2014年10月11日

懐かしプラモのちょっといい話#2

山本弘のSF秘密基地LIVE#39
懐かしプラモのちょっといい話#2

 1980年代、子供たちの世界を席巻したガンプラ・ブーム。『ガンダム』だけではなく、多くのキャラクターのプラモデルが発売された時代でした。プラモ評論家の鋼鉄サンボ氏とともに、当時の資料を基に、あの時代を振り返ります。
 前回は1980年と81年の話題でしたが、今回は82年以降の話題。『ガンダム』だけでなく、『マクロス』『バイファム』『ザブングル』などなど、当時の他のロボットアニメのキットについても語ります。お楽しみに!


[出演] 山本弘(SF作家)、鋼鉄サンボ(プラモ評論家)

[日時] 2014年10月31日(金) 開場・19:00 開始・19:30

[会場] なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F / Tel. 06-6643-5159)(地図)南海なんば駅より南海通り東へ180m・駐車場有

[料金] 1500円
(店内でのご飲食には別途料金がかかります。入場時に別途ワンドリンクをご購入いただきますのでご了承ください)


 前売り券のお求めはこちらへ。
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=80568260
-----------------------------------

 サンボくんが貯めこんだ大量の資料(特にガンプラの組み立て説明書と当時の模型雑誌)をスクリーンに映しながら、ガンプラを中心に、80年代のキャラクタープラモ全般を語る……という企画なんですが、前回は2時間かけて、80年と81年だけで終わっちゃいました(笑)。何しろ語るべきことが山ほどあるもんで。
 今回、サンボくんから貰った資料を見て痛感したのが、30年以上経って、記憶がかなり薄れてきてるということ。特にどのキットが何年ごろに出たか、その順序がまったく記憶と違ってるんですよ。
 たとえば、最初に1/144ガンダムと1/144シャアザクがほぼ同時に出たように記憶してたんだけど、資料を見て分かったのは、1/100ガンダムと1/144ガンダムの次に出たのは、1/1200ムサイでした。
 今から考えると「なぜそこでムサイ?」という気がするけど、サンボくんの解説によると──

・当時、主人公メカがプラモデルになることはよくあったが、敵のロボットがキット化されることはめったになかった。まして、赤い一つ目の変なロボット(笑)が売れるかどうかなんて、当時のバンダイの人たちにはまったく予想がつかなかった。
・ただ、その前に『ヤマト』のシリーズがヒットしていて、ガミラス艦などもキット化されていた。しかも『スター・ウォーズ』などのブームもあったから、とりあえず安全牌として宇宙船のキットを出すというのは、当時としては妥当な判断だった。それでムサイが選ばれた。
・しかし、シャアザクが爆発的に売れたもので、その後はMSが主流になった。

 なるほど。今の常識と当時の常識は違いますからね。歴史を振り返る際には、当時の人の常識も理解していないといけないわけです。
 あと、当時の常識というと、やはりガンプラ・ブーム。あの頃、ガンプラがどれほど売れたか、子供たちがどれほど熱狂したか、あの時代を知らない人には分からないんじゃないかという気がします。「ガンプラをカツ上げされる子供がいた」とか「買うのに整理券が必要だった」とか「売れないキットを抱き合わせで売る模型店があって、社会問題になった」とか、今では信じられない人もいるかも。
 で、当然僕もいろいろ買ったんだけど、今となっては何を買ったかという記憶も曖昧で(笑)。Gアーマーとかゾックとかは確かに買った記憶があるけど、作った記憶がないんで、もしかしたら積んでおいただけだったのかも?
 で、組み立て説明書というのが、記憶をよみがえらせるのに、意外に役に立つんですよ。アッガイの爪の構造を見て、「このギミック、確かに作った記憶ある!」とか。

 ちなみに今回は『プラモ狂四郎』とかの話題にも触れる予定。当時、このマンガには熱狂したもんであります。当然、糸ハンダ買いました(笑)。
 今はもちろん『ビルドファイターズトライ』も観てます。


 



同じカテゴリー(PR)の記事画像
「今日も科学はエキサイティング! 科学雑誌からSFネタを探そう!」
「わが青春のSFエッチトーク!」
新刊『プラスチックの恋人』
伊藤ヒロ×山本弘トークLive「僕らはエロい小説が書きたい!」
BISビブリオバトル部4 君の知らない方程式
夏コミ直前情報
同じカテゴリー(PR)の記事
 「オタク映画を力いっぱい語ろう!」 (2018-04-17 19:13)
 『リジー&クリスタル』文庫版・解説は菊地秀行先生! (2018-03-31 22:28)
 スーパー!ドラマ オーセンティック海外ドラマ研究室 『ミステリーゾーン』 (2018-03-17 21:25)
 菊地秀行×山本弘「妖魔饗宴~特撮レトロSF&ホラードラマを語り倒す」 (2018-03-17 19:55)
 今日も科学はエキサイティング! 科学雑誌からSFネタを探そう! Part2 (2018-03-17 19:27)
 「今日も科学はエキサイティング! 科学雑誌からSFネタを探そう!」 (2018-02-09 20:02)

この記事へのコメント
ツイッターとか見てると、「ガンダムが小学生以下にウケたことなんてなかった」と大真面目にいってる人をしばし見かけますから。
80年代前半の元祖ガンダムブームとか、その後のSDガンダムの最盛期を知らないから。

80年代前半の元祖ガンダムブームのときは、コミックボンボンはもちろん、テレビマガジンとかケイブンシャの大百科などの児童向け書籍でも盛んにガンダムやその後続作品が児童向けの書き方で盛んに扱われたり、子供向けに現在基準だとかなり難易度の高いプラモ製作記事とか平然と乗ってて、子供が真似してプラモの残骸を作り上げてましたから。大人になった現在の制作技術と工具・材料で当時のプラモを当時の記事通りに作っても、かなりきついです。

前期のビルドファイターズの時ツイッターで見た、隔世の感が強烈だったのが、「ガンダムもDVDとかが売れないからプラモの売込みとかに頼るようになってしまった」。いや、少なくともテレビ放送のガンダムは昔から、スポンサーの玩具やプラモの売込みがメインだから。
Posted by ken at 2014年10月11日 20:35
昔のプラモと言えば伊集院光氏がラジオのコーナーで熱く語っていたのを思い出しました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8572986
(19:00頃から)
「パッケージの写真通り出来ないものだったよね。あれはお前の脳の中でそうしろって感じのやつで」って所に吹きました(笑)。
Posted by 餃子少年 at 2014年10月11日 22:18
 自分も狂四郎世代なので、マネしましたねー。
 ただ、当時はガンプラ自体が品薄で、結局手を入れずじまいでしたが。
 1/100ジムを改造して、足が可動する1/100ガンダムを作った事はあります。っても、コクピット部分はGMのままでしたが。
 糸ハンダは、さすがにできなかったですけど。今からでもやりたいなあ。

>当時、主人公メカがプラモデルになることはよくあったが、敵のロボットがキット化されることはめったになかった

 そういえば、狂四郎の作例の一つに、「ゴッドマーズの、ゾンデを背中に装着した1/100ザク」がありますが。
 ベストメカコレクションで、ゴッドマーズの敵メカがプラモ化し発売された……ってのも、また珍しかったですよね。

 グルダーやバキュームは、まだ普通に四肢があり、敵ロボとして出す……というのもわからんでもないですが。ゾンデをはじめとして、バルバラやコールガッチやパンドラを見ると、今でも「良く出せたな」と思ってしまいます。

 他に、「良く出せたなー」と思う製品としては、アオシマから出た、アクロバンチの敵メカのプラモ。
 フォリンクスやディラノス・アミンガなど、下半身が足のないメカだったり、三本足だったりと、プラモとしては面白い製品でしたけど。当時売れてたのかなーと、ちょっと疑問でした。
 個人的には、大好きなんですけどね。

 Gアーマーは、自分も作りました。付属してたコアファイターのサイズが、GブルやGスカイに合わせ、若干大きかったのをなんとなく覚えてたり。

 今のHGやMGなどの、設定に忠実で劇中のイメージが立体化したかのようなガンプラも大好きなのですが、この頃の「創意工夫して、自分のイメージに自分の手で近づけていく」というプラモの作り方・楽しみ方もまた良いものですよね。

 うーむ、パーフェクトガンダムのMGが出たんだから、アーマー込でパーフェクトザクも製品化しないっかなあ。
Posted by 塩田多弾砲 at 2014年10月11日 23:25
>当然、糸ハンダ買いました(笑)。
確かグフのムチに使うんでしたよね。
Posted by 木口小平 at 2014年10月12日 15:29
生放送をタイムシフトで観たいです。
Posted by 赤とんぼワークス at 2014年10月12日 22:42
いやぁ、面白かったですよ。「ガンプラ」に歴史あり。てな感じで。あの当時の事をリアルタイムで経験した者にとっては。で、色々な事を思い出してしまいました。親戚に頼まれて、「松屋町」の問屋街に、父親の「お供」で、「グフ」を選んだ事とか。(因みに私、何も買ってもらえませんでした。)鉄道模型雑誌に、「ガンダムは売ってません」なんて、模型店の広告が出たりと。後、「アニメ」に関して、いい感情を持ってなかった両親の「思想的しめつけ」がきつくなったり。って、何かロクでもない事ばかり思い出してしまうんだが。ううむ。
Posted by くり金時 at 2014年10月18日 07:17
最近見つけたトンデモ商品なのですが、「重曹+お酢台所クリーナー」というものがあります。

http://image.rakuten.co.jp/kurashikenkou/cabinet/seikastuzakka/9780016-1.jpg

http://www.amazon.co.jp/%E5%8F%8B%E5%92%8C-%E9%87%8D%E6%9B%B9-%E3%81%8A%E9%85%A2%E5%8F%B0%E6%89%80%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC%E6%9C%AC%E4%BD%93-400ml/dp/B0012P1VD2

重曹と酢を混ぜると中和してしまい、それぞれの効果がなくなってしまうと思うのですが、この洗剤は最初から混ざった状態で売っています。
それでも、どちらかの量が多く、液性が酸性か塩基性に傾ていれば、まだ洗浄効果はあると思うのですが、以下のように、しっかりと中性と書いてあります。

>成分
>界面活性剤3%(ポリオキシレンアルキルエーテル)、酢酸、炭酸水素ナトリウム
>液性:中性

さらに、重曹が汚れを落とす原理は、微粒子の研磨効果がメインであって、重曹水の場合はさほど効果が高くないと認識しているのですが、この商品は二重に無意味なことをしていると思います。
界面活性剤が入っているので、洗浄能力はゼロではないでしょうが、しかしこの商品を知ったときは、「マイナスイオンがでるパソコン」とか、「涙の成分ポタッシウム入りの目薬(単にカリウムが入ってるだけ)」と同様、日本人のリテラシーが心配になりました。

最近、3人の日本人がノーベル賞を受賞しましたが、この世代が過ぎて、今の若い世代が研究者の中心となる時代になったら、果たして受賞数はどうなってしまうのだろうと思います。
(学研の「○年の科学」もなくなりましたし)
Posted by 滅智蓮寺 熾 at 2014年10月22日 17:21
>kenさん

 僕も「1stガンダムに女性ファンは少なかった」と、でたらめなことを言ってる人を見たことあります。資料を見ずに自分の印象だけで語ってるんでしょうけど、こうやって歴史は捏造されてゆくのだなと(笑)。

>塩田多弾砲さん

『ゴッドマーズ』のゾンデは僕も買いました。あのバーニヤが流用に最適だったんですよね。
 今やMSの改造用のバーニヤなんて模型店で普通に売ってますけど、当時はなかったから、いろいろ工夫しなくちゃいけませんでした。

 あと、今、唐突に思い出したけど、1/20のセイラさんを魔改造して入浴シーンのジオラマ作ったこともありましたわ(笑)。
Posted by 山本弘山本弘 at 2014年10月25日 14:22
>滅智蓮寺 熾さん

 排水口などの汚れを落とすのに、重曹をかけたあとお酢をかけるとよいという話はあるんですが、それは化学反応による発泡作用(二酸化炭素が発生する)に汚れを浮かせる効果があるとされているんですよね。最初から混ぜてたら意味ないです。
 YouTubeで映像見たんですが、やはり発泡してる様子はないですね。汚れを落とす効果のほとんどは界面活性剤によるものでしょう。

http://www.youtube.com/watch?v=KANwKSgRkG0

 あと、除菌効果があるとも謳われてるんですが、ほとんど中性の液体にどれぐらいの除菌効果があるのか……確かに問題ですね。

 
Posted by 山本弘山本弘 at 2014年10月25日 14:37
>山本弘様

>『ゴッドマーズ』のゾンデは僕も買いました。あのバーニヤが流用に最適だったんですよね

 そうそう。他にもコミックボンボンには「1/100ザクに、1/100アリイ版マクロス・ディフェンダーの胴体を逆さにしてランドセルとして流用」ってな作例が掲載されており、マネした事があります。
 当時は改造用のパーツってのが無く、欲しかったらキットから分捕って用いるしかなかったですしね。だから当初のパーフェクトガンダム改造の手引きを見た時には、唖然としたものです。ガンダムのみならず、いくつキットを潰して用いなきゃならんのかって。

 しっかし、今の時代。
 MGのザクを用いて、このゾンデ付ザクを再現したい……と思うのですが、肝心のゾンデのキット自体が絶版。つーか、ヤフオクなどでも出品されず、されたとしてもスゴク高価。
 バンダイさん。ガンダム関係のみならず、こういうマイナーなキットも再販……しないだろーなあ。

http://blog-imgs-43.fc2.com/n/b/l/nblood/LLO-017.jpg
http://blog-imgs-38-origin.fc2.com/m/s/z/msz00603/IMG_0822.jpg

 実際に山野辺ザクを作った人の作例↑。
 やっぱかっこいいなあ。ビルドファイターズの前作にパーフェクトガンダム出たんだし、チョイ役で良いからこのザクが出てくれんものか。

 しかしホント。なんでベストメカコレクションで、ゴッドマーズの敵メカをキット化したんでしょうね。
 やはり、当時のゴッドマーズ人気に当て込んだんでしょうか。

 つーか、敵ロボを出すんなら、マジンガーZの機械獣とか欲しかったところです。スパロボ超合金と戦わせる相手が欲しいのに、ちょうどいいのが無くて。

>あと、今、唐突に思い出したけど、1/20のセイラさんを魔改造して入浴シーンのジオラマ作ったこともありましたわ(笑)。

 うわー、えっちー(笑)。
 今だったら1/8サイズくらいで、入浴中を再現してる完成品フィギュアをどっかで出してそうですね。特にプルとか。いやあ、時代は変わったもんだ(爆)。
 でも、スゴイですね。1/20サイズといえども、風呂場そのものを作るのも大変だし、水なんかも作るの大変そうですし。
Posted by 塩田多弾砲 at 2014年10月26日 03:01
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。