2016年10月12日

弱者が常に正しいわけじゃない

 前の記事からの続き。
 なぜ僕がこの映画を純粋にアニメ映画として観てほしいかというと、2013年、原作の最初の読み切り版が『別冊少年マガジン』に載った時、Toggeterでこういう意見を目にしたからである。

求めていたのは和解ではなく拒絶~普通学校で虐められた聴覚障害者が読んだ聲の形~
http://togetter.com/li/459715

 僕もあの読み切り版の結末については不満があった。展開が唐突すぎて、安直に感じられたからだ。(そのへんは連載版や、今回の映画版でかなり改善されている)
 しかし、このマンガに不満を持つ人たちの意見を読んで、愕然となった。

>いっそ転校したあと、クラス全員がバス事故で死ぬくらいでないと納得行かない部分はあるよねw

>@kurage313 @ChromeTzahal もしくは少女がイジメのエスカレートで殺されるも、隠蔽されてしまう。残された両親はある男に依頼する。ってノリでクラス全員射殺されて「いじめ問題は日本において~」ってナレーションが流れてだな

>結局のところ、ひどい健常者と良い子な障害者という構図はお腹いっぱいなんですよ!ギャングスタみたいに惨殺するろうとかが俺はもっと見たいんです!です!

>唐突に宇宙からの怪音波が地球上に流れて、クラスメイト全員憤死してヒロインだけが生き残り、補聴器捨てられたおかげだ、主人公君ありがとう…ってラストがよかたよ

>おい、早くコラでコブラが現れていじめっ子やクソの担任をサイコガンでぶちのめす奴はよ


 いやいやいや、そりゃだめだろ!
 ギャグ作品ならともかく、あのリアルな世界観の話に、そんな現実離れした結末つけたら、話が台無しになっちゃうだろ!
 あの結末に不満があるのは分かる。でも、出てきた代案がどれも原作以上に現実離れしたものばかりってどういうこと? それこそまさに現実逃避じゃないの?
 僕はその時、思ったんである。「ああ、素人は創作という行為をこんなに安直に考えているのか」と。
 ストーリーのつじつまとか世界観とかテーマ性とかはどうでもよくて、とりあえず自分の個人的なうさが晴らせたら満足なのか。
 でも、そんなのは創作じゃないんだよ。

 あと、なぜか硝子を無抵抗で心優しいだけの天使のようなヒロインだと思いこんでいる人が多いのが不思議。
 硝子が将也に飛びかかって、取っ組み合いのすごい喧嘩をするシーンが、記憶から飛んでるんだろうか? 僕はあのシーンがいちばん印象に残ったんだけど。
 言葉が不自由なせいで、うまく自分の意思を表現できなかった硝子だけど、実は内に激情を秘めていたことが分かる──まさに「障碍者も普通の人間だ」ということが示された場面だったから。

 今回の映画でも、こんな意見を目にした。

『聲の形』はいじめっこ向け感動ポルノなのか
http://togetter.com/li/1027520

>「聲の形」観た。これは悪質な加害者救済物語。周囲にさまざまなクズを配置することによって相対的に主人公がマシにみえるようにしてるし、主人公を筆頭にさまざまなクズひとりひとりが最終的に救われる構図だし、聴覚障碍者の子はそのためだけに存在している。物語の道具であり健常者の道具でしかない

 同様のことを書いている人は多い。いじめの加害者である主人公が救われるのが許せない、というのだ。
 ……あのですね。
 僕も子供時代にいじめられてた一人だから言わせてもらうけど、そういう言い方はものすごく危険だよ?
 もちろん、自分をいじめた人間を「許さない」と思う心理は理解できる。僕もそうだから。
 でも、この場合は違う。主人公の将也は確かに最初は硝子をいじめていた。でも、その後でいじめられる側に転落した。そして自分のやったことを反省する一方、自殺を考えるところまで追い詰められてしまった。
 つまり、この物語を否定する人たちは、いじめに遭って自殺寸前まで追い詰められた少年を、「許してはいけない」「救われてはいけない」と主張しているわけである。
 それ、まさに「いじめ」じゃないの?

 他にもこの人、こんなことも書いている。

>あとこれ「君の名は。」もそうだったんだけど、ヒロインが内股。いらっとする。べつに内股の女にいらっとするってわけじゃない。ヒロインを内股にする男の作者の女性観に超絶いらっとするんだよねー。

『聲の形』は原作者も脚本家も監督も女性です!
 内股の女性の絵を見ただけで、「作者は男性」と思ってしまうのって、それこそ性差別意識じゃないのか?

 僕は前にこういう文章を書いた。

いじめ問題:やっぱりこんな事件が起きていた
http://hirorin.otaden.jp/e244973.html

世の中にはこんなにも異常者が多い、という話
http://hirorin.otaden.jp/e247570.html

 繰り返すが、僕はいじめ被害者である。
 だからこそ言うが、いじめ被害者たちの主張が常に正しいわけじゃない。
 理想を言えば、いじめなんてものが根絶されることがいちばんいい。いきなり根絶は無理にしても、少しでも被害者を減らすべく努力するべきなのだ。
 しかし、世の中には、いじめ加害者や事件の関係者を殺していいとか、事件と無関係な人に冤罪を着せ、いくら迷惑かけてもかまわないとか思っている人間がいる。被害を少なくするどころか、かえって被害を拡大しようと願っている。
 僕はそんな考えを絶対に容認しない。
 はっきり言うが、そんな思想は「悪」だ。 自分がいじめられていたからって、悪に加担してはいけない。

 ちなみに、『僕の光輝く世界』の第1話は、2012年のこの一件をヒントにしている。
 主人公をいじめ被害者と設定したうえで、いじめを憎む世間の人々の歪んだ正義が暴走し、悲劇を生む様を描いた。
 そんなことが起きてほしくないから。


https://www.amazon.co.jp/dp/4062188465



同じカテゴリー(アニメ)の記事画像
作品の枠を超えたキャラクター対比図
同じカテゴリー(アニメ)の記事
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.6 (2017-02-17 18:52)
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.5 (2017-01-21 18:24)
 『この世界の片隅に』 (2016-11-18 20:22)
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.4 (2016-11-18 20:00)
 映画『聲の形』 (2016-10-12 18:37)
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part3 (2016-10-07 17:33)

この記事へのコメント
私は本作を見ていないので(原作も、アニメも)、内容についてはコメントしません、というかできません。

一度、加害者の立場に立った者は、絶対に許されてはいけないという思想は、私も支持しません。もちろん、許しがたい加害者もいるでしょうが、それこそケースバイケースのはず。当事者ならともかく、外野の人間がそこまで糾弾する資格はないと思います。

もっとも、相手に落ち度があるとみると、徹底的に叩くのは昨今の風潮ですね。ブログが炎上した元アナウンサーさんはあまり擁護する気になりませんが、だからといって未来永劫許さん!みたいな事は思いません。

それにしても、この作品に限らず「感動ポルノ」という言葉が本来の意味を離れて一人歩きしているように感じるのですが、山本先生はどう思われますか?
Posted by カルスト at 2016年10月14日 20:28
山本さん、ツイッターで「僕はいじめ被害者だから、いじめる側の心理はわからないし、わかりたくもない」と言ってましたよね?
では、私が教えてあげましょう。あなたが「と学会」でやってた事、それ自体が「いじめ」です。

「こいつ、こんな変な本を書いてるんだぜ!」「こんな変な説を唱えてるんだぜ!」と、わざわざ商業出版本やイベントであげつらってましたよね。
単に書き手の無知や間違いを指摘したいだけなら、本人に直接言うなり手紙やメールを出すなりすれば済む事。
なのにあなたはそうせず、不特定多数が読む本で「バカらしい」「アホかほんま?」「無知としか言いようが無い」って何回書きましたっけ?

それどころか、大賞をくれた事を本心から感謝して礼状をくれた三上晃さんのことも、その文面を晒しものにして更なる笑いものにしてましたよね。

断わっておきますが、私もいじめの被害にあった事はあります。重度知能障害者の妹をネタにされてね。
靴にガムを入れられるなんて生易しいぐらいのいじめにあいました。
とはいえ、私は山本さんと違って諦めたりせず、罵倒を録音したり証拠を揃えたりしてマスコミに送りつけ、いじめっ子をきっちり叩き潰しましたけど。

そんな私から見て、あなたがと学会でやってきた事は、立派に「いじめ」です。
相手に反撃できないところから、仲間内で「あいつ変なこと言ってるぜ!みんなも見ろよ、面白いぜ!」と騒ぐのは、普通にいじめですな。
それをネタに本を出して金稼ぎに利用してた分、下手ないじめっ子よりタチが悪いです。
相手から直接金を奪ってない分、カツアゲをするいじめっ子よりはマシですけど。

「違う、僕がやったのはいじめじゃない」なんて言っても無駄ですよ、いじめっ子は皆そう言い訳するものですからね。

いじめってものは、「自分達と違うものを排除したい」「群れで生きていく以上、弱い者は邪魔になる」という本能から来るものです。
いじめは正当なものでも不当なものでもありません。
いつでもどこでも誰でも、加害者にも被害者にもなり得るものに過ぎないのです。
山本さんだって私だって、いつまた被害者になるかも、逆に加害者になるかもわからないのです。

いい加減に「自分はいじめの被害者」といつまでも言い続けるのはおやめになる事です。
あなただって、似たような事をやってたんですから。
Posted by ab at 2016年10月16日 00:26
上手く言えないのですが…

山本先生の言われる事も分かりますが、自分としてはやはり「悪逆非道のいじめっ子が、最終的にブッ飛ばされる」物語を欲してしまいます。
発達障害者である事を知らず、変なトロい奴としてずっと痛め付けられて来た側としては、例えそれが「悪」だと分かっていても、いじめっ子への制裁を望んでしまいます。
例えば『北斗の拳』も、鬱展開にオエッとなりながらも、モヒカンや巨人どもがケンシロウに始末される様に、抗い難い爽快感を覚えてしまう訳です。
勿論それは、三次元世界には決して持ち込んではいけない感情な訳ですが。

『聲の形』…現時点では、ちょっと観に行く自信は無いです。もっと自分の過去に、折り合いが付けられればあるいは…とは思うのですが。
次に映画館に足を運ぶのは『まほプリ』『きんモザ』辺りかなぁ?
Posted by 大海笑 at 2016年10月23日 13:48
はじめまして。
記事、拝見させていただきました。

その直後に、ウルトラマンオーブが力の制御に失敗して暴力のままに
自然全てを壊滅しようとした怪獣とはいえ、それを殴り殺して後悔をするという話が放送されましたね。
ウルトラマンは初期から一貫して敵を暴力のままに倒すのは悲惨なことだと説いていますが、この記事の後にそのままの放送が流れたのは何かの運命とは思います。

しかし、その暴力のままに相手をいじめ殺してウサを晴らすのが創作でないという意見について、私はあえてノーと言わせていただきます。
なぜなら、その創作物は一部の人に分かりやすい需要があるため、理解されて受け入れられてしまう(=購入されてしまう)からです。
これを一部の人が認めて、売買が成立してしまえば、それは創作となってしまうのではないかと私は考えているのです。

一度は、地球人は我が身可愛さに地球を売ったりしないと言ったメフィラス星人も、今は、地球人は自分の快楽のためなら何でもすると言ってしまう時代になりました。

表現の自由があるとはいえ、現在の素人が簡単にそういった物を書いて、売買が成立してしまう状況が私はとても怖いと思っています。

これからどうなってしまうのか、1億2千万人のうちの1人でしかない私は流れに身を任せるしかないと思っていますが、表現家の方からすればどのように考えていますでしょうか。

お聞かせくださると幸いです。
Posted by 1億2千万人のうちの1人 at 2016年10月24日 21:09
まあ、人類の歴史を見ても、弾圧されていた弱者が力を持ったら、いつの間にか別の弱者を弾圧する側に回っているということもよくありますからねぇ……。
Posted by ドードー at 2016年10月26日 00:44
私もいじめ被害者でした。今考えると私のいた学校は結構不良がいた学校ですが、「いじめ」に参加していたのはそういう不良じゃなく、普通の一般生徒でした。だから何かきっかけがあれば被害者と加害者が逆転するというのは分かりますね。
Posted by ジャラル at 2016年10月31日 23:04
>abさん
なんかすごいツッコミどころをあなたの文章の中で見つけましたが、ここはあえて指摘しないでおきましょうか。
そのまま自爆し続けてください。
Posted by ドードー at 2016年11月18日 20:40
と学会の活動について「いじめだ」と言っておられる方が居られますが、それはちょっと違うのではないかと。
あれも一つの「批評」の形だと思うのですが。

世の中には、人を騙そうとする人や、明らかな間違いを信じ込む人、それを活字にしてばら撒く人達が居ます。
例えば、もう十年以上前に発覚した、旧石器のねつ造事件。
一人の男のねつ造行為を多くの考古学者が信じ込み、異論を封じ込め、多くの本に掲載されました。
それを暴いたのは、某新聞社による本来褒められたものでは無い手段でした。また、それによって傷付いた人も数知れません(私も考古学ファンとして、大いにショックを受けました)が、それでも真相が明らかになって本当に良かったと思います。
と学会の活動も、そういう部分があるのではないでしょうか。何を言われても信じる人も多いでしょうが、私などは、かなり眼からウロコを削ぎ落とす事が出来た、と思っています。

自分の知る限りでも、島根から出た自然石を「日本最古の石器」と主張する考古学界のお偉いさんや、風化や浸食で出来た天然の岩塊を「縄文時代の巨石建造物」とのたまう自称研究者等、世の中にはおかしな主張を活字にする人が沢山居ます。そういう人達は、いくら個人的に間違いを指摘しても、考えを改める事はほぼ有りません。
そうした主張に対し「どうしておかしいのか、何が間違っているのか」解説し、チクリと一刺しする本も、世の中には必要だと思うのです。
Posted by 大海笑 at 2016年11月19日 16:47
abさんへ
と学会メンバーでもないのでアレですが。

そもそも出版物の内容に対する論評や批判は許されており、著者は、正当な根拠のある批判を受忍すべきです。
と学会もカウンターで反論される危険を甘受して見解を発表されています。
また、と学会による批判の大部分は、そこそこ売れた世を惑わせる似非科学本に向かっており、社会的にも有用だったでしょう。

他方、学校でのいじめ行為の大部分は不法行為であって受忍義務はありません。

と学会は、趣味の活動とエンターテイメントとしての不謹慎さが混じってるのでいじめ行為と外形的に似ていますが、全く違う行為です。

もっとも、ここは、と学会がマイナーな弱小サークルだった時期と、有名になって権威?になった時期とで印象は変わるかも。

権威となってしまったと学会が、害のない超マイナーオカルト本を掘り出して嘲笑しているようなのがあれば、品位を欠くと言わざるをえないかもしれません。
Posted by taka at 2016年11月21日 15:21
>硝子が将也に飛びかかって、取っ組み合いのすごい喧嘩をするシーン

喧嘩をしたのは将也ではなく直花ではないでしょうか?
Posted by 十一郎 at 2016年11月23日 16:55
>十一郎さん

 すみません、映画の最初の方のシーン、覚えておられませんか? もちろん原作にもあったんですけど。
Posted by 山本弘山本弘 at 2016年12月26日 22:28
そういえば山本弘様も、まどマギ最終回予想の時に似たようなことを書いてましたなあ…といった話は禁句ですか(笑)
Posted by 鉄也 at 2017年01月16日 20:40
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。