2013年12月25日

北原尚彦『SF奇書コレクション』

 昨日、著者の北原尚彦氏から献本が届いた。

http://www.webmysteries.jp/sf/kitahara1312.html


 以前に出た『SF奇書天外』の続編で、古今東西の様々なSF関係の珍本・奇本を紹介した本。『Webミステリーズ!』連載時から読んでたけど、このたび加筆修正のうえ一冊にまとまった。
 目次から書き写してみる。

・探し求めた『怪談十五夜』ついに入手!
・科学教育者が戦後初期に書いた『二十一世紀の秘密 ニュートピアの巻』
・勝手にコラボ・SF奇書コレクション版/星新一展『未来に挑むNEC』ほか
・『宇宙航路』の著者、L・ロン・ハバードのお話
・自動車がないと人々の生活はどうなる? 『車のない街』
・地方へ旅して、古本屋巡りをして出遭う、見知らぬ地方SF
・創元社初のSF? 『笑の話』
・軍人が書いた未来架空戦記SF『血の叫び』は××本だった!
・二十二世紀なのに未来感はほぼゼロの武術SF『合気道小説 神技』
・ウェルズの時代に書かれたゴルフSF『21世紀のゴルフ』
・三種コンボ先取り! 科学博で刊行の『象昆鳥』
・実はSF含有率が高かった〈原爆児童文学集〉(前篇)
・実はSF含有率が高かった〈原爆児童文学集〉(後篇)
・知られざる静岡SF作家・杉山恵一
・原子が少年になっちゃった『アトミーノは戦争がきらい』
・聞いたこともなかった児童SF『正義のロボット』
・知られざるSF新人賞受賞作『無意識の底で』
・南沢十七は異星でもハチャメチャ! 『天外魔境』
・遅れてきた新入会員・天瀬裕康=渡辺晋
・実在の市が住民ごと縮んでしまった『小さくなった町』
・東北の民話&童謡作家の書いたロストワールドSF『沙漠の下の海』
・『発酵人間』以上の価値があるレア本『三代の科学』
・映画化までされていた! 透明人間SF『忍術三四郎』
・木枯し紋次郎+ブラック指令が書いたSF劇『すばらしい新世界!』
・一九六〇年代にかくもディープな私家本が! 『宇宙生物分類学』
・『発酵人間』よりも奇書と言われては……『銀座快男児』
・人気作家が好きに書いた同人作品《チャリス・イン・ハザード》
・地球の危機そっちのけで拳法修業? 『燃える地球』
・意外な意外なロストワールドSF『巨龍と海賊』
・総まくり! 科学童話『原子の踊り』から二十一世紀のSF奇書まで

 などなど。目次見てるだけでわくわくしてくるでしょ?

 何より嬉しいのは、僕の『チャリス・イン・ハザード』を紹介してくださってること!
 それだけじゃない。『みづき・ふりーだむ!』『生徒会の百式』『オタクのグルメ』『僕らを育てたSFのすごい人』『シャナナのひみつ』『プラモ狂四郎を10倍楽しむ本』『AXEL全開!』『MADなボクたち』などなど、これまでに僕が出した同人誌がずらりと! 写真入りで! いや、僕が北原さんに頼まれてお送りしたんだけどさ。
 いやあ、自分の作品が伝説の『発酵人間』あたりと肩を並べて語られるって、感無量ですね。
 これ読んで冬コミに『チャリス』買いに来てくださる方、増えるかしらん。

http://hirorin.otaden.jp/e305055.html

 それにしても、知らない本がまだまだずいぶんあるもんである。この本で紹介されてる小説で僕が読んだのって(自分の同人誌を除けば)、三石巌『二十一世紀の秘密 ニュートピアの巻』、L・ロン・ハバードの『宇宙航路』、畑正憲『ゼロの怪物ヌル』、福井大記『アトランティス名古屋に帰る』ぐらい。南沢十七も『緑人の魔都』以外の作品、読んでみたいんだけど。誰か復刻してくれないものか。
 復刻と言えば、ハバードの『宇宙航路』が、あの元々社版のひどい訳ほとんどそのまま、21世紀になって復刻されているというのは驚いた。訳の版権が切れてるのか? 何にしても、あの訳は直して欲しいよ。ほとんど意味不明だったもの。
 あと、『アトランティス名古屋に帰る』もそうだけど、『地球外動体視力ゴルファー』とか、タイトルだけで気になっちゃうよね。

 他にも、岡部いさくと水玉螢之丞が兄妹で、父親が岡部冬彦だって、恥ずかしながらこれ読むまで知らなかったよ。意外というか、言われてみれば「ああ、なるほど」というか。
 意外と言えば、例の「百人斬り」事件で処刑された田中軍吉が、昭和8年に『血の叫び』という未来架空戦記小説を書いていて、しかもそれが発禁になっていたというのは意外。
 おまけにその発禁の理由ってのが、ものすごくしょーもないもので……こんなので発禁かよ! いやあ、あの時代の日本が言論の自由のない国だったことがあらためて実感できるね。
 しかも、「百人斬り」裁判のきっかけになった「悲願三百人斬りの隊長愛刀」という写真を載せた本の編者が、なんと山中峯太郎! これまた意外なつながりがあったもんだ。



同じカテゴリー(最近読んだ本)の記事画像
ビブリオバトル・チャンプ本『ゲームウォーズ』
同じカテゴリー(最近読んだ本)の記事
 星新一『きまぐれ星からの伝言』 (2016-09-14 18:05)
 『六花の勇者』で考えたこと (2015-10-12 15:45)
 ビブリオバトル・チャンプ本『ゲームウォーズ』 (2015-01-09 19:40)
 『ガンダムビルドファイターズ マニアックス』 (2014-11-07 14:35)
 原田実『江戸しぐさの正体 教育をむしばむ偽りの伝統』(星海社新書) (2014-10-06 10:54)
 『これが基本だ!リージョン・オブ・スーパーヒーローズ』 (2014-10-06 09:50)

この記事へのコメント
 なんだか、「と学会以外から出した、『トンデモ本の世界』」みたいですね。
 確かに、目次を見るだけでわくわくします。

「小さくなった町」、最近古いスーパーマンでキャンダーのエピソードを読んだので、こういう「縮小都市もの」には興味を惹かれますね。
 こういう書籍を見るたび、世の中には自分の知らぬ存在があるものだと気付かされます。もっとアンテナを広げなきゃあなあ自分。
 
 悪い言い方をしたら、こういった珍本や奇書は、「普通」じゃあない、「まとも」ではない、変な書籍。
 しかし、「変」ゆえの魅力があり、普通には無いたまらない、「吸引力」とでもいうべき抗いがたい魅力を持つもの。うーむ、その魅力がどこから来るのか、ぜひとも読みたいッスねえ。
Posted by 塩田多弾砲 at 2013年12月26日 01:04
細かい話で恐縮ですが、野田・向井両大尉の「百人斬り競争」と、田中軍吉の「三百人斬り」とは、全く別の事件です(同じ「南京裁判」で裁かれはしましたが)。

野田・向井の場合は、少なくとも「自分の「手柄」を吹聴した」という事実はあったようですが、田中の場合、山中峯太郎編の『皇兵』という本に愛刀の写真が掲載され、そのキャプションが「悲願三百人斬りの隊長愛刀助廣」だった、というだけの話だったのですから、大いに同情の余地はあるでしょうね。
Posted by ゆう at 2013年12月28日 07:45
山本先生、あけましておめでとうございます。今年も面白い作品を心待ちにしてますねん♪

ぐぬぅ…チャリス売ってくれてるんなら、時間作ってコミケ行ったのになぁ。気付くのが遅かったです。数日前に本屋3軒、大晦日に5軒ハシゴしましたが、『夏葉と宇宙へ三週間』売ってませんでした。しょうがない、Amazon発注するかぁ。

ちなみに幾ら待っても『輝きの七日間』が単行本化されないんで、しびれ切らして、SFマガジンのバックナンバーをポツポツ買ってます。そういえば、連載中は東日本大震災まっ只中でしたよねぇ…誌面が真っ暗です…

ちなみにスマートフォンに変えたら、虎の穴のネット通販があっさり出来て、『すごい科学で守ります! ディケイド編だいたいわかった』が注文した翌日届きました。なんでこー間が悪いかなーオレ(;ー_ーA
Posted by ギルス at 2014年01月02日 05:30
>ゆうさん

 ご指摘ありがとうございます。

>ギルスさん

 あのシリーズは学校図書館などの購入がメインらしく、書店にはほとんど並びません。
Posted by 山本弘山本弘 at 2014年01月23日 19:34
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。