2014年10月06日

映画『赤×ピンク』



>東京・六本木、廃校になった小学校で毎夜繰り広げられる非合法の格闘技ショー“ガールズブラッド"。
>ここは、思い思いの衣装でコスプレした女達が肌をむき出しにぶつかり合う会員制の地下ファイトクラブ。
>性同一性障害に悩む空手家・皐月は、ある日ガールズブラッドにやって来た美しい人妻、千夏と恋に落ちる。
>だが、幸せな日々を過ごす2人の前に千夏のDV夫が凶暴な仲間たちと共に現れ、千夏を強引に連れ戻そうと画策、
>ガールズブラッドの存亡の危機にまで発展する。
>皐月は千夏とガールズブラッドを取り戻すため、仲間と共に立ち向かうのだが…。

 今年の2月に公開された映画。劇場では観そこねたんたけど、この間、角川の人からDVD-BOXをいただいたんで観ることができました。ありがとうございます。
『戦隊』シリーズ、『ライダー』シリーズ、それに『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』などを手がけてきた坂本浩一監督だから、アクション・シーンがよくできてるであろうことは最初から疑ってなかったんだけど、アクション以外の部分はどうなんだろうなあ……と思いながら見てみた。
 うん、いいじゃない。

 要約すると、『ロッキー』+『カリフォルニア・ドールズ』。 もちろん『ファイト・クラブ』も入ってるけど。
 もうね、最初から最後までバトルばっかり! リングの上だけじゃなく、屋外や室内でのバトルもいろいろあって飽きさせない。

 でもって、バトルの合間にはエロ!

 シャワーシーンとかレズシーンとか何度も何度も出てくるの。主演の芳賀優里亜(『仮面ライダー555』の園田真理)なんか、登場していきなり脱いでるうえに、おっぱいだけじゃなくヘアまで堂々と見せてレズシーンを熱演してますよ。
 もうね、どんだけサービス精神旺盛な映画だよと。
(ちなみに僕が観たのはディレクターズ・カット版。劇場公開版だと少し削られてたみたい)

 とまあ、こう書いていくとアンディ・シダリスかフレッド・オーレン・レイ作品みたいなものを連想されるかもしれないが(笑)、 さすが坂本監督、アクションがスピーディで見ごたえがある。短いカット割りと緩急の使い分けでかっこよく見せるのは、やはり長年積み重ねてきたノウハウだろうな。
 でもって、女優さんたちがみんな体張ってんだわ。主役の芳賀優里亜と多田あさみの対決もすごいけど、水崎綾女(『ゴーバスターズ』のエスケイプ)とかもいい動きするんだよ。最後のハイキックなんて、ため息出るよ。みんなこの映画のために、かなり練習したんだろうな。その裏の苦労を想像すると頭が下がる。

 ああ、そうか。これ、僕が好きな「バカなことに全力を傾ける話」なんだ。
 舞台となる〈ガールズブラッド〉も、何でこんな危険なことをお前ら進んでやってるんだよと、冷静に考えるとツッコミたくなるし、この映画自体、「女の子がエロいことしながら戦ったら面白いんじゃね?」という、あからさまな下心で作られてるのが見え見えなんだけど、それを単なる下心で終わらせず、全力で大真面目にやってるところに感心するのだ。

 ストーリー的には、クライマックスの展開が明らかに無理があって、もうちょっと工夫が欲しいなとは思ったんだけど(原作は読んでないけど、このへんは映画オリジナルらしい)、観てて燃えることは確か。
 やっぱり「拳と拳で分かり合う」というのをやりたかったんだろうな。

 というわけで、「美女が戦うエロい映画」を求めている人には、絶対おすすめ。



同じカテゴリー(最近観た映画・DVD)の記事
 『この世界の片隅に』 (2016-11-18 20:22)
 映画『聲の形』 (2016-10-12 18:37)
 そろそろ『シン・ゴジラ』の感想を書く (2016-10-07 21:42)
 『楽園追放-Expelled from Paradise-』 (2014-11-25 18:19)
 人形劇版『伊賀の影丸』 (2014-10-06 11:58)

この記事へのコメント
早速amazonで予約しました。

なんか色々書き込みたいのですが「入力禁止の単語が含まれています」と出るので。
Posted by 木口小平 at 2014年10月06日 18:30
>ああ、そうか。これ、僕が好きな「バカなことに全力を傾ける話」なんだ。
>というわけで、「美女が戦う○○い映画」を求めている人には、絶対おすすめ。
(※入力禁止単語回避のため改変)

ゲームですが「ベヨネッタ2」を思い出しましたね。あれも「バカなことに全力を傾ける製作者」「美女が戦う○○いゲーム」でしょうから。

これ、借りましょうかね…?
Posted by Xbeta at 2014年10月14日 22:20
 『赤×ピンク』、「最終兵器彼女」を代表作にお持ちの高橋しんさんが表紙をお描きになった原作小説を読んだことがあります。

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-88-b4/fp2mk5/folder/482057/90/34496790/img_0?1183303290

 山本さんのレビュー(記事)を拝読して、どうやら原作では3人いる主人公(まゆ・ミーコ・皐月)のうち、皐月がクローズアップされているようですね。
 『「拳と拳で分かり合う」というのをやりたかったんだろう』というのはまさにその通りで、ガールズファイトという女の子同士の闘技場という特殊な閉鎖環境を舞台にしつつも、3人それぞれが自分の性癖や事情を背負ったり変わったりしながら日常を過ごしていく、変則的な日常ものの物語でした(あくまで私の視点です)。そんな原作と比べて考えると、少年ジャンプ的な王道バトルものになっているようですね。『ぬ~べ~』や『バスタード!』の様な、が入り乱れていた頃が懐かしいです…
 それにしても、山本さんのラブシーンに対する評価は少し意外に思いました。山本さんは例えば、まゆなどがご興味の対象だと思ったので(この上なく失礼)。
Posted by toorisugari at 2015年01月23日 02:38
申し訳ありません、以前のコメント、

>『ぬ~べ~』や『バスタード!』の様な、が入り乱れていた頃が懐かしいです…

「な、」と「が入り乱れて」の間に『裸』が抜けていました。
Posted by toorisugari at 2015年02月04日 23:21
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。