2016年06月06日

僕たちの好きだった80年代アニメPart2

山本弘のSF秘密基地LIVE#59

僕たちの好きだった80年代アニメPart2

 1980年代──アニメは今と違い、まだほとんどCGなどはなく、みんなセルに描かれていました。でもストーリーや表現の面では、急速に新しい波が押し寄せてきていました。
 巨大ロボット、魔法少女、ギャグ……それまで子供向きと思われていたジャンルが、大人でも楽しめるものへと、劇的に変容していったのです。
 山本弘と鋼鉄サンボ、いい歳してアニメが大好きな二人が、あの激動の時代を振り返り、様々な作品の思い出話や裏話、マニアックなトリビアを熱く語りまくります。「今見てもすごい!」と思える名作から、「俺、何でこんなもん観てたんや!?」と頭を抱える黒歴史まで、あなたも懐かしさと恥ずかしさをこめて振り返ってみませんか?

[出演] 山本弘 鋼鉄サンボ

[日時] 2016年6月24日(金) 開場・19:00 開始・19:30

[会場] なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F)(地図)南海なんば駅より南海通り東へ180m・駐車場有

[料金] 1500円  
(店内でのご飲食には別途料金がかかります。入場時に別途ワンドリンクをご購入いただきますのでご了承ください)

 ご予約はこちらから。
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=102814531
-------------------------------------------

 先月に続き、また80年代アニメを取り上げたイベントをやります。
 実は前回、話すことが多すぎて、80年と81年だけで時間切れになっちゃったんですよね。84年ぐらいまではいけるかなと思ってたんですが。
 このペースだとあと最低4回はやらないと消化できません。しかも83年からはOVAが出てくるからなあ……。

 今回のイベントのための資料をまとめていて気がついたこと。
 何で僕はこんなにあの頃のアニメ主題歌が歌えるんだ?
 毎週観てた番組ならともかく、『Theかぼちゃワイン』とか『愛してナイト』とか『らんぽう』とか『ハロー!サンディベル』とか『タイガーマスク二世』とか、数回しか観たことないはずの番組まで歌えるんですよ。こ~の~くちびるに 燃える愛をのせて~♪とか、む~ねの~はしっこ、うずうずと♪とか、すすんでる、すすんでる♪とか。
『愛してナイト』とか『らんぽう』とかはOPが良かったもんで、OPだけ録画して何度も観てたのかな、という気はするんですか。

 ちなみに、当時小学生だった鋼鉄サンボくんは『まいっちんぐマチコ先生』の思い出を熱く語ってくれました。そう言えば、この主題歌も歌えるなあ……。
 会場で言ったのが、当時のアニメはゴールデンタイムでも普通に女の子の乳首ぐらい見せてたということ。堂々とベッドシーンまでやっち'ゃった『ブライガー』とか『オーガス』とかもあるし。今は深夜アニメでさえ「謎の光」の規制が入るんですけどねえ。あの頃はフリーダムでしたよ、ええ。

 あと、リスト作っててあらためて実感するのは金田伊功氏の功績の大きさ! 『アオイホノオ』でも言ってたけど、番組の内容自体はたいしたことなくても、OPが金田伊功というだけで観ちゃうということがよくありました。『地球へ…』とか『宇宙戦艦ヤマトIII』とかにしても、金田氏の作画したシーンだけ何回もビデオで観直してましたし。
 そうそう『宇宙戦艦ヤマトIII』といえば、次元潜航艇ガルマンウルフがちょくちょく話のタネになりますが、僕としては、ボラ―連邦との決戦の直前にデスラーがベムラーゼに言った「あなたのお葬式は何宗で出せばよいのかな、ベムラーゼくん?」という台詞がツボでした。まさか異星人に宗派を訊ねられるとは(笑)。あと、「葬式」じゃなく「お葬式」と言ってるのがかわいいです、デスラー。

 他にも、『鉄腕アトム』の最終話「アトムの初恋」がすごかったという話もしましたし、『ずっこけナイトドンデラマンチャ』の6話だけDVD出してくれとか、「最強ロボ♪」と聴くと「さいきょさいきょさいきょ」と続けてしまうとか、「シグマシグマゴッドシグマ」と聴くと2回拍手したくなるとか、「80年代アニメファンあるある」もいろいろ。

 次は81年からなので、『マクロス』『ザブングル』『ボトムズ』『バイファム』などのメジャーな作品はもちろん、『ときめきトゥナイト』とか『クリィミーマミ』とかの話もする予定。お楽しみに。



同じカテゴリー(アニメ)の記事画像
作品の枠を超えたキャラクター対比図
同じカテゴリー(アニメ)の記事
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.6 (2017-02-17 18:52)
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.5 (2017-01-21 18:24)
 『この世界の片隅に』 (2016-11-18 20:22)
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.4 (2016-11-18 20:00)
 弱者が常に正しいわけじゃない (2016-10-12 19:25)
 映画『聲の形』 (2016-10-12 18:37)

この記事へのコメント
 山本さんとのカラオケ、いつかは参加したいものですなぁ…
Posted by toorisugari at 2016年06月06日 15:51
こういうアニメは大勢でツッコミ入れながら見ると楽しいですね。主題歌が触れられていた『宇宙大帝ゴッドシグマ』ですが、他にも「OUT」や「ファンロード」でも突っ込まれた「本当に裏切ってしまった博士(声優は富田耕生さんなのに(笑))」などの強引なストーリー展開、キャラクター原案 - 新谷かおる(黒歴史?)、出渕さんがスタッフにいたのが信じられない主人公メカのデザインや異常に豪華なキャスティング(他番組なら新人が演じる役までレジェンド声優が!)とかツッコミどころが満載です。
Posted by ジャラル at 2016年06月12日 19:27
>ジャラルさん

『ゴッドシグマ』は作品としてはちょっと……でしたけど、話題性はいろいろありましたね。
 あの胸と翼を構成するパーツ(ビッグウイング)が、初期設定にはなくて、放映直前につけ加えられたというのは、今回、鋼鉄サンボくんに教えられて初めて知りました。確かに、とってつけたような感がありましたけどね。
Posted by 山本弘山本弘 at 2016年06月18日 19:05
謎の光って…(汗)

『ジョジョの奇妙な冒険』のテレビアニメ版観てたら、第三部の、承太郎が吸ってるタバコだけが黒くボカされたり(取り上げられると黒くなくなる)、タワー・オブ・グレーの本体のスプラッタ描写で画面一面真っ黒になるのには参りました。これってちゃんと描いてから黒くしてるんですかねぇ。一面黒くするなら、アングル変えればいいのに…って思いましたよ。

病後も順調なようですね。安心しました~。御自愛ください…って表現しか出ない自分が悲しい…
Posted by ギルス at 2016年06月18日 22:34
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。