2013年12月03日

『夏葉と宇宙へ三週間』

〔21世紀空想科学小説〕
夏葉と宇宙へ三週間
岩崎書店 1575円+税
12月9日発売

 小学6年生の夏休み、臨海キャンプの最後の日。突然、海の中から宇宙船が出現した。それに近寄った加納新(かのうあらた)と隣のクラスの首藤夏葉(すどうなつは)は、船内に吸いこまれてしまう。
 二人の前に現われたのは、夏葉の姿を借りた立体映像――この宇宙船ユーディシャウライン号のメインコンピューター・ユーディだった。ユーディは、この船のただ一人の乗員であるガルムイエ人の探検家ダリー・イスターンが死んでしまい、困っていることを告げる。ダリーが未開の惑星で発見した秘宝を届けるため、急いでガルムイエ星に帰還しなくてはならないのだが、宇宙船はニンゲン(知的生物)を乗せずに宇宙を飛んではいけない規則になっているのだ。
 ユーディに頼まれ、新と夏葉は宇宙の旅に出発する。目指すは銀河系の反対側、4万光年彼方のガルムイエ星。その途中、廃墟の惑星で恐竜に襲われたり、氷の惑星で遭難した宇宙船を調査したり、ロボット宇宙船ディアゴーンに追われて銀河中心の巨大なガスの渦に逃げこんだりと、様々な冒険を繰り広げる。
 ようやくたどりついたガルムイエ星で明かされる、10万年前の秘宝の謎。そして、思いがけない真実が明らかになる。

 小学生の頃、学校の図書室で、筒井康隆さんのSF童話集『かいじゅうゴミイ』(盛光社)を読みました。その中に、「うちゅうをどんどんどこまでも」という話が入っていました。
 博物館にあったロケットにこっそり乗りこんだ二人の子供。ちょっとだけ宇宙飛行を楽しむつもりが、地球に戻る方法が分からず、宇宙をどこまでも突き進んでゆく。ついに宇宙の果てにたどりつくと……。
 ラストのどんでん返しと、ものすごい「教訓」に、子供心に「おいおい、子供向けにこんな話書いていいの!?」とびっくりし、同時に大喜びしてしまったものです。

 この〔21世紀空想科学小説〕は、日本SF作家クラブ創立50周年を記念して、日本SF作家クラブと岩崎書店のコラボレーションで誕生したシリーズです。かつて小松左京さんや星新一さんや筒井康隆さんたちが子供向けのSFを書き下ろしたように、現代のSF作家が21世紀の子供たちに向けて新作SFを書き下ろすというものです。すでに北野勇作、東野司、藤田雅矢、林譲治、藤崎慎吾、梶尾真治、松崎有理氏らの作品が刊行されています。

SF作家クラブ/岩崎書店 「21世紀 空想科学小説」

http://sfwj50.jp/projects/iwasaki/

 この依頼を受けた時、真っ先に思いついたのは、「うちゅうをどんどんどこまでも」のオマージュをやってやろう、ということでした。男の子と女の子が宇宙船に乗って、宇宙をどんどん突き進んでいく話にしようと。さすがに宇宙の果てまで行くのはおおげさなので、4万光年ということにしましたが。
 あと、やはり子供の頃に読んだG・マルチノフの『宇宙探検220日』(講談社)という小説が心に残っていたので、タイトルも宇宙旅行の期間を入れようと思いつきました。だから「三週間」。
 僕が子供の頃に夢中になって読んだ児童向けSF、特に宇宙探検ものの面白さを詰めこんだつもりです。
 もちろん大人が読んでも楽しいはずです。古くからの僕の読者の方なら、『サイバーナイト』や『ギャラクシー・トリッパー美葉』を連想されることと思います。

 あと、筒井さんに敬意を表して、ラストで「おいおい」と言われるようなものにしようと思いました。お行儀のいい話はつまらない。子供向けでもこれぐらいやっていいよねと。
 どんなラストかは読んでのお楽しみ。きっと子供の心に残るもののはずです。

【12月25日追記】
 この〔21世紀空想科学小説〕シリーズは、あまり書店に並びません。お求めの方はAMAZONなどを利用されることをおすすめします。



タグ :PRSF

同じカテゴリー(PR)の記事画像
伊藤ヒロ×山本弘トークLive「僕らはエロい小説が書きたい!」
BISビブリオバトル部4 君の知らない方程式
夏コミ直前情報
『幽霊なんて怖くない』文庫化
新連載『プラスチックの恋人』
冬コミ直前情報
同じカテゴリー(PR)の記事
 伊藤ヒロ×山本弘トークLive「僕らはエロい小説が書きたい!」 (2017-12-14 19:02)
 今だから振り返ろうUFO再入門 (2017-11-15 22:17)
 あなたの知らないマイナー特撮の世界 総集編! (2017-10-25 18:20)
 『あなたの知らない「レトロ特撮」の素晴らしき世界 』 (2017-10-20 16:51)
 山本弘のSF秘密基地LIVE#72  もっとやろうぜビブリオバトル! (2017-09-17 20:28)
 ASIOS「UFO事件クロニクル」出版記念トーク (2017-09-17 20:19)

この記事へのコメント
 早速の新作!帰国後が楽しみ♪(←語学研修やれ)
Posted by toorisugari at 2013年12月03日 22:57
筒井さんのその小説は読んだことありませんが、エルガイムとゴーディアンは好きでした。
Posted by ワンナイト at 2013年12月04日 20:18
我が家の9歳の息子に薦めようと思います。
ところでそれぞれのカタカナの名前はアニメ番組のアナグラムですか?
Posted by ろぼ at 2013年12月05日 16:22
畜生、ライディーンもエルガイムもゴーディアンも好きだったのに、指摘されるまで全然気付いてなかったー(泣)
orz
Posted by ズバットン at 2013年12月08日 09:55
あちこち探しても見つからなかったので(売り切れ?)、近所の書店で注文した上でようやく購入できました!「夏葉と宇宙へ三週間」!!
岩崎書店には何のわだかまりもありませんし、山本先生の新作を新品で買わない理由なんてありませんからね!

今さっき読み終わって興奮さめやらないのですけど、小学生向けとはいえ、これぞまさに「山本弘の小説」といった感じで個人的には名作でした!
「アイの物語」や「去年はいい年になるだろう」や「サイバーナイト」や「サーラの冒険」を読んで感じた「山本先生らしさ」を全体的に感じて(繰り返しますが)名作だと思いました!
まさに子供たちに勧めたい作品ですよ。そしてぜひとも続編を……とも思いましたがリドルストーリーですから描かれる事はありませんよね(苦笑)。
でも個人的にはそのくらいかなり気に入った作品という事です。次回作も楽しみにしています!!
Posted by ドードー at 2013年12月17日 19:05
クソ忙しい仕事の合間を縫ってどうにか読了致しました。

小悪魔っぷりを遺憾無く発揮される夏葉嬢の将来が楽しみではありますが、ムーピーが実用化された時が人類の終わりなのは間違いないと思われます。
結果だけで言えば、物事の終わりは究極的には『死/無』への回帰な訳で、人として問うべきはその過程やそこへ向かう姿勢/意思なのではないでしょうか。


「時よ止まれ…そなたは美しい」
ンッン〜、名言だな。
Posted by 活字スキー at 2013年12月26日 23:50
▼「夏葉」書店で普通に買いました(@∀@) 児童文学の棚に入ってるから探すのが大変でしたが、その甲斐はありました。岩崎書店ですよ!SFですよ!これが買わずにおれようかというね。
・さっそく一気に読もうとしたら、これがなかなか進まない。ロボットアニメのタイトルを思い出すのに時間がかかるから(@∀@)みんなわかった自分をほめてあげたい。
・「銀河帝国の崩壊」みたいなど定番SFの骨組みに「エスパー魔美」のラブリー風味、「マップス」の奇想天外と危機一髪、「超革中」! 男子小学生が夏に図書館で出会うSFとしては申し分ないと思います。
・ところで、この表紙だと男子小学生より女子小学生のほうに先に手に取られてしまうのではないかという気もしましたが(実際、知人の娘の女子小学生は「キャンディ」がお気に入り)、最近の小学生の感覚はちょっとわからない。「超革中」が「リーパーズ」になるこんな世の中じゃ(@∀@) 案外男子も気がねなく手に取ってくれるのかもしれません。
・それにしても、「キャンディ」シリーズもそうなんですが、山本さんは少年少女にさりげなく危険な言葉を言わせよう言わせようと……いやなんでもないです。なんでもないんだっ
Posted by 九郎政宗 at 2014年01月25日 23:33
▼ところでちょっと気になったのですが、
・53ページ。サムゲタンのようにすっぱい、とありますが、もしやサンラータンのまちがいでは?サムゲタンはだいたい薄味で、塩で味付けするものですから。

既出でしたらすいません。
Posted by 九郎政宗 at 2014年01月25日 23:56
>九郎政宗さん

 おお、そうか、うっかりしてました! 確かに誤記です。ゲラチェックでも見落としてたなあ。

 固有名詞に関しては、地球の言葉(特に英語)のように聞こえないようにするために、アナグラムを使ったんですが……中にはかなり難易度高いのもあると思います。
 イラストは書いてる間ずっと、長谷川裕一さんのイメージだったんですが、上がってきたすまき俊悟さんの絵がなかなか良いんですよ、これが。ライトノベルほど露骨じゃないけど、適度に萌え入ってて。お気に入りです。
 ちなみに『超革中』も大好きですよ。ああいうのも書いてみたいですね。
Posted by 山本弘山本弘 at 2014年02月04日 15:42
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。