2017年03月06日

中学生の6割は「月は西からのぼる」と信じている。(3)

 他にもいくつか、ニセ科学関係の質問をした。

15. タバコをたくさん吸う人は肺がんになりやすい。
(回答者数387人)
信じている   301人(77.8%)
やや信じている43人(11.1%)
知らない・わからない 28人(7.2%)
やや疑っている8人(2.1%)
信じない   7人(1.8%)

 これ、実は武田邦彦教授(医学は専門ではない)が唱えるニセ科学「タバコ無害論」に関する質問である。NATROMさん(本物の内科医である)がきちんと反論しているので参照されたい。

「喫煙率が下がると肺がん死が増える」のはなぜか?
http://blogos.com/article/34288/

 こちらは村上義孝氏(保健学博士)による解説。

グラフによれば、たばこは無害?
http://www.asahi.com/articles/SDI201512104752.html
「たばこは有害」示したコホート研究
http://www.asahi.com/articles/SDI201512246051.html

 こんな珍説を信じたら、若い頃からタバコを吸いまくって、肺がんで死ぬ確率を増やしてしまうかもしれない。そう警戒してアンケートの中に入れたのだが、幸い、ほとんど浸透していないようなので、ほっとした。
「やや疑っている」「信じない」15人の子供については、きちんと指導する必要があるだろうが。


17. 血液型でその人の性格がわかる。
(回答者数387人)
信じている  107人(27.6%)
やや信じている83人(21.4%)
知らない・わからない 52人(13.4%)
やや疑っている49人(12.7%)
信じない    96人(24.8%)

 日本におけるニセ科学の定番、血液型性格判断。心理学者の研究によって否定されていることはかなり知られてきたはずなんだけど、それでも根強い人気があることが分かる。

19. 超能力は存在する。
(回答者数388人)
信じている  108人(27.8%)
やや信じている75人(19.3%)
知らない・わからない 74人(19.0%)
やや疑っている51人(13.1%)
信じない    80人(20.6%)

「超能力は存在する」というのは、ちょっと曖昧な質問である。というのも、世の中には、エコロケーションのように視覚に頼らずに周囲のものを知覚する能力を「超能力」と言ってしまう人や、ブレイン・マシン・インターフェースのことを「念力」と呼んでしまう人もいるからである。さすがに科学的に根拠のあることを「超能力」と呼ぶのは、拡大解釈のしすぎだと思う。厳密なアンケートにするには、「超能力」の定義を明らかにする必要があるだろう。
 そこで、一般に「超能力」と見なされているいくつかの事例についても質問した。

18. 人間の体から出ている「オーラ」を見ることのできる人がいる。
(回答者数386人)
信じている  79人(20.5%)
やや信じている55人(14.2%)
知らない・わからない 93人(24.1%)
やや疑っている54人(14.0%)
信じない  105人(27.2%)

11. 地震が起きることをふしぎな力で予知できる人がいる。
(回答者数386人)
信じている   78人(20.2%)
やや信じている58人(15.0%)
知らない・わからない 87人(25.5)
やや疑っている52人(13.5%)
信じない  111人(28.8%)

22. 超能力者は行方不明の人を見つけるのに役立っている。
(回答者数385人)
信じている  103人(26.8%)
やや信じている50人(13.0%)
知らない・わからない 108人(28.1%)
やや疑っている40人(10.4%)
信じない   84人(20.8%)

「オーラ」と「地震予知」のパーセンテージはほぼ同じ。超能力者による行方不明者探しは、それらより信じられている率がやや高いようだ。『TVのチカラ』も『FBI超能力捜査官』も、もう放送終了して何年にもなるのだが、まだ断続的に放送されているその手の類似番組の影響だろうか。

 さらにこんな質問も。

26. ピラミッドは宇宙人が作った。
(回答者数384人)
信じている   39人(10.2%)
やや信じている19人(4.9%)
知らない・わからない 100人(26.0%)
やや疑っている46人(12.0%)
信じない   180人(46.9%)

 1970年代に流行った話だが、今ではあまり信じられていないようである。

27. 太平洋には「ムー大陸」が存在した。
(回答者数386人)
信じている  62人(16.1%)
やや信じている24人(6.2%)
知らない・わからない 219人(56.7%)
やや疑っている30人(7.7%)
信じない    51人(13.2%)

「ムー大陸」の「知らない・わからない」の数字の大きさは異常である。すべての質問項目の中で最高値なのだ。最近の子供は聞いたことがないのかな……と思ったが、そうでもないようだ。

28. バミューダ海域では船や飛行機が消滅することがよくある。
(回答者数387人)
信じている  106人(27.4%)
やや信じている35人(9.0%)
知らない・わからない 179人(46.3%)
やや疑っている23人(5.9%)
信じない   44人(11.4%)

 バミューダ・トライアングルを信じてる子供がけっこう多い! これは意外だった。てっきり時代遅れのネタだと思っていたのだが。

 こういう調査、できればもっと詳しいデータが欲しい。中学生だけでなく、ぜひ高校生、大学生、社会人についてもやってほしいと願っている。
 いくつかの項目については、大人でも中学生と大差ない結果が出るのではないか予想している。

 参考資料。
 2010年、長崎大学で行われた科学リテラシー実態調査。
http://tech.edu.nagasaki-u.ac.jp/muto/ps_questionnaires.html


同じカテゴリー(オカルト)の記事画像
「イルミナティカード」でテレビに出たのはいいけれど……
新作『怪奇探偵リジー&クリスタル』
『「新」怪奇現象41の真相』
ビブリオバトル・チャンプ本『ゲームウォーズ』
ゴーストハンター2 『パラケルススの魔剣』【完全版】
新オカルト雑誌『U SPIRITS』
同じカテゴリー(オカルト)の記事
 中学生の6割は「月は西からのぼる」と信じている。(2) (2017-03-06 18:17)
 中学生の6割は「月は西からのぼる」と信じている。(1) (2017-03-06 18:00)
 と学会がやっていたことは「弱い者いじめ」だったのか?・4 (2016-11-22 18:02)
 と学会がやっていたことは「弱い者いじめ」だったのか?・3 (2016-11-22 17:53)
 と学会がやっていたことは「弱い者いじめ」だったのか?・2 (2016-11-22 17:35)
 と学会がやっていたことは「弱い者いじめ」だったのか?・1 (2016-11-22 17:16)

この記事へのコメント
喘息持ちの前でタバコを吸いまくっていた小学5~6年の担任を俺は恨み続けています。
Posted by 森野大吉 at 2017年03月06日 18:38
この現状、「妖魔夜行」の世界だったら妖怪が生まれ続けてますよね。間違いなく。
とりあえず、「幽霊の存在」と「UFOには宇宙人が乗っている」の質問の結果が気になりますね。
Posted by ドードー at 2017年03月06日 20:01
間違った科学知識や認識に対して、「それは間違っているんだよ、なぜなら・・・」と言い続けることは大事だと思います。中学生とか、大学生に対してはそういうアプローチでいいと思います。
しかし、次の記事のようなケースでは、アプローチの方法を変えるべきだと思うようになりました。難しいですよね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170305-00010004-bfj-soci&p=2
Posted by カルスト at 2017年03月06日 21:41
こんばんは。
すばらしいアンケートだと思います! どの項目も興味深いです。
ぼくが意外だと思ったのは、血液型性格判断についてです。今までの人生においてぼくの周囲には、ほしのさんって何型? A型でしょ? みたいに言う人も多く、残念なことに日本人の90%くらいは「信じている」のではないかという個人的実感がありました。ですので、「やや疑っている」と「信じない」で計37.5%という結果には、いまの中学生も捨てたものではないなあ、と少しうれしくなってしまいました。

別の機会にアンケートをすることがあれば、ニセ科学ではありませんが、「アメリカの首都はニューヨークである」という項目はどうでしょうか? 「信じている」と答えたとしても、それが某第一企画出版の本の影響ではないでしょうが…
Posted by ほしのさん at 2017年03月06日 22:36
こんにちは。素晴らしい資料ですね。
ぜひ継続を…。
中学生でも既に大人とあんまり変わらないですね。良くも悪くも。

娘に答えてもらったところ、「信じる」「信じない」という回答項目だと答えづらいと言っておりました。「事実である」「事実でない」とかのほうが、と。
ご報告まで。
Posted by ひろし at 2017年03月07日 19:18
>森野大吉様
今、少なくとも公立の小中学校、高校では、校内禁煙がってっていされているので、それらの恨みはある程度は届いていると思いますよ

個人的な妄想ですが、
中学生位の時期は、自分が生活している範囲以外の事は、知識として分かっていても、実感として持つのは中々難しいみたいなので、
普段生活している所よりも広い範囲、
直接話を聞くよりも古い時期、
が、中々、信じられないというか、実感できない様に思われますね

ただ、そちらは、「そう言う時期なんだ」で済ませられますが、
理科の教員が~と言う事があるのですよね・・・
私の個人的な経験では(中学校だけですが)
ゲーム脳を信じていたり、
血液型性格占いを信じていたり、
地震雲を信じていたり、
と言った方々が居ました

ゲーム脳の方は、「脅しに使おう」程度らしく、説明したら納得してくれましたが、

血液型性格占いの方は、こちらで説明した後、
「それでも当たって居ると思うんだけどなあ」と言われたり、
(こちらの説明も不十分だったのかもしれませんが)

地震雲の方に至っては、
こちらのブログの記事を印刷して見せた(しかも、重要な部分に赤丸まで付けて・・・)のですが、
翌日に「今朝地震雲出たでしょう」
と自信満々に(地震だけに・・・)言われたりしましたね・・・
(勿論、その日には大きな地震は起きませんでしたが)
Posted by だぁく・はんど at 2017年03月09日 08:19
最後の設問。
・信じる/信じないという行為は、現実に影響を与えるか?
…ってのはどうでしょうか?

「知っている/知らない」ではなく「信じる/信じない」で回答選択させるには、何か意味があるのでしょうか?
「ギャラクシー・トリッパー美葉」を読んだことがある身としては、意図的な物を感じるのですが。
Posted by naz at 2017年03月09日 19:12
今回のアンケートに関してもそうなんですが、「知らない」についてももっと注目していいように思います。

うちのオカンと話してても度々思うのですが、とにかく科学的トピックに興味を抱いておらず、理屈で考える力の弱い人がいます。
強めに主張されれば何にでも容易く流されます。
オカンは読書家で新聞も毎日読み込む元中学校教員(国語科)なのですが、そういったことと論理的思考力はあまり関係がないようです。

自分の勝手な想像ですが、アンケートの「知らない」を「興味がない」に置き換えて調査すると、上下の数字を大きく取り込んでしまうのではないでしょうか。
調査の本質からは逸れるかもしれませんが、ここから「正しく知ろうとする意欲」の低下が見えてくると思うのですが。
Posted by 矢麻乃空彦 at 2017年03月09日 22:19
18番は質問がおかしいと思います。「人間の体から出ている「オーラ」を見ることのできる人がいる」という質問ですが、近年の研究で、共感覚の一種として人間にオーラのような色を感じる人がまれにいるということは既に指摘されています。共感覚の一種で脳神経に起因する障害とか症状に近いものですので(日常生活にはたいして支障はありません)、超能力とか霊的なものとは一切無関係ですが、この質問に答えた中にそういう共感覚を持っている子がいないともかぎりません。私は共感覚があり、共感覚の研究をしていたことがありますので人間に色が見える方にも会ったことがありますが、文字や音などに色を感じる他の先天性の共感覚者とたいしてかわりはないようでした。共感覚者同士で会うと、霊的なオーラが見えるという人はただの共感覚による色を勘違いしているのではという話になったりします。英語ですが、以下にサイエンスデイリーの関連する紹介記事を貼ります。

https://www.sciencedaily.com/releases/2012/05/120504110024.htm
Posted by 北村紗衣 at 2017年03月10日 13:30
 そういえば、トランプ大統領の「地球温暖化はデマ」発言が最近。。。あのネタってドコから出てドコまでひっぱるんだろう。。。
 確かに温暖化は想定より気温には現れていないが、想定以上に海水温度に潜行していて、温度の高い層が深くなることで台風が発達しやすくなり近年の台風大型化にその影響が出ていると推察されているハズです。
 一国の大統領が自国を有利にするためとは言え。。。科学者たちの一斉批判を浴びているようですが当然ですね。
Posted by 怪鳥 at 2017年03月11日 07:51
「信じている」という回答の中には「科学的に正しいと思っている」ではなく「科学的には間違っているかもしれないが心情的に信じたい」も含まれるかもしれませんね。水に声かけとか。
Posted by 寒ブリ宮殿 at 2017年03月13日 04:17
「生まれ変わり」は信仰の問題なんでスルーしてくだせぇ(泣)まあナントカカントカの生まれ変わりって自称する連中は絶許
Posted by 雲丹 at 2017年03月13日 09:46
まったく関係ないんですが
最近死後の世界に興味があって朝も起きれません

以前と学会の本に山本さん(?)は生まれ変わりはねーよ
生まれてくるものと死んでいくもの数があってねーじゃねーか
(意訳)

といったことを記憶しています山本さんは死後の世界はどうえてますか?

それぞれのしんじるところへ行くのですかねー
(天国と地獄 輪廻 無 闇etc)
臨死体験も証言がけっこうアバウトなとこをみるとなんもないのかなーと

山本さんは死後何派ですか?
もしくは死後の世界でなにか信用できそうな逸話とか知ってます?

もちろん生きてる限りは解決はしないのでしょうが
最近なぜかけっこう本気で悩んでます
山本さんの考えでいいので聞きたいです
Posted by 伊集院 at 2017年03月17日 01:43
 この3連の記事をリンクさせてもらい、アンケートを抜粋して取り上げさせてもらいました。

 高校の頃、うちの科学の先生はワタシの持ってた本を面白いから、と皆にも紹介してそっから問題を出してくれました。専門科目でない普通科目は緩い(専門科目の教科書の厚さは普通科目の倍)学校だからですが。

 「君の知らない方程式」連載終わり。後は本になるのを待つばかり、なのですが。
 あのエピローグに「こうして殺人トマトの脅威は去った。そのころ練馬では大根が、、、」とツッコミを入れてしまったのはワタシだけでしょうか。。。
Posted by 怪鳥 at 2017年03月22日 10:33
現象の仕組みが気になる子とならない子、規則を一般化したい子とそうでない子がいて、気にならない子にとっては学校の勉強は全て暗記物です。

月がどっちから昇ろうが、釣りや携帯なしで迷うときくらいしか困らないので、勉強する意味がありません。
タバコでガンになるかどうかは有用な知識ですが。
科学や天文の知識より、アイドルのチケットの取り方、転売ヤーから買うかどうかの方が重要です。

現代社会は安全で整備され過ぎているので、みんながそう思うだろうという方に○つけときゃ足ります。
水素水飲んだって血液型占い信じたって死にはしませんし。コミュ力の観点からは血液型占いは信じる方が有利です。

月については、問題文の並びと誘導から、みんなが西からだと思うんじゃないだろうかで、考えなしに○したってところでは。
Posted by taka at 2017年03月29日 12:07
>nazさん

>「知っている/知らない」ではなく「信じる/信じない」で回答選択させるには、何か意味があるのでしょうか?

 たとえば「ムー大陸」を知っていても、信じていなければ何も問題ないからです。


>北村紗衣さん

 共感覚で見えているのなら、そのオーラは実在するものではなく、「人間の体から出ているオーラ」を見ているわけではないですよね?
 たとえば幻覚で幽霊が見える場合があることと、「幽霊が存在する」と思うことはまったく別じゃないですか。それは分けて考えないと。
Posted by 山本弘山本弘 at 2017年04月06日 21:35
>伊集院さん

 あなたの悩まれている疑問には、僕も小学生の頃に少しだけ悩みました。
 当時の僕の結論はこうです。

「怖いのは死の直前まで。死ねば『死ぬのは怖い』と考えている自分すら消滅するから、もう怖くない」

 あと、『去年はいい年になるだろう』でも書いたけど、若い頃に父ががんで死んだんですよ。最後は脳にまで転移していて、僕の顔も分からなくなっていました。
 その時に確信しました。「脳は一部が壊れただけで正常な思考力は失われる。脳が完全に機能を停止した状態で、なお記憶や思考力が保たれるなんてありえない」と。
 逆に、思考が壊れた状態でなお永遠に生き続けなきゃいけないのだとしたら、それこそ怖ろしいじゃないですか? 
Posted by 山本弘山本弘 at 2017年04月06日 21:49
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。