2014年02月19日

続・アングレーム国際漫画祭で何が起きたか

 前回の記事の続きである。

http://hirorin.otaden.jp/e309280.html

 まずは『週刊文春』『週刊新潮』の2月13日号(発売は2月6日)を読み比べてみる。

 まずは『文春』。「韓国『慰安婦マンガ祭』の許されざる全内幕」と題して、韓国の出展したマンガの内容を詳しく紹介している。
 しかし、論破プロジェクト代表の藤井実彦氏にインタビューまでしているのに、彼と幸福の科学の関係については、一切の言及なし。

 次に『新潮』。「仏のマンガ祭から締め出された『日本人グループ』の裏に『幸福の科学』」というグラビア記事。幸福実現党から出馬したトクマ氏の写真(マスコットキャラクター「トックマくん」が写っている)と、藤井実彦氏の名刺(「トックマくん」が印刷されている)、撤去された論破プロジェクトのブースの写真(「トックマくん」が描かれている)を並べて掲載。
 さらにトクマ氏にインタビューし「藤井君は僕と同じく、幸福の科学の会員だよ」「あのマスコットは僕にちなんで『トックマ』と言うんですが、彼に使っていいよって言ったんです」という証言を引き出している。
 その一方で、韓国の慰安婦マンガがどういうものだったかは、まったく触れていない。

 うーん、両方の記事を並べて互いに補完したら、公正な記事になるのになあ(笑)。

 こうして見ると、『はだしのゲン』騒動の時とは構図がまったく逆だな。あの時は、『文春』が事件のバックに在特会がいることを報じ、『新潮』はそこにまったく触れてなかった。

http://hirorin.otaden.jp/e292136.html

 次に『週刊ポスト』2月21日号。これにもアングレーム漫画祭の記事が載った。それも二つも。
 グラビア記事は「韓国「従軍慰安婦漫画」のデタラメ」というタイトルで、漫画祭に出展された韓国の漫画を「韓国お得意の“捏造プロパガンダ”」「史実とかけ離れた、根拠も何もない作り話ばかり」と紹介する内容。
 一方、本文記事の方は「韓国の反日漫画に対抗した日本側作品の「作者」を書かなかった産経新聞」というタイトルで、論破プロジェクトが幸福の科学の支援を受けた団体であること、なぜか産経新聞がそれに触れなかったことを報じている。実際、幸福の科学広報局に問い合わせたところ、漫画のフランス語翻訳に協力したことをあっさり認め、「国益に適った活動であり、全国紙が報道することも問題ない」という回答だったそうだ。
『ポスト』は産経新聞にも取材を申し込んだが、「個別の記事については答えられない」という回答だったという。
「個別の記事については答えられない」って……意味不明の回答だな。
 なんにしても、今回の件で『週刊ポスト』をちょっと見直した。

 僕としては、こちらのサイトに書かれている主張に全面的に同意する。

アングレーム国際漫画祭で何があったのか? 韓国慰安婦漫画問題を考察してみる
http://world-manga.at.webry.info/201402/article_3.html

>>>アングレームの主催者の方
>「漫画祭に政治主張を持ち込ませるな!!」

>>>韓国
>「マンガを政治に利用するな!!」

>>>論破プロジェクト
>「マンガをなめるな!!」

 まったくその通りだ。
「Aは間違ってるから対抗するBを持ち上げる」という論法は危ない。AもBもどっちも間違ってる場合があるから。
 右だろうが左だろうが、間違ってるものには「おかしい」「間違ってる」って言わなきゃいけない。
 あと、「主張が正しければ何をやってもいい」という考え方もダメだ。いくら主張が正しくても、行動が間違ってたらアウトなんだよ。


この記事へのコメント
幸福の科学の思想もあれですが、コミPo!を使って出展は問題外にもほどがありますよね。
漫画というジャンルとフランスをナメてたのか……。しかし、幸福の科学なら、さとうふみや先生がいましたよね。
本物の漫画家を使わないとか、論破プロジェクトはベストを尽くそうとも思ってなかったとしか思えませんよねぇ……。
Posted by ドードー at 2014年02月19日 20:02
拙HPをご覧いただくだけでなく、紹介までしていただきありがとうございます。

フランス大使館facebookページにコメントをしている人たちについても、山本さんのご意見をお聞かせくださるとうれしいです。

また、拙ブログでは『トンデモ本の世界』の真似事もしていますので、是非ご覧ください。
Posted by サザえもん at 2014年02月19日 21:59
漫画祭に慰安婦の漫画を持ち込んだ韓国人がそもそもオカシイのです。
主催者のフランス人は韓国政府から接待を受けていたらしいですよ。
Posted by 山田 at 2014年02月25日 02:48
漫画祭の主催者は韓国政府から接待を受けていたらしいですよ。
Posted by 山田 at 2014年02月25日 06:46
どうやら愚行に及んだのは論破プロジェクト(幸福の科学)だけでは無かったようです……。

反中デモでナチス「ハーケンクロイツ」掲揚 「クズとか馬鹿じゃ済まされない」非難殺到

http://www.j-cast.com/m/2014/01/20194555.html?p=all

なんでこの人たちは自ら外道に堕ちているのでしょうか。
同じ日本人とは思いたくもありません。
戦時中にはユダヤ人を助けた日本人もいましたのに……。
Posted by ドードー at 2014年02月25日 21:19
>>>アングレームの主催者の方
>「漫画祭に政治主張を持ち込ませるな!!」

>>>韓国
>「マンガを政治に利用するな!!」

>>>論破プロジェクト
>「マンガをなめるな!!」

 今回のこの事件の問題点を、まさに簡潔に言い表してるなと。

 実は自分も最初にこれを聞いた時「韓国を贔屓して日本をないがしろにするとは、どういう事だ。アングレームの主催者は、韓国に何か袖の下でも渡されたのか、あるいは何か付け込まれたのか」と思ってしまいました。
 しかし、色々と続報を目にするにつれ、事実関係が明らかになり、当初の思い込みが早計なものだと考えを改めました。
 
 正直なところ、韓国のこのようなやり方は憤りを覚えるものです。慰安婦問題に関して訴えかけるにしても、漫画展という場で、日本が悪いと思い込ませるやり方で行うのはアンフェアというもの。
 しかし、だからといって今回の日本側、というか、論破プロジェクトのやり方は、下策中の下策。むしろ日本の恥。幸福の科学という怪しげな連中が出張っていると聞いてから、「止める奴はいなかったのか」と。

>「Aは間違ってるから対抗するBを持ち上げる」という論法は危ない。AもBもどっちも間違ってる場合があるから。
>右だろうが左だろうが、間違ってるものには「おかしい」「間違ってる」って言わなきゃいけない。

 相手がアンフェアで卑怯だから、こちらもそうやって構わない。無礼な相手に対し、こちらも礼儀正しくする必要はない。
 ……などと、つい思ってしまい、実行したくなるものですが(自分もそういうところがかなりありますし)。だからこそ、そういう事はやってはならないものですよね。

 自分も、「中韓の言ってる事は全て正しい、日本は全て中韓の言うとおりにしろ。とにかく日本ってのは存在自体が悪いんだ。これに反対するのは、お前らが差別してるからだ」……という意見に対しては、反対の意を表したいと思っています。
 しかし、そのためにネトウヨ的な意見に賛同する事は、断じてありません。それこそ、反対する相手と同じ、になってしまいますから。
 快・不快、気に入る・入らないといった感情的な事をまずおいといて、自身の意見は何か。気に入らない相手に反論してるからそれに賛同してるだけでないのか? この点をまず、良く考えるべきかと、今回のエントリを読み思った次第です。

>個別の記事については答えられない

 なんでしょうね、この言い訳。
「細かいところにまでいちいちツッコむな、知らねえよそんな事」とでも言いたいんでしょうかね。
Posted by 塩田多弾砲 at 2014年02月27日 12:13
>山田さん

>漫画祭の主催者は韓国政府から接待を受けていたらしいですよ。

 すみません、その話のソースをご存知でしたらお教えください。検索してみたけど、2ちゃんねるしかヒットしなかったものですから。
Posted by 山本弘山本弘 at 2014年03月01日 16:47
>サザえもんさん(MANGA王国 ジパング)
>拙ブログでは『トンデモ本の世界』の真似事もしていますので、是非ご覧ください。

 何をご謙遜を!
 山本さんのリンクを辿ってあなたの記事を拝見した時には、その分析力に感服いたしました。推測力に至っては、(今回のテーマでは)もしかしたら山本さんを凌いでいるかもしれない、と本気で思いましたよ。(山本さんは、幸福の科学が「コミPo!」を使った理由などをお書きになっておられなかったので)
 何より、『幽☆遊☆白書』や『ジョジョ』シリーズ・『スラムダンク』をはじめとした漫画作品の海外翻訳版の研究のため、英検一級他外国語資格をお取りになったり、カンボジアなど海外へ直接赴いて発見なされた『ドラえもん』についての記事など、凄いモチベーションと行動力の持ち主ですです。サザえもんさんは正しく、漫画を人生の糧となさっている方ですね!(「禁句(タブー)」の話は原作漫画・アニメ共に大好きなので楽しく記事を読めました)
 もっと誰もが、表現することそのものについて考えなければ、と改めて思いました。
Posted by toorisugari at 2014年03月01日 22:55
水木しげる先生のカランコロン漂泊記に慰安所を描いた回がありましたが、一度に(おそらく休み無く)何十人もの男を相手にする事自体が、問題にされるべきですよね。
強制連行の有無だけを争点にするのは問題の矮小化と言っていいかもしれません。
任意ならば、報酬が高ければ、それで上の様な扱いされても問題は無いと言ってるような物ですから。
Posted by Rick=T at 2014年03月03日 11:04
論破プロジェクトは当初の目的は、果たせませんでしたが、
日本人の多くに問題の深刻さを伝える事はできました。

計画は失策でも、よい結果は得られたのでないかなと。
Posted by アリ at 2014年03月04日 19:53
おそらくの論点で、他人を批判する事は間違いではないでしょうか?
Posted by アリ at 2014年03月04日 20:07
https://www.youtube.com/watch?v=4-JrVX0wlIA&feature=youtube_gdata_player

山本先生の記事はどうやら的外れのようです
上記の動画を見てくださいね。
Posted by 山田 at 2014年03月14日 16:08
山本先生へ

韓国政府から接待を受けるアングレーム主催者の記事と写真

http://www.cocanews.com/?doc=mobile/read/read.html&ns_id=22022
Posted by 山田 at 2014年03月14日 16:58
>一度に(おそらく休み無く)何十人も の男を相手にする事自体が、問題にさ れるべきですよね。 強制連行の有無だけを争点にするのは 問題の矮小化と言っていいかもしれま せん。 任意ならば、報酬が高ければ、それで 上の様な扱いされても問題は無いと言 ってるような物ですから。

元慰安婦の女性が体験談を出版しております。1ヶ月に500万円給料が貰えた、2ヶ月働けば家が一軒買えた。
日本政府には本当に感謝していると書かれています。
だから何も問題はないです。本人が感謝しているのだから。

日本の女性こそロシア兵、アメリカ兵、朝鮮人男性によって多数強姦されたのです。しかも彼女たちは謝罪も賠償も受けていないのです。
日本人ならこっちに怒るべきではないですか?
Posted by 山田 at 2014年03月14日 23:20
>山田さん

>韓国政府から接待を受けるアングレーム主催者の記事と写真

 あなた、その記事の韓国語を機械翻訳にかけてみましたか?

>第16回富川国際漫画祭では、漫画を中心に漫画都市間の国際的なネットワークを形成する方法を模索しようと15日、フランスのアングレームフィリップラボ市場団富川キム·マンス市場段が朝食会を開催しました。
>キム·マンス富川章では、朝食会で「富川市は、漫画都市間の国際的なネットワークを形成するために力を入れている」とし「今後、富川が中心軸となってアングレームなど国際マンガの都市との国際ネットワークを有効にすることができるようにしたい」と伝えた。これアングレームフィリップラボ市長は、「今後、両漫画都市が一緒に発展を遂げていくだけでなく、漫画を中心に、経済交流など様々な分野が集まることができるきっかけになると期待している」と述べた。
>また、この日の午後には、富川市と韓国漫画映像振興院の主催でグローバル漫画都市間のネットワークを構築するための国際会議を開催した。会議には、キム·マンス富川市長と韓国漫画映像振興院オジェロク院長をはじめ、スペイン、アルジェリア、イタリア、中国など世界9カ国10都市の漫画界のリーダー11人が参加した。

「韓国政府」じゃなく、韓国のマンガ文化の拠点である富川(プチョン)市が朝食会を開いたってことですよね。
 ごくありふれた国際交流にしか思えませんけど? 何かこれが問題でも?
Posted by 山本弘山本弘 at 2014年03月16日 13:59
>山田さん

>元慰安婦の女性が体験談を出版しております。

私も読んでみたいので書名を教えて頂けませんでしょうか。
Posted by pipisan at 2014年03月19日 13:09
 山田さんのコメントは憶測によるデマを含んでいましたので削除させていただきました。
Posted by 山本弘山本弘 at 2014年04月09日 14:07
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。