2008年09月13日

8月24日(日)怪獣と『マップス』とニセ科学

 SF大会2日目。この日の出演企画は3つ。おかげで娘の相手をほとんどしてやれなかった。すまん、娘よ。(でも、ずっとキッズルームで遊んでて、退屈はしなかったみたい)
 ちなみに、娘の1日目のコスプレはメイドさんだったが、2日目のコスプレは、妻がこの日のために仕上げた『しゅごキャラ!』のあむちゃんである。
 お前はいい親を持って幸せだな。

●「『MM9』の世界を語る!」

 開田裕治さんとの対談。創元社の人が録音してたから、いずれ何かに使うかも。
「僕らが子供の頃は、ミニチュアを吊るすピアノ線が見えてても、『見えなかったことにしてあげよう』と思って許してあげてたんだから!」
「『恐竜100万年』は子供心にも科学的に間違ってると分かって見てた」
「スピルバーグの『宇宙戦争』は怪獣映画だ」
「ハリウッド版『GODZILLA』がダメだったのは、自分たちの住む街が破壊されるというのはどういうことかを、アメリカ人が実感できなかったから。しかし、アメリカ人は9.11を体験して、ようやく都市が破壊される恐ろしさを知った。『宇宙戦争』『クローバーフィールド』には9.11の記憶が反映されている」
「一方、初代『ゴジラ』には東京大空襲の記憶が反映されていたが、最近では逆に日本人の記憶が薄れ、都市破壊の恐怖を理解できなくなっているのではないか。怪獣はビルさえ壊せばいいってもんではない」
 などなど、これまでいろんなところで語ってきたことの繰り返しだったんだけど、それなりに盛り上がったとは思う。話を合わせてくださった開田さんに感謝。
 最も力説したのは、

「怪獣は死に様がかっこよくなくてはいけない」
「ゴメスは死ぬ時の尻尾の動きがかっこいい!」

 わざわざDVD持ってって、「ゴメスを倒せ」の一場面、流しました。あの、ドスーンとひっくり返った後、尻尾が空中で揺れる動きがいいんだわー。しびれるわー。
 もちろん『MM9』続編の宣伝もした。
 実はあのラストの後では何を書いても蛇足だろうと思って、続編は書かないつもりでいたんだけど、唐突にアイデアを思いついちゃったもんで、書くしかなくなったんだよね。
 
 開田さんは『MM9』の表紙イラストの完成までの過程を紹介。「そうやって描いてたんだ!?」と感心しました。

●「マップス・シェアードワールド小説集」

 出席する予定じゃなかったんだけど、僕もシェアードワールド2巻に参加してる関係で、急遽出席。他の出席者は、長谷川裕一さん、秋津透さん、中里融司さん、葛西信哉さんら。
 裏話もいろいろ。ネクシート号の操縦方法、最初は「胸」だったんだけど、編集さんに「それだけはやめてくれ」と言われて膝小僧になったんだそうな。そりゃ止めるわなあ(笑)。でも「膝はかえってエロい」と好評。
 他にも、昔の単行本の誤植「究極の道化者」をめぐる話題いろいろ。すみません、文庫版から入ったもんで、ついていけません。
 2巻目の執筆陣や作品の内容については、まだ秘密にしておいてくれと言われてるんだけど……でも、正直言って、秘密にする意味がよく分からん。今からぶち上げて話題を盛り上げた方が良くない?
 最後に質問コーナーがあったんで、僕から長谷川さんに質問。
「超機動グラジオンとヘクススキー教授の身長は何メートルですか?」
 小説書いててこれが困ったんだよね。グラジオンはゲンとの対比から身長30~40メートル、ヘクススキー教授はリプリム号や戦闘機との対比から、もう少し小さいんじゃないかと思ったんだけど……。
 長谷川さんの返答は「パトレイバー以上、コンバトラー以下」(だったっけ?)というアバウトなもの。まあ、エヴァンゲリオンも「40メートル以上、200メートル以下」ですしね。
 あっ、しまった。「『大外伝』は長谷川さんの中ではオフィシャルなんですか?」と訊ねるの忘れた。

●「“ニ”はニセ科学の“ニ”」

 菊池誠さんの企画。堺三保さんと出演。
 やっぱり、これまで語ってきたことの繰り返しみたいになっちゃって、あんまり新味がなかったかなと反省している。KEKで見つけた反相対論本とかも、話のタネに持って行ったりしたのだが。

 5日間で出演企画5つ。おかげで他の企画をほとんど回れませんでした。


タグ :SF

同じカテゴリー(SF)の記事画像
「今日も科学はエキサイティング! 科学雑誌からSFネタを探そう!」
「わが青春のSFエッチトーク!」
新刊『プラスチックの恋人』
『幽霊なんて怖くない』文庫化
新連載『プラスチックの恋人』
コミケ直前情報:『ミステリー・ゾーン』徹底解説
同じカテゴリー(SF)の記事
 「今日も科学はエキサイティング! 科学雑誌からSFネタを探そう!」 (2018-02-09 20:02)
 「わが青春のSFエッチトーク!」 (2018-01-19 20:30)
 新刊『プラスチックの恋人』 (2017-12-20 17:25)
 海外SF・ホラードラマの“戦うヒロイン”の魅力を語ろう (2017-08-24 22:29)
 『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』発売記念イベント (2017-04-07 19:39)
 新刊『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』 (2017-04-07 19:09)

この記事へのコメント
>ちなみに、娘の1日目のコスプレはメイドさんだったが、2日目のコスプレは、妻がこの日のために仕上げた『しゅごキャラ!』のあむちゃんである。
>お前はいい親を持って幸せだな。

…道徳や知識の教育の面ではいい親であるのは間違いなさそうですが、若いころからコスプレをさせることがはたして「いい親」なのかは議論の余地がありそうです。

 失礼しました。諸事情があってSF大会には行けませんでしたorzその代わりと言ってはなんですが…9月21日の講演に行こうと思っています。会場が京都大学なので、頭のいい学生がわんさか来るのを覚悟してください(汗)

 これまでのトピックがけっこう重い内容だったのでそんなものばかりではさびしい気もするので良かったと思います。

『MM9』の続編、期待しています。

P.S.
1.音声合成と聞いて最近こんなサービスが始まりましたことを思い出しました。
「コエラボ」
http://voice.biglobe.ne.jp/index
なんだか、ニコニコニュースメーカーを彷彿とさせる棒読みですね。

2.2007年の日本トンデモ本大賞で会場を爆笑の渦に巻き込んだ『ギリギリ科学少女ふぉるしぃ』を歌ったMOSAIC.WAVさんなんですが、太秦映画村の公式キャラクターのイメージソングを担当されているそうです。
http://www.joraku.jp/guide/uju.html
仕事選んで、かやぴー。
Posted by Xbeta at 2008年09月13日 21:22
いやー、今日の「笑の万博」にて大笑いさせてもらいましたよ、一番前の席でw


『神は沈黙せず』でタネを知っていた"鉄の棒の折り曲げ"なんですが(おかげさまでクスクス笑いが…)、ネタを知っているともう見え見えですねw
なんで気づかないんでしょ?いや、知ってても隠すよなあ。
次に、わざとらしい場所に座って透視をさせるやつがありましたが、あれは1回でタネが分かってしまいました。スタッフ気づけ!!!


しかし、鋭いですね、SF大会での観客。29年前のことをよく覚えていらっしゃったものです。自分なんて1989年生まれでイラン大使館の事件を知らない世代なもので…orz
まだまだ勉強が必要ですね。

最後に新作のことについてですが…





あれ、25日発売だったんですねwww

どうせなら、サイン入りで出せば良かったのに、と今更ながら思う次第です。
Posted by Xbeta at 2008年09月21日 22:54
あと、書き忘れたことが一つありました。


新刊の表紙なんですが…

推薦者の乙一氏の名前でけぇ!
Posted by Xbeta at 2008年09月22日 07:20
>Xbetaさん

>…道徳や知識の教育の面ではいい親であるのは間違いなさそうですが、若いころからコスプレをさせることがはたして「いい親」なのかは議論の余地がありそうです。

 ああ、この場合の「いい親」というのは「良い親」というニュアンスとは少し違いますね。「子供にとって都合のいい親」といった程度の意味です。
 一般家庭の親は、娘が「メイドさんのコスプレしたい」とか言い出しても、そんな願いを叶えてくれたりはしないと思うのですよね。
 周囲に理解者のいなかった自分の子供時代と比較して、「ちくしょー、お前は幸せな奴だな」と、娘に嫉妬したりもしてしまいます(^^;)。

>「コエラボ」
>http://voice.biglobe.ne.jp/index

 早くも「歌わせてみた」という人が多くて笑いました。みんながんばるなあ。

>推薦者の乙一氏の名前でけぇ!

 その点は角川の編集さんも平謝りでした(笑)。
「乙一」という名前は画数が極端に少ないので、レイアウトのバランスを考えると、どうしても大きくせざるを得ないのだそうです。でも、作者名より大きいのは、ちとやりすぎだろ(^^;)。
Posted by 山本弘山本弘 at 2008年09月23日 12:34
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。