2017年01月21日

僕たちの好きだった80年代アニメ Part.5

山本弘のSF秘密基地LIVE#64
僕たちの好きだった80年代アニメ Part.5

 1980年代──アニメがまだセルに描かれていた時代。でもストーリーや表現の面では、急速に新しい波が押し寄せ、激動の時期を迎えていました。
 山本弘と鋼鉄サンボ、いい歳してアニメが大好きな二人が、あの時代を振り返り、様々な作品の思い出話や裏話、マニアックなトリビアを熱く語りまくるという連続企画。1987年に突入し、そろそろ大詰めです。さて、どんな作品が登場するでしょうか?
 なお、「山本弘のSF秘密基地LIVE」、いつもは毎月最終金曜日ですが、今回だけは最終土曜日(28日)です。お間違えなく。


[出演] 山本弘、鋼鉄サンボ

[日時] 2017年1月28日(土) 開場・19:00 開始・19:30(約2時間を予定)

[会場] なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F)南海なんば駅より南海通り東へ180m・駐車場有

[料金] 1500円  
(店内でのご飲食には別途料金がかかります。入場時に別途ワンドリンクをご購入いただきますのでご了承ください)

お申込みはこちらへ。
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=111826839

-------------------------------------

 去年から続いてきたこの企画。ほんとにそろそろ終わりに近づいてます。あと2回ぐらいですかね。
 毎回、パワーポイントで、その年にどんな作品があったかという資料を作ってるんですが、これがもうほんとにめんどくさくて。劇場アニメやTVアニメはともかく、OVA! この時期、ものすごく多かったんですよ。
 厄介なのは、観たはずなのに内容を覚えてないとか、観たかどうかも思い出せないとか(笑)、そういうOVAが多いんですよね。『ルーツ・サーチ』と『LILY-CAT』が頭の中でごっちゃになってたり、『カリフォルニア・クライシス』と『アーバン・スクウェア』と『トウキョウ・バイス』が、どれがどれだか分かんなくなってたり(笑)。えーと、最後に敵のアジトの原子炉が爆発して、主人公がそこから生きて帰ってくるのは『トウキョウ・バイス』だったかな?
 とりあえずあと少し、おつきあいください。


タグ :アニメPR

同じカテゴリー(アニメ)の記事画像
作品の枠を超えたキャラクター対比図
同じカテゴリー(アニメ)の記事
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.6 (2017-02-17 18:52)
 『この世界の片隅に』 (2016-11-18 20:22)
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.4 (2016-11-18 20:00)
 弱者が常に正しいわけじゃない (2016-10-12 19:25)
 映画『聲の形』 (2016-10-12 18:37)
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part3 (2016-10-07 17:33)

この記事へのコメント
この時代、少し後だとVシネマで製作されるネタの話(笑)がOVAになっていましたね。その中でも原作者が絶賛し、海外でも評価の高い『妖獣都市』(川尻善昭監督)なんて傑作もありますが。
Posted by ジャラル at 2017年01月25日 05:37
8月25日@muimi
むいみ@muimi

「その「思い込み」が、後天的なものか、先天的(血液型)なのものかは、まだ検証がされていないはずです。#少なくとも、私の知る限り確定的な結論は出ていません。」ABO FAN氏の頭が心配である。マジで。
posted at 08:57:02
Posted by blanche at 2017年01月29日 15:15
 blanche さんの発言は、このエントリとは関係のない話題が続くので、荒らしと判断して削除させていただきました。
Posted by 山本弘山本弘 at 2017年02月17日 18:18
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。