2013年11月09日

「あなたの知らないマイナー特撮の世界#6」

Live Wire 13.11.29(金) なんば紅鶴|山本弘のSF&トンデモNIGHT#28

あなたの知らないマイナー特撮の世界#6

『ウルトラマン』や『仮面ライダー』や『ゴジラ』ばかりが「特撮」じゃない!
 一世紀以上に及ぶ特撮の歴史の中には、一般にほとんど存在を知られていない作品、よほどの特撮マニアでさえ言及することの少ない作品が山ほどあるのです。
 歴史の闇に埋もれたそうした作品の再評価や、作品の生まれた時代背景、特撮シーンの見どころなどを紹介しつつ、愛にあふれるツッコミを入れまくろうというのがこの企画。
 前回紹介したのは1973年までの作品でしたが、今回も第二次怪獣ブームの70年代黄金期のマイナー番組について、特撮をこよなく愛する小説家でゲームデザイナーの友野詳さんと、特撮マニアでB級アイテム・コレクターの鋼鉄サンボさんからなる、「ナニワの特撮三兄弟」が熱く語ります!

[出演] 山本弘(SF作家/と学会会長)、友野詳(小説家、ゲームデザイナー)、鋼鉄サンボ

[日時] 2013年11月29日(金) 開場・19:00 開始・19:30

[会場] なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F / Tel. 06-6643-5159)(地図)
     南海なんば駅より南海通り東へ180m・駐車場有

[料金] 1500円
(店内でのご飲食には別途料金がかかります。入場時に別途ワンドリンクをご購入いただきますのでご了承ください)

 前売り券はこちらから。

http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=65370969

--------------------------------------

 すっかり恒例になったこの企画。いったいいつになったら70年代が終わるのかと(笑)。話すことが多すぎるんですよね。
「70年代後半からは作品数が激減するんでさくさく進むんじゃないか」とは言ってるんですけどね。
 今回も『日本沈没(TV版)』とか『マッハバロン』とか『ノストラダムスの大予言』とか『エスパイ』とか、話すこと多そうだなあ……。


タグ :PR特撮

同じカテゴリー(PR)の記事画像
BISビブリオバトル部4 君の知らない方程式
夏コミ直前情報
『幽霊なんて怖くない』文庫化
新連載『プラスチックの恋人』
冬コミ直前情報
コミケ直前情報:『ミステリー・ゾーン』徹底解説
同じカテゴリー(PR)の記事
 今だから振り返ろうUFO再入門 (2017-11-15 22:17)
 あなたの知らないマイナー特撮の世界 総集編! (2017-10-25 18:20)
 『あなたの知らない「レトロ特撮」の素晴らしき世界 』 (2017-10-20 16:51)
 山本弘のSF秘密基地LIVE#72  もっとやろうぜビブリオバトル! (2017-09-17 20:28)
 ASIOS「UFO事件クロニクル」出版記念トーク (2017-09-17 20:19)
 テレビに出演します (2017-08-28 20:32)

この記事へのコメント
「前売り券はこちらから」のリンクがありません。
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=65370969
ですよね。
Posted by Kow at 2013年11月10日 12:33
 おおっ、マッハバロンを語られますか!
 ぜひとも「やる気あるのかララーシュタイン」「特徴的なOP主題歌」「マッハバロンのスタイリッシュなデザイン」なども語っていただきたいところです。
 同時期の「電人ザボーガー」は……さすがに無理でしょうか。

 でも、昨今の特撮も良いのはありますが、この当時の作品ラインナップを見直すと、「今もこの頃のように、もっと多くの作品が作られないかな」と思う事があります。時代も異なるし、社会も異なる、求められていたものも異なるってのは分かりますけどね。
 パシリムも、続編が動いているようですし。日本特撮も負けないで再燃してほしいと切に願います。
 よし、まずはとりあえず。家にあるマッハバロンの玩具で遊ぼう(爆
Posted by 塩田多弾砲 at 2013年11月10日 14:31
>Kowさん

 ご指摘ありがとうございます。修正しました。
Posted by 山本弘山本弘 at 2013年11月13日 16:56
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。