2013年09月19日

「あなたの知らないマイナー特撮の世界#5」

Live Wire [207] 13.9.27(金) なんば紅鶴|山本弘のSF&トンデモNIGHT#26

「あなたの知らないマイナー特撮の世界#5」

 『ウルトラマン』や『仮面ライダー』や『ゴジラ』ばかりが「特撮」じゃない!  一世紀以上に及ぶ特撮の歴史の中には、一般にほとんど存在を知られていない作品、よほどの特撮マニアでさえ言及することの少ない作品が山ほどあるのです。
 歴史の闇に埋もれたそうした作品の再評価や、作品の生まれた時代背景、特撮シーンの見どころなどを紹介しつつ、愛にあふれるツッコミを入れまくろうというのがこの企画。第二次怪獣ブーム真っ盛りの1970年代。有名作品の影に埋もれたマイナー作に、愛あるツッコミを入れていきます。
 今回も、特撮をこよなく愛する小説家でゲームデザイナーの友野詳さんと、特撮マニアでB級アイテム・コレクターの鋼鉄サンボさんのトリオ、おなじみ「ナニワの特撮三兄弟」でお送りします。。


[出演] 山本弘(SF作家/と学会会長)、友野詳(小説家/ゲームデザイナー)、鋼鉄サンボ

[日時] 2013年9月27日(金) 開場・19:00 開始・19:30

[会場] なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F / Tel. 06-6643-5159)(地図)南海なんば駅より南海通り東へ180m・駐車場有

[料金] 1500円
(店内でのご飲食には別途料金がかかります。入場時に別途ワンドリンクをご購入いただきますのでご了承ください)

前売りなどの情報はこちら。
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=62210923
------------------------------------------

 予告が遅れてごめんなさい。今月もやります。
 前回は予想通り、1971年と72年だけで終わっちゃいました。この2年だけでものすごい数の特撮番組・特撮映画があったんですよ。ざっと上げると、

【1971】
宇宙猿人ゴリ(スペクトルマン) 帰ってきたウルトラマン ミラーマン 仮面ライダー 好き! すき!! 魔女先生 シルバー仮面
アンドロメダ… 地球爆破作戦 恐竜時代 ゴジラ対ヘドラ ガメラ対深海怪獣ジグラ

【1972】
ウルトラマンA 緊急指令10-4・10-10 トリプルファイター 変身忍者嵐 超人バロム・1 人造人間キカイダー アイアンキング 愛の戦士レインボーマン サンダーマスク 突撃! ヒューマン!! 快傑ライオン丸 ワイルド7 レッドマン 行け!ゴッドマン タイム・トラベラー 怪人オヨヨ 少年オルフェ 続タイム・トラベラー
時計仕掛けのオレンジ そら見えたぞ、見えないぞ 地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン 怪獣大奮戦 ダイゴロウ対ゴリアス

 ほんと、今から思うとすごい時代だったんだなと。
 73年と74年も、72年と同じぐらい多くて、これだけでやはり2時間潰れそうです。
 



同じカテゴリー(PR)の記事画像
『幽霊なんて怖くない』文庫化
新連載『プラスチックの恋人』
冬コミ直前情報
コミケ直前情報:『ミステリー・ゾーン』徹底解説
星雲賞受賞の言葉
新刊『世界が終わる前に BISビブリオバトル部』
同じカテゴリー(PR)の記事
 特撮ファンのための戦争映画入門 (2017-07-21 20:42)
 山本弘のSF秘密基地LIVE「世界の怪獣総進撃!」 (2017-06-17 19:17)
 あなたの知らないマイナー特撮の世界RETURNS (2017-05-19 22:24)
 『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』発売記念イベント (2017-04-07 19:39)
 新刊『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』 (2017-04-07 19:09)
 LiveWire:またしてもニセ科学を楽しもう! (2017-03-06 17:23)

この記事へのコメント
>山本さん
>予告が遅れてごめんなさい。

 ご自身のページ(山本弘のSF秘密基地)には早い段階で予告の記事がアップされていましたし、お忙しかったのでしたらそこまで気になさらなくても良いのでは?勘違いや早とちりで度々ご迷惑をおかけしている上、来年まで日本国内のイベントに参加できない私が言っても、説得力がないかもしれませんが…
Posted by toorisugari at 2013年09月21日 00:47
 ううっ、このイベントの書籍化。してほしいです。

 というか、パシフィック・リムの記事で思ったけど、今の日本において「特撮」そして「怪獣」が蔑ろになってしまってるのは、「特撮」「怪獣」が、新たな世代に知られてないから……と思うんですよね。
「巨大ロボ」に関しては、ゲームにおいてスパロボ、および戦隊やトランスフォーマーなどでなんとか出てはいますが、やはり盛んとは言えないし。
 特撮そのものは、日朝の戦隊とライダー、そしてウルトラマン列伝くらい。昨年にザボーガーのリメイクが為されたけど、それも一時的なブームに終わってしまったし。
 だからこそ、より多くの人たち、特に若い世代に「特撮はこんなにもスゴイ、面白いもの」「かつての日本は、これだけ特撮ものが和洋問わず盛んだった」と教え知らしめ、「こういうのを、自分たちの世代でも見たい・作りたい」と思わせるような「動機」とできないか……と思うのです。
 このようなイベントが、そのような人たちを生み出すきっかけになればと、切に願うものです。

 しっかし、70年代ってスゴイ時代だったんですねえ。
 74年の「電人ザボーガー」「マッハバロン」は、もし語られるんなら次でしょうか。っても、両者とも結構メジャーですから、「マイナー特撮」とは言えないかもですけど。
 
Posted by 塩田多弾砲 at 2013年09月24日 15:11
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。