2016年06月18日

ドラマ『重版出来!』最終回

火曜ドラマ 重版出来!
http://www.tbs.co.jp/juhan-shuttai/

 最近、めっきり地上波でドラマなんて観なくなってたんだけど、この番組だけは例外。毎週、欠かさず観てたし、録画もしてた。
 マンガと小説、ジャンルこそ違うけど、身につまされることが多かったから。

 人気出なくて打ち切り食らったこともあったし。
 いくら新作の企画を提出しても通らないこととか。
 後から出てきた新人にすごい勢いで追い抜かれていったことも何度もある。
 かと思えば、書店さんにプッシュしていただいて、サイン会開かせていただいたことも。
 だから登場人物たちの想いが痛いほど理解できる。

 世の中には「視聴率が裏番組に負けてた」とか言ってけなす奴がいるみたいだけど、そんなこと言ったら『宇宙戦艦ヤマト』だって裏の『ハイジ』に負けて打ち切られたんだし、『カリオストロの城』だって劇場公開時の成績はさんざんだったんだから。
 視聴率や観客動員数なんて、作品の良し悪しを計る指標にはならないんだよ。

 特に先日放送された最終話は、リアルタイムで視聴して、おおいに感動した。

#重版出来 最終回は三蔵山先生が魂の演説!エキストラ参加した漫画家も多数の大盛況【画像】
http://togetter.com/li/987572

 実は裏で努力していた五百旗頭さんのかっこ良さとか、中田伯のサイン会にアユちゃんが来るところとか、マンガ家になる夢を捨てて実家に帰った沼田が、三蔵山先生の受賞記念パーティに酒を搬入してくるところとかも良かったんだけど、やっぱり最高に盛り上がったのは三蔵山先生の受賞記念スピーチ!
 かっこ良すぎるよ、先生!
 第一話で「オワコン」と呼ばれ、落ちこんで引退も考えていた状態からの復活&再スタート宣言。熱い! 熱すぎる!
 観ながらぼろぼろ泣いちゃったよ、こんちくしょう!

 もちろんね、ドラマは現実じゃないことは分かってるんだよ。
 中田みたいに初連載でいきなり人気が爆発するなんてことは、現実になかなかない。
 三蔵山先生みたいに賞をもらえるマンガ家なんて、マンガ家全体のごくごく一部だよ。
 でも、現実にまったくないわけではない。
 夢みたいな話だけど、夢じゃない。ぎりぎり現実にある話。その微妙なバランス感覚、リアリティが見事なんである。

 特に中田の成功は、単に天性の才能ゆえじゃなく、連載を勝ち取るまでの、三蔵山先生の下でのアシスタント経験とか、心とのネームのやり取りの積み重ねとか、地味な部分がちゃんと描かれていたからこそ説得力がある。
 才能さえあれば人気が出るわけじゃないし、ベテランでも気を抜けば凋落してゆく。そんなシビアな世界。
 小説もマンガもね。

 だからこそ三蔵山先生のあの最後の大演説に心打たれちゃうんである。ああ、僕もがんばらなくちゃいけないなと。

 作家を続けてゆく勇気をもらいました。ありがとう。



同じカテゴリー(テレビ番組)の記事画像
『ビーバップ!ハイヒール』出演裏話
コミケ直前情報:『ミステリー・ゾーン』徹底解説
「イルミナティカード」でテレビに出たのはいいけれど……
同じカテゴリー(テレビ番組)の記事
 『ビーバップ!ハイヒール』出演裏話 (2017-09-06 21:41)
 テレビに出演します (2017-08-28 20:32)
 海外SF・ホラードラマの“戦うヒロイン”の魅力を語ろう (2017-08-24 22:29)
 『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』発売記念イベント (2017-04-07 19:39)
 新刊『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』 (2017-04-07 19:09)
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.4 (2016-11-18 20:00)

この記事へのコメント
もともと原作が本当に好きで、最初は下らなくアレンジされるのではと穿って観ていました。見事なアレンジでした。原作の良いところを見事に抽出し、脚本、演出、役者の力で原作を凌駕されたら、それゃあ毎週号泣するしかありません。まるで、アニメのプラネテスのように。この作品に関わった、すべての方々に花束を。
Posted by 2M at 2016年06月19日 01:39
「自らの傷をえぐって創作するタイプの作家は~」というセリフ、ギャグ漫画の作者の方がスランプになると悲惨な話を聞きますからねえ・・・。
Posted by ジャラル at 2016年06月19日 21:01
はじめまして私も欠かさず観てました。
ラストは三蔵山先生が持ってったって感じでしたね。
先生は真田丸は観てますか?重版出来の俳優さんが複数出演していて特に小日向さんの演技のギャップが面白いです。
ネットニュースで俳優が悪いだの期待外れだの散々な書かれようで悔しかったのですが、先生の感想を拝見して嬉しくてついコメントしてしまいました。
Posted by アルパカピバラ at 2016年06月20日 00:28
打ち切り・・・。
そういえば妖魔夜行の新シリーズ続巻の出る目はもうないのでしょうか・・・。
Posted by 妖魔夜行が好きでした at 2016年06月26日 20:15
>2Mさん

 はい、アニメの『プラネテス』も見事でしたね。原作のエピソードをばらばらにして、絶妙に再構成してあって。
 まあ、『ジョジョの奇妙な冒険』みたいに原作を忠実に再現するアニメがあっていい一方、改変することで良くなるアニメもあるわけでね。
 映像化が原作通りでなくてはいけない理由なんてなくて、原作より面白くなるなら変えていいと思います。「原作を改変して悪くなる」のは論外だけど、「原作に忠実すぎてつまらない」作品もちょくちょくあるんで……。

>妖魔夜行が好きでした さん

 すみません、今のところ、予定ないです……。
Posted by 山本弘山本弘 at 2016年07月01日 16:42
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。