2008年09月23日

9月4日(木)桜塚やっくんはすごい

 この日はまず角川書店へ。新作『詩羽のいる街』の件で、『ダ・ヴィンチ』の取材を受ける。
 ついに僕の小説が『ダ・ヴィンチ』で取り上げられるか!? 小説家としては感無量でありますよ。
 この日、参考資料として持って行ったのは、1991年に出した『ようこはようこ2』。アニメ『アイドル天使ようこそようこ』の同人誌である。
 これに載せたエッセイで、すでに「七、八年前から」構想しているとして、『詩羽』のプロットが書いてある。つまりまだ20代後半、1984年頃ということになる。20ン年越しの構想がようやく実ったわけだ。我ながらすげえ。
 あらためて当時のプロットを読み返してみたけど、タイトルが『詩羽のいる街角』だということや、詩羽が16、7歳の少女だという以外、基本設定はほとんど変わってない。「触媒」という概念もちゃんと出てくる。
『詩羽』は「著者初のノンSF」として宣伝されているもんで、中には「山本弘が新境地を開拓した」とか誤解する人も多いんじゃないかと思う。そうじゃない。20代からずっと、僕の頭の中には『詩羽』があったんだ。ずっと書きたかった小説だったんだ!
 ちなみに表紙イラストは『図書館戦争』の徒花スクモさん。推薦文は乙一。
 これで売れてくれなきゃ、世の中おかしい。


 夕方、楽工社のSさんとともに下北沢の小劇場「楽園」に。
 この劇場、すごいよ。元は法律事務所と居酒屋か何かだったのをぶち抜いて改造したんだそうで、とてつもなく変な構造なのだ。
 上から見るとL字形になっていて、Lの曲がってるところが舞台、そこから2方向に客席。しかも客席の間にはでっかい柱。
 ……何でこんな劇場を作ろうと思ったのか。
 いちおう楽屋はあるものの、ひどく狭い。舞台の上手下手というものがないものだから、役者は時には裏口から劇場の外に出て、ビルを半周して入口から入り、客席側から登場することもあるという。
 ホラーの芝居なんかやってると、斧を持った殺人鬼の格好で、胸に血糊なんぞつけて街を駆け抜けなくちゃならんのだそうだ。やばいぞ。

 今回の企画は唐沢さん主催の「ホラリオン~笑いと恐怖の大祭典~」のひとつ。「と学会・トンデモ本特別講座~オカルト番組特集」。
 ぶっちゃけて言えば、これまでロフトプラスワンや三越カルチャーセンターやSF大会でさんざんやったネタ――オカルト番組のビデオを見ながら、トリックやヤラセを暴いていくというもの。
 最初に「前にロフトに来られた方」と手を上げてもらったら、2回とも来たという方が何人も。すみません、ほとんどネタ使い回しで。
 ちなみに、前日は木原浩勝さんが心霊写真を見せまくってたらしい(笑)。それを聞いたもんで、急遽、ネタの順序を入れ替えて、昔の関西ローカルの番組『ワイドYOU』の人気コーナー「心霊写真の謎を暴く」を見せることに。写真の専門家の先生が、原理を解明し、実際に撮影場所に行って、同じ写真を撮ってしまうというものである。
 他にも、『これマジ!?』であったネタで、暗い森の中でビデオカメラに映っていた「霊」と称する白い曲線を紹介(その正体は飛び回っていた蛾の軌跡)。
 ちなみに、翌日の企画では、ゲストの人が「あたしも心霊写真撮ったんです」と言って同じような写真を見せたもんで、客席から「虫」「虫」「虫」「それ虫」という声が上がっていたそうな(笑)。

 今回のゲストは桜塚やっくん。
 驚いたのは、やっくんがものすごく観察力が鋭いということ。初めて見るビデオのはずなのに、
「カメラ、傾いてるじゃないですか!?」
「あの子、ガン見してますよ!」
「何か抜いてる!」
 などとバンバンつっこんで来るのだ。一回見ただけであれだけ見抜ける人間は少ない。すっかり感心した。
 僕の公演の後、即興でコントを披露してくれたんだけど、僕が適当に出したお題で(ちょっと苦しかったけど)ちゃんと笑わせてくれてオチをつけていたのには感心。あれ、裏で仕込みなんかしてませんから。ほんとにアドリブですから。

 終了後、焼き肉屋で打ち上げをやる。どうでもいいけど、観客が50人ぐらいしかいなかったんですが、あれで元が取れるんですかね。ちと心配。
 帰りはやっくんと同じタクシーに乗って新宿へ。途中、いろいろと話をする。オフレコのこともあるので詳しくは書けないけど、ある裏事情を聞いて、「やっぱり芸人さんも大変なんだなあ」と、つくづく思った。
 ちなみに僕は、去年のSF大会で、『エンタの神様』の紙芝居のパロディやったことあるんで、あの紙芝居作るのがどれだけ大変か、身に染みて知ってます(笑)。


タグ :オカルト

同じカテゴリー(オカルト)の記事画像
『ビーバップ!ハイヒール』出演裏話
「イルミナティカード」でテレビに出たのはいいけれど……
新作『怪奇探偵リジー&クリスタル』
『「新」怪奇現象41の真相』
ビブリオバトル・チャンプ本『ゲームウォーズ』
ゴーストハンター2 『パラケルススの魔剣』【完全版】
同じカテゴリー(オカルト)の記事
 ASIOS「UFO事件クロニクル」出版記念トーク (2017-09-17 20:19)
 『ビーバップ!ハイヒール』出演裏話 (2017-09-06 21:41)
 テレビに出演します (2017-08-28 20:32)
 新刊『UFO事件クロニクル』 (2017-08-24 22:50)
 中学生の6割は「月は西からのぼる」と信じている。(3) (2017-03-06 18:28)
 中学生の6割は「月は西からのぼる」と信じている。(2) (2017-03-06 18:17)

この記事へのコメント
2年前の日記にコメントつけるのも気が引けるのですが。

最近、私が勤務する中学校図書室に「詩羽のいる街」を入れました(一応、うちの学校は選書が司書に任されていますので)。

冬休みに借りた女子生徒がこれで読書感想文を書いたそうです。以上お知らせまで。
Posted by keep9 at 2010年01月18日 17:55
>keep9さん

 ありがとうございます。
『詩羽』はネットでの評判を見るかぎり、読まれた方の大半は好意的に評価されているようで、ほっとしております。
 こうなると問題は、「いかにすれば読者に手に取ってもらえるか」ということなんですよねえ。読んでさえくれれば面白いはずなんですけど……。
 図書室に入れていただいて、本当に感謝しております。
Posted by 山本弘山本弘 at 2010年01月23日 17:34
 また惜しい人が亡くなられました。桜塚やっくんさんのご冥福をお祈りいたします。まだ働き盛りの御歳でしたのに…
Posted by toorisugari at 2013年10月10日 17:16
http://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/i/idesaku/20070831/20070831112342.jpg

↑山本さんの紙芝居画像、発見です。

 不謹慎ですが、多くの人に愛され記憶に残っているということは、人の最期として幸せなことなのかもしれません。レクイエムとして「1000%SOざくね?」を挙げておきます。
 唐沢俊一氏などは、やっくんさんを「頭のいい人」などと称していらっしゃいましたが、山本さんは「観察眼」を評価なさっていたのですね。私はあちこちのエピソードを拝見して知った、やっくんさんの(主に後輩への)気配りの巧さが好きでした。他人のことを自然に考えられるというのは、素敵なことではありませんか?

 しかし一方で、やっくんさんに関わるトンデモさんが発生していることが怖いです。予知だとか。
http://fgsyuji01.com/%E6%A1%9C%E5%A1%9A%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%8F%E3%82%93-%E4%BA%8B%E6%95%85%E7%8F%BE%E5%A0%B4-%E7%94%BB%E5%83%8F-%E5%A7%93%E5%90%8D%E5%88%A4%E6%96%AD-%E4%BA%88%E8%A8%80-%E4%BA%88%E7%9F%A5-1489
 やっくんさんにもスキャンダルはありましたが、いくらなんでも周りが自分勝手すぎです。

 お目汚しを失礼しました。改めて桜塚やっくんさんのご冥福を祈ります。
Posted by toorisugari at 2013年10月22日 01:56
http://www.tobunken.com/diary/diary20080904104135.html

>ゲストの山本会長、桜塚やっくんすでに入って親しくなっていた。

>山本会長、ここの劇場の作りに興味を持ったらしい。やっくんとツーショットを撮って娘さんに送ったらソンケイされた、と嬉しそうに言っていた。やっくんがまた、心霊とかオカルト大好き人間で、楽屋で三人で話していたら、盛り上がる盛り上がる。

>で、本番のトーク『オカルト番組のウソをあばいちゃえ!』は
ハッシーとやっくんが脇でツッコミ係として。やっくんのファンが最前列に陣取っていて、彼女たちにこういうイベントはどうかな、と思ったのだが喜んでくれていたよう。会長のキャラも立って、非常によい組み合わせのイベントだった。やっくんが、画面に映った超能力のウソを一回見ただけで見破ったのに、会長も感心。

>最後にハッシーとやっくんが即興コントをやって終り。みんな楽しかったと言ってくれ、『山本ひろし物語』も、テリーがいるので、ホンモノとニセモノのサインが入ります、と宣伝して、かなり売れた。会長は“チャリス新刊(夏コミでは落ちた)の催促されちゃった”と、まんざらでもないようだった。

>佐藤あゆが、会長に「昨日、木原さんに心霊写真いっぱい見せてもらって怖くなりましたが、今日のお話で中和されました!」と礼を言っていた。昨日の木原さんの会はまことに面白かったし、楽しかったし、で、今日の会長のトークも面白かったし、楽しかった。この双方のスタンスを合わせ持たないと、トンデモは楽しめないと思う。

 山本さんの思い出話も、いずれお聞きしたいものです。引用が長くて申し訳ないのですが、良き思い出話を見つけてしんみりしてしまったので貼らせていただきました。
 失礼します。
Posted by toorisugari at 2013年10月28日 20:18
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。