2015年06月12日

『BISビブリオバトル部』番外編「空の夏休み」



http://www.webmysteries.jp/special/biblio-01.html

 ミーナの頼みで、夏コミでサークルの手伝いをすることになった空。初めてのコミケ、初めてのコスプレでとまどうことばかり。さらには、特撮ファンのおじさんたちの二次会に参加することになり……。

 これまでコミケを題材にしたマンガや小説やアニメはたくさんあったけど、意外に知られていない部分がたくさんあるんじゃないかと思いつき、小説にしてみました。見本誌チェックとか一斉点検とかキャリーバッグのマナーとか森林保護募金とか、参加したことのある人なら常識だろうけど、コミケ体験のない人はたぶん知らないんじゃないかと思います。
 今回の前半の見せ場はコスプレです。空の人生初コスプレもいいんですけど、やっぱり、自分でもいいと思うのは銀くんのコスプレ! 版権にひっかかるから絵にはできませんけど(笑)、頭の中で思い描いていただきたいです。

 後半は居酒屋を舞台に、特撮ファンのおじさんたちによる特撮本をめぐるトークが展開します。今回はビブリオバトルをやらないので、番外編ということにして、サブタイトルにも「これはビブリオバトルではありません」と入れることにしました。
 ルールも何もないぐだぐだなおしゃべりですが、いろんな本や特撮作品の話題が出てきます。これ書くためにわざわざビデオで『さよならジュピター』観直しましたよ(笑)。

 このウェブ連載、登場する本や映像作品にリンクが貼られるんですが、今回は『マリみて』『ニンスレ』『ログホラ』『キャプスカ』『ギャレゴジ』などの略語に正確にリンク貼ってあるのに感心しました。編集さん、ご苦労様です。



同じカテゴリー(特撮)の記事画像
星雲賞受賞の言葉
コミケ直前情報:2015年冬コミの新刊
この夏の総決算・その5
この夏の総決算・その2
この夏の総決算・その1
『多々良島ふたたび:ウルトラ怪獣アンソロジー』
同じカテゴリー(特撮)の記事
 特撮ファンのための戦争映画入門 (2017-07-21 20:42)
 山本弘のSF秘密基地LIVE「世界の怪獣総進撃!」 (2017-06-17 19:17)
 あなたの知らないマイナー特撮の世界RETURNS (2017-05-19 22:24)
 『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』発売記念イベント (2017-04-07 19:39)
 新刊『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』 (2017-04-07 19:09)
 切通理作の『怪獣千夜一夜』第一夜 (2017-03-06 15:56)

この記事へのコメント
「これはビブリオバトルではありません」で「こちらは本です。ラー油ではありません。」を思い出しました。
Posted by davs at 2015年06月14日 21:39
名だたる特撮ファンを沈黙させるとは「さよならジュピター」恐るべし(笑)。

あと某アニメ監督のオジさん?のモデルはやはり山本先生と同姓のあの御方ですよね? 『怨念戦隊ルサンチマン』なんて作品を学生時代に製作されましたし(笑)。
Posted by ジャラル at 2015年06月21日 23:23
ゼヒこの短編も次の単行本に収録ください。
PCブラウザで講読したら、ビブリオバトル本編2冊を読むのと同じぐらい疲れてしまいました。

ちなみに私、さよならジュピターは数少ないSF映画の名作だと思っております。
Posted by 小花幸多 at 2015年06月24日 20:59
>ジャラルさん

 もちろんその方もそうなんですけど、もう一人、けっこう有名なアニメ監督で、学生時代に自主製作特撮映画作ってた方がいるんですよ。「宇宙防衛軍ジェットマン」で検索してみてください。もちろん『鳥人戦隊ジェットマン』より前の作品です。ホロロ木は世代的にはこの人の方に近いですね。
 あと、アニメ脚本家にまで枠を広げたら、アマチュア特撮映画を作ってた人は何人もいます。ホロロ木はそうした人たちのイメージをミックスして創作したキャラクターなんで、特定のモデルはいません。

 もっとも、書いてる間、ずっとイメージしてたのは、『SHIROBAKO』の木下監督なんですけどね(笑)。「おおっ、さすがヒナちゃん! 頼りになる!」というあたりの台詞、書きながら檜山修之さんの声が聞こえてました。
Posted by 山本弘山本弘 at 2015年06月25日 10:24
>小花幸多さん

 3巻は今回の番外編と、中二病美少女・早乙女寿美歌さんの謎に迫るミステリ仕立ての話をカップリングして、1冊にする予定です。
 実は今回の話の中にも、その伏線が張ってあったりします。
Posted by 山本弘山本弘 at 2015年06月25日 10:28
 「翼を持つとょう所」を読んだ後、『空ちゃんくださいっ!』と叫んだのですが、これを読んで銀君のプリキュアを想像して『銀君くらしゃいっっ!!』と叫んでしまいました。。。。
 ノーマルなのにイケナイ道に。。。。。

 追伸 「みかるんX」買ってしまいました。
 私は空ちゃんと同じで特撮はゼンゼン駄目。
 こっちは僻地なのでかなり後までチャンネルが3つくらいしかなかったし、映画を観に行くこともなかったのですよ。
 世代は山本さんとほぼ同じなんですが、ね。
Posted by 怪鳥 at 2015年06月27日 19:54
山本様、初めまして。
ビブリオ番外編やっと拝見しました。
古い奴で機械で読むのは苦手なので(おまけにガラケーです)単行本楽しみにしています。
さよならジュピター(以下、BBJ)ですか。私も初日、第一回上映を観にいきました。原作も読み(今でも好きです、原作は)勿論、期待で胸をでしたが、その結果は、山本様、その他大勢の方と同じく胸というか、体がしぼんでしまいました。
ただ大阪の映画館という事で小松左京氏が、上映前に舞台挨拶されていた事が懐かしい思い出となっています。舞台挨拶が思い出とは何年か前の某女優主演映画みたいですが、こちらは、実物の小松氏の全身を拝む事が出来た上、さらに御大の御礼の挨拶まで受ける事が出来たので今では貴重な体験でした。

ところで、その「BBJ」が我が愛読書の一つであります「日本アパッチ族」に祟っているという話があります。それは、BBJのDVDデラックス版(税込8千円以上、さすがに高い、私は買っていないですが果して売れたのでしょうか?)の解説文の中に評論家の氷川竜介氏が、ご自身のブログにも書かれていますが、
「60年代の東宝における小松左京の映画の仕事には、『日本アパッチ族』がある。岡本喜八監督、クレージーキャッツ主演とまで決まったが製作中止となり」の後に「現在の小説版は脚本をもとにしたものだ」という一文があり、それを読まれた方が、BBJのDVD解説文に載せているという事は小松氏側も公認の事実であろうと、ウィキペディアに氷川氏の解説文を根拠としてその通りの事を書き込まれたのです。(Wikの記述は現在取り消されています)
そして、そのWiKを読んでかどうかわかりませんが、私も名前だけは知っている作家の方がその事を信じ込んでしまったり、さらにある出版社が出しているクレージー喜劇映画のDVD本のコラムに「脚本が小説より先」と書かれたりと噂?は拡散していった様です。(私の知る限りですが、もう一方の当事者である岡本監督は何度もアパッチについて言及されていますが、その様な事は一度も言ったり書いたりしていないはずですが)
とはいえ私には本当の事はわかりませんし、ここは山本様のブログなので興味のある方はWikの記述取り消しの経緯を含め「小松左京『日本アパッチ族』とその映画化版シナリオの関係について」というツイッターのまとめを読んでいただくしかないですが、
この際、私も書かせていただきますと、この一連の騒動?は、中途半端に終わって成仏できなかった
「ジュピターゴースト」が作者の過去の作品に祟ったのではないかと、推測をこめて、さぁどうだ!
(小松氏の作品にはそれが多いような気がします)
というわけで山本様も、もし成仏させられなかった作品に心当りがおありでしたら何とか成仏させてください。さもないと…

もう一つ、確かに当事者の言う事が100%真実を語っているとは限りませんし、話を「盛る」事もあるでしょうけど、具体的に名前をあげて経緯を語っている当事者の証言より、第三者の具体的な根拠を示していない一人だけの証言を採用して(個人のブログならともかく)ウィキペディアに書き込む行為に不可解なものを感じました。これもジュピターゴーストのしわざでしょうか?
このような被害者(加害者?)を出さないためにも、もう一度日本SF界の総力を結集してジュピターゴーストを成仏させられないでしょうか?
原作・小松左京・山本弘、監督・樋口真嗣で見てみたいかな?(「地球移動作戦」の方が見たいですが)
Posted by ジュピターゴースト現象 at 2015年07月18日 06:42
今回の番外編、単行本三巻に入るご予定なのですね。楽しみです。私、山本先生のファンになったきっかけが二十年ほど前「映画秘宝」での「さよならジュピター」評でしたので、特に嬉しかったです。あの時の、「ああ、私が言いたかったこと全部を、私にはできないレベルで文章化してくれてる!」という感激。泣き笑いして、やっとジュピターショックが癒えました。おかげで今もSFファンでいられるのです。ありがとう山本先生。そしてコミケでファンジン出しても、ビブリオバトルと両立させるんだよ、空ちゃん頑張れ!
Posted by 高柳 香 at 2015年07月31日 17:50
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。