2014年02月04日

三点リーダはなぜ必要なのか

 先日、マイミクさんのつぶやきで、なぜ文章を書くのに三点リーダ(…)なんて使わなくちゃいかんのか、中黒(・)使えばいいじゃないか、みたいなことが書かれていたので解説しておく。
 簡単に言えば、三点リーダと中黒は用途が根本的に違う。

リーダー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC_(%E8%A8%98%E5%8F%B7)

中黒
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E9%BB%92

 さらに、見た目もぜんぜん違う。

「まさか……」

 小説の中とかでよく使われるこの表現。これを中黒で代用すると、

「まさか・・・・・・」

 これは横書きだからまだ中黒の間隔が詰まって見えてるけど、縦書きだとさらに間隔が開いてマヌケっぽくなる。
 そもそも2マスで済むものを、何でわざわざ6マスも使うんだよお前は、って話なんだよね。
 ちなみに三点リーダを打つには、「てん」と入力すればいいだけ。
「てん」と打つと変換候補がいっぱい出て面倒くさいと思うなら、「てんてん」で「……」と出るように登録しておけばいい。僕はそうしてる。
 小説を書くのなら、そんな風によく使う言葉を登録するのは当たり前なんだけどなあ? 登場人物の名前とか。『トンデモノストラダムス本の世界』を書いた時は、「のす」と打ったら「ノストラダムス」が出るようにしたよ。
 あと、僕は「せん」と打つと「――」、「のま」と打つと「々」が出るように登録してる。(後者は「どう」でも出るけど、やっぱり変換候補がいっぱい出て面倒なので)

 なぜマイミクさんがこんな話題を書いたかというと、最近、ツイッターでこの議論が盛り上がったかららしい。

http://togetter.com/li/622332

 なんか「どっちでもいい」「三点リーダだろうが中黒だろうが俺は気にしない」と言ってる人が多いんだけど……。
 あなたが気にしなくても、 新人賞の応募原稿の下読みをする編集者がそれを気にする人かどうか、という視点が、すっぽり欠落してませんか?
 なぜそんな無意味なリスクをわざわざ負うのか。どっちでもいいんだったら、危険が少ない三点リーダにした方がいいじゃないか。

 不思議なことに、三点リーダ以外ではあまりこういう意見を聞かない。「句読点なんかコンマとピリオドで代用すればいいじゃん」とか、「0(ゼロ)とO(オー)は見分けつかないから、オーはゼロで代用してもかまわないだろう」とか、そんな意見は聞いたことがない。
 推測するに、三点リーダというものの知名度が低いせいで、不当な扱いを受けてるんじゃないだろうか。
 繰り返すけど、「てん」と打てば出るからね?

 最大の問題は、「三点リーダを知らないと教養が疑われる」ってこと。
 だって、小説とか読んでたらしょっちゅう三点リーダ、目にするでしょ? つまり、作家志望の人間なら知ってなきゃおかしい。「三点リーダなんてものがあるなんて初めて知りました」と言ったら、「こいつ、普段から本読んでないな」と思われちゃうわけよ。
「三点リーダ不要論」を唱える人の心理には、三点リーダを知らないことを馬鹿にされたという体験のトラウマもあるように思う。でも、それは逆恨みってもんですよ。

 三点リーダを中黒で代用するメリットは何もない。逆に(少ないが)デメリットはある。
 だったらそんなことはしないのが合理的判断だ。

 他にも素人が文章を書く際によく無視する(or知らない)規則として、こんなのがある。

・段落の冒頭は1マス空ける。

 これは合理的な根拠がある。「段落の最初はここですよ」と示さないと、前の段落が行の最後まで続いていた場合、段落の区切りが分からなくなる。だから必要。
 ただ、ネットの文章では、段落を変えるごとに1行空けるものが多い。その場合、段落の区切りが分かるから、1マス空けは必要じゃないのかもしれない。実際、1マス空けをやってないものが多い。
 でも、モニターならまだしも、印刷物で段落ごとに1行空けをやられると、すかすかに見えちゃう。モニターならやってもいいけど、印刷物ではやらない方がいい。

・「!」や「?」の後は1マス空ける。

 これもけっこう知らない人が多いな。それこそ小説とか読んでたら気づくはずなんだけど。

「何その唐突な質問!? トラップか!? オレをブラコンと認めさせたいんだな!?」

「何その唐突な質問!?トラップか!?オレをブラコンと認めさせたいんだな!?」

 はい、どっちが読みやすいかは一目瞭然ですね。句点(。)で終わるのと違って記号で文が終わると、次の文との間に切れ目がなくて見にくい。だから1マス空ける。

 こうした規則の中には、確かに無意味なものもある。「擬音語はカタカナ、擬態語はひらがな」なんて、誰が考えたのか知らないけど無意味な規則で、こんなもんは従う必要はない。

擬音語はカタカナ、擬態語はひらがな?
http://togetter.com/li/613399

 でも、規則の中にはちゃんとした根拠のあるものもある。それは守った方がいい。


【余談】
 三点リーダについて検索してたら、こんなのがヒットした。

赤い糸切れちゃうよ・・・。上巻 (萌え萌え文庫)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4990569407/

 うわー、タイトルに三点リーダ使ってねえ!
 エヌオーワンセブンの萌え萌え文庫ってなんだよ。そんな出版社、聞いたこともねーよ。
 しかも紹介文がひどいひどい。

>ライトノベル新レーベル萌え萌え文庫第一弾。 荒削りでも将来性のあるオリジナリティーのある作品、ちょっと癖のある、とんがった作品をコンセプトに創刊した萌え萌え文庫。
>そんなコンセプトに負けないぶっ飛んだ作品です。

 コンセプトに「負けない」の? 「ふさわしい」じゃなく?

>もう旅行行くのやめようかと何度も挫けそうになるが、再度やる気を出して友達を誘おうとするが、相手にされず約束を破られ自暴自棄。

「が」がダブってるよ!

>今までに見た事も無い作風で物語が進みます。 登場人物のツッコミ、ボケに嵌まれば、腹を抱えて笑い、ページを捲る手が止まります。

 ページをめくる手止まるんかよ!?(笑) だめじゃん、それ。

>この作品の為にライトノベルと言うジャンルが、ますます不可解になる奇書となるでしょう。

 お前の説明からしてすでに不可解だよ(笑)。せめて「奇書と言えるでしょう」と書けよ。
 なるほど、日本語を分かってない編集者が編集やってんのか。だから中黒代用を許してるわけね。


タグ :小説文章

同じカテゴリー(日常)の記事画像
SF大会2日目:手塚治虫自筆絵コンテに驚愕
SF大会1日目:マンガの中から美女出現
この夏のお仕事
メイド(だけじゃないけど)喫茶めぐり
ポメラの使い心地
VOWネタ
同じカテゴリー(日常)の記事
 退院しました (2016-04-15 22:07)
 【お知らせ】と学会、引退しました (2014-04-30 17:41)
 物書きやってるとこういうことってちょくちょくあるのよ (2013-09-19 20:01)
 「簡素化」してはいけないこともある。 (2012-01-14 17:40)
 SF大会2日目:手塚治虫自筆絵コンテに驚愕 (2010-08-12 17:40)
 SF大会1日目:マンガの中から美女出現 (2010-08-12 17:19)

この記事へのコメント
>エヌオーワンセブンの萌え萌え文庫ってなんだよ。そんな出版社、聞いたこともねーよ

 自分も気になったので、ちょっとググったところ。
 既に出版社自体、お亡くなりになっているようです。

http://nunnnunn.hatenablog.com/entry/2013/09/18/122327

 
 それはともかく。

>規則の中にはちゃんとした根拠のあるものもある。それは守った方がいい。

 当然の事ですよね。
 そもそも三点リーダー不要などと言い出す根拠が不明。どうもこの手の主張って「俺が理解できない、気に入らない。だから要らない」って俺ルールが多い気がする。
 個人がどう思おうが勝手だけど、だからと言って文法や決まっている規則を破って良い理由にはならんだろうに。「俺が良い(悪い)と思ったから、良い(悪い)」って言う子供と同じだよ……と思います。

 そういえば、何年か前。唐沢俊一氏のHPの掲示板に、「現在の文学に改革を云々かんぬん」といった事を書き込んでいた人がいたのですが。
 その人のHPに行ってみたら、あちこちで締めくくりのように用いられている言い回しに、

:乞うご期待ください。

 おい。それを言うなら「乞うご期待」か「ご期待ください」だろうが。
 なんだよ、文学に革命起こすとか言っておきながら、こんな基本的な文章すら書けないのか……と、ツッコんでしまいました。
 まー、確かにいろんなとこで、間違って用いられてるけどさあ。「乞うご期待ください」って。
 で、この事を唐沢氏の掲示板上でツッコまれても、本人はどこがおかしいのかと理解できず。だめじゃん、色々な意味で。
  
 改めて、こういう恥ずかしい奴と思われないためにも、基本的な文法や決まり事は学んでおかなければ……と、痛感しました。
Posted by 塩田多弾砲 at 2014年02月04日 21:51
かつて私が出入りしていたメビウスリングというサイトでもそのルールが提示されていましたよ。
(というか、メビウスリングでそのルールを教えてもらったんですけどね。もっとも肝心の小説の方は……)
それにしても萌え萌え文庫って……。ラノベというジャンルを馬鹿にしてるのか、無知ゆえの怖いもの知らずなのか(個人的な印象では後者のような気がしますが……)。
もしかすると、こういう作品が商業出版で出るから「ラノベなんて俺でも書けそう」と思う人が出てくるのかもしれませんね。
Posted by ドードー at 2014年02月04日 23:20
段落の冒頭とか?の後って言うのは組版の問題なので原稿用紙ならともかく、最近の環境でも当てはまるものなのでしょうか。電子書籍のePubなんかはCSSの指定でやろうとしていて入力の段階では空白がなくてもよいようです。
Posted by t at 2014年02月05日 00:26
ノベルゲームの影響もあるのではないかと思います。
台詞を1文字ずつ表示するタイプのゲームでは、三点リーダーを使うよりも、中黒を使う方がより効果的に沈黙による「間」を演出するすることができます。

最近はゲームメディアから入ってくる人も増えてますし、そういう人は中黒で沈黙を表現することに違和感を覚えないのかもしれません。

メディアの特性を理解してないのは、創作者としてやっぱり問題だとは思いますが……。
Posted by 彬兄 at 2014年02月05日 11:02
山本弘様、こんにちは。初めまして。
私は、つい最近になって小説の作り方に興味を持った者です。

小説の作り方を説明するサイトを探して読んでいる際に、「三点リーダー」なるものを知りました。
私は、「三点リーダーって、何だろう?どのような意味があるのかしら?」と不思議に思っていました。
山本弘様の記事を読むことで、私は納得することができました。ありがとうございました。
Posted by TAKA at 2014年02月05日 21:36
さ…三点リーダ…だと?

ずっと「てんてんてん」だと思ってたww


表現やコミュニケーションという行為は他人に何かを伝えてナンボなのだから、当然「他人がどう感じるか」という観点は何より重要ですよね。
それが欠けている場合、当人がどういうつもりであれ、その行為は独りよがりの自慰や排泄でしかない。そんなものに他人を巻き込むのは非常識な迷惑行為ととられても仕方がないでしょう。

一方で、何でもかんでも形式的な「正しさ」を振りかざされるのも正直ウザい気もします。
フツーの人同士がフツーに交流しようとする際には、謙虚さと寛容さがそれなりにあれば、あとは義務教育レベルの知識でも何とかなりませんかね?
Posted by 活字スキー at 2014年02月06日 00:00
 ずいぶん本を読んできたつもりだったのですが、知らないことばかりで驚きました。読むのと書くのとでは大違いということですね。
 ともかく今後は気を付けて文章を書きたいと思います。貴重な情報多謝。
 
Posted by 取手呉兵衛 at 2014年02月07日 00:17
 こんにちは。初めてコメントさせて戴きます。

 「三点リーダー」と「中黒」の誤用に、イラッとさせられる事は、私もしばしば有ります。また、半角文字で有るはずのところを全角で(例えば !? を !?)表記している例なども同様です。

 それとは別の意味でじれったいのが、せっかく「三点リーダー」で入力しても、「点線のアンダーライン」のような状態で表示されてしまう事象が、特にスマートホンで少なからず起きてしまうことです。山本先生のこのブログも、私のスマートホン(Androidタブレット)では、「点線のアンダーライン」表示になってしまっています。
Posted by ういろう at 2014年02月07日 12:11
>「句読点なんかコンマとピリオドで代用すればいいじゃん」
理系の文章ですと日本語文でも句読点ではなくコンマとピリオドの使用を正式と指定される事がままありますね。
Posted by Key at 2014年02月08日 05:51
まったく同意。

三点リーダって名前は初めて聞きましたけど、頻繁に使ってます。油断すると文章が三点リーダだらけに…(←こんな感じ。笑)。中黒で代用することは、まずないなぁ。昔のケータイコミュニケーションサイトは1コメント100文字とか、字数制限厳しかったし。

?とかの後は、オレは半角空けですね。表現として詰めることもあるけど。以前ガラケーでここにコメントしてたとき、段落頭空けが反映されなかったんで、やめちゃいましたが。SNSのコミュニティなどのコメントは比較的短いし、普段は一行空けで代用して段落頭空けは使いませんけど、ブログで長文書くときはやるようにしてます。そっちの方が読みやすいし、全体の流れで一行空けを使いたくないときは、段落空けに頼りますね。

つーかその編集さん、オレより文章下手かも。読みやすいなーとか読みにくいなーとか意識すれば、自然と行き着きますよねぇ、普通。
Posted by ギルス at 2014年02月11日 09:21
ブラウザ(Chrome)でみると三点リーダーは「......」に見えますねー。
フォント設定のせいかとおもって、とくに設定触ってないIEでも表示してみましたが同じでした。
「・・・」使ってるのも見え方が一定になるからじゃないですかね。
Posted by nop at 2014年02月14日 09:33
 このコメント欄でもいくつか見られますが、三点リーダーは2つ連続していないとダメですよ~。

◯ えっと……
× えっと…

 と、こういうふうに突っ込まれるとイラッと来るのかもしれないですね。
Posted by TT at 2014年02月23日 19:18
> 「句読点なんかコンマとピリオドで代用すればいいじゃん」とか、<中略>、そんな意見は聞いたことがない。

理系の教科書は、日本語でも、コンマとピリオドで書かれていますね。
Posted by えんどぅ at 2014年04月30日 23:00
>理系の教科書は、日本語でも、コンマとピリオドで書かれていますね。

文章書きの人には周知のことだと思うのですが、
公用文の横書きについては、本来コンマとピリオドが正しいです。
文部省がそう定めていますが、基本的にあまり守られていませんw
Posted by 学名ナナシ at 2014年07月15日 19:24
横書きだと……は下寄りになってしまい、
文章の軸とずれるのがなんとなくバカっぽく感じるので使いたく無いのですが、
『カシコイ人たち』にバカにされてしまうので仕方なく使っていますね。
個人的には・・・がしっくり来ます。(6つは多すぎ)
Posted by _ at 2014年10月07日 22:53
三点リーダーが絶対に正しいと仰るなら、PCキーボードは日本語入力を想定して作られていないようですね・・・
”てんspace”で毎回変換する必要があるわけですから。私は面倒くさがりなもんで、どうしても”・・・”で代用してしまいます。三連打で済むのでそっちのほうが早い。文字数は多くなっちゃいますけど・・・
セミコロン辺りをリーダーに変更できないかしら
Posted by しらぬひと at 2014年10月27日 18:06
ちなみに三点リーダーは・・・と入力して変換すると出てきます。お試しあれ。
Posted by likibp at 2015年07月05日 23:46
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。