2015年02月14日

「埋もれた海外SFを掘り起こせ!」

山本弘のSF秘密基地LIVE#43
埋もれた海外SFを掘り起こせ!

 ハヤカワSFシリーズ、ハヤカワ文庫SF、創元推理文庫、サンリオ文庫、QTブックス……SFファンの本棚を彩った60~80年代の海外SFの数々。しかし復刊されず、今では読めない作品もたくさんあります。
『航時軍団』『宇宙震』『人間の手がまだ触れない』『テクニカラー・タイムマシン』『悪鬼の種族』『宝石世界へ』『鞭打たれる星』『マイクロチップの魔術師』などなど、タイトルを見るだけでわくわくしてくる作品群。どんな話だったか知りたくありませんか?
 それらを歴史の闇から掘り起こし、スポットを当てようという企画。クラシックSFを深く愛するSF作家・山本弘が、愛をこめて熱く語りまくります!


[出演] 山本弘

[日時] 2015年2月27日(金) 開場・19:00 開始・19:30

[会場] なんば紅鶴
(大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F / Tel. 06-6643-5159)
南海なんば駅より南海通り東へ180m・駐車場有

[料金] 1500円
(店内でのご飲食には別途料金がかかります。入場時に別途ワンドリンクをご購入いただきますのでご了承ください)

ご予約はこちらへ。
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=86454696 

-------------------------------------------------

 LiveWireでは以前、〈SFマガジン〉に載った短編を創刊号から順番に紹介するという企画をやりましたが、今回はその単行本版。ディックとかクラークとかの有名な作家の作品は何度も復刻されて、今でも読むことのできるものが多いのですが、ちょっとマイナーな作家のものとなると、一度出たきり、絶版になっても再版されず、忘れられてしまうという例がとても多いんですね。
『翼を持つ少女』の中でちらっとストーリーを紹介した『悪鬼の種族』『大魔王作戦』『マイクロチップの魔術師』、やはり『翼を持つ少女』にタイトルだけ出てきた『航時軍団』『テクニカラー・タイムマシン』『時間帝国の崩壊』などなど、どれも痛快だったりエキサイトしたりしたんですが、今は入手困難。イアンド・バインダーの『ロボット市民』のように、ストーリーは古臭いけど、SFの歴史という視点から見ると興味深い作品もあります。
 今回はそうした「忘れられたSF」を一挙に紹介しようという企画です。その魅力、面白さを、時間の許す限り語りまくります。お楽しみに!


タグ :SF

同じカテゴリー(PR)の記事画像
BISビブリオバトル部4 君の知らない方程式
夏コミ直前情報
『幽霊なんて怖くない』文庫化
新連載『プラスチックの恋人』
冬コミ直前情報
コミケ直前情報:『ミステリー・ゾーン』徹底解説
同じカテゴリー(PR)の記事
 今だから振り返ろうUFO再入門 (2017-11-15 22:17)
 あなたの知らないマイナー特撮の世界 総集編! (2017-10-25 18:20)
 『あなたの知らない「レトロ特撮」の素晴らしき世界 』 (2017-10-20 16:51)
 山本弘のSF秘密基地LIVE#72  もっとやろうぜビブリオバトル! (2017-09-17 20:28)
 ASIOS「UFO事件クロニクル」出版記念トーク (2017-09-17 20:19)
 テレビに出演します (2017-08-28 20:32)

この記事へのコメント
「テクニカラー・タイムマシン」はモンキー・パンチ先生のイラストがユーモア溢れる展開とマッチして面白かったです。こういう作品をハリウッドで実写化してくれればいいのになあ・・・。
Posted by ジャラル at 2015年02月15日 22:26
山本先生、こんにちは。

たまには東京でもイベント行ってください!!
Posted by スター星野 at 2015年02月17日 14:02
SFではなくSなんですが、
「北京原人骨の行方」という論文、ミステリーの短編以上に面白く読めました。すでにご存じでしたら、笑い飛ばしてください。
検索時、映画の北京原人が邪魔なこと。
Posted by 理力不足 at 2015年02月17日 23:48
私も東京でイベントしてほしいです!
せめて関ヶ原の東側でお願いいたします……。
Posted by けい at 2015年02月24日 03:15
 また荒らしがあったので削除しました。
 内容はというと、

・エントリとまったく関係のない話題を書いている。
・虚偽の事実、つまりデマの書きこみ。
・差別発言。
・複数のハンドルを用いて別人のように見せかける(管理者にはIPが見えるからそんな小細工は無駄)。

 とまあ、典型的な削除対象でした。
 笑っちゃったのが「世界中のちゃんとした博士たち」と言って紹介してるのがジョン・コールマンだということ。いや、それ、「300人委員会」がどうこう言ってる有名な陰謀論者だから! 「ちゃんとした博士」なんかじゃないから!
 今後もこういう発言は速攻で削除しますからね。書くだけ無駄ですよ。
Posted by 山本弘山本弘 at 2015年02月24日 18:56
>・複数のハンドルを用いて別人のように見せかける(管理者にはIPが見えるからそんな小細工は無駄)。

ホント不思議なんですけど、なんでこんな当たり前のことがわからないんでしょうかねぇ。
やっぱりいろんな意味で無知な人だからこそ、そういう行為に走るんでしょうかね。
Posted by ドードー at 2015年02月25日 11:44
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。