2017年10月25日

あなたの知らないマイナー特撮の世界 総集編!

 すいません。こちらもこのブログで告知するの忘れてました。

---------------------------------------
山本弘のSF秘密基地LIVE#73
あなたの知らないマイナー特撮の世界 総集編!
『あなたの知らない「レトロ特撮」の素晴らしき世界』(洋泉社)発売記念



好評『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』につづいて、洋泉社から山本弘特撮研究本第二弾が発売になります。今回は題して『あなたの知らない「レトロ特撮」の素晴らしき世界』。この「SF秘密基地」の名物シリーズ『あなたの知らないマイナー特撮の世界』の内容をベースに、改めて書き下ろされた研究読本です。

王道の特撮映画から抜け落ちた「知られざる特撮」「珠玉の特撮」の数々。モンスターはもちろん、実写かと見紛うばかりの迫真の爆発シーンや災害、光学合成とミニチュアを駆使した特撮シーンを堪能できる映画が、世界にはたくさん存在する――。もちろん、CGやデジタル技術が普及する以前、モノクロやテクニカラーの時代に作り出された、迫真の特撮作品群を中心にセレクト。今や忘れられつつある「特撮のオーパーツ」を再発掘・再発見し、評価しようという試みが山盛り。

さて、今回はそんな“マイナー特撮”発掘の同志、“浪花の特撮三兄弟”――山本弘、友野詳、鋼鉄サンボが再集結。これまで紹介してきた名作はもちろん、未だ汲めども尽きせぬ“特撮ロストフィルムズ”の魅力を語り合います。


[出演] 浪花の特撮三兄弟 山本弘、友野詳、鋼鉄サンボ

[日時] 2017年10月27日(金) 開場・19:00 開始・19:30

[会場] なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F)南海なんば駅より南海通り東へ180m・駐車場有

[料金] 1500円  
(店内でのご飲食には別途料金がかかります。入場時に別途ワンドリンクをご購入いただきますのでご了承ください)
---------------------------------------------

 パソコン関連のごたごたで、ついうっかりしてましてた。金曜日に迫っております。
『あなたの知らないマイナー特撮の世界』では写真でしか紹介できなかった作品、特に戦前の古い特撮映画の名場面をいろいろ紹介しようと思っています。
 僕だけじゃなく、友野詳、鋼鉄サンボの2人も特撮に詳しいので、面白いトークになると思います。特撮が好きな方、ぜひお越しください。



同じカテゴリー(特撮)の記事画像
星雲賞受賞の言葉
コミケ直前情報:2015年冬コミの新刊
この夏の総決算・その5
この夏の総決算・その2
この夏の総決算・その1
『多々良島ふたたび:ウルトラ怪獣アンソロジー』
同じカテゴリー(特撮)の記事
 「オタク映画を力いっぱい語ろう!」 (2018-04-17 19:13)
 『リジー&クリスタル』文庫版・解説は菊地秀行先生! (2018-03-31 22:28)
 『あなたの知らない「レトロ特撮」の素晴らしき世界 』 (2017-10-20 16:51)
 特撮ファンのための戦争映画入門 (2017-07-21 20:42)
 山本弘のSF秘密基地LIVE「世界の怪獣総進撃!」 (2017-06-17 19:17)
 あなたの知らないマイナー特撮の世界RETURNS (2017-05-19 22:24)

この記事へのコメント
 初めまして、山本先生。
 先日、YouTubeでこんな動画を見つけました。
 https://www.youtube.com/watch?v=-AbW8e5Vvos
 コレは山本先生がと学会の会長をなさっていた時に紹介していた奴だと思うのですが、違っていたらすいません。実はこの動画、upされた日が今月一日なせいか、コメント欄では昨今の北朝鮮の件と絡めて語る向きが多いのですが、中でも一番血迷っていたのがコレでした……

 >史上初ということになっているトリニティ実験はプルトニウム原爆です
戦後の何百発もの原爆実験も含めて全て「長崎型のプルトニウム原爆」
では広島のウラン原爆は誰が作ったのでしょうか?
しらばっくれてはいけない、日本は北朝鮮という場所で74年間も核開発をし続けている

 まぁ、北朝鮮の核開発の黒幕は安倍首相だ、なんてのはちらほら見ますけど。ひょっとしたら先生のブログのネタになるんじゃあ無いかと思って書いたのですが、気にくわなかったらすいません。
 追記
 実はこのメール、先月に投稿したものなのですが、そのときはオタ電のオーナーの方に送ってしまい、間違いに気付いて送り直そうとしたのですが、何処に送って良いか散々迷った為、再送信に一月以上もかかってしまいました。申し訳ありません。
Posted by 市方直也 at 2017年10月26日 16:34
>市方直也 様

 これ、前に僕が『トンデモ本の世界W』で取り上げた韓国生まれのトンデモ説が元ネタなんじゃないですかね。

> 同じ野平俊水氏の『韓vs日「偽史ワールド」』(小学館)には、もっとすごい説も紹介されている。第二次世界大戦中、朝鮮北部の興南(現在の北朝鮮国内)にある工場で、日本が「NZ」という計画名で核爆弾製造を推進していた。それどころか、終戦直前の一九四五年八月一二日、興南の沖合三〇キロで核実験にも成功していたというのだ。
> ありえねー!(笑)
> 確かに戦時中、理化学研究所の仁科芳雄博士を中心にして原爆の研究が行なわれていたが、実現にはほど遠いレベルだった。原料であるウラン235の濃縮がうまくいかなかったし、構造自体にも欠陥があったと言われている。
> しかもこれがオカルト雑誌の記事ではなく、『朝鮮日報』に載ったというのだから恐れ入る。
> この説もまた歴史が古く、終戦直後の一九四五年八月一九日、すでに「日本が原爆の爆発実験をやった」という流言が存在していたという。それどころか、興南にあった日本の工場は、終戦前から「原子爆弾のようなものを作る工場だ」と地元の人に噂されていたという。
> 実際には、それは日本窒素肥料会社の工場で、そこで生産されていたのは過酸化水素――ロケット戦闘機「秋水」(ドイツのメッサーシュミットMe163「コメート」をコピーした機体)の燃料だったという。まあ、新兵器には違いなかったわけだが。
Posted by 山本弘山本弘 at 2017年11月15日 21:12
 なんか朝鮮人を差別してる人と血液型性格判断を信じてる人が書きこんでるんですが、どっちもこの記事に何の関連性があるんでしょうね?
 どちらも削除いたしました。
Posted by 山本弘山本弘 at 2017年12月14日 18:28
>これ、前に僕が『トンデモ本の世界W』で取り上げた韓国生まれのトンデモ説が元ネタなんじゃないですかね。
 ああ、それ読みました!
 ですが、メールで紹介した例のコメント、つまり、
 >史上初ということになっているトリニティ実験はプルトニウム原爆です
戦後の何百発もの原爆実験も含めて全て「長崎型のプルトニウム原爆」
では広島のウラン原爆は誰が作ったのでしょうか?
しらばっくれてはいけない、日本は北朝鮮という場所で74年間も核開発をし続けている
 この内容だと、
①広島型原爆は日本製だ
②北朝鮮は日本の属国だ
 と解釈出来てしまうので、「血迷ってる」と思ったんですよ。
 後、前回のコメットで反省点が一つ。
例の動画と同じものらしきビデオがここより一つ前の文で紹介されている事に書き込んだ後で気付き、後悔しています。
 いやー、酒飲みながらコメントするモンじゃあありませんなぁ……
Posted by 市方直也 at 2017年12月15日 09:52
追記。
>なんか朝鮮人を差別してる人と血液型性格判断を信じてる人が書きこんでるんですが、どっちもこの記事に何の関連性があるんでしょうね?
 ああ、私が送るとこ間違ったばかりに、また血迷ったメールが……
山本先生、ごめんなさい(けっこう仮面の悪党かよ!)。
Posted by 市方直也 at 2017年12月15日 10:07
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。