2014年06月20日

『NHK 幻解!超常ファイル ダークサイド・ミステリー』

『NHK 幻解!超常ファイル ダークサイド・ミステリー』


編著者 NHK「幻解!超常ファイル」制作班
発行 NHK出版
 2014年7月5日発行
 1100円+税

 NHKの同題の番組の書籍化です。僕も取材受けた一人なんで送られてきました。ノストラダムスについて話してます。
 ぶっちゃけ、もうギャラは貰っちゃってるので、売り上げが伸びても僕の懐に入る金が増えるわけじゃないんですが(笑)、面白い本なので宣伝させていただきます。
 民放の作るいいかげんなオカルト番組と違い、懐疑的なスタンスで作られています。こういう番組、もっとあっていいと思うんですけどね。

PART1 UFO&エイリアンの真実に迫る
▼File01 エイリアン・アブダクション~宇宙人に誘拐された人々~
▼File02 江戸時代に現れた謎の円盤と美女
▼File03 スペシャリストが教えるUFO映像の正しい見かた

PART2 神秘の未確認動物・UMAを追う
▼File01 ネス湖のネッシー研究最前線
▼File02 実在する? 謎の獣人ビッグフット
▼File03 日本の未確認生物ツチノコを探せ
 ネッシー、ツチノコだけじゃない まだまだほかにもいる未確認動物・UMA

 column 真実を見極めたいあなたへ 賢者からのメッセージ①

PART3 超常現象&都市伝説の裏側を暴く
▼File01 超能力は存在するか
▼File02 ノストラダムスがうつし出す心の闇
 東京最恐ミステリー・スポット 平将門の首塚の真実
 魔のトンネル怪奇事件 ~都市伝説はこうして生まれる!

 column 真実を見極めたいあなたへ 賢者からのメッセージ②

PART4 古代文明と遺産・オーパーツの謎を紐解く

▼File01 クリスタル・スカルに隠された秘密
▼File02 恐怖! ツタンカーメンの呪い
 モアイ像が歩いた!?

 column 真実を見極めたいあなたへ 賢者からのメッセージ③

PART5 よみがえる伝説 世界の怪物&魔物
 ブルガリア発 “死者のよみがえり”から誕生した吸血鬼伝説
 アメリカ発 無実の人々が次々と処刑された魔女狩り伝説
 フランス発 女性、子どもを狙うジェヴォーダンの巨大獣 謎の野獣伝説
 不思議事件を次々と解き明かす 日本の妖怪博士・井上円了

 column 真実を見極めたいあなたへ 賢者からのメッセージ④



同じカテゴリー(最近読んだ本)の記事画像
ビブリオバトル・チャンプ本『ゲームウォーズ』
同じカテゴリー(最近読んだ本)の記事
 星新一『きまぐれ星からの伝言』 (2016-09-14 18:05)
 『六花の勇者』で考えたこと (2015-10-12 15:45)
 ビブリオバトル・チャンプ本『ゲームウォーズ』 (2015-01-09 19:40)
 『ガンダムビルドファイターズ マニアックス』 (2014-11-07 14:35)
 原田実『江戸しぐさの正体 教育をむしばむ偽りの伝統』(星海社新書) (2014-10-06 10:54)
 『これが基本だ!リージョン・オブ・スーパーヒーローズ』 (2014-10-06 09:50)

この記事へのコメント
 この番組は、「超常現象がある!」と、決めつけてないところが良いですね。
 まず不思議な事があったら、それを疑ってかかる。そして、できうる限りの検証を行ったうえで、それが事実か否かを判断する。
 そういう姿勢が大事だという事も同時に訴えかけてるのが、この番組の良いとこかなと。

 できれば、もっと続いていただきたいところです。世の中に、怪しき噂はまだまだ数え切れぬほどあるもの。
 日本で流行した都市伝説とかも、とりあげてもらいたいなー。
Posted by 塩田多弾砲 at 2014年06月23日 01:10
 また山本さんご出演の回が放送する時はお知らせください!今までの3回、全て録画して楽しく拝見しています。
Posted by toorisugari at 2014年06月23日 23:47
初めまして山本さんの作品を楽しく読ませてもらってます。

「僕の光り輝く世界」読書中。
「幻解ファイル」のシリーズは録画で見てます。
寝ている時間なので。
シリーズ7までやったけど続きもやってくれるんだろうか。。。
 と学にもハマった怪鳥。

追伸 と学って初めは と がキーボードの S の位置にあるのでサイエンスに似ていて非なるもの って意味だと思ってました。
 単に とんでもない の と だったんですね。
Posted by 怪鳥 at 2014年06月25日 07:59
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。