2015年09月05日

山本弘のSF秘密基地LIVE#50・活字SFとのファーストコンタクトを語ろう!

山本弘のSF秘密基地LIVE#50
 50回記念企画・活字SFとのファーストコンタクトを語ろう!

 子供の頃、あなたが最初に接した活字SFは何ですか?
「ワープ」や「エスパー」や「ミュータント」といった言葉を最初に知ったのは、いつ、どこで?
 昔は学校の図書室に必ずあった子供向けのSFシリーズ。少年雑誌によく載っていたSF絵物語。日本作家の書いたジュヴナイルSFの数々……日本SF黎明期を陰で支えた、子供向け活字SFの文化を振り返ろうという企画です。
 SF作家・山本弘が、子供の頃に影響を受けた雑誌『ボーイズライフ』の思い出や、子供向けSFの名作の数々を熱く語ります。あなたの活字SF原体験もお聞かせください。

[出演] 山本弘

[日時] 2015年9月25日(金) 開場・19:00 開始・19:30

[会場] なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F)南海なんば駅より南海通り東へ180m・駐車場有

[料金] 1500円
(店内でのご飲食には別途料金がかかります。入場時に別途ワンドリンクをご購入いただきますのでご了承ください)

チケットのご予約などはこちらに。
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=92528000
---------------------------------------------

 毎月やってるLiveWireのトークショー、今月で50回目です。
 今回、何でこういうテーマを考えたかというと、最近、こういう本が出たからです。


 SF映画ブームだった1980年に出た本の復刻なんですが、著者が小隅黎(柴野拓美)氏なもんで、映画よりも活字SF寄りの内容。ケアル、イクストル、シャンブロウ、トリフィド、サンドワーム、メデューサ、ソラリスの海などなど、いろんなSF異生物がイラスト入りで紹介されていて、子供のための絶好のSF入門書になってるんですね。
 ふと思ったのが、今、こういうSFの基礎知識を子供に教えてくれる本ってないな、ということ。
 僕の場合、兄が買っていた『ボーイズライフ』という雑誌に載っていた「SF事典」だとか、マンガ雑誌に連載されていた福島正実氏や豊田有恒氏や眉村卓氏の小説だとか(昔はマンガ雑誌でもたいてい一本は小説が載ってたんです)、学校の図書室にあった児童向けのSFシリーズとかが、活字SFとの最初の接触だったんですが、 今の子供はそういうものに触れる機会がなくて、マンガとかアニメとかで最初にSFに接する。だからSFに対するイメージが僕らの世代とはずいぶん違うんじゃないかな、と思うわけです。
 今回はそういう懐かしい子供向け活字SFの世界をご紹介します。あの時代をご存知の方には懐かしい話でしょうし、若い方には意外な話ばかりで興味深い内容だと思います。
 皆様のお越しをお待ちしております。


タグ :PRSF

同じカテゴリー(PR)の記事画像
『幽霊なんて怖くない』文庫化
新連載『プラスチックの恋人』
冬コミ直前情報
コミケ直前情報:『ミステリー・ゾーン』徹底解説
星雲賞受賞の言葉
新刊『世界が終わる前に BISビブリオバトル部』
同じカテゴリー(PR)の記事
 あなたの知らないマイナー特撮の世界RETURNS (2017-05-19 22:24)
 『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』発売記念イベント (2017-04-07 19:39)
 新刊『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』 (2017-04-07 19:09)
 LiveWire:またしてもニセ科学を楽しもう! (2017-03-06 17:23)
 切通理作の『怪獣千夜一夜』第一夜 (2017-03-06 15:56)
 『幽霊なんて怖くない』文庫化 (2017-02-21 19:51)

この記事へのコメント
小生は最初に触れた活字SFは、豊田有恒先生の「時間砲計画」「少年エスパー戦隊」、光瀬龍先生の「夕ばえ作戦」でした。年齢がバレバレですが(笑)・
Posted by ジャラル at 2015年09月07日 21:59
ぼくのコメントはスパム認定だったんですか・・・
ぼくはSF(スーパーフライング)見習いだったのか。
たしかに過去、PCを持ってまだ慣れないときに初めてコメント書いて非常識なバカな文章でご迷惑をかけたときがありましたが(今見返すと内容無くてほんと恥ずかしい)・・・そもそもベテラン人気作家のブログにいちファンがコメント残せるのが恐れ多すぎなんですよね~。。今回だって引用の仕方が不注意でした。 こういうキモいファン心理を先生がネタにされてたときがありましたが、まさか自分がなってたとは・・・  
どうもすみませんでした!
今日から(遅いよ!)心を入れ替えて、勉強します。いつかコメントが反映されるように頑張ります。
Posted by 北のバカ at 2015年10月13日 16:21
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。