2009年10月31日

うえお久光『紫色のクオリア』

●うえお久光『紫色のクオリア』(電撃文庫)

 京都SFフェスティバルで会った『本の雑誌』の編集さんが絶賛していたので、興味を抱いて読んでみた。
 いや、これは確かにすごい作品だ。

 語り手の女子中学生・波濤学(マナブ)は、同じクラスの毬井ゆかりと、「学校の廊下の曲がり角でぶつかった拍子にキスをしてしまう」という、ものすごくベタなきっかけで親しくなる。
 ゆかりは不思議な少女だった。彼女の紫色の目には、自分以外のすべての人間がロボットに見えるのだ。
 彼女にしか見えないロボットのデザインは、その人間の隠れた特徴を表わしたものであるらしい。「すっごいセンサー装備している」とか「すっごいローラーとバーニアを装備している」とか「すっごいドリルを持っている」とか。ゆかりの目に映る学は、スーパーロボット系で、すごい換装システムを持っていて、汎用性は最強なのだという。
 ゆかりには人間とロボットの区別がつかない。写真に写る人間でさえ、すべてロボットに見える。
 彼女はその能力で、警察に協力している。殺人現場の写真(彼女にはロボットが壊れているようにしか見えないのだろうが)を見てから容疑者の写真を見ると、「こんな壊し方ができるのはこの人」と指摘できるのだ。
 しかも、ただ幻覚でそう見えているだけではない。(ネタバレになるので詳述は避けるが)彼女が認識している世界では、実際に人間はロボットであるらしいのだ……。

 じゃあ、ゆかりがその能力を使って敵と戦う異能力バトルものなのかというと、それも違う。そんな雰囲気があったのは第1話だけで、2話からは量子力学と人間原理を応用したパラレルワールドものになってしまうのだ。
 これがものすごい。
 おそらくグレッグ・イーガンの『宇宙消失』あたりにインスパイアされたのだろう。古いSFファンなら、平井和正の「次元を駆ける恋」や、アルフレッド・ベスターの「マホメッドを殺した男たち」あたりを連想するかもしれない。(ちなみに、途中から出てくる秘密機関の名前が『ジョウント』で、そこから派遣されてきた女の子の名前がアリス・フォイル)
 しかし、話のスケールが桁違いだ。
 ゆかりから授けられた能力をフルに駆使して、彼女を死の運命から救おうとする学。その選択と行動が、平凡な女子中学生を、しだいに神のような超越的存在へと変貌させてゆく。
 ページをめくるたびに、大風呂敷が広がり、広がり、さらに広がる。「ええっ、まだ広げるの?」「ここまでやるの?」と驚きっぱなし。まさにセンス・オブ・ワンダー。
 まさか電撃文庫でイーガンばりの奇想SFが読めるとは!
 しかも、「こんな大風呂敷、どうやって畳む気なんだ」と思ってたら、ちゃんとライトノベル的なさわやかな結末に着地するんだからたまらない。
 来年の星雲賞日本長編部門有力候補だと思う。マジで。




同じカテゴリー(ライトノベル)の記事画像
伊藤ヒロ×山本弘トークLive「僕らはエロい小説が書きたい!」
ライトノベルについていろいろと(後)
ライトノベルについていろいろと(前)
『マップス・シェアードワールド2―天翔ける船―』
同じカテゴリー(ライトノベル)の記事
 伊藤ヒロ×山本弘トークLive「僕らはエロい小説が書きたい!」 (2017-12-14 19:02)
 ライトノベルをめぐる仮説いろいろ (2014-10-25 16:32)
 『ラプラスの魔』(完全版) (2014-09-18 18:41)
 日下一郎『“世界最後の魔境"群馬県から来た少女』 (2014-02-04 16:34)
 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』最終巻 (2013-06-16 17:43)
 ライトノベルについていろいろと(後) (2012-10-28 16:38)

この記事へのトラックバック
ソノラマノベルス/朝日ノベルズ Monthly Hotline [まぐまぐ!] 新刊情報とコラムが載ってた。 『15×24』問題まとめ - ウィンドバード::Recreation マニアックなライトノベルは保護されるべ...
[小説][ラノベ][著作権][文学][電子ブック][本][ライトノベル]【文学更新情報】11/1日に見つけた情報一覧【小説総合情報サイト? ノベリポ!】at 2009年11月01日 22:16
この記事へのコメント
はじめてコメントいたします。
島本和彦「吼えろペン」の大哲(人を“変身後の姿”で描いてしまう) みたいな能力で、大哲と違いきちんと役に立ってるわけですな。

面白そうなんで読んでみます(^-^)
Posted by 灰色凹蛇 at 2009年11月02日 05:29
 読んでみました。
 何とかして感想を書こうとしましたが、気の利いた表現が浮かんできません。
 久々に「誰かとネタバレを気にせずに語り合いたい!」って気分になりました。
Posted by sei at 2009年11月07日 21:48
読みました。一話目と二話目は、登場人物が同じというだけで全く別のお話ですね。

実は前のコメントを書き込みしてすぐに買い読んでいたのですが…ネタバレなしでどのように感想を書いたらいいかずっと悩んでいました。
「世界をかける少女」とか「平行世界を徐々に多次元的に捉えていってる?」とか、陳腐な言葉しか出て来ません。seiさんのように「誰かとネタバレを気にせずに語り合いたい!」という気持ちです。


私が好きなのは『あたし』がアリスについて言い合っているシーン。一人称と平行世界という設定が上手くマッチしていて唸ってしまいました。




『あたし』は“自分もゆかりと同じ見え方をしている”へいこうせかいのあたしもさがせばよかったんだよなぁ。 探しても見付からなかっただろうけども。
Posted by 灰色凹蛇 at 2009年11月09日 00:28
山本弘先生、はじめてコメントします。
私は来年のノーベル文学いや、星雲賞は山本弘先生だと思いますよ。(^-^)
Posted by お酒をウィスキーからウォッカに変えました。 at 2009年11月22日 20:55
 最新記事では生徒会の一存のパロディだそうですが、こういうのを発掘して二次創作して「マイナーでもこんな面白いのがあるんだぞ」と啓蒙してくださらないですか。
 埋もれた名作を世に知らしめるのが、本領とされておられると思うんですよ。
Posted by K.K at 2009年12月25日 00:18
赤松中学「アストロノト!」
 魔法ファンタジーな世界で宇宙開発する話

月見草平「魔法鍵師(ロックスミス)カルナの冒険」
有名な魔法鍵師のもとに少女が弟子入りして修行す る話。現代で言う様々な認証技術がほどよくファンタ ジー的に料理してあって好感触

このへんも読んでみてほしいです
Posted by caramelcoler at 2011年02月23日 13:39
 「紫色のクオリア」、コミックス化されていたのですね。帰国後にブックオフで探してみます…作品への愛を考えれば、新品を探すべきかもしれませんが、なにぶん来年の話ですのでご容赦いただきたいかな、と…

http://daioh.dengeki.com/contents/qualia/

 小説は既読です。物語のスケールが壮大でありながら、あくまでゆかりと学(それに七美とアリス)の友情が軸になっているのがたまりませんでした。
 (もし、よりSF要素を強めるならば、ゆかりが「自分以外のすべての人間がロボットに見える」目を持ってしまった経緯を掘り下げたり、学が足掻いてパラレルワールドを彷徨い続けた結果、「去年はいい年になるだろう」の様に未知の種族が誕生して未来からやってくる話が出てきたりするかもしれません)

 特筆すべきは、学のゆかりを救おうとする足掻きが(そしてそれが文章の大半を担ってもいるのですが)、その「結果」が大抵の物語では失敗するか「めでたしめでたし」的な素っ気無い終わり方をするようなものですが、ここでは「成功」して(まぁ、あれだけ色々と手を回して報われない、というのも理不尽な話だとは思います)、尚且つその「成果」をゆかりに見てもらえて、それだけでなくその「感想」をゆかり自身から聞かせてもらえて、そこでまた学は自分の気持ちとゆかりの幸せを改めて考え……それらが、広がりすぎた物語を日常へ戻していく、あのラストに繋がったことです。

 これでもし学が、人の話を聞かない性格で独走していったら、「まどか☆マギカ 叛逆の物語」でのほむらの様になっていたかも…などと、国外にいて見られない癖に気になって感想レビューを彷徨い、そんな感想を抱いていたら、『我が意をえたり!』といわんばかりのレビューを見つけてしまいました。

http://d.hatena.ne.jp/yuki_tomo624/20131026/1382795207

 私など、ぐぅの音も出ない見事な考察をなさっていました。

 長くなって申し訳ありませんでした。
Posted by toorisugari at 2013年11月21日 02:43
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。