2015年01月21日

初めてマンガの中でコミケを描いた作品は?

 冬コミで『漫画の中の同人誌即売会』という同人誌を買ったのである。
 コミックマーケット、あるいはそれをモデルにした同人誌即売会が作中に出てくるマンガを集めたもので、80年代の『世紀末同人誌伝説』を筆頭に、『編集王』『コミックマスターJ』『こみっくパーティ』『まにぃロード』『げんしけん』『らき☆すた』『ドージンワーク』『まんが極道』などなど、メジャーな作品からかなりドマイナーなものまで、かなりの数の作品が紹介されていた。
 続編の『漫画の中の同人誌即売会plus』では、前の本で洩れていた『クロノアイズグランサー』などをはじめ、『コミケ中止命令』『人類は衰退しました』『ベン・トー』などの小説も取り上げられている。

 しかし。

 ものすごく大事な作品が抜けているのだ。

 吾妻ひでお『スクラップ学園』(秋田書店)である。

 その1巻に収録された「パトスってふんでも死なないのよね」が、同人誌即売会を題材にしているのだ。
『スクラップ学園』は〈プレイコミック〉に1980年1月から連載された作品。僕は当時、リアルタイムで読んでいた。
〈プレイコミック〉は月2回発売。「パトスってふんでも死なないのよね」は18話なので、掲載されたのは、80年の9月か10月頃のはずである(正確に何月何日号かまでは調べがつかなかった)。まず間違いなく、日本で初めて、商業出版物で同人誌即売会を扱った作品である。

 とある休日、公園でくつろいでいたおじさんが、やけに若者が多く通りかかるのに気づき、主人公のミャアちゃん(猫山美亜)に「今日は何かあるのかね」と訊ねる。「同人誌の即売会。あたしも本作ったから売りに行くの」と答えるミャアちゃん。
 若い頃は文学青年だったおじさん、「同人誌」と聞いて勘違いし、興味を抱いて、即売会に出かけてゆくが……という話である。
 即売会の名は〈第30回 ぬめぬめマーケット〉になっている。まだ川崎市民プラザで開催されていた頃、参加者7000人程度の規模の時代と推測される。

 すでにコスプレイヤーがいたことも分かる。一本木蛮さんの『同人少女JB』で描かれていたのが、だいたいこの時代である。

 もちろん吾妻マンガの中の話だから、まともな即売会であるわけがなく、シュールなギャグが続出し、コミケのカオスな雰囲気を戯画化しているのだが。


 この『スクラップ学園』、4話ですでに『ガンダム』ネタを出してきたり、コスプレを題材にした話があったりして、読み直してみるとあらためて、吾妻氏の先見性に驚かされる。
 ちなみに、ミャアちゃんのソックスがいつもよれよれなのは、わざとゴムをカッターでずたずたに切っているからだという設定がある。(『ミャアちゃん官能写真集Part1』参照)
 ずっと後になって、ルーズソックスが流行った時、「そんなのミャアちゃんはずっと前からやってたぞ!」と思ったもんである。

 ちなみにこの「パトスってふんでも死なないのよね」は、調べてみたら、今、山本直樹監修『21世紀のための吾妻ひでお』(河出書房新社)に収録されていることが分かった。やはり名作である「聞かせてよ、くぬやろの歌」とかも入ってるので、初心者にはおすすめである。


 吾妻作品からもう一本、紹介しておこう。
『ミニティー夜夢』(秋田書店)に収録された「愛なき世界」という短編。1984年頃の『マイアニメ』に掲載されたもの。

 ちなみに僕は「おたく」という言葉を、この作品で初めて知った。
 すでにコミケの開催場所は晴海に移っていて、参加者の数も万単位になってきた頃である。描写も『スクラップ学園』とはかなり違い、現在のコミケの雰囲気に近づいている。また、『うる星やつら』がブームだったことも分かる。

 言うまでもなく『コロコロポロン』は吾妻ひでお原作のアニメ。『ぐるぐるメダマン』と『好き好き魔女先生』は吾妻先生がコミカライズを手がけた特撮番組である。
 実際には、この時代にはまだ、こんなマイナー特撮番組の同人誌はなかったはずである。同人誌を作ろうにも資料がなかった。昔の番組が全話DVDになったりCSで放送されたりするような時代ではなかったからだ。
 だからこそ、「さすがにこんな同人誌あるわけない」というギャグが成立していたわけだが……いやー、今となってはギャグじゃないわ。『アステカイザー』とか『トリプルファイター』とか『ボーンフリー』とかの同人誌、普通にあるもんなあ。
 やはり吾妻先生の先見性、恐るべしである。

 ところで、読み返していて気がついたのだが、このシーン、これが同人誌即売会というもので……という基本的な説明がどこにもない。当時の『マイアニメ』の読者にはすでに、コミケというものが説明なしでも理解できたということか。

 そうそう、『漫画の中の同人誌即売会』を作ってる方、もし増補改訂版を出す予定があるなら、川上亮『コミケ襲撃』 と僕の『プロジェクトぴあの』も入れてくださいね(笑)。



同じカテゴリー(コミケ)の記事画像
冬コミ直前情報
コミケ直前情報:『ミステリー・ゾーン』徹底解説
コミケ直前情報:2015年冬コミの新刊
『BISビブリオバトル部』番外編「空の夏休み」
ガンダム紙切り・歌舞伎レールガン・女装メイドクッキーetc.
何を今さら夏コミの話
同じカテゴリー(コミケ)の記事
 冬コミ直前情報 (2016-12-26 16:44)
 コミケ直前情報:『ミステリー・ゾーン』徹底解説 (2016-08-11 14:50)
 コミケ直前情報:2015年冬コミの新刊 (2015-12-27 16:53)
 この夏の総決算・その3 (2015-09-05 19:48)
 コミケ88の新刊 (2015-08-07 15:29)
 『BISビブリオバトル部』番外編「空の夏休み」 (2015-06-12 15:26)

この記事へのコメント
 吾妻氏、すごいなー。同人誌即売会を扱ってても、ここまで先を読んでたとは。
 
 しかし、即売会の雰囲気自体は今とあまり変わってないのは、色々な意味で興味深いなあ。
 今も昔も、同人誌やそれを作り即売会で売る者、そして買う者は、あまり変わってないという事か。

 今後はどんな同人誌即売会が行われるか、または作品内で描かれるのか。
 吾妻氏の作品もだけど、この同人誌もちょっと読んでみたいです。
Posted by 塩田多弾砲 at 2015年01月21日 18:18
漫画ではありませんが、私は栗本薫の「ぼくらの気持」ではじめて同人誌即売会(というかコミケ)というものの存在を知りました。
(国会図書館サーチで検索したところ、初版は1979年6月とのこと)
Posted by foobar at 2015年01月21日 19:12
『漫画の中の同人誌即売会』の作者です。
冬コミではお越し頂きありがとうございました。

その時僕はたまたま離席していて不在だったのですが、
売り子をしていた友人から『スクラップ学園』の話は聞きまして、
その後すぐ購入して読みました。
古い漫画の情報はやはりどうしても調べるのが難しく、
このような情報は大変貴重で嬉しい限りです。

なお、『コミケ襲撃』は『漫画の中の同人誌即売会plus』の次の本(コピー誌)にて紹介しています。
『プロジェクトぴあの』はたった今注文しました。読むのが楽しみです。
Posted by ルクダル at 2015年01月21日 19:56
マンガではないのですが、79年に出版された、栗本薫の「ぼくらの気持」にコミケが出てました。
殺人の疑いがかけられた友人を救うため、主人公が探偵役をするのですが、真犯人を知っていると騒いでいる同人マンガ家がいるというので会い行くことになる。
ところが彼女が居る場所がコミケ会場で、しかもジャンルが十八禁の女性向創作だったという話。
SFファンにはダーティーペアとモデルを同じくするキャラが出るのも楽しめる点です。
Posted by FANLOS at 2015年01月22日 21:55
お晩でした。
コミック乱連載中の、「二兎物語」に、《江戸時代のコミケ》が出てきてます。

追伸。最初にSF大会を登場させた漫画は、「サンダーマスク」でしたね。
Posted by 孤星 at 2015年01月28日 21:51
自分の持っているスクラップ学園2巻には1980年10月9日号と記載されておりました。
 文庫ではなく、のちに発行された大型サイズの方です。
Posted by ととと at 2015年02月06日 21:41
>foobar さん
>FANLOS さん

 情報ありがとうございます。『ぼくらの気持』は読んでませんでした。まず間違いなく、最初に小説内で扱われたコミケでしょうね。

> 孤星 さん

 はい、1972年の日本SF大会は実際に名古屋で開かれてまして、『サンダーマスク』の冒頭のシーンはそれを題材にしてますね。
 世界SF大会にまで話を広げると、フィリップ・K・ディックの「水蜘蛛計画」という怪作があったりするんですが。(20世紀のSF作家は予知能力者だと思いこんだ未来人が、SF大会の会場からポール・アンダースンを誘拐するという話)

> ととと さん

 情報ありがとうございます。すっきりしました。

> ルクダル さん

 さっそくの反応、ありがとうございます。
 実は吾妻先生は「愛なき世界」の後にもう一回、コミケを舞台にした話を描いてたはずなんですよ。やっぱり「ヨネやーん」という描き文字が入っていて、「これは米澤嘉博氏のことなのかな?」と疑問に思ったのを覚えてます。
 ただ、タイトルが思い出せなくて……手持ちの本を調べてみたんですが、分かりませんでした。すみません。
Posted by 山本弘山本弘 at 2015年02月07日 18:47
「愛なき世界」を見てから女性不信になったわ。ポロンが嫌いになった
Posted by レアハンター at 2015年12月05日 01:34
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。