2009年05月17日

5月10日(日)「リンゴ送れ、C」

 この日は秋葉原のホテルに宿泊。イベントまでまだ時間があるので、アキバのヨドバシカメラへ。
 関西では手に入らなかった食玩のシンケンオーをゲット。ついでに完全変形メサイアバルキリーも買ってしまう。あああ、また荷物が増える~。

 午後2時半より、ムーブ町屋の「日本トンデモ本大賞前月祭2009」へ。 司会は成田優介(JJポリマー)、出演は僕のほかには、皆神龍太郎氏、大槻ケンヂ氏。
 大槻さんの話はやっぱり面白かった。アニメの『さよなら絶望先生』の第3期がはじまるので、その主題歌を作詞したのだが、タイトルが「リンゴ送れ、C」になるはずだったのだそうだ。
 会場の半分は大爆笑、残り半分はぽかーん。分からない人は「 リンゴ送れ、C」でググっていただきたい。
 なんかM資金(笑)を手に入れて地球脱出の準備を整え、「リンゴ送れ、C」という指令が来るのを待っている……という歌になるはずだったのだそうだ。サビで大槻ケンヂと絶望少女たちが「リンゴ送れ、シー~っ!」と熱唱するのだろう。うわ、想像するとすげえ。
 結局、いろいろな事情で「M資金」と「リンゴ送れ、C」は変えることになったとか。エルバッキーがドルバッキーになったようなもんですか。

大槻「後から考えてみたら、深夜にテレビから『リンゴ送れ、シー!』っていう歌が聞こえてきたら、元CBAの爺さんたちがいっせいに『キターッ!』と思っちゃうんじゃないかと」

 わははは。でも、70~80ぐらいの爺さんや婆さんが夜中に『さよなら絶望先生』見てたら、そっちの方がすごいと思うぞ。

 他にも、UFOをめぐるシンクロニシティの話になり、成田氏が変な体験を披露。
 沖縄に旅行した時、繁華街で空を見ていたらUFOが見えた。光が上下に揺れているように見えて、どうも飛行機のようには思えない。あれはいったい何だ……と仲間たちを空を指差して騒いでいたら。
 突然、タクシーが目の前に停まり、具志堅用高が降りてきて、「トカちゃんでーす」と言って去っていったのだそうだ。
 その「トカちゃんでーす」の衝撃にみんなポカーンとなり、UFOのことはすっかり頭から飛んじゃったんだそうだ。
 ううむ、ハイ・ストレンジネス事例。て言うか、『絶望先生』に出てきた、「本筋以外が気になる」ってやつじゃないか?

 後半は映像による紹介。
 大槻氏は、ヘンな格闘技をいろいろと。触るだけで相手をころころ倒しちゃう爺さんや、触れもしないで倒しちゃうおっさんやら、すごい世界であるな。

 僕はゲストが大槻氏ということで、音楽系のトンデモ本を紹介。レイモンド・ムーディー・Jrの『エルヴィス・アフター・ライフ』である。
 エルヴィス・プレスリーの死を予知したとか、エルヴィスの霊に遭ったとか、エルヴィスの生まれ変わりだという少年やら、エルヴィスにまつわるトンデモ話を集めた本。超常現象だけではなく、「エルヴィスは生きている」という陰謀論や、それに翻弄されたオリオンという覆面歌手(声がエルヴィスそっくりなもんで、「死んだふりをしていたエルヴィスが帰ってきた」と騒がれた)のエピソードなんかも興味深い。

 皆神氏はフリーメーソンをめぐる話をいろいろ。今度からケンタッキー・フライド・チキンの前を通ったら、あの人形の胸のところをよく見よう。



同じカテゴリー(トンデモ)の記事画像
『ビーバップ!ハイヒール』出演裏話
これがイルミナティ・カードだ!
「ちきゅう」陰謀説のバカさ加減
誤解されているスティーブ・ジャクソン
日本トンデモ本大賞2010
告知「日本トンデモ本大賞前月祭2009」
同じカテゴリー(トンデモ)の記事
 『ビーバップ!ハイヒール』出演裏話 (2017-09-06 21:41)
 と学会がやっていたことは「弱い者いじめ」だったのか?・4 (2016-11-22 18:02)
 と学会がやっていたことは「弱い者いじめ」だったのか?・3 (2016-11-22 17:53)
 と学会がやっていたことは「弱い者いじめ」だったのか?・2 (2016-11-22 17:35)
 と学会がやっていたことは「弱い者いじめ」だったのか?・1 (2016-11-22 17:16)
 「山本弘が血液型性格判断を否定するのは儒教の影響だったんだよ!」(笑) (2015-06-12 13:34)

この記事へのコメント
エルヴィスが生きていたという説は,昔調べたことがありますが,この手のトンデモネタとしては定番ですよね。

音楽スタイルが度々変わるから色々な妄想を膨らませるんでしょうね
Posted by ダーク・ディグラー at 2009年05月18日 02:19
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。