2014年09月18日

あなたの知らないマイナー特撮の世界 #10

山本弘のSF秘密基地LIVE#38
あなたの知らないマイナー特撮の世界 #10

 70年代の怒濤の特撮ブームが終わりを告げ、山本弘(SF作家)・友野詳(作家・ゲームデザイナー)・鋼鉄サンボ(特撮マニア・B級アイテム・コレクター)の「ナニワの特撮三兄弟」が語る懐かし特撮トークも、いよいよ大詰め! 今回は、60~70年代にテレビで放映された日本未公開映画やTVムービー、80年代初頭の忘れられたマイナー特撮番組&特撮映画の話を語ります。あなたはこの濃い話について来れるか? 

[出演] 山本弘(SF作家)、友野詳(小説家、ゲームデザイナー)、鋼鉄サンボ

[日時] 2014年9月26日(金) 開場・19:00 開始・19:30

[会場] なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F / Tel. 06-6643-5159)(地図)南海なんば駅より南海通り東へ180m・駐車場有

[日時] 2014年9月26日(金) 開場・19:00 開始・19:30

 前売り券のお求めはこちらへ。

http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=80091099

-----------------------------
 前回で70年代はほぼ終わっちゃったもんで、隔月で2年近く続いたシリーズも、これでいったんクライマックスです。いやもうほんと、70年代の特撮が語っても語っても終わらなくてねえ。
 さすがに80年代になると、テレビで特撮番組が激減する一方、ビデオでものすごい数のB級マイナー作品があふれかえって、逆に共通体験が語りづらくなってくるんですよね。『ミカドロイド』とか『TARO!』とか観てる人間、何人ぐらいいるんだとか、僕もそう言えば『大予言 復活の巨神』観てないな、とか。あっ、月曜ドラマランド版の『ゲゲゲの鬼太郎』なら語れるな。


タグ :特撮PR

同じカテゴリー(特撮)の記事画像
星雲賞受賞の言葉
コミケ直前情報:2015年冬コミの新刊
この夏の総決算・その5
この夏の総決算・その2
この夏の総決算・その1
『多々良島ふたたび:ウルトラ怪獣アンソロジー』
同じカテゴリー(特撮)の記事
 特撮ファンのための戦争映画入門 (2017-07-21 20:42)
 山本弘のSF秘密基地LIVE「世界の怪獣総進撃!」 (2017-06-17 19:17)
 あなたの知らないマイナー特撮の世界RETURNS (2017-05-19 22:24)
 『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』発売記念イベント (2017-04-07 19:39)
 新刊『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』 (2017-04-07 19:09)
 切通理作の『怪獣千夜一夜』第一夜 (2017-03-06 15:56)

この記事へのコメント
    >『ミカドロイド』とか『TARO!』とか観てる人間、何人ぐらいいるんだとか、

 はい、「TARO!」は未見ですが、「ミカドロイド」は見ました。
 ジンラ號の金属が軋むような作動音は、結構よかったですねー。「時代に忘れられた異物(遺物でなく)」みたいな感じで。
 というかジンラ號、特撮リボルテックで発売してくれないかと思います。軍刀に機関銃に落下傘など、付属物多めで立体化してくれんかなあ。

>月曜ドラマランド版の『ゲゲゲの鬼太郎』なら語れるな。

 自分も見ました。ほとんど特撮ヒーローと化してましたが、妖怪たちの着ぐるみアレンジがとても魅力的で、もっと見てみたかったです。少なくともウェンツ版より鬼太郎してたですよね(笑)。
 しかし、おっかむろや吸血鬼エリートの最後のシーンはあったのに、あみきりが最後にやられたシーンが無いのは、なんだかなーと。

 のちに月曜ドラマランドでは、あのストレスキューピーが登場する「悪魔くん」も放送されましたけど。
 さらにその後のOVは、当時レンタルビデオ店でも見かけなかったので、どんなものか今からでもちょっと見てみたいものです。

 しかし、今から振り返ると。80年代は、特撮がTVから追いやられ、ビデオなど「限られた人間たちだけが親しむ」ようなジャンルになってしまった時期……と言えるような。
 雨宮慶太「未来忍者」もこの時期だったっけ。「ゼイラム」もよかったけど、それよりこちらの続編を作ってほしかったなあ。  
Posted by 塩田多弾砲 at 2014年09月18日 19:46
お疲れ様でした。また関東にもおいでください。
Posted by toorisugari at 2014年09月29日 02:10
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。