2015年09月05日

この夏の総決算・その1

 原稿に追われたりイベントの連続だったりで、ぐずぐずしてるうちに9月になっちゃいました(苦笑)。気がついたら、先月、1回しかブログ書いてない! いや、今もまだ書かなきゃいけない原稿があって、MMD杯もろくに観れてないんですよ。すみません。
 とりあえず、8月にあったことをいろいろまとめてみました。

●8月8日(土)
〈ウルトラ怪獣アンソロジー『多々良島ふたたび』発売記念  山本弘先生&桜井浩子さんトークショー 〉

 行ってきました、書泉ブックタワー。
 僕としては当然、桜井浩子さんがメインゲストだと思っていて、スタッフの方も桜井さんが真ん中に座るように席をセッティングしてたんだけど、リハーサルで桜井さんが「山本先生がメインなんだから、どうぞ真ん中にお座りになって」と言われ、急遽、僕が真ん中に座ることに。桜井浩子さん、ほんとに気さくでいい方です。
 心配してたお客さんの入りですが、60人以上来られて、会場は満席。ありがたいことです。
 大半が男性なんだけど、女性も何人か。かなり年配の方も若い方も。
 いちばん若かったのは、最前列にちょこんと座ってた小さい女の子。親に連れられてきたらしくて、話題についてこれるのか心配だったんたけど、最後まできちんと聴いてましたね。トークショー終了後のサイン会でも『多々良島ふたたび』を差し出されてサインを求められました。7歳だそうです。頼もしいですね。

 桜井さんからはいろいろと番組の裏話も聞けました。
 スフランを焼くためにアラシがスパイダーショットから火炎を放射するシーン。後ろでスタッフがガスボンベからガスを送ってるんだけど、火の勢いが強すぎて石井伊吉(毒蝮三太夫)さんがびっくりしちゃって、最初のカットはNGになったとか。
 そもそもスパイダーショットから火が出ること自体、変だと思うんだけど。何で光線を合成で処理しなかったのか不思議。
 他にも、森の中とか岩場とかで、撮影前にスタッフがカラースプレーをがんがん撒いてたとか。確かに、DVDで観ても、森の樹とか岩肌とか、明らかに着色してるんですよね。
 もう50年近く前だから時効だろうけど。当時は自然保護って概念、希薄だったからなあ。

 で、やっぱり特撮番組で苦労するのは、完成するまでどんな画面になるか、俳優さんたちにはよく分からないということ。
 たとえば『ウルトラQ』の製作第一話「マンモスフラワー」の最初の方、お濠にマンモスフラワーの根が浮かんでるシーン。「あそこに何か気味の悪いものが浮かんでると思って演技して」と指示されるんだけど、何もないのに演技するのは難しい。
 でも、共演の佐原健二さんと西条康彦さんは、さすが東宝で特撮映画に出た経験が何度もあるので、何もないところにぴたっと視線を合わせることができたんだとか。

 トークショーは1時間ぐらいだったんだけど、その後の打ち上げでも、桜井さん、喋る喋る!
「1/8計画」で由利子が持ち上げる受話器、表面が石膏でできていてすごく重かったとか。あの重そうにしてたのは演技じゃなかったんだ! 撮影中に端っこの方をぶつけて壊しちゃったそうです。
 一方、「禁じられた言葉」に触れられるのは、あまりお好きじゃない様子。「何でみんな巨大フジ隊員が好きなの!? みんな必ず訊ねるのよ!」と。
 僕はテレビで観ていて、ビルのミニチュアを壊すのって気持ちよさそうだな思ったんだけど、ご本人によれば、ぜんぜんそんなことはなかったとか。かなり頑丈で、女性の非力では叩いてもなかなか壊れない。
 見かねたスタッフがミニチュアに切りこみを入れて、「ここを叩けば壊れるよ」と言ってくれたんだけど、問題は本番中に叩くべき場所を確認するのが難しいということ。操られて無表情だから、視線をきょろきょろさせるわけにいかない。
「それでも、ちらっとだけ確認してるのよ。DVDで観たら分かるけど」とのこと。

 それ以外にも、スタッフやキャストの裏話がいろいろ。誰それは酒癖がとか、誰それは女癖が……とか。うん、ほとんどがオフレコですね(笑)。これは表に出しちゃまずいわ。

 写真は開場前に舞台裏で撮ったピグモンとのツーショット。
 着ぐるみは他にもあるんだけど、ディズニーランドのミッキーとかと同じで、同じ場所に複数出現してはいけないというルールがあるそうです。だからこの日、秋葉原にいたピグモンはこの一体だけ。

 中の人は若い女性。着ぐるみのサイズの関係で、女性しか入れないらしいです。
 イベント会場が9階、楽屋が10階なんだけど、終了後、着ぐるみのまま階段登るのがすごく大変そうでした。足の裏が縦に長いから、普通に階段が踏めない。横向きになって、スタッフに支えられ、一段ずつ上がっていくんですよ。舞台では何十人もの人と写真撮ったり握手したりしてたから、きっと中は汗だくだったはず。男なら舞台裏でさっと脱げるんだろうけど、女性だしなあ。
 いやあ、大変なお仕事です。



同じカテゴリー(特撮)の記事画像
星雲賞受賞の言葉
コミケ直前情報:2015年冬コミの新刊
この夏の総決算・その5
この夏の総決算・その2
『多々良島ふたたび:ウルトラ怪獣アンソロジー』
『BISビブリオバトル部』番外編「空の夏休み」
同じカテゴリー(特撮)の記事
 あなたの知らないマイナー特撮の世界 総集編! (2017-10-25 18:20)
 『あなたの知らない「レトロ特撮」の素晴らしき世界 』 (2017-10-20 16:51)
 特撮ファンのための戦争映画入門 (2017-07-21 20:42)
 山本弘のSF秘密基地LIVE「世界の怪獣総進撃!」 (2017-06-17 19:17)
 あなたの知らないマイナー特撮の世界RETURNS (2017-05-19 22:24)
 『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』発売記念イベント (2017-04-07 19:39)

この記事へのコメント
スタッフやキャストの裏話を桜井さんから聞くなんて羨ましい・・・。 ○○隊員役の○○さんは酒癖が悪いと言うのは聞いた事がありますが(笑)。○○○隊員役の○○さんは二枚目役なのに下らないダジャレばかりイベントで言うのが本当の姿だとかも(笑)。
Posted by ジャラル at 2015年09月07日 21:50
>そもそもスパイダーショットから火が出ること自体、変だと思うんだけど。

「8種類の攻撃ができるから8本足のクモに因んでその名が付いた。」「その8種類の中には火炎も含まれている。」
公式設定。

>何で光線を合成で処理しなかったのか不思議。

光線の合成は金も手間もかかるから。できるだけ省きたいだけ。
Posted by AB at 2015年09月08日 01:05
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。