2014年03月03日

Wikipediaすら読まない人たち

 関東地方各地の図書館や書店で、『アンネの日記』やその 関連本が破損されるという事件が相次いでいる。被害を受けた本はすでに300冊を超えるそうだ。
 今のところ、手がかりが少なすぎて、犯人像に関してはどんな可能性も考えられる。極端な話、『詩羽のいる街』の第3話に描いたような、政治的な背景なんか何もなくて、ただ単に人を不快にしたいだけの奴という可能性だってある。
 犯人の正体について、「……かもしれない」とか「……ではないかと思う」とか、推測や感想を述べるのは、べつにかまわない。
 しかしネットを見ると、もうすでに「犯人は○○だ!」と断定している者が大勢いるのだ(右と左、両方から)。
 おいおいおい、今の状況からなぜ断定できるんだ、あんたらは?
 その断定が間違っていた場合、ちゃんと責任取るの?(取らないだろうなあ……)

 さて、今回、僕が注目したのは、事件そのものは別のことである。
 この事件の報道に対するmixiでのつぶやきを見ると、こんな意見が散見されるのだ。

>まあ、アンネの日記は聖書、人間革命と並ぶ世界三大偽書だから、どうでもいいや。

>「アンネの日記」の嘘http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/5614/an.html

>「アンネの日記」→アンチの日記。そもそもが偽りの小説。そして今回もプロパガンダに利用され、日本=ナチスの構図を作りたい奴等が居るってこと。 安い仕掛けww

>アンネの日記はアンネが書いた物ではない。別の人間が書いた物である。 http://bit.ly/1mym0Qf ・・・計40近くの図書館とは大掛かりである。個人の仕業ではないだろう。政治的意図を感じる。

>ホロコーストは世紀の大嘘だという事はもう常識ですね。ヨーロッパ各国じゃ軒並み事実関係を調査しようとするだけで捕まるってんだから、ちゃんと調べられたら困る(嘘がバレる)と言ってるようなもの

 そう、『アンネの日記』偽書説やホロコースト捏造説を信じちゃってる奴がいるんである。ある記事では、全171件のつぶやき中、5件がこうした陰謀説を唱えていた。全体の3パーセントだから、決して多くはないんだが。
 それにしても最後の奴の「もう常識ですね」にはあきれる。どうも「常識」という言葉を「俺の信念」と同義語に使う奴がいるようだ。
 日記でもいる。

>アンネの日記については裁判にもなってるし、一部の内容は捏造なのでそこは公にしてほしい。
>(収容所に毒ガスを巻かれて大量殺害はなかったはず)

>これは研究の結果、筆記具の時代性が適合せず、二次大戦後の宣伝文書であると解明されたものではなかったか。

>アンネの日記が捏造だということをご存じですか?
>ありもしないガス室によるユダヤ人ホロコーストをでっち上げ、聖書の予言の実現としてのユダヤ人国家を作るのに貢献したのがアンネの日記です。
>少なくともガス室は存在しませんでした。検証に耐える証拠が一切ありません。ちょっと調べれば分かります。私が読んだ本(絶版ですが)矢印(右)︎
>http://www.amazon.co.jp/アウシュウィッツ「ガス室」の真実―本当の悲劇は何だったのか-西岡-昌紀/dp/4817403934/ref=cm_cr-mr-title

 西岡昌紀!(笑) いやあ、やっぱあれを信じちゃってる人もいるんだなあ。
 ちなみに最後の奴は、『アンネの日記』偽書説やホロコースト捏造説だけじゃなく、911陰謀説も信じてた。ある嘘に騙される人間は、別の嘘にも騙されやすいのだろう。(でもって本人は、「世間の連中の方が騙されているのだ」と信じてる)

 確かに『アンネの日記』偽書説が唱えられたことがあり、それをめぐる論争もかつてはあった。しかし、とっくに調査が行なわれ、決着がついている。偽書ではないのだ。
 このへんの解説が詳しい。

「アンネの日記」真贋論争~偽書説が科学的検証を経て否定されるまで
http://kousyou.cc/archives/6102
『アンネの日記』偽書説への反論
http://togetter.com/li/633320

 それにしても不思議に思う。
 この人たち、ってWikipediaすら読まないのか? 偽書説についてもちゃんと書いてあるんだけど。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%81%AE%E6%97%A5%E8%A8%98

 履歴を見ると、2006年ごろから偽書説を信じる者による編集が行なわれ、それに対抗する形で偽書説否定の記述が充実していったらしい。2014年現在、「アンネの日記」で検索すれば真っ先にWikipediaの記事がヒットして、偽書説が嘘であることが誰でも分かるはずなのである。

 もちろんWikipediaも常に正確ではない。かつてほどではないにせよ、間違ったことを載せている項目もたくさんある。
 しかし、何か重大な問題を語る際に、Wikipediaすら読まないというのは怠慢すぎやしないか?
 僕は前にこう書いた。

http://hirorin.otaden.jp/e273766.html
>「騙されただけだ」という言い訳は通じない。あなたがデマを信じてしまっただけなら被害者だが、それを拡散した時点で、あなたも加害者なのだ。被害者ではなく加害者になることを恐れてほしい。

 ツイッターでつぶやいたり日記に書いたりする前に、基本的事項を確認することもせず、嘘に踊らされて陰謀説の拡散に加担する。
 そんなのは怠慢を通り越して「罪」である。

 似たようなので、「クライメートゲート事件」なんてのもある。

気候研究ユニット・メール流出事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%97%E5%80%99%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%B5%81%E5%87%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 これなんか、もう何年も前に疑いが晴れてるのに、いまだにこの事件を根拠に「地球温暖化は捏造だった!」と騒いでる連中がいる。どんだけ情弱なんだ。
 他にも「江戸しぐさ」「武田邦彦」「アポロ計画陰謀論」「血液型性格分類」とかもそうで、Wikipediaを読めば怪しさがよく分かる。こういうのを信じる人というのは、そもそも「ググる」という習慣がない人たちなのかもしれない。

 騒ぐ前に、最低限、ググってみようよ。  


タグ :デマ陰謀説

同じカテゴリー(メディアリテラシー)の記事画像
「イルミナティカード」でテレビに出たのはいいけれど……
鬼怒川決壊をめぐるデマ・3
鬼怒川水害をめぐるデマ・2
鬼怒川水害をめぐるデマ・1
お前の行為はアイコンに恥じないものなのか?
彼らは調べようとしない・2
同じカテゴリー(メディアリテラシー)の記事
 LiveWire:またしてもニセ科学を楽しもう! (2017-03-06 17:23)
 最近のデマ・2017 (2017-01-31 22:27)
 と学会がやっていたことは「弱い者いじめ」だったのか?・4 (2016-11-22 18:02)
 と学会がやっていたことは「弱い者いじめ」だったのか?・3 (2016-11-22 17:53)
 と学会がやっていたことは「弱い者いじめ」だったのか?・2 (2016-11-22 17:35)
 と学会がやっていたことは「弱い者いじめ」だったのか?・1 (2016-11-22 17:16)

この記事へのコメント
 少数しか信じていない物事を自信満々で「常識ですよね」と書く人って少なくないですよね。私は無知なモンでそんな風に言われたらつい「そうなのか」と思ってしまいそうになります。
 かつて高橋克彦氏が小説中で「日本にピラミッドがあるのは定説」みたいに作中人物に言わせていたのを読んで信じかけたのは今となってはかなり恥ずかしい思い出です。
Posted by koleru at 2014年03月03日 23:25
「俺の考え=絶対的に正しい」という、変な思い込みができちゃってるような気がしますね。もっと言ってしまえば「自分の信じたいものしか信じない」「自分の考えた事は正しい」。
 大体、現時点では情報も何もないのに、なんで犯人がわかるのか。自分のその思い込みが、間違っている……という可能性を考えると、「犯人は○○だと断定」するのは早計で拙速以外の何物でもなかろうに。
 
 mixiでも以前、似たような事をしてるやつを見かけました。
 トルコで邦人女性が殺された事件で、速報が入った時点で「こいつらが殺されるような事をしたから悪い」と切って捨て、その根拠を問われても「海外の怖さを知らずに旅行に行く女などたかが知れてる。殺されて当然、そんなのは常識」といった程度の答え。後になって事件の全容や状況が判明しても、こいつは自分の考えを曲げずじまいでした。

 無知なままでこんな事を断定するのは、「こういう事件の真相を理解し予測し言い当てる自分は大した奴」という、自己賛美がありそうな気がします。
Posted by 塩田多弾砲 at 2014年03月05日 00:03
 お久しぶりです。いまだに信じている人がいる。
というより、自分の考えが正しいと信じちゃって
それを変えない人がまだいる。トンでも本の世界を
このブログを通して読んでみると、副島隆彦以外
にたくさんいたんだ。これには驚きました。

 それをそのまま書くことによって加害者になるって
のは悲しい。黒バス脅迫の犯人じゃあるまいし。
黒バス脅迫の犯人の動機が無知をあらわしていた。
「成功者への妬み」って、ジャンプ買っていながら、
「ONE PIECE」や「NARUTO」は無視かよ。ぐぐりゃ
黒バス以上の人気作品って分かるのに。去年の
冬コミの時にある「NARUTO」ブースで話しました。

 無知は本当に怖い。話は変わりますが、
アンネの日記が気になるので、今図書館で
借りれるかな、電話で確認しないと。
Posted by てっき at 2014年03月05日 01:42
高い確率でWikipediaを情弱乙と馬鹿にしている
Posted by Sasico at 2014年03月05日 17:36
別に無理に怠惰とか持ち出すまでもなく、
単なる無知ではないですかね。

何について無知化というと、
Wikipediaに書いてあることではなく、
そもそも「検証」について。

テレビ番組の「実験」と、
科学的な実験の区別がついていない人は、
結構多いようです。

これは別に人格とは関係なく、
単に学校で習わなかった、
もしくは習っても理解できなかっただけ。
単なる知識の問題といっていいでしょう。

実際のところ、科学的検証のほうが正しいことを証明するのは、
そんなに簡単なことでもないですから。
まあ全員に教えられていないのはそんなにあってはならないこととも言えないでしょう。

で、その知識がないと、
Wikipedeaに書いてあることと、自分の直感と、
どちらが正しいか。
判断する方法がないんですよね。

どっちが正しいか判断できないなら、
圧倒的に調べやすく、かつ自分も周囲も日常的に使っている、
直感のほうを採用するでしょう。

Wikipediaが信用できないという「常識」もありますしね。
自分の直感と比べてどちらが、とか言う定量的な判断ができないと、
「信用できない」と周りが言っているものと、自分がいつも「信用している」直感と、
どちらが信用できるか、言うまでもないということなんでしょう。
それが違うというなんて「常識」を知らないのか、ってことですね。

だからここで人格攻撃をしても、
相手はただ人格攻撃をされたとしか思えず、
感情的に反撃するのも仕方ないんじゃないですかね。
Posted by まりも at 2014年03月06日 00:31
いつも勉強をさせていただきありがとございます

ヤフーブログにて、韓国人による日本人フィギア選手への電磁波攻撃を記事の転載(元記事は電波系の陰謀論者)をしていたので、Wikipediaを提示して、いかに間違っているかを実例と共に指摘(レーザー照射と電磁波を混同)したのですが…

竜嘉以外は皆信じていて、挙げ句に『Wikipediaは信用できないし、科学は進んでいるから携帯型の電磁波攻撃装置はすでにあって、韓国人は使用して妨害している』と…

とうとう、竜嘉は『荒らし』に認定されました

やっぱり、養老孟司氏の言われる『バカの壁』はあるんだとつくづく思いました…
Posted by 竜嘉 at 2014年03月06日 17:50
私も昔、PCを触り始めたばかりの頃には、ネット上に溢れる二次情報・三次情報をほぼ鵜呑みにしてしまっていたという苦い過去があるので、大いに反省させられるところです。

今回の山本先生の御忠告とあわせて、小学生の頃に読んだ北川幸比古先生の『日本子ども遊撃隊』(国土社「創作子どもSF全集」第5巻)のあとがきに記されていた、

「この本を開いて読んでくれたあなたが、だまされない人になる、歴史の進歩のためにつくす、おおぜいのなかのひとりになってくれるように、とねがって書いたのです」

…という御言葉を、今一度噛みしめてみたいと思います。
Posted by ポコイダー at 2014年03月07日 16:15
とあるフリーウェアの公式掲示板をチェックしていると、
当然、操作方法や動作不良の質問が書き込まれるんですが、
ググればいくらでも回答がネット上から引き出せたり、
掲示板のワード検索で過去の書き込みから回答が見いだせる物が殆どで、
いちいち同じ回答を書き込むのにだんだんアタマに来て…って事が良くあります。
(精神衛生上良くないので最近は書き込まないようにしていたりします。)

結構、知りたい事についてろくに検索すらしない人が目に付きます。
(尤も、そう言う事が出来る人は自己解決していて書き込む必要が無いだけでしょうが。)
Posted by sun at 2014年03月07日 18:51
しかし、wikipediaにもこんなの↓書く奴がいる位だから、信用するのが怖い(流石にこれは極端な例だと思うけど)
http://wikiwiki.jp/jivejupiter/?%A5%C1%A5%ED%A5%EB%A5%C1%A5%E7%A5%B3
Posted by RE at 2014年03月09日 18:48
3月13日現在、この事件に関するニュースが流れました。

:「アンネの日記」30代の男関与か
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140313/k10015936621000.html

 まだ一報が流れただけで、この男が今までの事件に関わっているかはわかりませんが。
 ここから、少しでも解決に向かってほしいところです。

 で、またぞろ「犯人は○○だ!」と、判明してないうちに断定する人間が多くみられました。
 ニコニコ動画やmixiの、ニュースに対するツイートだけでも

「犯人は在日だ(名前が出てないのは、在日特権だから)」
「犯人は池沼だ(名前が出てないから以下略)」
「ネトウヨの仕業にされるにちがいない」
「どうせ裏で動いているのはしばき隊だろ(根拠なし)」
「犯人はネトウヨ(この事件に対して保守的発言する人の行動が速いから)」
「こういう無職が犯罪するのは、生活保護のせい」

 ……などと、憶測と思い込みだけで語ってる人が散見されます。
 だからなんでなんもわかってない現時点で、全てわかったつもりになれるんだよ。ひょっとしたらこいつは模倣犯か、あるいは「自分が犯人」と妄言を口にしてるだけで、真犯人じゃないかもしれないだろうに。
 
「自分が憎たらしい存在を、犯罪者・悪に仕立て上げて、社会的に悪のレッテルを貼り、それを攻撃する。そうする事で、己の暴力衝動を満たし、自らの行動・思想を正義とする大義名分を得たい」
 こういう欲求が、人間には確実に存在するものだ……という証明になりそうで、ゲンナリします。
Posted by 塩田多弾砲 at 2014年03月13日 12:48
>しかし、wikipediaにもこんなの↓書く奴がいる位だから、信用するのが怖い(流石にこれは極端な例だと思うけど)

Wikipediaも『誰でも書き込める』という点では匿名掲示板と変わりない面がありますが
書籍なり、記事なり、『出典元』を明確にしてソースを提示すればいいだけの話ですよね。
ソースが無い話はウィキだろうが掲示板だろうが鵜呑みにするべきではないのは同じです。

逆に言えば、ウィキでも掲示板でも『いくら探してもソースが出てこない話』は
すなわちデマ(嘘)であると疑うべきですし、噂を鵜呑みにせずに自分で疑い、
自分で調べ、ソースの有無から真贋を判断してこそのメディアリテラシーだと思います。

メディアをマスゴミと呼んで疑う人達が、ネット上の誰がどんな意図で言ってるのかもよく解らない
顔も名前も知らない人間たちの噂のバケツリレーを鵜呑みにするってのは、
滑稽な矛盾ですよ。
世の中マスコミに限らず一般大衆もウソつきだらけなんだから、いろんな詐欺も犯罪も横行してるわけで。
Posted by SR at 2014年03月18日 08:46
超お久し振りな上、1ヶ月も前のエントリに対する書き込みで恐縮です。

「俺の考え=絶対的に正しい、常識」という「強い意思」まではいかない奴等、具体的には「相手(こちら)が自分と同意見である事を前提にして話を振ってくる奴等」まで含めるともっともっと多く、ひょっとすると「世の中の大半」かもしれませんので話が厄介です。私はかつて、とあるスーパーマーケットの青果部門で働いていた際に、客で「中国の野菜なんて買いたくない!」という婆さんが居たんですが(これ自体は別に不自然でも何でもありませんが)「靖国、靖国、言って来るでしょ?」なんて言って来たので流石に腹が立ちました。まぁその客には何も言いませんでしたが、靖国神社を巡る政治的なスタンスにはいろいろとあるという事を理解してないようです。また別件ですが、ある喫茶店で、つけてあった TV で「学校の先生が、その学校の行事で『君が代』を強制的に歌わされる事に関して云々…」というニュースが流れた際に常連客と憶しき方が「そんな事言ったって、何にもならないじゃないかよ、なぁーッ!!」と皆さんに呼びかけているのも見た事があります。いやぁ、困ったものだ…(^_^;)
Posted by DRAKO(ドラーコ) at 2014年04月06日 11:21
 血液型性格判断の信者の人からの大量投稿(しかもほとんどがコピペ)がありましたが、削除しました。
 何度も言いますが、僕はデマの拡散には協力しませんから。
Posted by 山本弘山本弘 at 2014年12月11日 09:19
記事中には西岡とかいうのが出てきてるが、ホロコースト否定論について調べてたら、木村なんとかとかいうオッサンが出てきたw
こいつのHP覗いてみたら、「911はアメリカ政府が(ry」みたいないつものパターンに加えて「邪馬台国はアフリカ系の人間が支配してたんだよ!」とか出てきて軽く眩暈が・・・
そしてやはりというべきか、トップページに阿修羅へのリンクがww
Posted by FA at 2015年10月16日 15:19
色々と検索して調べてますが、どちらとも確信できません。ウイキペディアにの記述対する厳しい反論もあるので(アンネの日記に限らずウイキペディアの記述は信頼性が低いというのもありますが)、本当に真実はどうなんだろうと思いますね。
Posted by あかね空 at 2016年01月02日 16:54
地球温暖化をまだ信じているアホがいるのか
温暖化なんて騒いでいたとうのアメリカから寒冷化する可能性があると発表されたのに…。 これは二酸化炭素排出権でんボロ儲けできるからあんなに騒いだのにね。
こういう奴らがいるから困る
Posted by 名無し at 2016年02月27日 19:46
>名無しさん

「アメリカから寒冷化する可能性があると発表された」というのはこのニュースのことでしょうか? 記事にもあるように、発表したのはイギリスの研究チームなんですが。
http://nge.jp/2015/07/19/post-110537/2
 もちろん新たな黒点極小期が来る可能性も否定できませんが(僕も『ニセ科学を10倍楽しむ本』の中で触れてます)、今のところ一研究チームの発表にすぎないんで、信憑性は不明です。
 そんなものを根拠に「地球温暖化をまだ信じているアホ」などというのはどうなんでしょうか? 少なくとも日本の気象庁や環境庁はまだ温暖化を否定していませんよ。日本政府の関係者もみんなアホですか?
 それと、二酸化炭素排出権取引の話が出てきたのは1997年の京都議定書からで、それ以前から地球温暖化は世界的に大きな問題になっていました。だからこそ京都会議(第3回気候変動枠組条約締約国会議)が開かれたわけで、あなたの言っていることは順序が逆です。
Posted by 山本弘山本弘 at 2016年03月16日 14:13
 あと、Wikipediaの「地球温暖化に対する懐疑論」のページにも目を通しておいた方がいいですよ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83%E6%B8%A9%E6%9A%96%E5%8C%96%E3%81%AB%E5%AF%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E6%87%90%E7%96%91%E8%AB%96
Posted by 山本弘山本弘 at 2016年03月16日 14:18
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。