2015年09月15日

鬼怒川決壊をめぐるデマ・3

 今回は非常に微妙な問題を扱う。というのも、まだ真相が分からない部分があるからだ。

鬼怒川堤防について
http://togetter.com/li/871943

 最初に注意しておきたいのは、このタイトルはまとめ主が後から変更したもので、最初のタイトルはこういうものだった。

【デマ注意】「鬼怒川堤防はソーラーパネル業者が削った」「事業仕分けでスーパー堤防が廃止された」→対象外です
https://www.reddit.com/r/newsokur/comments/3kdf81/

 内容も大幅に変更され、別物になっている。幸い、まとめ主さんは魚拓を残してくれていて、元はどんなものだったかが分かる。

https://archive.is/quCMH

 このデマが拡散したきっかけは、10日の15時にアルファルファモザイクが「鬼怒川の堤防決壊、太陽光発電設置のために堤防を削ったことが一因ではないかと話題に」と報じたことだった。

http://alfalfalfa.com/articles/130779.html

 注意深く読むと分かるけど、このアルファルファモザイクが引用した書きこみ、「その場所の今をご覧ください」とあるだけで、この場所で堤防が決壊したとは明言していない。しかし、多くの人が「この地点で堤防の決壊が起きた」と誤解してしまった。
 実際にはグーグルアースで見ると、ソーラーパネルの位置と決壊地点は、直線距離で約4km離れている。

 ソーラーパネルの建設地点で起きたのは「越水」(水位が堤防を越えてあふれること)であり、「決壊」は起きていなかった。
 ちなみに朝日新聞の報道によれば、この日、他にも上流の二ヶ所で越水が起きていたという。

記録的な豪雨、改修予定の堤防襲う 鬼怒川決壊
http://www.asahi.com/articles/ASH9B5JTLH9BUTIL034.html


 さて、このTogetterのコメントで気になったのは、「ネトウヨの言うことは100%デマです」「また、ネトウヨがデマ流したのか」などと、ネトウヨのせいだと決めつける声があったことである。僕はそれは違うんじゃないかと思った。太陽光発電を嫌いな人がみんなネトウヨなわけじゃないだろうと。
 だから、こうコメントした。

>ネトウヨじゃなくて、「太陽光発電が嫌いな人」が流したデマじゃないのかな?

 そう思ったのは、以前から、太陽光発電を貶めるデマがしばしば流れていたのが気になっていたからである。たとえばこういうの。

「今時の台風で日本中のソーラーパネルがどういう末路を辿ったかキチンと報道すべき」→台風被害と無関係のまで台風被害の様に扱ってるぞw
http://togetter.com/li/693652

 昨年7月の台風8号の直後、破損したソーラーパネルの写真を4枚並べて「今時の台風で日本中のソーラーパネルがどういう末路を辿ったかキチンと報道すべき」とツイッターで流した人がいたのである。それを信じて拡散した者も多かった。
 だが、「今時の台風」の被害とされる写真のうち、1枚は同年2月の豪雪によるもの、1枚は同年6月の豪雨で流された流木によるもの、1枚は無資格工事で取り付けられたパネルが台風で落下したもの。
 残る1枚は2012年9月の台風17号で被害を受けた沖縄の写真。この時は那覇市で最大瞬間風速61.2メートルを記録、大型トラックが横転するなどの被害も出ている。そりゃあソーラーパネルだって飛ぶだろう。
 世の中にはこういう、「太陽光発電が嫌いな人」がいる。だからネットに流れる素人の情報をうかつに信じるのは危険だ、と思ったのである。

 その後、「昨年3月下旬、民間事業者が太陽光発電事業を行うため、横150メートル、高さ2メートル部分を削った」とマスメディアで報じられたことで、いっぺんに、「デマじゃなかった!」という声が広まる。

【続報】鬼怒川氾濫のソーラーパネル問題、デマじゃなかった!堤防が2mも削られていた模様
http://togetter.com/li/872100

 いや、ちょっと待ってほしい。このまとめでも指摘されているが、「ソーラーパネルのせいで『決壊』した」という最初の話は、結局デマだったのだ。最初にデマを拡散した人たちが「デマじゃなかった!」と開き直るのはおかしくないか?
 無論、越水によって被害が拡大したのは事実だ。しかし、水害の多くはソーラーパネルの建設と無関係な堤防決壊によるものである。水害の責任をすべてソーラーパネルのせいにするのはおかしい。
 誤解しないように。僕はこの民間事業者を擁護するつもりはない。越水が起きたのが自然堤防を削る工事をやったせいだとしたら、それは糾弾すべきだ。
 しかし、素人の判断で性急に決めつけるのは危険だ。

 先のテレ朝のヘリの話や、差別デマの話と違うのは、今すぐ結論に飛びつかなくてもいいということだ。
 デマの拡散は急いで防ぐ必要がある。しかし、すでに水害は起きてしまったのだから、今すぐに責任を追及しても、被害が減るわけではない。せめて何日か待って、もっと情報が集まってから結論を出してもいいのではないか?
 それに、素人による推理は間違いであることが多い。

迷探偵が多すぎる
http://hirorin.otaden.jp/e315536.html

 これまでも、ネット民の早とちりによって、無関係の人や団体が中傷されるという事例がいくつも起きている。それらの多くは、情報をちゃんと確認しようとせず、性急に正義を貫こうとしたために起きたことだ。
 たとえば3年前、大津市のいじめ自殺事件をめぐって、無関係の人が加害者親族と間違えられて誤爆されたことを、みんな忘れてしまったのか?

いじめ問題:やっぱりこんな事件が起きていた
http://hirorin.otaden.jp/e244973.html

 つい数ヶ月前にも、例の神社油まき事件で、無関係の別の教会の代表者が犯人と決めつけられて攻撃されたことを、もう忘れてしまったのか?

彼らは調べようとしない・2
http://hirorin.otaden.jp/e420247.html

 それともみんな、「自分はそんな間違いはしない」と思い上がっているのだろうか?
 まあ、これは以前にデマを拡散してしまったことのある僕の自戒でもあるのだが。

「オーケン伝説」はやっぱり都市伝説だった!
http://hirorin.otaden.jp/e37563.html

 もし間違って、無関係な人を犯人扱いして攻撃したら、重大な誹謗中傷になる。みんな、その恐ろしさを理解していないのではないか。
 情報を拡散するのは大事だが、誰かを犯人だと名指しする情報を発信する場合には、他の情報に比べて何倍もの慎重さが要求されるのではないか?
 ……というようなことを考えていたら、まさに今、そんなことが起きていたと分かった。

弊社が所有する「常総市若宮戸ソーラー発電所」と、
鬼怒川氾濫に関する報道について(ご報告)
http://www.solar-energy-i.co.jp/pdf/info150912.pdf

 今回の一件で非難を受けているソーラーエナジーインヴェストメント社が、問題の自然堤防を切り崩したのは隣接する他社だと言っている。
 僕はここに掲載されている写真を見て、あっと驚いた。

 それまで、鬼怒川水害の写真に写っている水没したソーラーパネルは、しばしばツイッターで流れてきた水害前のグーグルアースの写真に写っているのと同じものだと思いこんでいた。


 実際はソーラーエナジー社のソーラーパネルは自然堤防の西側にあり、濁流に呑まれて見えなくなっていたのだ。映像に写っていたのは、自然堤防の東側にある他社のソーラーパネルだったのだ。
 グーグルアースの写真は古いもので、撮影された当時、まだ自然堤防の東側にはソーラーパネルは建設されておらず、西側のソーラーエナジー社のパネルだけが映っていたのだ。

 まずい。僕は太陽光発電施設が同じ場所に二つあったなんて、そんな基本的なことにすら気がついていなかった。おそらく、同じ誤解をした人は多いはずだ。
 実際、検索してみると、「鬼怒川堤防決壊の原因と言われる堤防を削ったソーラー設置会社ソーラーエナジーインヴェストメント」と、名指しで非難していた人が山ほどいた。「鬼怒川堤防決壊の原因」ではないのだから二重に間違いなのだが、デマを流された同社はたまったもんじゃなかろう。
 素人の推理がもたらしたデマの怖ろしさである。

「デマでなければ拡散してもいい」と思ったら大間違いだ。あなたが「デマではない」と思っているだけで、実は間違いかもしれないのだ。
 繰り返すが、僕は越水を招いた責任者を許してはいけないと思う。しっかり調査して、責任は追及すべきだ。
 だが、急いで「正義」を貫こうとするあまり、関係ない人に迷惑をかけてはいけない。
 そのためにも、慎重さが要求される。

「いいか。世の中で最も危険な思想は、悪じゃなく、正義だ。悪には罪悪感という歯止めがあるが、正義には歯止めなんかない。だからいくらでも暴走する。過去に起きた戦争や大量虐殺も、たいていの場合、それが正義だと信じた連中の暴走が起こしたものだ」(『翼を持つ少女』より


タグ :デマ

同じカテゴリー(メディアリテラシー)の記事画像
鬼怒川水害をめぐるデマ・2
鬼怒川水害をめぐるデマ・1
お前の行為はアイコンに恥じないものなのか?
彼らは調べようとしない・2
彼らは調べようとしない・1
新刊『14歳からのリスク学』
同じカテゴリー(メディアリテラシー)の記事
 鬼怒川水害をめぐるデマ・2 (2015-09-14 20:53)
 鬼怒川水害をめぐるデマ・1 (2015-09-14 19:43)
 お前の行為はアイコンに恥じないものなのか? (2015-07-13 19:36)
 イベント「SF作家・山本弘とデマを10倍楽しむ」 (2015-06-24 20:29)
 「論理盲」の人たち (2015-06-24 18:04)
 「山本弘が血液型性格判断を否定するのは儒教の影響だったんだよ!」(笑) (2015-06-12 13:34)

この記事へのコメント
突然のコメント失礼いたします。
水害翌日に開設された、「Googleクライシスレスポンス」において、罹災後の衛星写真が公開されています。

http://www.google.org/crisisresponse/japan
・鬼怒川付近の衛星写真(提供:DigitalGlobe)

上記ページでは、より大規模な陸側太陽光発電施設が確認できますし、越流浸食によると思われる痕跡も視認できます。

早い時期に公開されていた情報ですし、これを念頭に議論していた向きもあろうかと思います。ご参考までに。
Posted by aquila at 2015年09月15日 18:36
寝屋川の誘拐殺人事件でもネット上の素人探偵たちの迷推理が酷かったですよね……。
犯人は星野くんの母親とか言っていた素人探偵たちをごろごろ見ましたもの。
ちなみにネットをしてない私の母も「犯人は星野くんの母親やわ。息子を取ろうとした女の子を殺したんやわ。星野くんは生きてる」と自信満々にネットの素人探偵たちと同じ推理してましたね。
で、星野くんの遺体が見つかり、山田容疑者が逮捕されたら、気まずい表情をして事件について何も言わなくなりました。
私は母の迷推理を聞き流してましたけど、やっぱり素人がむやみに推理なんかするものではありませんな。
Posted by ドードー at 2015年09月15日 19:15
今回の堤防決壊で感じたのは、民主党が大嫌いな人たちは未だに多いということと、自分が嫌いな相手であれば根拠がなくても何を言ってもいいと思っている人が多いのだな、ということです。
別に民主党を擁護する気はありませんが、根拠のないことで誹謗中傷するのもいかがなものかと思います。
山本先生が書いておられるとおり、ソーラーパネルの工事現場は越水はしているものの、決壊現場ではありません。また、業者によると工事をする際に「ここは自然堤防である」という説明を行政から受けたことはないそうです。
もちろん、「危険だと言うことを行政にも業者にも伝えた」という地元の住民の方もいらっしゃるので、現時点では責任の所在は不明ですし、そもそもソーラーパネルの工事が水害にどの程度影響したのかも不明なわけです。
危険なのは、不確かな情報を元に一方の当事者を悪だと決めつけることだと思います。また、自分が支持しない政党の施策が影響していると「勝手に判断して」、ヘイトスピーチまがいの主張を拡散することも健全ではないと思います。
一方で、「鬼怒川の決壊現場はソーラーパネルの工事現場ではない」ということを根拠を示してまとめている人がいたことは救いに感じました。
Posted by カルスト at 2015年09月15日 21:33
デマや素人判断に基づいた、"安易な犯人探し"は、対象を間違っていた際の誹謗中傷の問題だけでなく、
事件事故について本来責任を追及されなければならない対象がボヤけてしまい、問題解決が遅れる危険性を孕んでいることも怖いと思います。
Posted by 666 at 2015年09月16日 02:46
ソーラーパネルがあった部分では「決壊は起きなかった」というのはややレトリックが含まれていると思います。
報道されているように、ソーラーパネルがあった場所は元は自然丘陵でした。それを誰かが削ってしまい、天然の堤防の役割を果たさなくなってしまいました。そこで応急処置として土嚢を積みましたが、その高さは元の丘陵の高さに比べて低いものでした。
こちらに丘陵と土嚢の高さの比較写真があります。
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/091300309/?ST=SP
つまり、鬼怒川が増水したとき、ソーラーパネルがあった「越水」した場所には「堤防」と呼べるしっかりしたものがそもそも存在しませんでした。堤防が無ければ、当然堤防の「決壊」も起きません。ですので報道各社も専門家もソーラーパネルがあった場所から畑や住宅地に川の水が流れ込んだことを「越水」と呼んでいますが、これは事実上の「決壊」ではないかと思います。付け加えれば、ソーラーパネルがあった場所は下流の堤防「決壊」より先に「越水」しています。
http://m.jp.wsj.com/articles/JJ10415814704662134429719015337743959194921
現時点で「越水」を起こした責任は誰にあるか決めつけるのは行き過ぎだと私も思いますが、将来的には責任問題に発展するのは避けられないでしょう。
Posted by 皐月七瀬 at 2015年09月16日 14:57
>世の中で最も危険な思想は、悪じゃなく、正義だ。

…少し、引用します。

>「人間が人間を裁く為の正当性」
>「正義」とは、正しく清いものなどでは決してない。
> 「悪」と定義された他人を殺すことを「悪」としないために、
>その暴力性と残虐性に蓋をするための「詭弁」に過ぎん。
>だというのに、万人は「正義」の存在を確信し、盲信する。
>自分が正義であるのならば、自分は決して悪ではない。
>故に、行き過ぎた「正義」は常に血を伴って暴走する。
>「悪」(他人)を否定し、「正義」(自分)を保全する為に。
>人類の歴史とは、常にそんな「正義」によって赤く赤く彩られている。
Posted by toorisugari at 2015年09月16日 15:25
自分が、ソーラーエナジー社のソーラーパネルの問題をネットで読んだ話は、パネル設置用の搬入路が、自然堤防を削って造られている。とのもので、Googleの写真でも、東の住宅街の下側から北に一度伸びて西に抜けていく搬入路があるように見えます。
搬入路は、自然堤防を削り込んで作られているように見えるので、最初は搬入路から水が入り込んだのでしょうが、越水の規模を考えると、ソーラーエナジー社のソーラーパネル設置場所(林より少し低く平に整地されてる用に見える)に先ず、水が溜まり始めてたとしても、越水がソーラーエナジー社に原因があるとするには、無理がありますかね。ソーラーエナジー社は、不運だったと思います。
Posted by onbsoubi at 2015年09月16日 19:58
山本先生の意見、まったくその通りです。真相が明らかになっていないのに安易に攻撃するのは筋違いです。

ただ真相が明らかになった場合、その責任者は素直に謝罪するなり責任を取るなりの行動をとるべきであり、それができない場合は攻撃されても仕方ないのではないかと思われます。某新聞の誤報記者のように。
Posted by ジャラル at 2015年09月16日 20:59
今回の水害について、スーパー堤防等についてのデマに関しては山本氏にまったく同意するものです、そもそもスーパー堤防の何たるかを少しでも知っていれば、今回の水害に対し即効性を持った対策ではないことはわかるいはずで、これをもって民主党を嫌う人が流したデマではないか?とするのでしたら私も同意しました。
ですが氏は、被害前後写真と住民の懸念などが報じられ拡散されたこの件を、太陽光発電が嫌いな人」が流したデマじゃないのかな? と切ったわけです、
そもそも発言者が太陽光発電を嫌いかどうかの根拠が薄弱ではないでしょうか?
Posted by フラウフェン at 2015年09月17日 11:24
今回、ソーラーが設置された工事により被害流域が拡大したのはもはや間違いがなさそうです、専門家も調査結果がでました、
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150914/k10010233041000.html

結果があっていればいいというものではない、それはもちろんわかります。ですが今回は実際に自然砂防を崩されたことに懸念し、そうしてこうやって被害を受けた方々がいます
それらの人々はこれをデマと呼ばれてどう思うでしょうか?
パネル業者を名指ししている人たちについてはそもそもが間違いです、今回の件はパネル業者をつるし上げれば済むという問題ではないと思うからです。過去に何度も水害が起きている流域の河川沿いになぜパネルが簡単に設置されているのでしょうか?

他人に迷惑をかけぬように慎重さが要求されることは同意します。
ですが実際の水害をうけた方々がいるこの問題を、最初にデマと切ることにも慎重さが求められたのではないでしょうか?

個人を犯罪者として名指しするような行為とは違い、こうした社会インフラの問題が起きたとき、様々な意見が集約されて問題点が定まることは必要なことではないかと私は思います。
Posted by フラウフェン at 2015年09月17日 11:58
ヘリの話と言えば、NewSポストセブンの記事でマスコミのヘリが救助妨げとなったと書かれた記事がありました。

http://www.news-postseven.com/archives/20150917_351429.html

救助ヘリとの距離だけではなく、取材ヘリの密集具合に問題があったようですね。
Posted by ういうい at 2015年09月19日 11:07
これについては越水と決壊の区別のつかない人たちの早とちりが発端ですね。
ただ、どちらも怖いし、どちらも同じく大問題なのですよ。
越水は決壊じゃないから良いとか、ましとか、そういう問題では無いのです。
たぶん水害の少ない地域にお住まいの方には分からないコトなのでしょうが。

2M水位が上がる分、保つか保たないか。
水が片側だけに流れる場合と、両方から浸食する場合、どちらが決壊しやすいか。また堤防の内外どちらが水に強く作られているか。

情報が可能な限り正確であることも重要とは思いますが、この記事はもっと重要な問題を矮小化してしまっています。

それとそういった防災面で重要な土地は、例え私有地でも許可なく削ることは出来ません。整地して何かを建てる、設置する。すべて許可が必要だったと記憶しています。
もし国が認可していたとしたら、国の過失になりますが、おそらく無許可で違法にソーラーパネルを設置していますよ。
おとなりのソーラー会社は…災難でしたねえ。
Posted by ねね at 2015年09月19日 22:18
また
…そうです、…と言われてます、系の話が増殖するんでしょうねえ。
調べるどころか、自分で見ていても判断できない人々もいるようで、悪い例が
9月11日(今年じゃなくて)のテレビ、各局とも、「小型機」を連呼していました。テレビの画像、見てないのか、判断力がないのか。私の知る限りの例外は、筑紫哲也氏、たしか「双発ジェット旅客機」と言ってました。
そして、翌日の新聞が「小型機」ばっかり。日本のテレビ新聞の「見て考える力」のなさを感じた時でした。今回も、「マスコミの社会的使命」を知ってれば、「これはデマ」と断言するべきなんですが。
Posted by 理力不足 at 2015年09月21日 12:40
お晩でした。
なるほど!それで、アウのニュース(テレ朝系)で記事が一回見えなくなったのか!
Posted by 孤星 at 2015年09月22日 00:16
唐沢氏と切れたんですって!? 例の検証ブログで知りました。本当に嬉しいです。

ついでに,「SF秘密基地」内にある,リンク先に彼のホームページがあるのも撤去しませんか。「裏モノ日記」も別におすすめしてませんよね。
Posted by ロマンス at 2015年09月22日 00:30
若宮戸地区の越水ですが、違和感を感じていろいろ調べていました。今昔マップによるともともとは最高32mの砂山があったみたいです。
http://ktgis.net/kjmapw/kjmapw.html?lat=36.13696790776688&lng=139.95521182590335&zoom=15&dataset=kanto&age=0&map1type=roadmap&map2type=k_LCMFC01&dual=true&mapOpacity=10&altitudeOpacity=0
昭和55年にはすでにこの山が削られてしまってます。
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000632481.pdf
今昔マップの左側を航空写真に切り替えると、ソーラーパネルは二か所ともおおもとの最高地点より川側なのが判ります。治水は100年のオーダーで行われることなので、直近のことだけを見てソーラーパネル業者だけを責めるのは不当に感じてます。
Posted by 和人 at 2015年10月12日 14:51
すいません、南京大虐殺とされる事件は暴動鎮圧に色々なヒレがついたものだと憶えているのですが・・・
現地採用の警官等と治めているので死者は出ていても、一方的な虐殺ではなかったのではないかと。(悲惨な事件があったというのは確かでしょうが。)


関東大震災での朝鮮人虐殺についてですが、
虐殺を「(止めれなかった・止められた)ところがあった」と書かれた方が「あった・なかった」の争いに巻き込まれ難いのではないでしょうか。

駄文、失礼しました。
Posted by ナナシ at 2015年10月16日 21:22
太陽光発電に批判的な見方があるのは、菅氏が首相の時にスタートした固定買取価格制度を含む普及政策に問題があったからで、事実無根の言いがかりではないんですけどね
ただ、菅氏やソフトバンクの孫氏がかかわっているというだけで、反日政策と安易に決めつける連中もいるので話がややこしくなっているのも事実なんですけど
Posted by リンデ at 2015年11月22日 10:56
正義こそ危険思想というのはもっともです。
この間のパリのテロでも色々デマがあったようです。例えばテロリスト達がPS4で連絡しあっていたというのもデマだったそうです。
テロに対しイスラム国にフランスは報復しドイツも協力するとのことですが、愚かなことですよね。テロリスト討伐という正義の下に無関係な民衆をまた空爆の標的にすれば
テロリストと同じです。そもそも難民が発生したのもフランスが空爆したからですし、移民差別や表現の自由という正義の下に預言者侮辱というヘイト行為に何ら対処もしないこともテロの原因だというのに。
カナダ政府は空爆から手を退きました。大事なのは対テロとか表現の自由という"正義"ではなく常に悪になっていないか自省する心でしょう。
9.11テロの時にアフガン侵略のアメリカを支持した人が日本にも大勢いましたが、アフガンの民衆が報復で殺されることにまったく考慮してないようでしたが、それが新たなテロの火種になったことを教訓にもしていません。
ただ米欧が悪いからといって自作自演説は勿論駄目ですけど。(自作自演説のデマは自業自得とも思いますが広めるべきとは思いません。)
Posted by ハレ at 2015年12月02日 00:21
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。