2018年03月17日

今日も科学はエキサイティング! 科学雑誌からSFネタを探そう! Part2

山本弘のSF秘密基地LIVE#77
今日も科学はエキサイティング! 科学雑誌からSFネタを探そう! Part2


 今月は前回に続き、最新科学の話題。科学雑誌の中から好奇心が刺激される面白いニュース、奇妙なニュースを見つけて紹介します。
 スーパーアースってどんな惑星? 九州で破局噴火が起きたら日本はどうなる? 超新星爆発にはいくつもの種類があった? テクネチウム危機って何? 宇宙エレベーターを使ってブラックホールからエネルギーを取り出すには?
 遠い未来を夢想したSF的なアイデアから、今まさに開発中の新技術まで、SFに使えそうなネタの数々を、SF作家・山本弘がピックアップ。最先端のエキサイティングな科学トピックスを、野次馬精神で楽しんじゃおうという企画。お楽しみに!

[出演] 山本弘

[日時] 2018年3月23日(金) 開場・19:00 開始・19:30

[会場] なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F)(地図)南海なんば駅より南海通り東へ180m・駐車場有

[料金] 1500円  
(店内でのご飲食には別途料金がかかります。入場時に別途ワンドリンクをご購入いただきますのでご了承ください)

ご予約はこちらへ。
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=128709540

-------------------------
 最初に前回の訂正を。謎の天体「Tabby’s Star」のことを「KIC 9462852」と書きましたが、正しくはKIC 8462852でした。お詫びします。
 もちろん「異星人の建設したダイソン球」という説は天文学者のジョークみたいなものなんですが、不思議なことであるのは確か。もうしばらく様子を見守りたいです。
「ブレイクスルー・スターショット計画」もね、記事を読んだ瞬間に「野尻抱介の『沈黙のフライバイ』じゃん!」と思ってしまいました。あれは他の太陽系から探査機が来る話でしたが、こっちからαケンタウリに探査機を送るという計画。とりあえず資金さえあれば、今世紀後半もしくは来世紀には実現しそうでわくわくします。

 あとですね、今年の1月に国立循環器病センターで、テクネチウムを血管に入れて検査を受けたもんで、テクネチウムという元素にちょっとだけ親近感を覚えます(笑)。
 センターで気になったのは、通路の壁に「RI検査」としか書いてないこと。RIが何の略なのかどこにも書いてない。注射するときも看護師さんが「お薬を入れますね」としか言わないんですよ。RIって「ラジオアイソトープ(放射性同位元素)」の略だってことは見え見えなんですけど……。
 テクネチウム99mって半減期が6時間しかない元素で、体内に入っても数日で無害になるから、まったく安全なんです。でもやっぱり「放射性元素を体内に入れます」と正直に言うと、不安になっちゃう人がいるからなんでしょうね。僕はぜんぜん気にしませんでしたが。役に立つ物質なんですが、半減期が短いだけに保存できない。作ったらすぐに使わなくちゃいけないんだそうです。
 何にしても、医療現場には核物理学関係のテクノロジーが入りこんでいて、今も人の役に立っているということは、多くの方に知っていただきたいです。



同じカテゴリー(PR)の記事画像
「今日も科学はエキサイティング! 科学雑誌からSFネタを探そう!」
「わが青春のSFエッチトーク!」
新刊『プラスチックの恋人』
伊藤ヒロ×山本弘トークLive「僕らはエロい小説が書きたい!」
BISビブリオバトル部4 君の知らない方程式
夏コミ直前情報
同じカテゴリー(PR)の記事
 「オタク映画を力いっぱい語ろう!」 (2018-04-17 19:13)
 『リジー&クリスタル』文庫版・解説は菊地秀行先生! (2018-03-31 22:28)
 スーパー!ドラマ オーセンティック海外ドラマ研究室 『ミステリーゾーン』 (2018-03-17 21:25)
 菊地秀行×山本弘「妖魔饗宴~特撮レトロSF&ホラードラマを語り倒す」 (2018-03-17 19:55)
 「今日も科学はエキサイティング! 科学雑誌からSFネタを探そう!」 (2018-02-09 20:02)
 「わが青春のSFエッチトーク!」 (2018-01-19 20:30)

この記事へのコメント
テクネチウム危機は原子炉何でも反対と言う一部の人間の主張では解決できない問題が日本にはあるという事実を示していますね。
Posted by ジャラル at 2018年03月31日 12:44
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。