2016年02月10日

今月、東京でのトークショー2件

 2月21日(日)と22日(月)、新宿で続けてトークショーをやることになりました。
 両日通し券購入の方には、入場料が500円引きになります。

-----------------------------------------------
山本弘スペシャル2DAYS PART.1 懐古編
山本弘のSF秘密基地LIVE 東京特別版#4
「今、レトロが新しい!!」


 1930年代、パルプマガジン盛んなりし頃のアメリカが舞台のホラーミステリー『怪奇探偵リジー&クリスタル』を上梓した山本弘と、翌22日に金田一耕助パスティーシュのシリーズ最新刊『金田一耕助、パノラマ島へ行く 』を刊行する芦辺拓が揃い踏みします。
 二人が偏愛する、レトロSFとミステリ、児童小説、特撮映画など古き好き日を彩ったクラシックなエンターテイメントの魅力を、縦横無尽に語り合います。
 翌日の 「SFなんでも箱」とのハシゴも大歓迎。両日通し券購入の方には、入場料500円引きの2500円でOK。

[出演] 山本弘(作家)

[ゲスト] 芦辺拓(ミステリ作家)

[日時] 2016年2月21日(日) 開場・19:00 開始・19:30 (約2時間を予定)

[会場] Cafe Live Wire
     東京都新宿区新宿5丁目11-23 八千代ビル2F
    ・都営新宿線「新宿3丁目」駅 C6~8出口から徒歩5分
    ・丸ノ内線・副都心線「新宿3丁目」駅 B2出口から徒歩8分
    ・JR線「新宿」駅 東口から徒歩12分
 
[料金] 1500円 (当日券500円up)

http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=98391896

※終演後に出演者を交えてのフリーフード&フリードリンクの懇親会を開催します(23:30終了予定)。参加費は3500円です。懇親会参加者には、入場時にウェルカムの1ドリンクをプレゼント。参加希望の方はオプションの「懇親会」の項目を「参加する」に変更してお申し込みください。参加費も一緒にお支払いただきます。
※懇親会に参加されない方は、当日別途ドリンクチャージ1000円(2ドリンク)をお買い上げください。

※翌日2/22(月)に「池澤春菜&堺三保のSFなんでも箱#28 ゲスト・山本弘」を同じ会場・時間・料金設定で開催します(終了後に懇親会も開催します)。両日来場の場合は入場料が500円引きの合計2,500円とお得です。通し券希望の方はオプションの「22日」の項目を「参加する」または「参加する(+懇親会)」に変更してお申し込みください。2つのイベントの料金を一緒にお支払いいただきます。
-------------------------------------------------
山本弘スペシャル2DAYS PART.2
池澤春菜&堺三保のSFなんでも箱(Anything Box) #28

 前日の「山本弘のSF秘密基地LIVE」とのハシゴも大歓迎。両日通し券購入の方には、入場料500円引きの2500円でOK。

[出演] 池澤春菜(声優、女優、エッセイスト)、堺三保(SF評論家、翻訳家)

[ゲスト] 山本弘(作家)

[日時] 2016年2月22日(月) 開場・19:00 開始・19:30 (約2時間を予定)

[会場] Cafe Live Wire
     東京都新宿区新宿5丁目11-23 八千代ビル2F (Googleマップ)
    ・都営新宿線「新宿3丁目」駅 C6~8出口から徒歩5分
    ・丸ノ内線・副都心線「新宿3丁目」駅 B2出口から徒歩8分
    ・JR線「新宿」駅 東口から徒歩12分
 
[料金] 1500円 (当日券500円up)

http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=98248023

※終演後に出演者を交えてのフリーフード&フリードリンクの懇親会を開催します(23:30終了予定)。参加費は3500円です。懇親会参加者には、入場時にウェルカムの1ドリンクをプレゼント。参加希望の方はオプションの「懇親会」の項目を「参加する」に変更してお申し込みください。参加費も一緒にお支払いただきます。
※懇親会に参加されない方は、当日別途ドリンクチャージ1000円(2ドリンク)をお買い上げください。
--------------------------------------

 芦辺拓さんとは前から知り合いなんですが、こんな風に人前でトークするのは久しぶりです。
 先日、復刻された西條八十『あらしの白ばと』(盛林堂)がものすごく面白かったもんで、昔の児童小説がいかに自由奔放だったか……といった話からはじまって、『リジー&クリスタル』の裏話などをからめながら、レトロなSFやミステリや特撮の話を思う存分、展開しようと思っています。ついてこれる人、どれだけいるんでしょうね(笑)。
『あらしの白ばと』もいいけど、『魔境の二少女』もかなりわくわくする話で、復刻希望です。

 2日目は池澤春菜さんと堺三保さんの司会で、『BISビブリオバトル部』の話をからめながら、SFの話をいろいろとするつもりです。お楽しみに!


タグ :PRSFレトロ

同じカテゴリー(PR)の記事画像
『幽霊なんて怖くない』文庫化
新連載『プラスチックの恋人』
冬コミ直前情報
コミケ直前情報:『ミステリー・ゾーン』徹底解説
星雲賞受賞の言葉
新刊『世界が終わる前に BISビブリオバトル部』
同じカテゴリー(PR)の記事
 あなたの知らないマイナー特撮の世界RETURNS (2017-05-19 22:24)
 『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』発売記念イベント (2017-04-07 19:39)
 新刊『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』 (2017-04-07 19:09)
 LiveWire:またしてもニセ科学を楽しもう! (2017-03-06 17:23)
 切通理作の『怪獣千夜一夜』第一夜 (2017-03-06 15:56)
 『幽霊なんて怖くない』文庫化 (2017-02-21 19:51)

この記事へのコメント
1日目の芦辺先生の作品では『金田一耕助VS明智小五郎』収録の「少年は怪人を夢見る」が好きです。著作が本格ミステリ・ベスト10にここ十数年必ずランク入りしている推理小説界の大御所になりつつある先生ですが、VSシリーズは書き続けて欲しいです。

2日目の池澤春菜さんは声優界でもトップクラスの読書家ですし、堺先生・山本先生とビブリオバトルできるのでは?と思います。まあ会場に池澤さんのファンが多いでしょうから会場投票だと池澤さんの圧勝だと思いますが(笑)。
Posted by ジャラル at 2016年02月14日 12:29
 イベント、東京では3回目でしたか…
Posted by toorisugari at 2016年04月06日 18:42
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。