2014年01月24日

コミケの困ったちゃんの話(後編)

 しかし、XXは3年前のことをまるで気にしている気配がない。僕を怒らせたことが記憶から抜け落ちているのか、まるで友人ででもあるかのように親しげに話しかけてくる。
 これがまた、実にしょーもない話題ばかり!

「『○○』というアニメ、ご覧になってました?」
「いえ、観てません。第一話だけ観て切りましたから」
 そんな話をする気はないから、わざと無愛想に突き放したのだが(第一話だけ観て切ったというのは事実)、XXは僕の返答をあっさり無視した。
「ネットであの作品について議論が起きてるんですけど、それについて山本先生の意見をうかがおうと……」
 と、そのアニメについての話題を強引に語りはじめる。
「ちょ、ちょっと待って」と僕は慌てて制止する。「僕はそのアニメを観てないって言ったでしょ?」
「いえ、でも……」
「観てないから分かりません。何も語れません」
 XXはちょっと残念な顔をしたが、すぐに別の話題――好きな映画の話題を振ってきた。
「『△△』の続編が製作中なんだそうですよ!」
「はあ、そうですか……」
「主演が『□□』の%%なんですよ! 今から期待しちゃいますよね!」
 このへん、どんな固有名詞が発せられたか、記憶から飛んでいる(笑)。
「『**』はご覧になりました?」
「はあ、まあ……」
「IMAXの3Dですか?」
「はあ……」
 本当はIMAXじゃなかったんだけど、いちいちそんなこと説明したくもない。
「あの冒頭のシーンが素晴らしかったですよね!」
 ああ、確かに素晴らしかったけど、お前とは語りたくないんだよ。それぐらい察しろよ。
 彼はそれからも次々に作品名を挙げて、あれが良かったとか、あの監督がどうとかいう話をえんえん続ける。終わる気配がない。
 つーか何でこいつ、僕が怒ってないと思ってるんだ?
 マジで、3年前のことを忘れてんじゃないのか?
「あのー、そんな話、僕はしたくないから」
 追い払いたくてそう言うと、
「そうですか。じゃあ今、どんなアニメをご覧になってるんですか?」
「何でそんなことをあなたに教えなくちゃいけないんですか?」
「あっ、この前、ブログで紹介されていた『++』はどうですか? 面白いですか?」
「あのねえ、そんなことを訊ねてどうするの? 僕から何を聞きたいの?」
「山本先生の感想を聞きたいんです!」

 嘘だ。

 お前、さっきから、僕の話、ぜんぜん聞いてないじゃん。僕の言葉が全部、頭の中をすり抜けてるじゃん。
 僕の話を聞く気なんてないだろ?
 僕と話したいんじゃなく、自分の好きな映画やアニメの話を一方的に語りたいだけなんだろ?
 悪いけど、そんなのにつき合う気、ないから。

 さて、コミケに行ったことのない方のために説明しておく。
 コミケのブースというのは、1つのテーブルを2つのサークルが使用する。1サークルあたりの幅は90cm。これは2人の人間が横に並ぶことしかできない幅である。
 この状態で、ずっとブースの前に立っておしゃべりをされたらどうなるか。
 ブースの半分をずっと占拠することになる。後から来るお客さんが、1人ずつしかサークルの前に立てないから、大変に迷惑である。
 それだけじゃない。参加者の中には、歩きながらふと目についた本に興味を抱いて、手に取る人もいる。でも、XXはずっと僕の新刊の前に居座って、通りかかる参加者たちの視線から、新刊を遮っている。つまり営業妨害。
 実際、XXがくだらないおしゃべりを続けている間にも、次々にお客さんがやってきてるんである。新刊を手に取るために、突っ立っているXXの脇から手を伸ばす人もいる。
 僕がたまりかねて、「お客さんのじゃまだからどいて!」と言うと、XXはちょっとだけ後ろに下がるが、お客さんがいなくなるとまた戻ってきて話をはじめる。
「そうじゃなくて、どっか移動して! そこに立たないで!」
 僕がそう言うと、XXはどうしたか?

 なんと、隣のブースの前に移動して、そこに立って話を続けるのだ!
 こいつ、隣のサークルさんにまで迷惑かけてやがる!
 これにはさすがにブチ切れた。
「どっか行け! 立ち去れ! お前とは二度と話したくないから!」
 そう言うと、XXはようやく去っていった。
 どっと疲れた。

 実は10何年か前にも、やっぱりブースの前で居座ってくだらない話をえんえん続ける奴がいた。それも本も買わずに。
「他のところも回って来られたら」と遠回しに追い払おうとするんだけど、ぜんぜん動かない。
 いいかげん不愉快になってきて、「本も買わないのに立ってられると迷惑なんですけど」と言ったら、「買いますよ、買えばいいんでしょう」と、へらへら笑う。
 さすがに切れて、「お前なんかに買ってほしくない! どっか行け!」と怒鳴りつけて追い払った。
 その時にもNくんがいて、「山本さんが怒ったところ、初めて見ました」と驚いていた。そりゃ僕だって、腹が立って誰かを面と向かって怒鳴りつけることなんて、10年に1度あるかないかだよ。
 ちょくちょく、よそのサークルでも、ブースの前に立って長話をしている人を見かけるけど、あれは本当にサークルの誰かの知り合いなのか、それとも無駄話で迷惑をかけてる困ったちゃんなのか。

 僕はコミケで同人誌を買う時、可能な限りブースの前に立つ時間を短くしている。
 内容を知っている本なら、「これ1冊ください」と言ってお金を出し、本とお釣りを受け取って、ただちに立ち去る。
 内容をよく知らない場合、ぺらぺらとめくって中を確認する。売り子の人と本の内容について話すこともある。「今回の新刊はどちらですか?」とか「妻から頼まれたんですけど」とか「これ、調べるの大変だったでしょう」とか「『RWBY』の本って、今日、ここだけなんですよねー」とか「がんばってください」とか言うこともある。
 必要最低限のことだけ喋って、本を買って立ち去る。長くても1~2分程度だ。

 親しい人が僕のブースに来る場合も同じ。あいさつをして、同人誌を買って、ちょっとした近況報告なんかもして、すぐ去ってゆく人が大半である。長い用件がある場合、その場では話さず、「後でメールでお送りしますから」と言われることもある。
 親しい人でさえそうなんである。まして親しくない人間が、しかも何ら重要性も緊急性もない用件で、なぜ長々と居座るのか。
 ブースの前に長時間居座るのは迷惑――それはコミケ参加者なら、誰かに教わるまでもなく、ごく普通に身につけるマナーだろう。

 その基本的なマナーがXXには分からない。
 なぜなら、彼は他人の心理が理解できないからだ。自分の行動が他人を不快にしているという意識がまったくない。僕の言葉も頭の中を素通りする。
 だから、いくら言っても態度を改めないし、僕に嫌われているということすら認識できないのだろう。
 だからXXでなくても、こういう迷惑な奴が来たら、きつい言葉で追い払っていいと思う。「それはマナー違反なんだ」ということを叩きこんでやらなくちゃ、今回の件のように、他のサークルさんにも迷惑をかけるかもしれないしね。



同じカテゴリー(コミケ)の記事画像
コミケ直前情報:2015年冬コミの新刊
『BISビブリオバトル部』番外編「空の夏休み」
初めてマンガの中でコミケを描いた作品は?
ガンダム紙切り・歌舞伎レールガン・女装メイドクッキーetc.
何を今さら夏コミの話
同じカテゴリー(コミケ)の記事
 コミケ直前情報:2015年冬コミの新刊 (2015-12-27 16:53)
 この夏の総決算・その3 (2015-09-05 19:48)
 コミケ88の新刊 (2015-08-07 15:29)
 『BISビブリオバトル部』番外編「空の夏休み」 (2015-06-12 15:26)
 初めてマンガの中でコミケを描いた作品は? (2015-01-21 17:08)
 遅れましたが夏コミの報告 (2014-09-18 18:56)

この記事へのコメント
なんか小説「審判の日」に出てきた人々を思い出します。
このXXもあの小説だと悟や亜矢子みたいな事になりそうですね。
Posted by ドードー at 2014年01月24日 14:50
 去年の、それも不快だったことを新年早々?お書きになられるというのも縁起でもありませんし、何より山本さんをはじめ多くの参加者が楽しく過ごすべき場所であるコミケで傍若無人なことが起こること自体やるせませんが、まずは冬コミお疲れ様でした。
Posted by toorisugari at 2014年01月24日 18:35
何年前だったかの夏コミで、ハルヒ系の島を回っていた際の事。
自分が描いたらしき別段上手くもないハルヒのキャラの絵を見せながら一方的に語りかけ続け、語り終わったら次は隣のサークルへ・・・と、ハルヒ系サークルの方々を辟易させていた痛い人がいました。

その年の冬コミ、ハルヒ本を出していた知り合いのサークルに挨拶に行ったらそいつがいて、また同じ絵を見せつつ知り合いに一方的に語り続けていました。
「邪魔だから失せろ!」
って言いたかったんですが、さすがに自分のスペースではないので自重しました・・・

数十万も集まるだけあって、どうしようもない人はいるものですね・・・
Posted by 安冶 at 2014年01月25日 03:25
哀しいかな、そういう人は意外と多いんですよね。大学在学中にも二人ほど後輩にいて、そいつらを教育するのに心を削られた記憶があります(´・ω・`)
Posted by   at 2014年01月25日 16:58
私は冬コミ初日に行きました。すみません、30日いけなくて。企業ブースが混雑して大変でした。同人ブースは数が多くて、冊子で確認すると膨大でいやになるので、直接見に行きます。長時間ひとつのブースにいたら、全部見れません。私は大体のブースは無料の冊子をとって次に行くのですが、ナルトのブースで少ししゃべりました。私は見かけてなかったのですが(大体待っている人のいないブースにいるせいかな)、お疲れ様でした。

 前もコミケの困ったチャンというかトンデモさんがいましたね。まどまぎ陰謀論主張していた人が。それを見て、この人は「ダンス・イン・ザ・ヴァンパイアバンド」や「荒川ザアンダーブリッジ」などほかにもシャフト作品あるのだが、知らないのかな。

 私は、先月の大阪の講演会きっかけにやっとトンデモ本とASIOS本デビューしました。小説は読んだ記憶がありません。ソードワールドシリーズについては、水野良のリウイ一冊と清松みゆきの混沌の夜明けを読んだのは間違いない。サーラシリーズがあったか記憶が定かではない。20年以上前の本だと今中古屋にあるのかな?探してみないと、RPGリプレイはまったく読んでいないので、読んでみたい。
Posted by てっき at 2014年01月26日 11:19
冬コミ、お疲れ様でした。
偶然にもトラブルの一番ヒートアップしていたところに居合わせておりました。
最初は「親しい方かな?」と思っていたのですが、彼のまくしたて方と会話の噛み合っていない感じから
「これは後日ブログで書かれてしまうタイプの人だ!」と察してしまいました。
正直、どうすればいいのかわからず立ち尽くしてしまったのですが、山本さんが毅然と対応してくださったので安心してチャリスに手を出せました。
ありがとうございます。

チャリス、えっちな小説と侮っていたのですが、アクション映画さながらのスリル溢れた展開に衝撃を受けました。
次にコミケでお会いしたときは残りまとめて購入したく思います。
よろしくお願いいたします。
Posted by にわかトンデモ本ファン at 2014年01月27日 01:47
ん?、どっかで読んだ奴ですねぇ。こういうやつは、あれだ。ウルトラマンコスモス・ルナモードみたいに…


オリオノンビィィィィーム!(笑)


でもオレもコミケには一度しか行ったことがないんで、勉強になります。

ちなみに只今『輝きの七日間』連載六回目読みました。危うく泣きそうになりました…。一日目でこれか~わくわく♪
Posted by ギルス at 2014年01月28日 21:12
自分もこういう方々には何度か遭遇しましたし、それなりに思うところはあります。
悪気は無いというのは多分事実でしょう。
自分に不都合な情報を無意識に認識から締め出してしまうようで、他者と自分の距離感が掴めないんだと思います。
だから自分にとって好ましいことしか話すことができず、自分にとって好ましいことを尋ねることしかできない。それによって好ましい関係を築けるとしか思えない。
一方、不快なことの主張、他者への攻撃にも同様の症状を持っているため、嫌った相手と折り合うこともできない。

訓練によって矯正できるんじゃないかとも思うのですが、その必要性を自覚することがまず困難でしょう。
遭遇した場合は対症療法的に叱りつけるしかないかもしれませんが、それによって教育できる等の期待は持たれない方が宜しいかと思います。
こちらが疲弊してしまうので。
Posted by 矢麻乃空彦 at 2014年01月31日 23:10
それは災難でしたね。
そういう人はカタログのマンレポにある顰蹙のページを読まないんだろうな。
いや、もしかしたらそれは顰蹙モノの行為だって事を自覚してない可能性が高いかもしれません。
Posted by なごやん at 2014年02月02日 04:19
副島隆彦さんがきつい言葉で追い払っても、
山本さんが文句言うまで反省しなかったバカもいるけどね。
Posted by 人のふり見てわがふり直せ at 2014年02月02日 10:18
 すみません、MK2さんのコメント、および塩田多弾砲さんの長文のコメントは削除させていただきました。その情報を書いちゃうと、XXが誰だか分かっちゃいますんで。
 そうか、僕以外の人にもけっこう迷惑かけてたんだな、あいつ……。

 あとクハ72さんとポコイダーさんのコメントも、ちょっと問題起きそうな部分があったので削除させていただきました。ごめんなさい。「素人がそういう診断をするのは問題がある」と言えば分かりますか?
Posted by 山本弘山本弘 at 2014年02月04日 15:27
>山本弘様

>すみません、MK2さんのコメント、および塩田多弾砲さんの長文のコメントは削除させていただきました。その情報を書いちゃうと、XXが誰だか分かっちゃいますんで。
 
 すみません。軽率でした。
 お手数とご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ありません。

>そうか、僕以外の人にもけっこう迷惑かけてたんだな、あいつ……。

 自分も後からそれを知り、呆れました。まあ、有名人や著名人とお近づきになりたい……ってな欲求がそうさせるのかもしれんですが。
 で、こうやって怒られて縁切られると、口汚く罵るのも共通してますね。XXも、自分のブログで山本さんの事をくそみそに言ってますし。

 しかし本当に、「いい加減にしろ」と言いたいです。
 夏コミに「心はいつも十五才」にお邪魔しようかと考えておりますが、その時に偶然にでも再会して、まとわりつかれたらと思うと。正直気が重いです。
Posted by 塩田多弾砲 at 2014年02月04日 20:34
 そういうことですか、これは失礼いたしました。

 会話というのは相手とペースを合わせることが必要なのですが、相手を置き去りにして自分のペースだけで突っ走ってしまうのがXXなのかもしれなせん。こういうことは僕にもあるのであまり他人のことはとやかく言えませんが……。
Posted by クハ72 at 2014年02月05日 22:54
マヌケな質問かもしれませんが、ご了承下さい。
××の言動は間違ってますし、多大な迷惑をかけているのだから批判されるのは当然なんですが。
なぜ名前を伏せて、名指しで批判しないのでしょうか?
××に対して制裁と他の人達にも注意を促す目的で名前を公開するのは一見正しい事のようにも思えるのですが…?
何も今回の山本先生の書き込みだけに限らず
例えば週刊誌やテレビ等の報道でも、犯人や悪い事をしているのが明らかな人物に対して仮名とかにして隠すのは何故なのか?

警察に逮捕されれば顔や名前はテレビで普通に公開されるにもかかわらず『警察24時』のテレビでは捕まった真犯人の顔や名前を隠すは矛盾しているような気がします…。

つまり個人やメディア等が悪人を批判する場合に対して名指しと伏せ字や仮名にする基準がいまいちよく分からないのです。よろしくお願いします。
Posted by 匿名 at 2014年02月06日 12:51
>匿名さん

 それをやると「いじめ」になっちゃうからです。彼のハンドルを明かせば、攻撃が集中するのは目に見えています。僕はそんなことは望みません。
 彼はおそらく、実生活でもコミュニケーション能力の欠如のせいで苦しい思いをしているはずです。僕も昔はそうでしたから、なんとなく推測はできます。実は彼に同情してる部分もあります。だから、それ以上に鞭打つことはしたくありません。

 XXのやってることは「不快」ではありますが、犯罪じゃありません。だから犯罪報道と同一視するのは間違いです。
 以前、jinkinisu888という人物について書いたのは、そいつの言動が悪意に満ちていて、まきちらしている害毒が大きすぎたからです。これはさすがに無視できないレベルでした。

http://hirorin.otaden.jp/e162054.html

 それに比べれば、XXに蒙った迷惑なんて、そんなにたいしたものじゃありません。
 罪に対しては、相応の罰が必要です。でも、罰の大きさは罪の大きさに見合うものでなくてはなりません。罪の大きさ以上の罰を求めてはいけません。
 過剰な罰を求めることは、正義ではなく単なる「うさ晴らし」ですし、容易に暴走する危険を秘めています。
 以前のエントリを参考にしてください。↓

http://hirorin.otaden.jp/e247570.html
Posted by 山本弘山本弘 at 2014年02月19日 13:47
というか、いつかのまどマギステマ男もそうだけど、どうしてとっとと運営に通報しないんですか?
「どっかいけ!立ち去れ!」なんて大声上げたら、他の参加者も驚くし、まわりのサークルにはもっと迷惑です。
さっさと運営に知らせたほうが、うまくいけばコミケから追放できるのに。
「同情してるから」「気持ちが分かる」なんて中途半端に情けをかけるから付け込まれるんでしょ。
周りの迷惑を考えるなら、自分だけで処理しないで通報するのが一番です。
Posted by MK2 at 2014年02月21日 10:45
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。