2015年10月12日

『六花の勇者』で考えたこと

注・ネタバレはありません。

 今年夏のアニメで、個人的にいちばん面白かったのが『六花の勇者』。
 古来より、魔神が復活する時に現われるという伝説の6人の勇者。選ばれた者は身体のどこかに六花の紋様が浮かび上がる。
 また魔神復活の時が迫り、新たに勇者たちが集まってくる。だが、森の中の神殿で、何者かが作動させた結界の中に閉じこめられ、脱出できなくなる。
 しかも集まった勇者はなぜか7人。結界は内部から作動させることしかできず、7人目は魔神に味方する偽者である疑いが濃い。だが、いったい誰なのか?

 ファンタジーものの定番の「魔神の復活」「選ばれた勇者」という設定を利用した犯人当てミステリ。閉ざされた状況下で、誰が犯人か分からず登場人物が互いに疑心暗鬼に陥るという、『そして誰もいなくなった』以来の王道の設定なんだけど、それをファンタジーでやったのが面白い。
 最後に犯人を指し示す決定的証拠が唐突に出てくるのは、ややアンフェアだと思うけど、そこに至るまでのサスペンス、結界の作動方法のトリックの解明は、きっちりミステリの手順を踏んでいた。特殊能力を何も持たないアドレットが、7人目だと疑われて窮地に陥るも、知識と論理で謎を解いて危機を打破するという構成は見事。
 さらに、最終話を見てあっと驚いたのはエンディング。基本的に第1話のEDと同じものなんだけど、7人目が誰かを知ってから見ると、あるカットの意味が違って見える! いや、これには恐れ入りました。

 放映の翌日、さっそく原作1巻を買ってきて読んだ。 以前から評判は耳にしていたのだが、アニメ化すると聞いた時から、アニメが終わるまで読むのを待とうと思っていたのだ。
 今回の1クールは原作の1巻だけを使っているというのは知っていたのだが、読んでみて驚いたのは、アニメがびっくりするほど原作に忠実だったこと。 どのシーンも台詞もほとんど原作にあるもので(一部、アレンジはされているけど)、何も足してないし何も引いていない。

 ネットでは「展開が遅い」という批判もある。
 それは当然だ。ライトノベルのアニメ化といったら、1巻の内容を3話か4話ぐらいでやるのが普通だ(『ニャル子さん』など、たった2話だった)。当然、冗長な台詞とか、アニメにしてもあまり面白くないくだりとかは、ばっさりカットされる。
 それに対し、『六花の勇者』は、1巻のストーリーを12話かけてやった。だから当然、ラノベのアニメ化を見慣れた層からは、「遅い」と思われるだろう。
 でも、この作品に関しては、それはしかたがないことなのだ。ミステリである以上、下手に改変できない。伏線を削るわけにいかないのはもちろん、些細なシーンでもミスディレクションとして機能している場合がある。だからカットせずに、原作に忠実に描くのが正解なのだ。

 もっとも、アニメならではの面白さもある。特に戦闘シーン。第一話から炸裂する自称「地上最強の男」アドレットの繰り出すトリックプレイをはじめ、ナッシェタニアが無から生み出す剣、チャモの能力の気色悪さなど、絵的にすごく面白いものに仕上がっていて、毎回、興奮した。
 あと、美術が凝っている。アステカ文明あたりがモチーフらしいが、これまでの中世ヨーロッパ風のファンタジー世界とは一味違う雰囲気だ。
 これはまったく理想的なアニメ化だ。

 このアニメが楽しめない層というのは、そもそも、これがミステリだということを理解してないんじゃないかという気がする。「さっさと魔神を倒しに行け」とかいう感想を見ると、特にそう思う。
 たとえて言うなら、『孤独のグルメ』に対して「飯ばっかり食ってないで仕事しろ」と文句つけてるような、そんな印象があるのだ。
 確かに第一話だけ観たら、王道のファンタジー・アニメだと誰でも思うだろう。それを期待していたら、そういう作品じゃなかったので裏切られた、という不満もあるんだろう。 それは分かる。
 でも、考えてみてほしい。

『新世紀エヴァンゲリオン』にしても、『魔法少女まどか☆マギカ』にしても、最初からああいうアニメだと思ってましたか?
『涼宮ハルヒの憂鬱』もそうだし、最近だと『がっこうぐらし!』もそう。原作を読んでいない人、最初からああいう話だと思ってましたか?
 途中で、「えっ? これってそんなアニメだったのか」と気づいて、見る目を変えたんじゃないですか?

 たとえて言うなら、レストランでメニューを見て、「こういう料理だろう」と予想して注文したけど、イメージしたのと違う料理が出てきたようなもの。
 それでも美味しければいいはずだ。

 作り手は常に読者や視聴者の期待通りの料理を出さなきゃいけないわけじゃない。期待を裏切ってもいい。失望させてもいい。その失望を上回る面白さを見せればいいのだ。



同じカテゴリー(アニメ)の記事画像
作品の枠を超えたキャラクター対比図
同じカテゴリー(アニメ)の記事
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.6 (2017-02-17 18:52)
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.5 (2017-01-21 18:24)
 『この世界の片隅に』 (2016-11-18 20:22)
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.4 (2016-11-18 20:00)
 弱者が常に正しいわけじゃない (2016-10-12 19:25)
 映画『聲の形』 (2016-10-12 18:37)

この記事へのコメント
"このアニメが楽しめない層というのは、そもそも、これがミステリだということを理解してないんじゃないかという気がする。"

まさに私はこのパタンで、王道ファンタジーものを想像してみはじめて、何やってんだろこの人たち・・、というかなに考えてんだろこの作者?と思ってます。
途中できっとこれはミステリなのかな?とも思ったんですが、そうはいっても疑問は消せませんでした。

というのも、
王道なファンタジーで、各キャラクタが良くて、とても面白そう!
という気持ちが最初にあって。
見た結果、ミステリー風で面白いけど、それ以上に裏切られた思いがあるからです。
つまり、期待値>実際の面白さだから、私は最終的に
面白いけど何やってんだろ?っていう感想になって居るんだと思います。
Posted by えこ at 2015年10月13日 00:55
はじめまして。
このアニメに関してはまったくおっしゃる通りの感想を持ちましたので、思わずコメントさせていただきました。
今期は20本以上見ましたが、ベスト3には確実に入る面白さだったと思います。音楽面も素晴らしい出来でした。
それにも関らず、円盤の売上速報では何かの間違いではないかと思うほど低い数字が出ていました。
個人的には2期を非常に期待していますので、とても心配になっております・・・。
Posted by h@ruka at 2015年10月13日 05:10
いや、『がっこうぐらし』はアニメ第一話でどういう作品かはっきり示してましたし、『まどかマギカ』も第一話時点で虚淵氏のことをよく知らない人が見てさえ大抵、きゅうべい(とマミも疑われていた)が何か企んでいて魔法少女がろくなものじゃないと察しがつくように演出やほむらの言動とかされてました。
『涼宮ハルヒの憂鬱』の場合は、そもそも放送第一話時点ではどういう話かまったく意味不明なうえに、実質第一話の放送二話ではやはりどういう方向性の話か概ねわかるようになってましたが(時系列シャッフルはあくまでおまけ要素)。
『エヴァンゲリオン』の予想困難の場合はどちらかと言えば「あんなふうに投げ出すとは思わなかった」という類では。

やはりできれば第一話、遅めでも三話以内には、どういう方向性の話か明確にしないとまずいでしょう。まあ、これに当てはまらない名作も多いでしょうが少なくとも1クール作品では早めに方向性を明示しないとまずい場合が多いでしょう。
Posted by ken at 2015年10月13日 12:03
>このアニメが楽しめない層というのは、そもそも、これがミステリだということを理解してないんじゃないかという気がする。

私が似たような感想を抱いた作品と言えば、マンガですが、ARIAで連載されている由貴香織里先生の「架刑のアリス」ですね。
私も山本先生同様に「邪悪な美少女」が大好きなもので、それ目当てで読み始めたのですが(実際サブキャラ含めてかなり満足しました)、
よく読むと作品そのものがある種の論理パズルで、ちゃんとヒントも描写されててたり、台詞に説明が入ってたりで、読者も隠された真実にたどり着けるようになってます。
しかし、「架刑のアリス」が知的な作品であることに気付いてる読者を私は見たことがありません。そういうわけで、私は山本先生に共感しました。
Posted by ドードー at 2015年10月13日 23:36
う~ん…これはあくまで、私個人の話なのですが、
いわゆる「鬱アニメ」に関しては、最初から「そういう展開、シーンがありますよ」というのが分かった方が有り難い気がします。
自分としては「裏切られた!」と感じた時点で、もう精神的にダメージ喰らってる事が少なくありませんし。
(その点『がっこうぐらし!』に関しては、早い段階で情報を得て、回避出来たので助かりました)

まぁ、あくまで「一部の発達障害者」にとっての受け止め方ですし、
多くの方々からすれば「裏切られた!!」ぐらいの作品の方が良いのかも知れませんが。
加齢と共に、鬱に対する耐性が弱まりつつある自分としては、その方が助かるなぁと思った次第であります。
Posted by 大海笑 at 2015年10月16日 18:16
六花の勇者はミステリというアピールが弱かったと思います。
公式のキャッチコピーでもpvでも7人目の偽物探しが重要要素には見えません。プロモーションが残念だったのではないでしょうか。

まどかと学校ぐらしに関してはニトロプラスがらみで何となく察している人はいました。
Posted by Ak at 2015年10月16日 20:07
あえて原作読まずに犯人(7人目)当てに挑戦しましたが敗北しました・・・後になって観ると「ここが伏線だったんか!」と思える箇所がありましたね。

ただ、作中で使われている魔法のシステム(聖者)が今一つよく分からなかったのは残念です(放送終了後にWIKI見てようやく分かりました)。トリックに関係あるので作中で説明して欲しかったです。

それを除けば声優さんの最長老の大木民夫さんの健在ぶりを筆頭に声優ファンとしても面白い内容でした。7人目の声優をあの人にしたのも含めて。
Posted by ジャラル at 2015年10月24日 07:56
初めまして、記事と関係ないコメントで申し訳ありません。
現在、はてな匿名ダイアリーに書かれた、伊藤計劃先生の作品をバッシングする文章が話題になっていて、Twitterなど一部では、それを書いたのが山本先生だという風に噂されています。 (たとえば名前こそ出していませんが、牧眞司氏は、その文章を山本先生のものだと断ずるような発言をしています。)

もし山本先生ご本人が書かれた文章ならいいのですが、別人のものだった場合、巧妙で悪質ななりすましだと思いますので、その旨、コメントを出して頂いた方が良いのでは、と思います。

雑文失礼しました。
Posted by 通りすがり at 2015年10月25日 18:47
六花面白かったですね。
小説は買うか悩んでいるのですが、2期が来たら知らないまま見たいし、1巻だけ読んで後はSTOPというのも無理そうで悩みます。
Posted by hiro at 2015年11月06日 03:10
 絵といいストーリーといいアクションといい、私もこの作品は楽しめました!願わくば、原作小説の最後まで作ってほしいです。
 あと、楽しめない言い訳を探すよりは、楽しもうとした方が絶対いいと思います。
Posted by toorisugari at 2015年11月09日 13:30
一気に見ると面白いんですが、ミステリもので事件が解決するまで3か月かかるのは、やっぱ興味を持続するには長すぎると思います。
しかも、魔神との戦いと言うメインストーリーが別途提示されてるので、余計に話が全然進まないという印象がありました。
これはテレビシリーズというフォーマットに対応するための工夫も何か必要だったのかなと思います。
Posted by まそ at 2015年11月14日 21:13
アニメは一期に2,3話しな見ない人間なので,この夏は話題になった『がっこうぐらし』を除けば,『六花の勇者』の勇者が唯一見たアニメです.

なぜ『六花の勇者』を見たかというと,キャッチコピーを見て,ミステリだと分かったからです.なので,最初からミステリを期待していました.
期待以上の完成度だったので,原作も全部買いましたし,円盤も全巻購入予定です.円盤を買うのはマドマギ以来です.

ミステリ要素に関してですが,キャッチコピーだけで分かるのは一部の人だけだとしても,PVを見れば誰が見てもミステリだと分かる内容だ……と思っていました.
なので,このアニメを批判している人はキャッチコピーもPVも見てないので,ミステリだと気付いていないと想像していました.
が,キャッチコピーやPVを見てもミステリだと分からない人がいるというのは新鮮な意見でした.

でも,あのキャッチコピーやPVはファンタジ&ミステリを表現する秀逸なプロモーションだったと思うのですが,これでも伝わらない人にはどうすれば良いのでしょうね?
Posted by moon cat at 2015年11月25日 00:09
 追記失礼。
 ネタバレほどではないにしても、方向性が分かっていれば覚悟して視聴に臨める、のかもしれません。(ジョジョの『OVER HEAVEN』で、未来が分かれば覚悟ができる、というセリフがありました)
 先が分からないのは不安・方向性を明確化してほしいという要望は、http://togetter.com/li/903289の『「シナリオの都合で助けられないヒロイン」かどうかを確認してよいのか問題 』に通じるものがあるような気がします。
Posted by toorisugari at 2015年12月11日 14:14
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。