2013年11月13日

「インディアナポリス」問題:編集者の見解

 先日の「インディアナポリス」問題について、当の創土社の編集者からコメントが出ていた。

http://cthulhu8soudosha.blog.fc2.com/blog-entry-28.html

>ある博物館に入ろうとして受付で
>「インディアンについての展示がありますか?」と聞いたら
>入場を断られたという話もあります。


 アメリカには「The National Museum of the American Indian」という博物館があるのだが、ここで「インディアンについての展示がありますか?」と聞いたら入場を断られるのだろうか?
 つーか、「インディアンについての展示がありますか?」と訊ねただけで入場を断る博物館なんて本当にあるのか?
 ちなみに、この編集者の情報源は何かというと、

>上に揚げたことについて、私はほとんどネットで目にしているだけなので
>絶対本当か!と言われればなんとも言えません。


 ほとんどネットの噂かよ!?(笑)。
 さらにこの編集者はこうも書いている。

>「NGワード」というのは大手の出版社では厳密に決まっていて
>この手の読み物では担当レベルの意見をする余地がありません。
>「NGワード」とされているものは「理由の如何に拘らず弊社基準で使用不可」。


 本当だろうか?
 試しに、AMAZONでざっと検索してみた。日本では過去10年間にこんな本が出ている。
『アメリカ・インディアン法研究〈1〉』(北樹出版・2012)、『インディアン・スピリット』(めるくまーる・2011)、『はみだしインディアンのホントにホントの物語』(小学館・2010)、『写真でみるアメリカ・インディアンの世界』(あすなろ書房・2007)、『インディアンは笑う―あなたの厳しい現実もひっくり返す、ネイティブ・アメリカンの聖なるジョーク!』(マーブルトロン・2007)、『太ったインディアンの警告』(日本放送出版協会・2006)、『オールド・マン・ハットの息子―あるナバホ・インディアンの回想』(新思索社・2006)、『ネイティブ・アメリカンの世界―歴史を糧に未来を拓くアメリカ・インディアン』(古今書院・2006)、『アメリカン・インディアンの歌』(松柏社・2005年)、『コヨーテ老人とともに―アメリカインディアンの旅物語』(福音館書店・2005)、『アメリカ・インディアンの心もからだもきれいになる教え』(扶桑社・2005)、『インディアンカントリーへ』(ワールドフォトプレス・2004)、『ターコイズ―大地の贈り物インディアンジュエリー』(ワールドフォトプレス・2004)、『American Indian Potter』(講談社インターナショナル・2004)、『アメリカ・インディアンの知恵』(PHP研究所・2003)……。
 なんだ、小学館もNHKも講談社も「インディアン」って言葉使ってるじゃん!
 創土社ではどうだか知らないが、小学館やNHKでは「理由の如何に拘らず弊社基準で使用不可」なんかではないということだ。
 海外でも同様で、『American Indians and Popular Culture』(Praeger・2012)、『The North American Indian』(Taschen・2007)、『Real Indians: Portraits of Contemporary Native Americans and America's Tribal Colleges』(Melcher Media・2003)、『George Catlin's Souvenir of the North American Indians: A Facsimile of the Original Album』(Thomas Gilcrease Museum Assn・2003)などなど、「Indian」という単語をタイトルに使っている本はいくらでもヒットした。
 もちろん、これらの本に抗議があったなんて話はまったく聞かない。「“インディアン”という言葉を使ったら100%抗議が来る」というのは妄想だと断定してよかろう。

 さらに、僕がいちばん驚いたのはここ。

>ましてや、人を楽しませようと思っている娯楽小説!
>なんでわざわざそんなリスク(人を傷つける)を冒す必要があるのか…。


 ちょっと待てえええええええ!

 あんた、自分とこの会社がラヴクラフトについての本出してるって自覚あるのか!?
 ラヴクラフトの書いた「娯楽小説」にどんだけたくさんの差別的表現があるか分かってて言ってるのか?
 ラヴクラフトはファシストを自認する保守主義者であり、KKKの活動を賞賛していた。彼は中国人街を訪れた際の印象を、友人への書簡の中でこう書いている。(出典は『幻想文学』6号「特集・ラヴクラフト症候群」だったと思うんだけど、現物が書庫から出てこないので、『クトゥルフ・ハンドブック』からの孫引きで済まさせていただく)

 あの奈落に棲息している確かに有機体にはちがいないもの――あのイタリア・ユダヤ・モンゴルもどきども――は、いくら想像を逞しゅうしても、とても人類の名に価するとは思えません。ピテカントロプスとアミーバのぞっとする、ねっとりした混成物です。汚染した大地の吐き出す臭穢な泥土をいい加減に捏ね回したあげくの泥人形――奴らは、あるいは屍体に湧く蛆虫の蠢動するごとく、あるいは深海に棲息する気味悪い生き物のごとく、建物の窓や戸口から、悪臭ふんぷんたる路上へ沁みだし、湧きこぼれているのです。(後略)
(森茂太郎訳)

 そう、ラヴクラフトは人種差別主義者であり、イタリア人、中国人、ユダヤ人、黒人などに対する強烈な嫌悪を隠さなかった。そして、彼の作品にしばしば登場する、人間と異生物との混血というモチーフ(「インスマウスの影」「ダンウィッチの怪」「アーサー・ジャーミン卿の秘密」など)は、彼の異人種への嫌悪と表裏一体なのだ。
 これはべつに秘密でもなんでもなく、ラヴクラフトについてちょっとでも調べたことのある人間なら誰でも知っている事実である。そして、彼の考え方は当時のアメリカの白人にはよくあるものだった。
 ラヴクラフト作品を容認するということは、彼の生きていた時代の考え方を理解するということ、彼が抱いていた人種偏見に対して「今では許されないけど、この時代の人だからしかたがない」と許容することを意味する。
 僕もラヴクラフトの抱いていた人種偏見には嫌悪を覚えるけど、彼の生きた時代を考慮して、しかたがないことだと思っている。
 もちろん、現代で同じことを言う奴がいたら許さないけどね。

「インディアン」という言葉は偏見? そうかもしれない。でも、1940年代の人間がそういう言葉を使うことは許容しなくちゃ。
 昔の人間の偏見を許容できないということは、ラヴクラフトを許容できないってことになっちゃわないか? それも「クトゥルー・ミュトス・ファイルズ」なんて本を作ってる編集者が?
 そのへんの葛藤がまるで感じられないんだよなあ、この文章からは。

 あと、結局、「インディアナポリス」はどうなるんですか?(笑)



同じカテゴリー(差別問題)の記事画像
鬼怒川水害をめぐるデマ・2
お前の行為はアイコンに恥じないものなのか?
まだある、嫌韓デマ
同じカテゴリー(差別問題)の記事
 鬼怒川水害をめぐるデマ・2 (2015-09-14 20:53)
 お前の行為はアイコンに恥じないものなのか? (2015-07-13 19:36)
 ムー愛読者はと学会を経てネトウヨになる? (2014-10-25 16:58)
 まだある、嫌韓デマ (2013-12-25 15:43)
 「インディアナポリス」問題:部落解放同盟の見解 (2013-11-13 18:09)
 「インディアナポリス」問題:「差別語」はなぜ生まれたか (2013-11-13 17:58)

この記事へのコメント
この人、新人というか若い編集者なんですかね?というか、自社の商品の内容も把握してないとか、上司(編集長?)はこの編集者の発言と行動を知っているんでしょうか……?
上司も同類とかだったら救いようがありませんが、差別用語以前に、明確なソースも挙げられないのに伝聞と憶測を元に回答するとか、一部の2ちゃんねらーのごときダメダメな部類の対応じゃないですか……。
これ本当に、差別用語以前に、マズいんじゃないですか。この人。会社の信用を下げるような真似をしてるんですけど、社会人としてこれは……。
Posted by ドードー at 2013年11月14日 03:14
しかし、こんな、伝聞と憶測に基づいてブログに文章をアップするという、社会人の対応としてどうかという編集者がいる会社の本、(山本先生には悪いですが)1700円出してまで購入しようという意欲が失われつつあります……。今後の対応次第ですが、図書館に置いてあったら読んでみようという気になりつつあります……。すみません……。
Posted by ドードー at 2013年11月14日 03:35
インディアンについての展示がありますか?」と聞いたら入場を断られたの真偽はわかりませんが、
現代アメリカにおいてインディアンという単語を使うことをタブー視して、
インディアンという単語を口にしただけでレイシストのレッテルをはって追い出す人たちがいるのは事実だと思います。
じゃあ、なんでアメリカン・インディアンなんて看板が堂々と出ているのかと言うと、
自分達はアメリカン・インディアンだと自己主張するグループが存在しているからです。
彼らは逆にネイティブ・アメリカンという呼称が差別だと主張しているので、
アメリカン・インディアン博物館で「ネイティブ・アメリカンについての展示がありますか?」と聞いたら否定的な返事が返ってくる可能性が高いと思います。

アメリカでは政治家がインディアンをネイティブ・アメリカンと呼んだらそれはインディアンの存在を否定する民族絶滅政策だと抗議されることすらあるのです。

アメリカでは色々なところで呼称問題が起きています。
複雑怪奇に政治問題がからんでいるので難しいですが、
ネイティブ・アメリカンとアメリカン・インディアンについての議論はこのあたりで概要はわかるかと思います。
https://en.wikipedia.org/wiki/Native_American_name_controversy

山本先生がこれからも言葉狩りや理不尽な規制に負けないことを期待して応援いたします。
Posted by 亜留間次郎 at 2013年11月15日 09:50
 こう言っちゃなんですが、この編集の方。

「トラブルを起こされるのはごめんだ。とくに自分に矛先向けられるのはもっとごめんだ。だから作家諸氏はそんな面倒な事はやめてくれ」

 ……って言いたいのだと。一読したら、そう感じてしまいました。

 というか、社長が云々ってのを聞いても、正直げんなり。
 もし社長が、この人の言っているような人だったとしたら。不寛容ってレベルじゃないだろ。「俺が気に入らんからこれは使うな。反論は許さん」って、どこの体育会系的な頭の悪さだよ。

 コメント欄を見ても、かなり叩かれている様子。
 で、「問題の矢面に立ちたくないだけではないか」との問いに対し「十分矢面に立ってませんか?」と回答。
 正直、この程度では矢面に立ったとは言えんでしょうに。失礼ながら、一人の作家から抗議をうけ、それに対し回答して、コメント欄で叩かれてるだけ。それで「差別表現に関して矢面に立った」というのは、ちとどうなのよ。

>1940年代の人間がそういう言葉を使うことは許容しなくちゃ。
 昔の人間の偏見を許容できないということは、ラヴクラフトを許容できないってことになっちゃわないか?

「今現在では差別や偏見にあたる表現なので、これは現在は使えません」ってんなら、当時の書籍なんか出すなよ……と思うのですが。
 それに、こういう事が続くなら。
「1940年代に、インディアンを差別し偏見の目で見ていた人が、後に自分の差別や偏見が誤りだと気付き、その過ちを正そうとする」
 ……というような物語すら、「差別や偏見の表現してるからだめです」ってな事になるのに。
 差別や偏見を否定するために、あえてそれらの酷さ・悪辣さを描く。しかしそれらも駄目って事になる。
 
 この編集者さん。本音は、

「○○さえなければ、問題も起こらない。だからそんなトラブルの元になるような事は言うな語るな表現するな。対処するのに面倒なんだよ」

 ……ってとこじゃなかろうかと、邪推してしまいます。

 作家と会社の上司との板挟みになり、立場的にも苦しいのはわからんでもないですが。
 ただ、今回のこの件で、創士社ってとこは「不寛容な社長と、責任逃れする編集者が在籍する出版社」だという事は覚えておきます。 

 あと、

>>「1人でも不快に思う人がいるなら、その言葉を使うのを控えるべきだと思うんです」

 自分はこの人の、とある方への返答を読み不快になりました。
「きっと普段から素敵な文章を書かれる方なんでしょうね」という箇所に、皮肉と多少の嘲りが込められているのを感じ取ってしまい、実に不愉快です。

 ご自身が言われるように「一人でも不快に思う人がいるのなら、その言葉を控えるべき」というのなら、「素敵な文章」などという言葉は今後使用せず、当該箇所を削除すべきです。

……などという、莫迦丸出しな自分の上記の主張も、
「一人でも不快に思う人がいるなら、使うのを控えるべき」
ってんなら、従わなくちゃならなくなるんですが。

 でも本人にこう言ったところで
「自分はそんな事を言わないし、そもそもそんな主旨ではない」
「そんな突拍子もない事を言われても困る」
 などと言ってスルーしそうな気がします。
Posted by 塩田多弾砲 at 2013年11月16日 12:21
先日は本を買わないという旨のコメントをした私ですが、本屋で平積みされてて周りの本より売れてるようなので買いたくなった自分がいました。
が、試しにあとがきを読んでその気持ちも吹き飛びました。例の女性編集者、あのように作品愛があるような事を書いていながら本心では「たかが娯楽小説」としか思っていない。
ネット上の裏も取れてない話を根拠に(せめて誠意があるならその情報が載ってるサイトへのリンクを載せるべきです)あのような記事をブログに載せる。
仕事を舐めてるとしか思えません!よってあのような仕事を舐めてる編集者には一銭も払いたくないので買うのは取り止めました。
山本先生、あの本は私が本屋で見た限りでは売れてます。だから私一人が買わなくたって大丈夫のはずです。
私は購入とは別のルートで読む事にします。手に入れる手段は違っても作品の価値に変わりはないはずですから。
ファンとしては購入したかったのですが真に残念です。しかしああいう人が見当違いな配慮で無自覚に差別を助長するんでしょうなあ……。
Posted by ドードー at 2013年11月19日 15:15
断っておきますが、私は11/9の「「インディアナポリス」は差別語か?」を読んだ時点ではまだ購入するつもりでした。
編集者の対応には引っかかりを感じたものの「文章は直すけどブログで説明」で話はついてると思ってましたから。
ところが、件の女性編集者はあやふやな伝聞と憶測であのような内容の記事をブログにアップするなんて!
正直、あの記事がブログにアップされなければ(多少は引っかかりは感じたものの)あの本を購入してましたよ。私は。
あの人、ホントに社会人として大丈夫なんでしょうか。上司に報告した上であの内容の記事なんでしょうか。
どうも会社の名前を背負っているという意識が希薄な気がするんですけど。
まあ、彼女が身内だったら一言言ってるところですが、見ず知らずの他人ですからねぇ。
それに上も知っての事なら会社自体が「ネット上の裏も取れてないあやふやな話をもとにブログでコメントをする」いい加減な会社だと評価するだけですし……。
ああ、それにしても山本先生の作品が載ってる本をこんな理由で購入を見送る事になるなんて!!
あの女性編集者のせいで傷つきましたよ!私の心は!おそらく今後、彼女が関わっている本を購入する事はないでしょう。
どうしても読む必要があるならブックオフか図書館です。ああ、腹立たしい!腹立たしい!!
Posted by ドードー at 2013年11月19日 22:39
>ドードーさん

>ブックオフか図書館です。

 よし!私も!!!(馬鹿)
Posted by toorisugari at 2013年12月03日 23:03
編集者のブログコメントに山本の文章を丸コピペして投稿してるバカがいた 
しかもHNがよりにもよって「山本弘代筆」だと。何様のつもりなんだろうな 

そしてその下に藍染隊長がいるのには笑ったww

コピペした奴はどうしようもない馬鹿だが相手方の見解を引き出したのは興味深い 
社内規則として明文化されているなら従わざるを得ないだろう 
特に社長のお達しならなおさら生活をかけて反抗するわけにはいかない 
ともあれ編集者個人を頭がおかしいと罵倒するのは行き過ぎではないかな 

山本は個人事業主だからその辺の事情が理解できないんだろう 
交渉の席で会社の方針だと説明はされているはずだしね
Posted by K.S at 2013年12月05日 21:44
>K.Sさん

個人的にはこの編集者個人の問題であってほしかったですよ。
会社自体がそうだとしたらなおさら救いようがありませんから。
しかし、そうなるとますますこの会社の本を買うわけにはいきませんね。絶対に。
(現物は未確認なので)立原透耶先生が参加してる本にあの女性編集者の解説がもしも無ければ買おうかとも思い始めていただけに……。
会社自体がそういう会社だとしたらねぇ……。
Posted by ドードー at 2013年12月07日 20:14
ただ、K.Sさん

>頭がおかしいと罵倒

そこまでは山本先生も誰も言ってないしやってないと思いますよ。
私個人としては仕事と読者への説明責任を舐めているような彼女の態度には腹が立ちますがね。
ただ、会社ぐるみという事なら、個人的にあの会社の本とは縁を持ちたくないですが。
Posted by ドードー at 2013年12月07日 20:44
>ドードーさんへ

 怒りはもっともですが、当の作家のブログで「ブックオフか図書館です」と書くのは非常識すぎやしませんか(笑)。
 いや、僕は笑って許しますけど(それこそ1人ぐらい読者が減ってもどうってことないですから)、ただ、作家によっては「先生の本はブックオフで買います」とか「図書館で借りて読みます」と言われるのを、非常に不愉快に感じる人がいることも事実です。理由は言わなくても分かりますよね?
 すべての人間に不快感を与えないのは不可能ですが、だからと言って、わざわざ相手を(それも敵ではない人間を)不快にすることもないでしょう?
 
Posted by 山本弘山本弘 at 2013年12月07日 21:02
>K.Sさん

>編集者のブログコメントに山本の文章を丸コピペして投稿してるバカがいた
>しかもHNがよりにもよって「山本弘代筆」だと。何様のつもりなんだろうな

 それ、読みました。すげえ腹立ちました。

 やい、「山本弘代筆」などというハンドルを使った奴! こんなことをして僕が喜ぶとでも思ってんのか!
 言いたいことがあるなら自分の言葉で語れ! 他人の文章を盗むな!
 貴様には自分の脳ミソというものはないのか!?
 おまけに、ただコピペするだけじゃなく、僕の文章の「この編集者」を「あなた」に書き換えてるよな!?
 それは「改竄」と言って、ものすごく悪いことなんだぞ!

 はっきり言って、こんなモラルの麻痺した奴に味方してほしくねーわ!
Posted by 山本弘山本弘 at 2013年12月07日 21:13
思わず鼻を吹いてしまったが、K.Sという人の投稿のうち、上の3行は私が2chノベルキャラ板の山本弘スレに書き込んだ内容です。
URLを貼るのは控えるけれども、検索して確認してみてください。155が私、その下の文が156で、おそらくK.S氏とは別人でしょう。
ちなみに山本先生は、ご自分のスレッドを見たりしないのですか?
Posted by ノベルキャラ板のジョン・スミス at 2013年12月07日 21:32
山本先生、私も怒りのあまりに熟慮と冷静さを欠いていました。本当にすみませんでした。
「魔獣めざめる」の黒焔や「茜色の空の記憶」のあの妖怪さん状態でした。まことに申し訳ありません……。
あの女性編集者の態度が私の怒りのツボを的確に連打したとはいえ、あのような暴言を吐く理由にはなりませんね……。
たいへん申し訳ありませんでした……。
Posted by ドードー at 2013年12月07日 21:43
>当の作家のブログで「ブックオフか図書館です」と書くのは非常識すぎやしませんか(笑)。

この発言の内容はもちろんその通りだと思いますが。

自分が販売にかかわった(書いた)本について、
不買運動につながりかねない内情を暴露するのも、
一般的には非常識といわれるのではないでしょうか。

その話の流れで常識を語るのは、
ダブルスタンダートと言われかねないと思います。

もちろん常識と非常識の境目は人によってかなり違うところにひくことができますので、
ダブルスタンダートのつもりはない、のでしょうけれど。


ただ、常識とかよりも正論を重視して一刀両断にするコメントを楽しみに見に来ているファンからすると、
少し残念に感じました。
Posted by まりも at 2013年12月15日 14:13
>山本さん

>当の作家のブログで「ブックオフか図書館です」と書くのは非常識すぎやしませんか(笑)。
>作家によっては「先生の本はブックオフで買います」とか「図書館で借りて読みます」と言われるのを、非常に不愉快に感じる人がいることも事実です。

 本当に申し訳ありませんでした。『C&Y』『アイの物語』『去年はいい年になるだろう』『地球移動作戦(文庫版)』やウルトラマンチャリティーをはじめとしたコミケでの本等、新品で買えたものも多いのでお許しください。

 あまりにも無神経な(ドードーさんのコメントに便乗した)コメントを書き失礼しました。『ヒロシです。2』に書かれていた「『ヒロシです。』が発売された翌日、ブックオフで見かけました。かなり見たくない光景でした」という文章を思い出しました。
Posted by toorisugari at 2013年12月19日 18:37
> ノベルキャラ板のジョン・スミスさん

 うわあ、ほんとだ! まさか「丸コピペして投稿してるバカがいた」という文章自体が丸コピペ投稿だとは思いもよりませんでした。お教えいただき、ありがとうございます。
 しかも、このK.Sという奴、この後もまたやらかしてるんですよ。自分の文章のように見せかけて、唐沢俊一氏がブログに載せた文章を丸コピペして、このブログに投稿してきやがりました! さすがに気がついて削除しましたけどね。
 僕が唐沢氏の文章に気がつかないとでも思ったんでしょうか? バカにされたもんです。
 こんなことをして何が嬉しいんですかね? 動機がまったく不明です。何の得にもならない純粋の荒らし? 頭がおかしいとしか思えません。

>ちなみに山本先生は、ご自分のスレッドを見たりしないのですか?

 ネットで自分の本の書評は読みますけど、2ちゃんねるのスレッドはすべてスルーしてますね。あまりにも不毛すぎるんで。そもそも僕の本を読んですらいない人間が多すぎます。本の悪口書くにしても、せめて読んでから書けよと(笑)。
Posted by 山本弘山本弘 at 2013年12月25日 15:04
>山本先生

ええ、全くですね。2ちゃんねるの山本弘スレなんざ見る必要0ですよ。
例のまどマギアンチのBみたいな救えない連中がごろごろいますから。

かつて存在した妖魔夜行&百鬼夜翔スレでも「山本弘は「真夜中の翼」で日本批判をしてた」(そんなシーンは無い)とか
「百鬼夜翔シリーズがクソ展開なのはシリーズの中心にいる山本弘が悪い」(山本先生がグループSNEを辞めてる事すら知らない)とか
「百鬼夜翔の世界観がクソみたいに変化したのは山本がミレニアムで改悪したからだ」(百鬼夜翔の企画が先にあってそれに沿ってミレニアムでの世界観の変化が描かれたんですよね)とか。
で、「山本弘は百鬼夜翔から退いて関わるな」と滑稽な主張をしていたのがけっこういましたしね。
彼らにとってまさに山本先生が設定とかにほとんど関わっていない理想のシリーズだったはずなんですけれどね〜。百鬼夜翔。
不毛ですよ。まったく。
Posted by ドードー at 2013年12月26日 12:04
>山本先生
返信頂きありがとうございます。
ドードーさんも仰っていますが、それが賢明かと思います。
アンチとも言えないような荒らしと、ファンとは思えないような荒らししかいませんので。

それにしても先日の某コメント欄からのコピペ投稿と言い、しょうもないのに付き纏われているようですね。
お気を付け下さい。
Posted by ノベルキャラ板のジョン・スミス at 2013年12月26日 21:17
山本先生の「すげえ腹立ちました」の文章、編集者のブログコメントにありました([山本弘のSF秘密基地]リンクとメールアドレスが貼り付け)が先生本人ですかね?
Posted by K.Y at 2013年12月28日 23:16
>K.Y さん

>先生本人ですかね?

 知りませんよ、そんなの。いいかげんにしてほしいです。
Posted by 山本弘山本弘 at 2014年01月23日 20:33
 見てきました。訂正しようにも、僕の名前で書きこんでも偽者と区別がつかないだろうし……腹立つなあ、こういうの。
 何が正しいことかなんてぜんぜん考えてなくて、ただ単に僕を不快にするためだけにやってるんですかね? 最低ですね。 
Posted by 山本弘山本弘 at 2014年01月24日 18:58
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。