2014年12月11日

NHKバリバラ ドラマ「悪夢」

 先日、再放送で視聴した。

「悪夢」
http://www.nhk.or.jp/baribara/special/akumu.html
 
 いやー、すごいドラマだった。
 素晴らしかった。 絶賛しておく。

 ストーリーは、こちらのレビューを参考にしていただきたい。

バリバラ「悪夢」レビュー ~障害者ドラマを超えた何か~
http://togetter.com/li/754668#c1700249

 実は僕はこのレビューを読んで、再放送を観てみようという気になったのである。うまく後半のネタバレを伏せてくれているのもありがたかった。
 公式サイトでも触れられていないし、この人も触れていないけど、主人公をはげますマキちゃんという明るい少女(少年? どっちだかよく分からない)の存在が大きい。劇中でどんな役割を果たすのかは、それこそネタバレになるから書けないけど。

 さて、公式サイトでは「ハートフルコメディー」ということになってるけど、正直言ってあまり笑えない。扱っているテーマがシリアスで重いということもあるけど、こわいシーンがいくつもあるからだ。

 特にこわいのは、統合失調症の主人公(ハウス加賀谷)がいつも苦しめられている幻覚「シロイヒト」。
 特撮も何も使わず、昼間の普通の商店街を、裸で白塗りの男たちがのたのたと歩いてくるというシュールな映像。通行人は誰もそれに気がつかない。
 手抜きのように思えるかもしれないけど、これはリアルな表現なんである。幻覚というのは(まだ見たことはないけど)、多くの場合、現実と同じぐらい存在感があるのだそうだ。実際にそこにいるかのように思える。だから特撮なんか使うとかえってぶち壊しなんである。
 幻覚のために奇行に走る主人公。しかし、周囲の健常者にはそれが見えないから、何をやってるか分からない。そのギャップがうまく表現されている。
 しかも幻覚と現実の区別がつかないというのが、ちゃんとクライマックスの伏線になっている。
 ちなみに主演のハウス加賀谷自身、12歳の時から統合失調症を発症しており、彼の実体験も作中に反映されているのだそうだ。

 で、やっぱり素晴らしいと思えたのは、「健常者お断り」と書かれた障害者だけが集まる店の描写。
 本物の障害者(脚がない人、顔が変形している人、脳性まひの人、などなど)が大勢出演してるんだけど、最初こそ緊張するが、だんだん普通に見えてくるのだ。
 そうか、こんな風に普通に障害者を描いても良かったんだな。
 このへんはほんと、テレビのタブーを大胆に破ってくれて快感である。

 さらに秀逸なのは、この店に迷いこんだ主人公が、障害者たちにおびえ、「ここに普通の人はいないのか!?」と叫ぶところ。彼は明らかに障害者に対する差別意識を持っている。
 同じ台詞を健常者に言わせたら単に不快になるだけだけど、精神障害者である主人公に言わせるのだ。
 障害者を扱ったドラマというと、差別表現回避に過敏になるあまり、障害者を無垢な存在として描きがちなんだけど、ここでは障害者でさえ差別意識を持っていることを示すことで、逆に障害者も普通の人間であることを表現している。

 この脚本書いた人、ただ者じゃない!

 少なくとも、この表現方法は僕には思いつかなかった。いや、思いついても「これ、やっていいの?」と悩んだと思う。

 そこに現われた謎の男が、主人公に「食べれば障害が治る」という不思議な果実を渡す。ただし、副作用として、過去の記憶を失う。
 障害に苦しみながら生きるか、それとも記憶を失うか。
 この二者択一が秀逸で、特にクライマックスで大きな意味を持ってくる。

 で、ラスト。
 一見するとハッピーエンドのように見えるけど、「ほんとにそれでいいの?」と視聴者に考えさせる、そんなもやもやした結末になっている。
 安易な結論は出ないし、出しちゃいけない──そこまで考えて作っている。

 ぜひ多くの人に観てほしい。再々放送、もしくはソフト化を熱望する。


タグ :障害者NHK

同じカテゴリー(テレビ番組)の記事画像
『ビーバップ!ハイヒール』出演裏話
コミケ直前情報:『ミステリー・ゾーン』徹底解説
「イルミナティカード」でテレビに出たのはいいけれど……
同じカテゴリー(テレビ番組)の記事
 『ビーバップ!ハイヒール』出演裏話 (2017-09-06 21:41)
 テレビに出演します (2017-08-28 20:32)
 海外SF・ホラードラマの“戦うヒロイン”の魅力を語ろう (2017-08-24 22:29)
 『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』発売記念イベント (2017-04-07 19:39)
 新刊『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』 (2017-04-07 19:09)
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.4 (2016-11-18 20:00)

この記事へのコメント
そのレビューを書いたものですが、山本さんの1ファンだったりするのでぶっ飛んでいます
Posted by くらげ at 2014年12月11日 15:48
自分も気になりつつ、結局観なかった作品です。
当方、いわゆる「鬱展開」が大の苦手な為、
「こわいシーン」「もやもやした結末」等々の部分で、二の足を踏んでしまいそうですが、
障害者の描き方に関しては、非常に好感が持てそうで、観てみたいと感じました。
私も、障害者のワークハウスで、彼等の仕事の補助をしているのですが、
私自身(発達障害)も含め、「障害者は聖人君子じゃない」事は、骨身に染みて理解してますし。

再々放送、私も希望致します。
しかしラスト…まさか、ハウス加賀谷がイーノック化して、他所の星に旅立っちゃうんじゃないでしょうね??
Posted by 大海笑 at 2014年12月11日 18:18
しまったぁー。録画するつもりで忘れてました。
面白そう、という表現が正しいのかどうか分かりませんが、新聞か何かで放映予定を見て録画するつもりだったんですが、見事に忘れてました。
対象が何であっても差別はいけない。ですが、差別される対象の人にどう向き合うべきかと考えると、どうしたらいいのか分からなくなるときがあります。どういう視点で向き合うべきか、一つの考え方を提示してくれる番組だと思ったので是非見たかったのですが。
私も再々放送かソフト化を希望しますが、こういう放送ってソフト化は難しいかも知れませんね。
NHKというのは時々こういう(ちょっととがった)番組を作るので侮れませんね。
Posted by カルスト at 2014年12月12日 22:16
映画の「フリークス」みたいに上映も放映も禁止になりそうな気がします・・・。
Posted by ジャラル at 2014年12月15日 07:03
初めまして、
脳出血で左半身マヒの身体障害者の
マースケと申します。

と学会のファンであり(超常現象系)、
バリバラも見ています。

今回、山本さんが私も見た障害者ドラマ「悪夢」を
取り上げていただいた事に、
驚いています。

また山本さんが絶賛している事に、
喜びを感じています。

キャストもほとんどが本当の障害者が演じて、
それを約1時間のドラマとして描いて。

NHKの大英断だとも
思っています。

山本さんのブログを通じて、
少しでも健常者の方々に
この「悪夢」を知ってもらえてたら、
嬉しいです。

それにしても、
山本さんの情報力のスゴさに
感服いたします。

(このコメントは当ブログに反映されなくても、
構いません)
Posted by マースケ at 2014年12月17日 22:25
「未来は自分たちで作っていく」

まさにその通りだと思います。
Posted by やるっきゃ武士 at 2014年12月20日 22:50
>ジャラルさん

 ちゃんと放映されてますけど? それもNHKで。
 こういう作品を放映しない方がおかしいんですよ。
Posted by 山本弘山本弘 at 2014年12月21日 16:48
はじめまして。
「バリバラ」は毎週予約して、その中から時々観ている者
ですが、「悪夢」は、まだ未見だったので、山本さんや
〝くらげ”さんのブログを拝見して、観てみようと思って
先ほど観終わりました。
いや~、確かに凄かったです。僕自身も統合失調症を
患っているんで、ハウス加賀谷さんの想いも結構
感情移入して観ていました。僕自身は以前、幻覚めいた
ものは、ありましたが、今はあまり有りません。
幻聴やヒドイ妄想は時々ありますが・・・。
あの”シロイヒト”は、以前見た映画、石井輝男監督の「恐怖
奇形人間・江戸川乱歩全集」を思い出しました。
長々と、コメントすみませんでした。
それでは、またお邪魔するかもしれません。

「心はいつも14才」、いつまでかけるか、でした。
Posted by いつまでかけるか at 2015年03月14日 18:43
障がい者二年生の朋子です。
悪夢は障がい者ドラマとして、面白く観ました。録画もしました。いろんな障がい者の名前が憶えられて良かったです。私は障がいの事をもっと知りたいのです。未熟者ですが、障がい者小説を書いてみたいので(もう書いてますが)いろいろ教えてください。
私が障がい者だと知ったのは33歳の時で、障がい者手帳を受け取ったのが平成26年7月15日でした。だから今年の7月15日で一年が経つのです。
私は今、障がい者作品にはまっています。よろしければ障がい者作品を教えてください。よろしく。
Posted by 志波朋子 at 2015年07月29日 15:27
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。