2014年02月04日

アングレーム国際漫画祭で何が起きたか

「フランスの国際漫画祭で日本のブースが韓国人とフランス人主催者に破壊されて撤去された」というのは本当なんでしょうか?
http://togetter.com/li/622922

>フランスでの国際アニメフェスティバルで、日本のブースが韓国人により破壊され、会場は韓国人に占領されてしまいました。

「国際アニメフェスティバル」ではなく「アングレーム国際漫画祭」。
「日本のブース」ではなく「日本の民間団体『論破プロジェクト』のブース」。
「韓国人により破壊」ではなく「大会主催者により撤去」。
「会場は韓国人に占領」そんな事実なし。

 とまあ、いきなりすごい誤報から幕を開けた事件である。
 1月30日以来、産経新聞が続けてこの事件を取り上げている。こちらはさすがに大手メディアだけあって、ほぼ事実に近いんだけど……。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140130/erp14013021050006-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140201/kor14020100390002-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140201/kor14020100310000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140202/erp14020221470004-n1.htm

 しかし、かんじんの、この「論破プロジェクト」というのがどういう団体なのかという説明が、すっぽり抜け落ちている。
 実はこの団体、幸福の科学がからんでいる。
 後援団体のひとつに幸福の科学の名があるし、論破プロジェクトのマスコットキャラクター「トックマくん」自体、もともと2012年の都知事選、2013年の参院選で、幸福実現党が使ったものなのだ。
 現在、後援団体を記載したページは削除されているが、そんなもんで関係がごまかせるわけがない。
 早くも「やや日刊カルト新聞」で暴かれている。

仏・国際漫画祭で出展中止の"日本側団体"は幸福の科学がらみ
http://dailycult.blogspot.jp/2014/01/blog-post_671.html
アングレーム国際漫画祭"論破プロジェクト"への関与、幸福実現党幹部が語っていた
http://dailycult.blogspot.jp/2014/02/blog-post.html

 論破プロジェクトが幸福の科学がらみであることを知っているかどうかで、このニュースから受ける印象はまるで変わるはずだ。
 なぜ産経新聞は論破プロジェクトの背景について何も触れなかったのか? 決まってる。

 産経新聞は幸福の科学から多額の宣伝費を貰ってるから。

 産経新聞を購読してると、紙面の下の方に頻繁に『Liberty』や大川隆法の本の広告がでっかく載っていて、いやでも目につく。映画公開の時には全面広告も載る。この教団はどんだけ潤沢な資金持ってんだって、いつも感心してる。
 つまり産経にとって、幸福の科学は最大手のスポンサーなのだ。うかつに触れられるわけがない。
 それにしても、いつも「マスゴミは信用できない!」とか言ってる連中が、こういうニュースの裏を読まないってのも情けない話である。「フジサンケイグループは韓国に支配されてる」んじゃなかったの?(笑)

 さて、この第一報を目にして、僕は疑問に思った。
 そもそもこういうイベントを政治宣伝の場にすること自体がおかしいわけだけど、だったらなぜ喧嘩両成敗にならず、論破プロジェクトの側だけが撤去されたのか。
 どうやらその理由のひとつは、展示されているマンガの中にハーケンクロイツが使われていたことらしい。
 どんなマンガだったんだろう……と興味を抱いて画像を探してみたら。

http://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/01/3-mangas-sauv%C3%A9s-de-voldemort%E3%80%80%E6%8B%A1%E6%95%A3%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%9E.html

 ……あのさあ。

 慰安婦問題がとか、ハーケンクロイツがとかいう以前に、ツッコませてもらおう。

 これコミPo!じゃん!

 いや、コミPo!が悪いソフトというわけじゃないよ。僕も同人誌作るのに使ったことがあるし。
 でも、仮にも国際漫画祭というイベントに出展する作品をそれで作るって、あまりにも非常識すぎやしないか? 同人誌即売会か何かと間違えてない?
 しかも内容が問題。

>かつてナチスドイツの宣伝相ゲッペルスは言ったわ。
>意訳「ウソも100回言えば、真実になる」


「ゲッペルス」じゃなくて「ゲッベルス」だよ!

参考:
『ゲッベルスは「嘘も100回言えば本当になる」と言った』というのは嘘
http://techpr.cocolog-nifty.com/nakamura/2011/06/post-5fef.html

 確かにゲッベルスは似たようなことは述べてはいるが、「ウソも100回言えば、真実になる」とは言ってない。それは日本人が作った言い回しだと考えるのが妥当だろう。
 また、この作者、欧米ではハーケンクロイツそのものがタブー視されていることを知らなかったらしい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%84

>第二次世界大戦後のドイツでは、学問的な理由を除き、ハーケンクロイツなどのナチスのシンボルを公共の場で展示・使用することは、民衆扇動罪で処罰される。ただし私有地や個人での所持、思想へ禁止はしていない。ドイツを含めて各国のネオナチの一部は現在でも使用している。
>ドイツ軍兵器のプラモデルにおいてはハーケンクロイツがボックスアートでは省略されたり、田の字状になっている他、デカールの形状が2つに分けられ、接着しないとハーケンクロイツの形に見えないようにしている等の対策がされている事が多い。これは鉄道模型(メルクリンなど)でも同様である。 これを受けて、少林寺拳法は1947年の創設以来、シンボルマークや胸章に卍を使用してきたが、ヨーロッパでの普及にあたってハーケンクロイツとの混同を避けるため、2005年から新しいシンボルマークに変更している。また、ポケットモンスターカードゲームのカードに卍が印刷されていたが、欧米のユダヤ人団体の抗議によりデザインが変更された。その他、ウォー・シミュレーションゲームなどではハーケンクロイツそのものを削除してしまう(「Silent Hunter」シリーズほか)他に「二つに分割」、「十字に置き換え(「第三帝国興亡記」)」、「鉄十字に置き換え」など規制をかわしている例も見られるが、日本で製作されたソフトの中にはハーケンクロイツがそのまま入っている作品も存在する。セリエAのサッカークラブ、フィオレンティーナはユニフォーム柄の一部が卍に見える箇所が有るとのクレームで変更に至った。

 ドイツ人はもちろん、ナチスにひどい目に遭った周辺諸国の人々も、ハーケンクロイツに対しては過敏な反応を示す。軽々しく使っていいものではないのだ。
 だから当然、フランスで展示するマンガを作る(「描く」とは言わない。この作者が自分で描いてるわけじゃないから)際には、そうした点に考慮する必要があったはずだ。
 それに続くコマも問題。

>これはプロパガンダの手法として、今でも通用するわ
>たとえば2013年11月、韓国大統領が欧州を歴訪したとき
>各国で日本の悪口を言いふらしてまわったんだけど
>これが続くと韓国の主張がたとえウソでも、世界は本当だと思うようになる


 このページでは「けれどもそれはナチス賛美ではないことは、見れはすぐに分かります。逆の意味です!」と主張しているが、問題はそんなところにないのは明白だろう。
 先に書いたように、「ウソも100回言えば、真実になる」というのはゲッベルスの言葉ではない。だからこの言葉を使うのに、ゲッベルスの名を出す必要も、ハーケンクロイツを出す必要も、まったくなかったはずだ。
 じゃあなぜそんなことをやったかというと、単に韓国大統領の朴槿恵にナチスのイメージをダブらせようという、悪意あるプロパガンダ以外の何物でもない。
 日本なら「こんな表現のどこが悪いんだ」と主張する人もいるだろう。日本では問題にならないかもしれない。
 だが、欧米の基準からしたら完全にアウトだ。たとえ主張が正しくても、表現自体が間違っている。誰かをナチス扱いするというのは、欧米では最大級の侮辱なのだから。
 これはフランスのイベントで、主にフランス人に見せるために作られたマンガだ。当然、フランス人がどう思うかを考慮しなくてはならなかったはずだ。

 誤解されないように言っておくが、僕は慰安婦問題について反論するなと言ってるんじゃない。本当に真実を訴えたいと願うなら、メッセージを伝えたい相手に、正しく伝わるべきものでなくてはいけない、と言っているのだ。
 このマンガの作者や、この展示を許可した論破プロジェクトのスタッフには、「自分たちがやっていることが、フランス人からはどう見えるか」という視点が、根本的に欠落していた。

 産経新聞によれば、アングレーム国際漫画祭のニコラ・フィネ実行委員は、論破プロジェクトの作品を拒否した理由について、「こうした極右思想・団体とは戦う」と述べているという。
「それは誤解だ!」と怒る人もいるだろう。だが、このマンガを見たらそう誤解されてもしかたがない。
 忘れてるかもしれないが、日本はナチスの同盟国だったのである。
 その日本が、隣国に対して重大な人権侵害をやったと非難されている。
 それは濡れ衣かもしれない。だったら、なおさら誤解を招かないよう、穏やかに事実だけを訴えるべきではなかったのか。
 それなのに、こんなギャグ混じりのふざけたマンガを作り、なおかつ他国の国家元首をナチスになぞらえるという悪質なことをやったら、猛烈な反発を食らうのは当たり前ではないか。
 相手を怒らせるようなものを作ってどうする。かえって日本の印象を悪くするだけだろ?

 韓国人がマンガでひどい反日宣伝をやってる? うん、だったら日本人がそれを真似しちゃだめだよね。
 ネットではこういうのを「韓国面に堕ちる」と言うらしい。

 あと、幸福の科学とつるんでるのも、絶対にまずい。
 前に『トンデモノストラダムス本の世界』でも書いたけど、大川隆法教祖の初期の著作『ノストラダムス戦慄の啓示』(幸福の科学出版)は、日本が軍国主義化して世界を支配するのが正しいと(ノストラダムスの霊言という形で)書いたものである。
 何箇所か引用しよう。ちなみに文中に出てくる「怪物」「リヴァイアサン」というのは日本のことである。


 最も愚かなる者がいる。
 ああ、他人のひさしを借りて生業を立てる者よ。
 東洋の淑女よ。
 お前は数限りなく犯され続けてきた。
(中略)
 引き裂かれたる姉妹が、一つになろうとするとき、
 この姉妹の不幸が起きる。
 この由緒ある家柄に育った姉妹は、
 再び怪物に犯され、怪物の子を孕むことになる。
 おまえたちは怪物の子を産むことのみによって、
 生き残ることが許されるのだ。

 その子をもし産まぬというならば、
 おまえたちの命もまたないであろう。
 怪物の子を、もし中絶するというならば、
 おまえたち姉妹は、
 リヴァイアサンに食べられてしまうことになるだろう。
(41~43ページ)

 二十一世紀、リヴァイアサンは無敵となるであろう。
 年老いた鷲の喉を食いちぎり、
 また、力尽きた赤き熊を打ち倒し、
 老いたるヨーロッパを嘲笑い、
 中国を奴隷とし、朝鮮を端女とするであろう。
(159ページ)

 そして、朝鮮の人びとにとって悲劇であることには、
 彼らは、あまりにもリヴァイアサンの近くに
 住みすぎたということだ。
 かつて、リヴァイアサンにその脇腹を抉られ、食べられはしたが
 今度はその尻尾を食べられることになるだろう。
(169ページ)

 朝鮮半島についての部分だけ抜粋したが、実際には、アメリカ、ソビエト(ノストラダムスもソ連が崩壊することは予知できなかったらしい)、イギリス、中国、インドなどなど、世界の国を片っ端から罵倒し、嘲笑し、侮蔑し、恫喝する内容である。
 たとえばノストラダムスの母国であり、この漫画祭の開催地であるフランスについての記述はこんな感じ。


 ああ、そこに踊っているのは老いたる貴婦人ではないか。
 おお、あなたを、もう二、三百年も見なかったような気がする。
 セーヌのほとりであなたが踊るロンドは素晴らしいが、
 ああ、どうしたのだろう。
 その目が落ちこみ、くぼみ、その頬がこけているのは。
 ああ、どうしたのだろう。
 華奢な体が、いつのまにか骨と皮に化けているのは。
(24ページ)

 見よ、見よ、セーヌ川の老処女が狡猾な目を向けて笑う。
 セーヌ川の老女は、鷲と蠍を天秤にかけているのだ。
 昼間は鷲とともにダンスを踊り、夜は蠍とグラスを傾けあう。
 二心ある女に幸福を招くものはない。

 鷲は、この老女を恐れよ。
 このセーヌ川の貴族趣味の香水に惑わされてはならない。
 この老処女は、悪しきことを心に抱いている。
(33ページ)

 この『ノストラダムス戦慄の啓示』は海外に訳されていないらしい。最終章に「諸外国の人びとには読ませてはなるまい」「英語や中国語や韓国語には、決して訳してはなるまい」と書いてあるからだ。
 フランス人が幸福の科学の本を読んだらどういう印象を受けるか、想像してほしい。
「極右思想・団体」と誤解されたくないなら、こんな教団との関係は断ち切るべきである。

参考:
幸福実現党の研究(3)ノストラダムス戦慄の啓示
http://www.kotono8.com/2009/08/28kouhuku03.html

 あと、ぜんぜん関係ないけど、ノストラダムスの詩に出てくるアンゴルモア(Angolmois)というのは、アングーモワ州(Angoumois)とその中心地だったアングレーム(Angoulême)のもじりである。ノストラダムスはヴァロワ=アングレーム家のフランソワ1世を念頭に置いて「アンゴルモワの大王」と書いたと思われる。



同じカテゴリー(マンガ)の記事画像
初めてマンガの中でコミケを描いた作品は?
「80年代ホビーマンガの素晴らしき世界」
女ターザン・コミック始動!
同じカテゴリー(マンガ)の記事
 ドラマ『重版出来!』最終回 (2016-06-18 19:27)
 80年代ホビーマンガの素晴らしき世界#2 (2015-03-08 13:44)
 初めてマンガの中でコミケを描いた作品は? (2015-01-21 17:08)
 平井チルドレンに残された大きな宿題 (2015-01-21 15:58)
 「80年代ホビーマンガの素晴らしき世界」 (2015-01-20 18:45)
 『ヒーローズ・カムバック』 (2013-05-24 17:29)

この記事へのコメント
で、韓国のプロパガンダを阻止する為に正すためにお前は何したの?
Posted by Zac at 2014年02月04日 19:40
細かい背景を知ることが出来て、良かったです。

相手を格下に見たり、馬鹿にする等せずに、
正しいことを正しいと主張し、間違った事を
冷静に指摘する態度って大切ですね。

それにしても、発生した事実だけを列挙し、
感想や論説等ない新聞があれば購読したいのに
ありません。
もう、「正義」の煽り文ばかりで、嫌になります。

太陽の牙ダグラムの
「Not even justice,I want to get truth 真実は見えるか!」
って今更ながら心に刺さります。
Posted by さる at 2014年02月04日 21:04
>忘れてるかもしれないが、日本はナチスの同盟国だったのである。
>その日本が、隣国に対して重大な人権侵害をやったと非難されている。
>それは濡れ衣かもしれない。だったら、なおさら誤解を招かないよう、穏やかに事実だけを訴えるべきではなかったのか。

この「濡れ衣かもしれない」という表現に違和感があります。なぜ「それを濡れ衣だと思うなら~」ではないのでしょうか。
ここでいう「重大な人権侵害」は事実なのですから、変な留保を付けず間違っていると断言なさるべきです。その上で、どうせ間違っているにしても表現は選べ、と続けるのが筋でしょう。
例えば「地球が球体というのは間違いかもしれないが、地球平面説を唱えるのなら穏やかに訴えるべきだ」とは決しておっしゃらないと思います。「かもしれない」余地が皆無ですから。
「濡れ衣かもしれない」余地を言外にでも認めることは、学問的にも政治的にもありえないことです(人権侵害はあったが「奴ら」が言うほど重大な人権侵害ではなかった、という人は結構いそうですけど)。
それから「こうした極右思想・団体とは戦う」に対する「それは誤解だ!」も誤解ではないでしょう。表現さえ穏やかなら学問的蓄積を無視して自国の戦争犯罪を否定していても極右思想とは見なされない、ということはないと思います。

>韓国人がマンガでひどい反日宣伝をやってる? うん、だったら日本人がそれを真似しちゃだめだよね。
>ネットではこういうのを「韓国面に堕ちる」と言うらしい。

ここでわざわざ「韓国面に堕ちる」という差別的言辞を用いることには違和感というよりも嫌悪感を覚えます。
俺はそういう表現を好まないけどネットで言われているらしいから、韓国面とか言っている連中に対する揶揄だから、で免罪符にするのは無理でしょう。
建前だけでも反差別の立場を標榜なさるのであれば、そのような表現は用いるべきではありません。
それと「マンガでひどい反日宣伝」は国際漫画祭の出展作品を指していると思うのですが、この書き方だとそれを明確に否定なさっているように見えません。内容を把握せず適当に書かれたのなら作者の方に失礼だと思うのですが、もしかしてお読みになった上でそう言われても仕方ない漫画とお考えなのでしょうか?

>日本なら「こんな表現のどこが悪いんだ」と主張する人もいるだろう。日本では問題にならないかもしれない。
>だが、欧米の基準からしたら完全にアウトだ。たとえ主張が正しくても、表現自体が間違っている。誰かをナチス扱いするというのは、欧米では最大級の侮辱なのだから。
>これはフランスのイベントで、主にフランス人に見せるために作られたマンガだ。当然、フランス人がどう思うかを考慮しなくてはならなかったはずだ。

これはご自身に対しても向けられるべき指摘です。
私が引用した前述二箇所の表現は、日本では特にどうとも思わず読み流す人の方が多数派でしょう。
しかし読み流せない人だって一定の割合で存在するはずです。
従軍慰安婦の問題に携わってきた人々やカジュアルな民族差別に心を痛める人々があのような表現をどう感じるか、考慮なさるべきでした。
「そのような少数の特殊な読者に向けて書いたわけではないから問題ない」とおっしゃるのであれば、一貫性はあるかもしれませんが、できればやめていただきたいです。
Posted by 日本暮らし30年 at 2014年02月04日 21:16
マスコットキャラクターはここの人のマスコットですね

トクマ公式サイト │ 9.18尖閣に上陸した男 トクマ(TOKMA) 石原都知事にもできなかったことを実現した男、東京都庁上陸!
ttp://tokma.jp/

ただ、トックマ=幸福の科学のマスコットではないようです・・・が

しかし、幸福実現党=幸福の科学から出馬してますので
幸福の科学とつながっているのでしょう

幸福の科学の真意はわからず、分析力が半端なのか雑な活動のために彼らをどう捉えていいのかわからない人が多々なのではないでしょうか
Posted by さいとう at 2014年02月04日 21:42
この一件、韓国のロビー活動が優れているんじゃなくて、日本国にとって無能な味方が足を引っ張ったという話なんですね。
それにしても「論破プロジェクト」ですか。理路整然さんもそうでしたが、論破、論破言ってた人たちほど無様な結果を晒すのは何なんでしょうねぇ……。
まあ、客観的に物事を考えられなかった末路とも言えますかなあ。
Posted by ドードー at 2014年02月04日 22:32
>だが、欧米の基準からしたら完全にアウトだ。たとえ主張が正しくても、表現自体が間違っている。誰かをナチス扱いするというのは、欧米では最大級の侮辱なのだから。

かつて「ここがヘンだよ日本人」という番組でナチスの軍人に扮した日本のミリタリーマニアが、ナチス式の敬礼をしてフランス人出演者を激怒させた事件を思い出しましたね。
Wikipediaにも記載されていますけど、ビートたけし氏が「国にはそれぞれ暗い歴史があるわけだから、(大切なのは)それに対する気遣いだと思うよ」とこの件を結論付けたのは正しいと私は思いますね。
フランスへの気遣いが足りなかったんですねぇ。論破プロジェクトは……。
Posted by ドードー at 2014年02月05日 00:06
まさか、私が記事を書いたまさにその日に、山本さんにそっくりな内容の記事を書かれてしまうとは…。タイトルまでそっくり。

もしよろしければ、私のページもご覧ください。

http://world-manga.at.webry.info/201402/article_3.html
Posted by サザえもん at 2014年02月05日 00:13
しかし、幸福の科学の客観性の無い事ときたら……。
まあ、客観性がないからこそカルト宗教なんでしょうが。

なんか、「修行をすれば尻からダイヤモンドが出るようになる」という本来の仏教とは程遠い、欲に満ちた仏教系宗教団体にハマって連日我が家に勧誘に来たという母の元・友人の話を思い出しますわ。
私は覚えていませんが、当時、幼稚園児だった私は「お母さんをいじめるな!」と言って母を守ろうとしたらしいんですよ。
母の元・友人は「私はみんなを幸せにしたくて!」とか言ったらしいですが、幼稚園児に悪人に見られる程になってるのに、母の元・友人は自分を客観視できなくなってたんでしょうね。
結局、絶交を言い渡して母はその元・友人と縁を切ったようですが、動機はどうあれ自分を客観視できなくなるのは哀しいですね……。
Posted by ドードー at 2014年02月05日 00:21
論破プロジェクトの方達が何か思惑があって今回の挙に出たのか、
はたまた純粋な“愛国心”故なのか知りませんが、仰る通りお粗末と言わざるを得ないですね。
ナチス関連の取り扱いについても然り。
てゆうかコミポかよ!

でも、韓国女性家族部の趙允旋長官も、アングレームで記者達を前に
「ホロコーストは知られているが、慰安婦問題はまだ知られていない」とか
思いっきりパブリックの場で言ってるんで、
これも普通に考えたら首が飛ぶレベルの大問題だと思います。
まともな政府なら猛抗議するはずですが、毎度のごとく日本政府は「遺憾砲」ぶっ放して仕事終了みたいで・・・。
Posted by 8tt at 2014年02月05日 02:49
「慰安婦漫画」日本側出展メンバー・藤井実彦氏インタビュー「1日でも2日でも展示を」

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140201/kor14020100390002-n1.htm

>「私たちの漫画には学術的な根拠がある。慰安婦問題に興味もなかった人々が漫画を描き、77本もの
>作品が寄せられた。この日本人の気持ち、歴史の真実を世界に伝えたい。諦めるわけにはいかない。
>誤解を晴らし、1日でも2日でも、展示できるよう注力したい」

「漫画を描き」って、コミPo!を使うという手抜きぶりとフランスへの配慮が足りないくせによく言いますわ。
本当に日本にとって無能な味方以外の何者でもありませんな。
Posted by ドードー at 2014年02月05日 13:30
全く正論ですね。民主主義は金銭に弱いです。
宗教ビジネスには課税をして、弱者に分配して貰えると良いのですけどね。
自分の地区では公○党が民×党を非難していましたが、どちらも...だと思いました。
Posted by アリ at 2014年02月06日 12:09
しかし宗教を理由に、相手を全否定してしまう姿勢は、また違う行いだと思います。
そんな頭の良い方にこそ、一方的反日キャンペーンの対処法をお教えいただきたいです。
Posted by アリ at 2014年02月06日 12:26
 「ノストラダムス戦慄の啓示」には「鉤十字が蘇り、その栄光を輝かせ」という、そのものずばりナチス賛美の一文もあったはずですよ(笑)
 なにが悲しゅうてフランス人の霊がナチスを賛美せにゃならんのか(笑)
Posted by ますだ at 2014年02月07日 01:37
本の宣伝は他の商品の広告よりも広告費が安いよ。だから、出版物の広告の面積だけで金額の多寡を知ることはできない。そこだけは知っておいて。じゃないと、産経新聞の名誉を不当に毀損することになるから。
Posted by 通りすがり at 2014年02月07日 06:46
 仏紙、五輪・汚染水記事に「フクシマ」風刺画
11日付の仏週刊紙カナール・アンシェネは、2020年夏季五輪・パラリンピックの東京開催と東京電力福島第一原発の汚染水問題の影響を報じた記事と共に、手や足が3本ある力士の風刺画を掲載した。
http://www.gekiyaku.com/archives/32901667.html
汚染水風刺画の仏紙「謝罪しない」 日本大使館は抗議

フランス人が幸福の科学の本を読んだらどういう印象を受けるか、想像してほしい。

福島の人がこの風刺画を見ればどういう印象を受けるか想像してほしい。

正直、フランスも韓国も人のふり見てわがふり直せというレベル
むろん日本側も悪いが物事は公平に見るべし
一方的に日本人にだけ反省を求めるかのような書き方は不快に思うが、まあ山本先生なので仕方がないですね。
Posted by 適当 at 2014年02月11日 20:33
すいません先ほどは言い過ぎました!
山本先生はこれからも日本人のハードルを異常に高く上げ、日本人だけの揚げ足を取ることに頑張ってください!

失礼しました。
Posted by 適当 at 2014年02月11日 22:11
中央日報 http://japanese.joins.com/article/243/181243.html や、朝鮮日報の記事を引いた産経新聞の記事 http://sankei.jp.msn.com/world/news/140130/kor14013014380002-n1.htm では、アングレーム祭の主催者は、韓国側にも政治的アピールは控えてくれという要請を出して、韓国側の記者会見もとりやめになっていたようです。
あくまで「作品」を出す場だと。
論破プロジェクト側はそういう要請を無視して強行したりしたようなので、そのあたりも問題になったのではないでしょうか。
Posted by hiroo at 2014年02月12日 15:48
 ドイツの学生が挙手がナチス式敬礼を連想させるから、学生ひとさし指を立てる小さくわかりにくい挙手をしてる、
 海外に移植されるとき、ファミコンソフトのキン肉マンからブロッケンジュニアの存在が消さる、
 …海外ではナチスの影響がいまだに強く残ってるところが多いんですね。
 日本みたいに国民が日本軍だけじゃなく軍事力そのものに拒否反応おこしちゃうよりドイツの方が数段ましなんですかね?
Posted by 畑山ベーコン at 2014年02月19日 01:06
>適当さん

あなたみたいなそういう敵を増やすかのごとき言動と行動が、自らの品位と発言の説得力を下げてる事に気付かないのですか?あなたは?
ああ、そんな事すらも気付かないからこそ、そういうコメントをするんですね。適当ではなく真剣な発言を聞きたかったですねぇ。残念です。
Posted by ドードー at 2014年02月19日 19:14
私がコメントすることでもないかもしれませんが、少々むかついたのでコメントさせていただきたいです。

>>適当さん

今回の件に、福島の風刺画がどう関係するわけ?

もちろん福島の風刺画は許せない。フランスの風刺画も、幸福の科学の本も、どっちも相手に対する配慮に欠けた許せないもの。

でも今回の件に風刺画は関係ないから言及していないだけでしょ。

どうしてネットのアホな方々って、関係ないから言及していないだけのことを、肯定しているかのように理解したり、都合が悪いことを隠蔽していると拡大解釈したりするのかしらん。

別に山本氏は、一言も「フランスは日本に配慮してくれている国だ」「フランスは立派だ」なんて言っていないのに、「日本にだけ反省を求める」などと拡大解釈する。

山本氏のやっていることを「揚げ足取り」と批判する適当氏は、自分の言っていることが揚げ足取りにさえなっていない戯言であることに気が付いていない。自分が関心があることが取り上げられていないと不公平だとか、変更しているとか思い込むのだ。

実に不思議な思考回路である。
Posted by サザえもん at 2014年02月19日 22:11
>サザえもん

あなたの感情論に付き合うつもりは毛頭ありません。僕が言ってもいないことに反論されてもね。

ただ人様を「アホ」呼ばわりするのは感心しませんな

>あと、「主張が正しければ何をやってもいい」という考え方もダメだ。いくら主張が正しくても、行動が間違ってたらアウトなんだよ。
Posted by 適当 at 2014年03月10日 19:21
>ドードー

「言動と行動」ってあなた・・・。

僕はあなたのオツムを疑いますけどねw

ま、頑張りなさい。
Posted by 適当 at 2014年03月11日 02:54
>適当さん

うーん、知性と品性を感じられる返事を期待していたんですが、どうやら貴方を買いかぶっていたようです。
とりあえず声援だけは頂きました。貴方も頑張ってくださいね。世の中、生き辛いでしょうが。
Posted by ドードー at 2014年03月16日 17:44
>適当氏

「私は適当です。」まで読んだ。
Posted by 川内 at 2014年03月18日 09:13
そもそも根本的に、
フランスでは幸福の科学は危険なカルト団体として公式に認定されマークされてるわけで。
http://seek-truth.clique.jp/religion/happy_science/hs_sect_evaluation.html

フランス政府がカルトとして警戒してる団体が出展者じゃそりゃ撤去されて当然ですな。
そもそも幸福実現党も幸福の科学も堂々と自分たちの名前を出して出展しなかったのは
自分たちがどう認定されてるかを知ってるからでしょうし。
悪質な確信犯の政治活動でプロパガンダですよ、これは。
Posted by SR at 2014年03月18日 17:45
>>適当

>僕が言ってもいないことに反論されてもね。

いや、言ってることにしか反論してないだろ…。私のどの発言が「言ってもいないことに反論」しているというのか、本当に実に不思議な思考回路をお持ちのお方だ。
Posted by サザえもん at 2014年03月26日 01:16
産経新聞は本当に酷いね。

幸福の科学の関係を隠して報道するなんて最悪だ。幸福の科学のその本は初めて知ったんだけど、翻訳されてたら世界中から批判が来るでしょうね。
Posted by ポンちゃん at 2014年04月03日 18:45
>日本暮らし30年様

>この「濡れ衣かもしれない」という表現に違和感があります。

 南京大虐殺と比べ、従軍慰安婦についての証拠がまだ少ないからではないでしょうか? 事件当時の1937年から証拠が積み重なってきた南京大虐殺と、千田夏光先生の著作「従軍慰安婦」(1973年)から証拠や根拠の掘り起しが始まった慰安婦問題。山本弘先生が「日本の濡れ衣など有り得ない」と断言されないのは、証拠がまだ不十分と見ているからではないでしょうか。

 「心を痛める人々」に対し、山本弘先生は決して冷淡では無いと思います。しかし何かを批判する時、それが不快に思う人々や思想であれば尚更、証拠の真偽と存否の正確性が問われるのです。そうでなければどうなるか? 極端に悪い例を挙げれば「在特会」になってしまうのですから。
Posted by 弓タロー at 2014年04月16日 21:48
http://www.youtube.com/watch?v=iAb6DeNkGzE

アングレーム国際漫画祭がどうしてこんなことになってしまったのか、
この動画の碌でもないコメントの数々を見ていたらわかった気がする…
Posted by 名無し at 2014年04月23日 01:47
慰安婦問題は私の専門ですので、いろいろと言いたいところですが、「ホロコースト」と「慰安婦問題」のどちらも凶悪だったというしかないところです。
ナチスと日本の軍閥による強制売春の両方に被害を受けた国であるオランダが1994年に日本政府に送った「慰安婦問題「強制売春」の報告書」があります。

全文はこの本に翻訳
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6%E3%80%8D%E5%BC%B7%E5%88%B6%E9%80%A3%E8%A1%8C%E2%80%95%E5%8F%B2%E6%96%99-%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80%E8%BB%8D%E6%B3%95%E4%BC%9A%E8%AD%B0%E8%B3%87%E6%96%99%C3%97%E3%83%AB%E3%83%9D-%E7%A7%81%E3%81%AF%E2%80%9C%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%AC%BC%E5%AD%90%E2%80%9D%E3%81%AE%E5%AD%90-%E6%A2%B6%E6%9D%91-%E5%A4%AA%E4%B8%80%E9%83%8E/dp/4906605419/ref=cm_cr-mr-title

ここにレビューを書いておきました。

こういう報告を受けながら、2007年安倍首相は「強制連行を示す証拠は無い」と答弁するのだから、それを聞いたオランダ政府が怒ったのも無理は無い。

そしてEUが成立している現在、オランダの持っている資料は欧州全体に共有されている。
そういう訳で、幸福の科学のネトウヨ論理の詭弁なんて、フランスで通用する訳が無いのです。。

それがこの事件でした。
Posted by チキンハート at 2014年05月30日 12:20
>チキンハート

慰安婦問題を批判する人って
証拠がないからか白馬事件を根拠に
まるで朝鮮、中国、等でも強制連行が行われてたって主張するけど

白馬事件と他の慰安婦の問題とは
どう考えても違うだろw

強制連行が日常的に行われていたんだったら
なんで当時の軍が慰安所をすぐに閉鎖したんだよ
Posted by こんち at 2014年07月06日 03:15
突然、失礼致します。話は全然違いますが、板垣恵介さんの「刃牙道」を読まれておりますでしょうか?格闘マンガの最高峰と言える「刃牙」。
ですが、現在連載中の「刃牙道」は特級のSFマンガです。
ちょこっとでも見て頂きたいです。
Posted by キリク at 2015年01月11日 21:21
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。