2015年03月08日

クリプトムネジアの恐怖・3

 そこで先の筒井康隆氏の文章だ。実はあの文章には先がある。

> SFをはじめて書くきみが、やっと見つけたアイデア――そんなものは、とっくに、どこかのプロ作家が考えだし、書いてしまっているに、きまっているのだ。しかも、ずっとおもしろく、ずっとうまい文章で!
> よほど、ほかにない新しい、しかもすばらしいアイデアでないかぎり、アイデアひとつで勝負するのは、危険なのである。
──筒井康隆『SF教室』

 アイデアひとつで勝負してはいけない、と筒井氏は警告する。大事なのはアイデアではなく、そのアイデアから君がどんなテーマを語るかだと。(長文になるので、詳しくは『SF教室』を読んでほしい)
 中学時代の僕は、この言葉にものすごく感化された。

 筒井氏の言葉は、作家にとって絶望ではなく希望である。誰が最初にそのアイデアを思いついたかは重要ではない。極端な話、自分で思いついたアイデアでなくてもかまわない。他の人が考えたアイデアであっても、自分なりにそのテーマに真剣に取り組み、結果的に違う作品になればいいのだ。
 ウェルズの『タイムマシン』を思い出してみればいい。現代のSF作家の中にも、作中にタイムマシンを登場させる人は大勢いる。でも、それはウェルズの盗作じゃない。ストーリーが違っていれば別の作品だ。
 さらにタイムマシン自体も、ウェルズが世界で最初に思いついたのではない。1887年に、スペインの作家エンリケ・ガスパール・イ・リンバウが書いた『時間遡行者』という小説が最初だと言われている(ウェルズの『タイムマシン』は1895年の作)。
 実はウェルズはタイムマシンというアイデアを何度も書き直している。1888年、アマチュア時代に書かれた初期作品「時の探検家たち」は、田舎の村に引っ越してきた変人科学者がひそかに作っていたのが、実はタイムマシンだった……という話。タイムマシンというアイデアを提示しただけで終わってしまい、なんともつまらない。
「これではいかん。やはりタイムマシンというものを出すなら、遠い未来、それこそ地球の終わりまで行くような壮大な話にしなくてはいけない」
 おそらくウェルズはそう反省したのだろう。こうして書き上がったのが、僕らの知る『タイムマシン』だ。
 ウェルズがリンバウの作品を読んでいたのかどうかは分からない。何にせよ、今ではリンバウの名は忘れられ、『タイムマシン』といえばウェルズということになっている。それだけ『タイムマシン』は優れた作品だったということだ。

 僕はよく小説を料理にたとえる。アイデアというのは食材である。食材が同じであっても、それをどう調理するかで、ぜんぜん別の料理になる。
『地球移動作戦』の元ネタが『妖星ゴラス』だというのは公言してるけど、『神は沈黙せず』や『去年はいい年になるだろう』や『UFOはもう来ない』にしても、似たようなアイデアの話はすでにいくらでもある。
 アイデアを思いついても、それだけで勝負してはいけない。そのアイデアがすでに誰かに書かれているという前提で、自分ならどう調理するか、どんなテーマを語るか、どうすれば「自分の小説」になるかを考えるのが大切だ。
 それを僕は筒井康隆氏に教わった。

「走馬灯」や「ウラシマの帰還」の問題は、「午後の恐竜」や「遙かなるケンタウロス」とアイデアが同じという点じゃなく、先行作品を超えるものになっていないってことなんである。
 一方、久野四郎氏の「勇者の賞品」は違う。「遙かなるケンタウロス」とアイデアは同じであっても、描き方がまったく異なる。
 太陽系からさほど遠くないところに、自然に恵まれた地球型の美しい惑星がある。しかし、宇宙船がその星に近づくことは禁じられている。というのも、何世紀も前、その惑星を目指して出発した植民宇宙船があったからだ。光速よりもずっと遅いスピードで、今もその星に向かっている。乗員は冷凍睡眠の状態にあり、すでに超光速航法が実用化していて、多くの惑星に人類が進出していることを知らない。そこで未来の人々は、乗員に真実を知らせないことに決め、その惑星を手つかずのまま残し、彼らの賞品とすることにした……という話。
 しかもこの話はそこで終わらない。最後の方は、乗員に真実を隠すのは正しいことなのかどうか、というディスカッションに発展するのだ。これは「遙かなるケンタウロス」のアイデアを発展させた、まったく別の作品だ。
 今では忘れられた作品だけど、僕は好き。どこかで復刻してくれないものか。

 だから「午後の恐竜」も、何かいい調理法を思いついたら、ぜんぜん違う話になるんじゃないかな……と、何十年も前から考えてるんだけど、その調理法をまだ思いつかない。


タグ :SF創作

同じカテゴリー(作家の日常)の記事画像
60歳になっての雑感
「太陽を創った男」の思い出
この夏の総決算・その2
この夏の総決算・その1
ツイッターはじめました。
同じカテゴリー(作家の日常)の記事
 60歳になっての雑感 (2016-07-01 18:37)
 「太陽を創った男」の思い出 (2016-07-01 17:37)
 そんなのはビブリオバトルじゃありません (2016-07-01 17:09)
 カクヨムに投稿をはじめました (2016-06-06 17:57)
 退院しました (2016-04-15 22:07)
 それは僕が書いたんじゃありません (2015-11-23 19:25)

この記事へのコメント
 山本さんにお願いがあります。
 これら、ブログの創作に関する文章を書籍にまとめ上げ、「山本弘の創作論」みたいな本をぜひ出していただきたいです。
 きっと、野田昌弘大元帥の「スペース・オペラの書き方」に匹敵する、創作者にとってのバイブルになるかと。

 そういえば、過去に「FRハンドブック」にて、マンガにて創作に関する事を書かれてましたっけね。手放してしまいましたけど、文章に関する事で「あまり凝り過ぎると、ZガンダムのOP歌詞みたいになってしまう」というところだけはいまだに覚えています。

 アイデアは出ても、その調理の仕方が良く解らず、いつも納得のいくプロットが作れない自分としては、山本さんの毎回の創作論は参考になると同時に、自身の至らなさも痛感します。
 
 今回のエントリ内容も、自分にとって反省とともに発見が多々ありました。参考にさせていただくとともに、もっと山本さんの創作論を伺いたいです。
Posted by 塩田多弾砲 at 2015年03月08日 21:29
趣味でエブリスタなどで小説を書いていますが、大変参考になり励まされました。

ありがとうございます。
Posted by アメル at 2015年03月09日 01:32
同じことは音楽にも当てはまるかも知れません。

まったくのシロウトで、稚拙な作品ながら、オリジナル曲を作ってVOCALOIDに歌ってもらって、その作品をニコニコ動画に投稿したりするのを趣味にしている私からすると、とても綺麗な旋律が頭に浮かんでも、「果たしてこのメロディは本当に私だけが思いついたもので、未発表のものなのだろうか」という不安に常に付きまとわれています。

栗本薫さんではありませんが、
「過去に聴いて感銘を受けたメロディなのに、そのことを忘れていて、自力で思いついたように勘違いしてしまっている」
という可能性が否定できないので、とても怖いです。

某アイドルグループの、卒業をテーマに歌った楽曲が、とあるマーチに酷似していると一時話題になっていましたが、その曲の作曲者も、まさかあからさまに盗作してやろうとは思っていなかったはずです。

私はオリジナル曲だけでなくカバー曲も投稿しているのですが(どちらかというとカバー主体ですが)そういう意味では、著作権や著作隣接権の問題さえきちんとしておけば、カバーの方が気楽で良いかも知れないですね。
Posted by ユズさんのファン at 2015年03月09日 10:32
あれ?「勇者の賞品」「遙かなるケンタウロス」に類似の短編って児童読み物で読んだことがあります。
でもテーマは大違いでした、増え過ぎた人口をなんとかするために棄民に近い形で殖民宇宙船が向かったのです、そこはどんな星なのかもよく分からず。
いざ着いてみるとそこは超文明の無人都市が広がってたのです。地球が苦しい時代を乗り越えるために苦難の旅を越えて来た人々へ、文明の進んだ地球が先回りして開発しておいたという、感謝の印だったのです。
ホント料理の仕方ですね。
Posted by ハーイ・ハー at 2015年03月09日 18:19
>他の人が考えたアイデアであっても、自分なりにそのテーマに真剣に取り組み、結果的に違う作品になればいいのだ。
これって『日本沈没』と『日本以外全部沈没』の関係があてはまるのかな?
Posted by カエル雲 at 2015年03月11日 00:51
有名作家がパクりを指摘され、調べてみると、なんと全作品がパクり。大バッシングを受けるも本人はパクった覚えなし。

クリプトムネジアだと主張していた作家は、徐々に、実は自分という存在はないこと。自分はネットに生まれた高度なAIで、作品や、自信の感情すらも予測変換のような機能でしかないことに気づかされていく…。

みたいな妄想をしてしまいました(笑)

これも絶対クリプトムネジアですよね♪
Posted by 2M at 2015年03月11日 04:55
あえて、同様の設定で書かれた話の場合、設問に対して「私はこう考える」のような小「説」のように思えます。宇宙船の話が三重になっているのはどなたの作品だったか…。

4コマ漫画の方では、同じ話を2回描いてしまうこともあるようですね。

全然、関係なく、「棒の手紙」ほど面白くないのですが、タイに現金送れって、ツッコミ所満載の事件があったようです。300万円、週刊誌にはさめるのか?とか。
Posted by 理力不足 at 2015年03月15日 10:20
こんにちは。“調理法”によって、オリジナルより評価と人気を確立した作品となると『原子怪獣現る』→『ゴジラ』、『明日は来たらず』→『東京物語』、『宇宙空母ギャラクティカ』のサイロン兵→『機動戦士ガンダム』のザクetc、etc…いくらでも例は挙がるかと思います。(筒井康隆先生自身、『万延元年のフットボール』→『万延元年のラグビー』、『サラダ記念日』→『カラダ記念日』、『バカの壁』→『アホの壁』等々、後者の方が面白い、という)要は料理人の“腕前”とあと“矜持”ということでしょうか。

…ところでネット上の某所で『白熱光』を途中でギブアップしたと告白しておられていたのを読んで、冗談でも何でもなく仰天したのですが(山本先生ですらそれなのに、あの作品を年間ベストに選んだ人たちって…?)『ディアスポラ』以降のイーガン作品について、そのあたりのお話が当ブログで読めたらなぁ…と期待しております。失礼いたしました。
Posted by 私もダメでした at 2015年03月16日 16:26
私は盗作関係の話が出るたびに、最近では成田良悟先生や田中芳樹先生の作品に登場した大作家の、筒井先生も賞賛する名セリフを思い出します。

「確かに盗作はした。だが俺の書いたものの方が面白い。」

また盗作された件に関してはよく作風や内容を真似される日本の伝奇物・格闘物のTOP作家の方があとがきで言われたセリフを連想します。

「かかってきなさい」
Posted by ジャラル at 2015年03月18日 22:32
このエントリーを読んで、以前読んだワープ航法ネタを幾つか思い出しました。

老年期の終り 藤子・F・不二雄
2001夜物語の宇宙の孤児
同じく2001夜物語の遥かなる旅人
作者もタイトルも覚えていない漫画

4番目のやつは、たしか100年くらいのコールドスリープによる航海の物語でした。
ある宇宙飛行士がコールドスリープによる外宇宙探索船の乗員に選ばれて、恋人と別れて旅立つ。

一緒にコールドスリープに入った友人でもある、もう一人の乗組員は、出発後まもなくのコールドスリープ装置の故障で覚醒。
孤独に耐えられず主人公への遺書を遺して自殺。

辿り着いた惑星は主人公達が旅立った十数年後に開発されたワープ航法で先に辿り着いた人類によって開発されていた。
主人公は、そこの政府の最高責任者と面会する。
面会の途中、最高責任者の娘が部屋に入ってくる。
その娘は、別れた恋人とそっくりだった。
彼女は、別れた恋人の曾孫だった。
最高責任者の娘は、曾祖母から主人公のことを聞いており、曾祖母(主人公の恋人)の事を語る。

結局、主人公は地球へ帰還する。
帰還の途中、主人公は自分のやってきたことへの意義を問い続ける。
そんな終わり方でした。

4つとも起点のアイデアは、通常航法とワープ航法による人々のすれ違いですが、舞台設定、展開がまるで別物です。

とくに4番の漫画は、なんで覚えているか自分でも不思議なくらいです。
きっと、もうとっくの昔に亡くなってしまった恋人に擬似的に再会してしまうという展開が印象に残っているからだと思います。

アイデアを調理するというのは、こういうことなのかなと思って読ませていただきました。
Posted by KKMM at 2015年03月22日 09:05
漫画のは、記憶違いがありました。
最高責任者の娘は、曾祖母から主人公のことを聞いており、曾祖母(主人公の恋人)の事を語る。
ではなく

最高責任者は、祖母から主人公のことを聞いており、祖母(主人公の恋人)の事を語る。
だったと思います。
Posted by KKMM at 2015年03月22日 15:20
>塩田多弾砲さん

 創作術の本はいずれ書こうとは思ってるんですけどね、
『料理を作るように小説を書こう』というタイトルだけは、すでに決まってます。
Posted by 山本弘山本弘 at 2015年03月30日 16:31
 それにしても、何度削除してもIP禁止しても、しつこく荒らしを書きこんでくる血液型性格判断信者の人は何なのかなあ……。
 自分のやってることが無意味だってことが理解できないほど頭が悪いのかしらん。
Posted by 山本弘山本弘 at 2015年03月30日 16:33
>山本先生
> それにしても、何度削除してもIP禁止しても、しつこく荒らしを書きこんでくる血液型性格判断信者の人は何なのかなあ……。
> 自分のやってることが無意味だってことが理解できないほど頭が悪いのかしらん。

「同じことを繰り返しながら、違う結果を望むこと、それを狂気という」という言葉がありますよね。
まあ、そういうことなんでしょうなぁ。
Posted by ドードー at 2015年03月30日 19:52
>山本弘様

>創作術の本はいずれ書こうとは思ってるんですけどね、
『料理を作るように小説を書こう』というタイトルだけは、すでに決まってます。

 それは楽しみです。
 自分も、創作ってどっか料理に似てる……と、漠然と思ってた時期があったので、発売されるのを待ちたく思います。
 つーか、こんな風に他者のノウハウに頼る時点で、自分はまずダメダメなのですが。

 ところで、エントリの内容と無関係で大変失礼ですが。
 第14回MMD杯はいかがでしたでしょうか。本選が終わってしばらく経つのに、こちらで話題に上らないので、ちょっと気になってます。
 自分もそれなりに色々と動画を見て楽しみましたが、今回山本さんが見て面白かったりおススメな動画などありましたら、伺いたいところです。
Posted by 塩田多弾砲 at 2015年03月31日 14:42
『遙かなるケンタウルス』系の作品では、ハインラインの『宇宙(そら)に旅立つ時』なんてのもありましたね。

『料理を作るように小説を書こう』、拝読できる日を楽しみにしております。
Posted by ポコイダー at 2015年04月05日 11:15
>KKMMさん

 四番目の漫画の話は僕も覚えています。
 ヒロインの名前がマリアだった事や、そのマリアの形見を
そっくりの少女が持っていたといったエピソードがあった事も
覚えていますが、肝心のタイトルと作者名が思い出せません。

 確か掲載誌はジャンプ系だと思ったのですが。
 
Posted by mkt at 2015年04月15日 11:26
 ツイッターから拝読しました!

>世界最初のタイムマシン小説『アナクロノペテー』
>http://togetter.com/li/794748#c2220459
>http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=13175

 私も、非常に参考になりました。
Posted by toorisugari at 2015年10月15日 17:38
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。