騙されないためにはニセ科学のことをよく知らなくてはいけない。「そんな怪しげなものに近づいちゃいけない」と警告するんじゃなく、むしろを積極的にニセ科学の話題を楽しむことで、ニセ科学についての理解を深めよう……というコンセプトです。
 前作と同じく、中学生の夕帆ちゃんという女の子が主役。彼女がパパからニセ科学についていろいろ教わっていくという構成です。
 大人が読んでも楽しめますが、子供の頃からメディア・リテラシーを身につけさせるためにも、ぜひお子さんに読ませていただきたい1冊です。

--------------------

【内容紹介】

第1章 水は字が読める?

 夕帆ちゃんの通う中学の先生が、「水は字が読める」「〈ありがとう〉と書いた紙を容器に貼るときれいな結晶ができる」なんて、おかしなことを言いだした。
 同じことを信じて子供に教えている先生は日本中におおぜいいるという。これは大問題だ! パパは学校に出かけていって、先生と話をする。

第2章 ゲームをやりすぎると「ゲーム脳」になる?

 田舎からやってきたおばあちゃんが、夕帆ちゃんがテレビゲームを1日1時間やっていると知って心配する。
「それは大変! ゲームのやりすぎよ! ゲーム脳になっちゃうわ!」
 学校の先生や親たちも信じているという「ゲーム脳」。それっていったいどういうもの? 本当にゲームが有害だという証拠はあるの?

第3章 有害食品、買ってはいけない?

 また輸入食品から基準値を超える残留農薬が発見されたというニュース。それを見て夕帆ちゃんのママはひどく心配する。
「こわいわねえ。基準値の2倍だなんて、すごく危険じゃない」
 本当に残留農薬や食品添加物ってそんなに危険なんだろうか。実は「危険だ」「危険だ」と騒ぐ声にだまされていないか?

第4章 血液型で性格がわかる?

 友達の青葉ちゃんが夕帆ちゃんの家に遊びに来た。
「AB型の人は二面性がある」
「B型って性格がひねくれてる」
 などと決めつける青葉ちゃん。
 今や日本人の多くが信じている血液型性格判断。でも、根拠はあるんだろうか。そもそも言い出したのはいったい誰?

第5章 動物や雲が地震を予知する?

 夕帆ちゃんの友達の勇馬くんの飼っている犬が、地震の前日になぜか騒いだという。
 動物が地震を予知するというのは本当だろうか? そして地震の前に発生すると言われる「地震雲」の正体は?

第6章 2012年、地球は滅亡する?

 2012年に地球が大災害に見舞われるという映画を観てきた夕帆ちゃんと勇馬くん。帰りに書店に寄ると、タイトルに「2012年」「アセンション」「フォトンベルト」などとついた本がいっぱい並んでいた。
 天文学者によれば、2012年に地球はフォトンベルトというものに突入するのだそうだ。それほんと?

第7章 アポロは月に行っていない?

 夕帆ちゃんの友達の流菜ちゃんが、インターネットで見つけた話をする。
「アポロが本当は月に行ってないって知ってた?」
 アポロ11号の月面着陸はアメリカのでっち上げで、その証拠もいっぱいあるというのだ。
 興味を持った夕帆ちゃんは、この問題について調べて、夏休みのレポートを書く。ウソをついているのはいったい誰?

第8章 こんなにあるぞ、ニセ科学

 世の中にはまだまだニセ科学がいっぱいある。マイナスイオン、ゲルマニウムブレスレット、フリーエネルギー、ホメオパシー、反相対論、911陰謀説、インテリジェント・デザイン論……だまされないようにしなくっちゃ!

エピローグ うたがう心を大切に






同じカテゴリー(PR)の記事画像
『幽霊なんて怖くない』文庫化
新連載『プラスチックの恋人』
冬コミ直前情報
コミケ直前情報:『ミステリー・ゾーン』徹底解説
星雲賞受賞の言葉
新刊『世界が終わる前に BISビブリオバトル部』
同じカテゴリー(PR)の記事
 あなたの知らないマイナー特撮の世界RETURNS (2017-05-19 22:24)
 『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』発売記念イベント (2017-04-07 19:39)
 新刊『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』 (2017-04-07 19:09)
 LiveWire:またしてもニセ科学を楽しもう! (2017-03-06 17:23)
 切通理作の『怪獣千夜一夜』第一夜 (2017-03-06 15:56)
 『幽霊なんて怖くない』文庫化 (2017-02-21 19:51)

この記事へのトラックバック
Amazonにて購入。



ニセ科学を10倍楽しむ本
山本弘

これ、著者の仕事の中で、最も社会貢献度が高い作品ではないか。「アイの物語」が著者のフィクションベストとすれば、本作はノ...
全小中学校に常備すべし - 書評 - ニセ科学を10倍楽しむ本【404 Blog Not Found】at 2010年03月10日 02:37
まぁひょんなことからたどり着いたこのブログがおもしろかった。
山本弘のSF秘密基地BLOG
http://hirorin.otaden.jp/
山本弘さんとはどこかで聞いた気がする名前・・・
と思ったら、ソードワー...
山本弘のSF秘密基地BLOGがおもしろい【IfThenElseのブログ】at 2010年03月20日 22:48
この記事へのコメント
ちょうど今買って帰る所でした。
楽しみ、楽しみ。
Posted by ろぼ at 2010年03月02日 15:38
やっぱり騙される人は騙されるんですよね。というか、そもそもニセ科学を信じ切ってる人はこんな本は手に取らないのでは…

だからといって何もしなければニセ科学が広まってしまうという…
教育機関で教えてくれればいいんですけど、その肝心の教育機関がごらんの有様だよ!だから…




P.S.完全にこのエントリーの内容からずれるのですが、『ガンダムUC』をPSNで視聴されましたか?
Posted by Xbeta at 2010年03月02日 20:58
面白そうな本ですね。いまだにゲーム脳とか信じてる人いますしね…。メディアの責任は大きいです。
Posted by たかひろ at 2010年03月03日 02:08
前作も今作も拝読させて頂きました。
どのお話も愉快・痛快な内容にほくそ笑みながら読んでいるのですが、今作の第1章「水は字が読める?」を読んでパパの言葉にグッときました。最後にパパが先生に言った3つの心がけを、私自信改めて意識しなおそうと思います。
このシリーズの続刊を期待しております。
Posted by ミト at 2010年03月06日 00:59
できれば、次回のトンデモ本シリーズあたりで星の命名権ビジネスのトンデモ性も取り上げて欲しいです。

機動戦士ガンダムUCの舞台挨拶で発表されたCHiAKi KURiYAMA星の報道はどれもひどいもので、アレを読んで「自分も星の命名権を買いたい」と思った読者も多かったと思いますんで。
Posted by 夢浦忍 at 2010年03月11日 01:39
「ニセ科学を10倍楽しむ本」が、ホリエモンのブログで紹介されてましたよ!
http://am6.jp/aAAVrJ
Posted by かとりょー at 2010年03月11日 11:30
本が堀江貴文さんのブログで紹介されてましたよ。影響力ありますから売り上げアップ!なら嬉しいです
Posted by たかひろ at 2010年03月11日 13:34
楽しく拝読させていただきます。
水伝、いつ書いて下さるか楽しみしてましたので。私が悪態ついてもフロントガラスのきれいな霜が防止できないのは、水は心がわかから(嘘)。
ジュセリーノ氏、10万件も予言したら寝る暇、なさそうです。予知夢いつ見るのでしょう?
Posted by 理力不足 at 2010年03月13日 10:06
「超能力番組を10倍楽しむ本」に続き子供に買い与えて読ませつつ、横から覗いて読んでいます。ちょっと気になった点はP202で、途中から距離と時間が入れ替わってますよ。2600光年を26000年で移動するから光の10分の1ですよね。増刷時に修正されるのでしょうか?ついでに次のページの「赤外線より波長が短いのが、」も長いの間違いでは?
Posted by 黄色の14号 at 2010年05月07日 13:55
>黄色の14号さん

 すみません、その箇所は僕も間違いに気づいたもんで、重版分から訂正させていただきました。
 他にも、ゲラチェックで見落としていた計算違いとか誤字とかがいくつもあって、それらも訂正しています。本当にお恥ずかしい。
Posted by 山本弘山本弘 at 2010年05月11日 12:35
楽しく読ませていただいています。まだ読み途中なのですが、第一章から驚きの連続です。こんなことをさも根拠があるかのように書ける人はあるいみ凄いな、と。

誤植かと思われる点が一点あるので、ご確認ください。
180ページ下のパパのセリフで、「仮にEよりFがずっと多かったとしよう」とありますが、「FよりEが多い」の間違いではないでしょうか?
Posted by ぽち at 2010年12月30日 23:27
>ぽちさん

 お返事が遅くなって申し訳ありません。
 まったくその通りです。僕のミスです。本当なら増刷分からでも訂正しなくちゃいけないんですが、もう増刷がストップしてまして(涙)、訂正する機会がありません。ごめんなさい。
Posted by 山本弘山本弘 at 2011年02月10日 15:45
「トライボロジーの翼」なる人物の書きこみがありましたが、ニセ科学の話題ではないので、荒らしとみなし、削除させていただきました。
 他にも、このところ意味不明・意図不明の書きこみが多いのですが、すべて削除しています。
Posted by 山本弘山本弘 at 2017年05月19日 18:16
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。