2015年09月05日

この夏の総決算・その4

●8月15日(土)
 コミケの中日だけど、この日はコミケをお休みし、娘といっしょに水戸の徳川ミュージアムへ。

http://tokugawa.gr.jp/

 おめあてはもちろん、燭台切光忠の展示。 娘は特に燭台切さんがお気に入りで、どうしても実物を見たいというので、迷わないようについていくことにした(娘は方向オンチなのである)。
 実物が沈んでしまっている艦娘と違って、刀剣の場合は現代まで生き残っているものが何振りかある。燭台切光忠もそのひとつ。
 あいにく関東大震災で焼けてしまって、刀としての寿命は終わっているのだけど、生前の形はしっかり残っていた。娘は無言で、熱心に見入っていた。 感覚としてはお墓参りなのだろうか。

 こういう地味な施設としては珍しく、入場者は満員とはいかないまでも、そこそこ多い印象。見たところ、半分ぐらいが若い女性。やはりコミケのついでに水戸まで足を伸ばした「とうらぶ」ファンと歴女だろうか。
 水戸だから水戸黄門のグッズがあるかと思ったら、意外に少ない。黄門様グッズは、たぶんTBSか太秦映画村の方が多いんじゃないだろうか。
『水戸黄門』ファンの妻へのお土産は、葵の御紋の印籠を模したケータイ・ストラップ。
 ちなみに水戸家の印籠の実物も展示されていた。ドラマで使われている印籠は、これを参考に作られたものなんだけど、画面映えがするよう、実物よりやや大きく、飾りも少し多くしてあるのだとか。へーえ。

 帰りに水戸駅の書店で買ったのが『るるぶ ガールズ&パンツァー』(JTB)。大洗の聖地巡礼本。同人誌じゃなく、本物の『るるぶ』!

 番組の内容紹介と、大洗の観光案内ががっちり結びついた、ものすごくマニアックなガイドブック。あの回のあのシーンのモデルはここ……というのが全部分かるようになってる。「戦車カレー」「戦車すし」「あの!!カツ丼」とかも売ってるらしい。
 すごいな、大洗。

 夜は新宿のCafe Live Wireでのイベント、「怪獣作家無法地帯:東京編」。僕と大倉崇裕氏と開田裕治氏の三人。
 ちょうど『サンダーバードARE GO』第一回の放送日だったもんで、開始前にみんなで大型モニターで鑑賞。なしくずしにイベントに突入した。
 大倉崇裕さんとはお会いするのは初めて。ミステリ作家なのに「ミステリよりも怪獣が好き」と公言する濃い怪獣マニア。ワンフェスに通って怪獣フィギュアをいっぱい買ったり、ガチャポンのフィギュアを集めたりしておられるんだそうで、そのへんのトークがもう熱い熱い。
『怪獣文藝の逆襲』(角川書店)収録の短編「怪獣チェイサー」も良かったんだけど、むしろ僕が仰天したのは、長編『BLOOD ARM』(角川書店)。宣伝ではまったく触れられてないけど、実はバリバリの怪獣小説。それも、ものすごく荒唐無稽な!

 最初のうちこそ地味だけど、事件が起きはじめてからはまさにノンストップ。急展開の連続で、どんどん話がぶっ飛んでゆく。読みながら、「ええー、ここまでやるの?」「ここまで暴走しちゃっていいの?」と、あきれながらも、すっかり喜んじゃいました。
 うーん、でも、この小説を面白がれるのは、日本人の1000人に1人ぐらいじゃないかなあ。それでも確実に10万人はいるんだけどね。
 その10万人の人──荒唐無稽な怪獣小説がOKな人に、ぜひ読んでほしい作品である。
 ちなみに、タイトルの「ARM」は、「腕」ではなく「武器」のこと。
 



同じカテゴリー(特撮)の記事画像
星雲賞受賞の言葉
コミケ直前情報:2015年冬コミの新刊
この夏の総決算・その5
この夏の総決算・その2
この夏の総決算・その1
『多々良島ふたたび:ウルトラ怪獣アンソロジー』
同じカテゴリー(特撮)の記事
 『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』発売記念イベント (2017-04-07 19:39)
 新刊『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』 (2017-04-07 19:09)
 切通理作の『怪獣千夜一夜』第一夜 (2017-03-06 15:56)
 そろそろ『シン・ゴジラ』の感想を書く (2016-10-07 21:42)
 星雲賞受賞の言葉 (2016-07-17 17:12)
 『ウルトラ』シリーズ50周年・勝手に盛り上げよう関西SF作家の特撮トーク (2016-03-16 08:14)

この記事へのコメント
「サンダーバード ARE GO」、山本先生的にはいかがでしたか?
私は断然アリでした。キャラクターも違和感ありませんし、(ブレインズとパーカーの再現度!)5号のリファインもOK。
あちこちに旧作へのオマージュに溢れてましたし、初の4号回収シーンは嬉しかったですね。
しかしジェフパパは行方不明ですか・・・
9月はファイヤーフラッシュ登場です。
Posted by めすくりん人 at 2015年09月07日 11:01
『BLOOD ARM』はそういう話なんですか、これは読まなくては!

あと私も最近知ったのですが、『からくり同心 景』(角川文庫) という時代小説がありまして、江戸時代を舞台に、意志を持ったからくり人形、からくり同心・景が悪のからくり人形(笑)を相手に戦う活劇、景は敵のからくり人形との戦闘では着ていた羽織を脱ぎ捨て戦闘モードに移行する(笑)という、思わず「キャラクター原案 石ノ森章太郎」と記したくなる作品です(笑)。
Posted by ジャラル at 2015年09月07日 21:30
 以前、大洗に行ったらえらいことになってました。るるぶも出ているんですか、ゲットしなくては。
 サンダーバード、紐のスキー靴やテープレコーダーが懐かしいですね。

 そんなことより、MM9、テレビでやってほしいんですが。
Posted by 理力不足 at 2015年09月13日 15:21
>めすくりん人さん

 僕はOKでした。3号のあれがアームだとか、新解釈も面白いですね。S号の活躍が今から楽しみです。
 あと、パーカーがやけにかっこいい(笑)。
Posted by 山本弘山本弘 at 2015年09月14日 18:17
>ジャラルさん
『からくり同心 景』って現代語に訳すると・・・。
そういう事ですか、なるほど。
Posted by あさくま at 2015年10月27日 22:25
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。