2013年09月19日

『RWBY』はやっぱりいい。

 前に書いた『RWBY』の話の続き。

http://hirorin.otaden.jp/e289532.html

 8話が素晴らしかった。まさに「神回」というやつ。

RWBY Episode 8: Players and Pieces
https://www.youtube.com/watch?v=ctiDu69kIho


 特に後半、主要キャラ8人による、2体の大型モンスターとのボス戦が燃える。『Dead Fantasy』で培ったテクの数々を惜しげもなく注ぎこみ、三次元空間を巧みに使った、まさに立体機動のアクション。4人が一列に並んで遠距離攻撃かけるところも胸が熱くなるけど、なんといっても最高なのは、巨大怪鳥にとどめを刺すルビーの豪快な技! これはしびれる。
 ルビーの鎌もいいけど、ノーラのハンマーの使い方もかっこいいよなあ。
 快感の秘密のひとつは、歌の使い方。劣勢に立たされてた主人公側が、テーマソングが流れ出すと反撃に転じて、歌の終わりで必殺技で仕留めてビシッとポーズを決めるってのが、日本のアニメや特撮ものが昔から洗練させてきた手法なんだよね。『コン・バトラーV』とか。
 このバトルだけ、20回以上は見直した。

 ストーリー的にも、これまでずっとルビーのことをバカにしてたワイスが、ようやくルビーの実力を認め、最後は息の合った連携プレーで敵を倒すのが、お約束とはいえ気持ちいい。ずっといいところのなかったジョーンくんが、やっと才能があるところを見せたのも嬉しい。
 最後はチームRWBYの結成、そして次回への引きと、どこまでもサービス精神旺盛だ。

 9話からまた学園を舞台にした日常コメディ路線に戻ったんだけど、ワイスの寝顔とか、4人の制服姿とか、これまた萌ポイントがいろいろ。
 ギャグもけっこう面白くて笑っちゃう。どこの世界に美少女が鼻ほじくるところをドアップで見せるアニメがあるのかと(笑)。

 というわけで、今、ものすごく『RWBY』にハマっちゃってるもんで、あんまり日本のアニメ観てません。ごめんなさい。『ヤマト』とか『げんしけん二代目』とかは観てるんだけど。

 あっ、日本に輸入する時は喜んでノヴェライズ書かせていただきますので、お声をかけてください>出版社の方。



同じカテゴリー(アニメ)の記事画像
作品の枠を超えたキャラクター対比図
同じカテゴリー(アニメ)の記事
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.6 (2017-02-17 18:52)
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.5 (2017-01-21 18:24)
 『この世界の片隅に』 (2016-11-18 20:22)
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.4 (2016-11-18 20:00)
 弱者が常に正しいわけじゃない (2016-10-12 19:25)
 映画『聲の形』 (2016-10-12 18:37)

この記事へのコメント
 遅れながら、『RWBY』10話まで一気見しました!!!感想は超長文になりそうなので後ほど。
Posted by toorisugari at 2013年09月23日 19:28
 (イベントお疲れ様でした)

 コメントがずるずる遅くなった結果11話も見てしまいました。益々学生生活の感じが強まった回でした、個人的感想です。

 そして、更に書きたいことが増えてしまったので、また(長文になると思われる)感想を書くのが遅れます。保留をお伝えするばかりで申し訳ありません。でも逆に言えば、私もこの作品に短時間でのめり込んだ証拠、なんですかね。
Posted by toorisugari at 2013年09月28日 01:09
 とうとう12話…ずるずる先延ばしになってしまっていますごめんなさい。
Posted by toorisugari at 2013年10月05日 01:34
 13話目更新…
Posted by toorisugari at 2013年10月11日 22:57
 他の人のコメントがなくて物凄く恥ずかしいです。それ以上に感想を書き終えなければ、という話なのですが。…ツイッターの様な状態になって山本さんには申し訳ありません。でも本当に書きたいことが増え続けているのです。
Posted by toorisugari at 2013年10月15日 23:52
 遅れましたが、第一シーズン16話完結おめでとうございます!
 感想は纏めて書くつもりなので、暫しご容赦を…(早く書け)
Posted by toorisugari at 2013年11月20日 03:08
http://blog.esuteru.com/archives/7438687.html
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1312/03/news138.html
http://xfel.riken.jp/pr/sacla/?cat=3

 理化学研究所という人たちが作った「未来光子サクラ」、レトロな味を出しているこの作品も凄いです!折角なのでコメントで紹介いたします。
Posted by toorisugari at 2013年12月04日 18:35
 RWBY just won Best Animated Series from the IAWTV Awards!

 遅くなりましたが、『RWBY』がウェブ番組のアカデミーとも言える「IAWTV」でベストアニメに選ばれました!おめでとうございますと言わせていただきます!
Posted by toorisugari at 2014年01月17日 00:58
 来週、『RWBY』製作地であるアメリカ(ニューヨークとロサンゼルス)に、仕事の関係ですが行ってまいります!『RWBY』関連でもなんでも、山本さんがお土産で欲しいものがあるならば、是非(メールで)お知らせください。因みに今年の一月下旬まで行っていたイギリスでのお土産も、次に山本さんが関東でイベントをなされ且つ参加できる際にお渡ししようとスタンバイしています。
 そして感想のコメントを書くのがズルズル引き伸ばされっぱなしで申し訳ありません。
Posted by toorisugari at 2014年03月16日 16:21
https://www.youtube.com/watch?v=rpAfCxXctlY

 愈々vol.2の配信間近ですね…
 リニューアルしたオープニングもまたカッコいいです。ライバルキャラとか色々固まってきているようですし、益々目が離せませんし待ち遠しいです!
Posted by toorisugari at 2014年05月23日 14:38
 感想コメントを書くのが冨樫先生以上に絶賛引き伸ばし状態ですが…『RWBY』、非公式日本語吹き替え版(第1話)見ました!第2話の日本語吹き替え版(何故か中国語訳文付)も見たことがありますが…あちらは語尾が伸びる喋り方(中国人の方々がやっているから?)をしていたのに対し、こちらはすっきりした喋りだったと感じました。流石にプロの声優さん達には、敵わないかもしれませんが…
Posted by toorisugari at 2014年06月21日 00:43
モタモタしている内に始まってしまいました、volume.2。食べ物を粗末にも武器にもしてはいけませんが…相変わらずアクションシーンの魅せ方が丁寧且つ迫力満点です!!
Posted by toorisugari at 2014年07月26日 07:08
夏コミ、まずはお疲れ様でした!
去年に続き今年も参加を見送らざるを得ず、申し訳ありませんが、それとは別に明るいニュースもあったようですね。

http://kai-you.net/article/7931

遂に(来年ですが)RWBY吹き替え版が出るようで!
ニコニコでの吹き替えは3話まで出ていますが、キャラのイメージを損なわないようなキャスティングに仕上がっていました。新たなキャストが誰になるか不安と期待の両方を持ちつつ、楽しみにしています。
あ、勿論山本さんによる小説化もお待ちしております!
Posted by toorisugari at 2014年08月18日 08:06
違和感の無い絶妙なコラボに、思わず笑い転げてしまいました。

『RWBY? feat. カレーメシ』
https://www.youtube.com/watch?app=desktop&persist_app=1&v=WqSkvw07odI

カレーメシとの合わせ技!紙芝居形式にした分、ルビーとローマンのポーズが際立ちます。本編で鼻をほじるシーンのあるルビーに、このだらけ切った格好は意外と似合ってます。一方のローマンも、どや顔が決まっていました。彼、本作的にこれ位強そうではあるんですけどね。
Posted by toorisugari at 2014年08月22日 08:40
 ボリューム2、今週はお休みでしたがその代わりに世界観のおさらいやグッズの紹介をやるなど、相変わらず毎週見逃せないですね!

 エピソード1はフードファイト、この一言に尽きます。
 誰かさん(多分ノーラ)がヤンに飴投げをしていたのがエスカレートして、ワイスがパイ投げを受けて遂に勃発したRWBY vs JNPRの、ほかの全生徒が(とばっちりを恐れて)逃げ出すほどのフード(を武器にした)ファイト!
 ヤンが丸焼きのチキンをナックル代わりに使えば、ブレイクとピュラはフランスパンでの二刀流対一刀流チャンバラ!バトル開始直後に投擲武器と化した(何気にジョーンも参加していました。ビビッて巻き込まれた彼ですが意外と楽しんでいる?)西瓜に鉄棒を挿してハンマー代わりに振り回してノリノリのノーラに、よりによってカジキ(何で食堂に生が丸ごと!?)を駆るワイスと長葱(だから生ものですよね!?)を二刀操るライ!ワイスがぶっ飛ばされた際のルビーの、名言っぽく叫ばれた"Weiss,don't leave me!"、という迷シーンを残しておきながら、自身はトレイでスノボー顔負けのスリップアクション!スリップといえば、ワイスもケチャップでライを転倒させるというトラッププレイを披露!更にブレイクにかかれば、ソーセージもチェーンクロスさながらの軟鞭に!そして缶ジュースまで凶器になったかと思えば(ピュラのフォース…?)、最後はルビーがダッシュでみんなを吹き飛ばして美味しいところを持っていきました!!
 完全に罰当たりな暴れぶりでしたが、それが絵になっているのがまた、この作品の魅力ですよね。(ジョーン君とグリンダ先生大迷惑!)しかし「オーラ」の要素が出てきたことで、食べ物を武器に出来るのは念能力の「周」か、などと考えてしまった私はきっと末期でしょう。
 …と、バトルシーンにばかり目が行きがちですが、ちゃんと前ボリュームラストで出てきたキャラ、エメラルド・マーキュリーそしてシンダーも、裏でなにやら企んでいる感が描写されていました。謎は話を面白くしますしね。個人的にはローマンとエメラルドのスリ合戦が、お気に入りのシーンでした。因みにエメラルドはシンダーを"mum"と呼んでいましたが、多分上下関係でしょう…(とか言って、実は本当に親子だったら…!?)
 あと、サンと初登場のネプチューン、ご災難でしたね。

 案の定長くなりましたので、エピソード2~4は後ほど別に、失礼させていただきます。
Posted by toorisugari at 2014年08月23日 01:20
 ボリューム2のエピソード2&3は日常パートで、4はバトルシーンで一気に飛ばしてきましたね!
 RWBYメンバーの中で身の内の悩みが一番重いのは、間違いなくブレイクでしょう。世界観の根底にも関わるファウナス及びホワイトファングの動向も気になりますが、ルビー達(特にワイス?)との距離感に戸惑ったりオズピン校長とお話したりするシーンは、彼女の人間性(の成長)を観ることができてドラマも楽しめます。
 世界観といえば、またカーネル、もといピーター先生とともに再登場した設定集もといグリム達の図鑑。世の中設定集や図鑑を読むことに楽しみを見出す人たちは数多いますが(私も、その気はあります)、そういう方向向けのマニアックなディテールに凝っているのも、RWBYの魅力のひとつでしょう。
 一方、エピソード2のラストは一部で物議を醸した様で、ミス(ミセスかも)・シンダーの制服姿!女性に年齢の話題は禁句です!他の二人は問題なかったようですが…
 物議を醸したことにはもうひとつ、エピソード3で明らかになったペニーの秘密!海外では前ボリュームの最後で彼女が大量のダガーを取り出したのは、超薄型ランドセルを背負っているから・いや具現化系能力だ・違う四次元ポケットだ・多分彼女は手品師だ等々、様々な憶測が飛び交っていました。その疑問が彼女の出自とともに種明かしされてしまったわけですが(この手の秘密の明かされ方に交通事故は付き物なのでしょうか。「万能文化猫娘」とか)…すぐ次のエピソードで、それでも変わらないペニーと秘密を共有することになった「友達」のルビー、本当にいい人間ドラマだと思いました。
 そして訪れるバトル!ローマンの駆るマシンとRWBYチーム(あとサン&ネプチューン)が激突!ヤンが倒されたと思いきや、すぐさま立ち上がって逆に拳対拳でマシンをぶっ倒すシーンなども豪快爽快でしたが、私の一押しはルビーとワイスの合体必殺技です!これまでは連携技こそありましたが、クレセント・ローズとミルテンアスターから同時に放たれた今回の新必殺技はまさにロマンの具現化!
 しかしローマンを仕留めずには至らず、彼を救助し去っていった新キャラ・ニオ。傘とピンク&ブラックのコントラストが目を引きました。いずれマトリックス避けや弾丸止め等の技を披露してくれるのでしょうか。(違)
 最後に、この作品中の男性キャラなんてこんなもの?といわんばかりの、サン&ネプチューンの飲み会を思い出しつつ(よく出てきますねあのおじさん)ボリューム2エピソード1~4の感想を終えます。
 超長文を失礼しました。
Posted by toorisugari at 2014年08月30日 01:07
「Mom(Mum?)」は目上の女性への呼びかけてとして、一般的に使われる様です。逆に目下の場合は「Chick」、そして男女関係なく使える呼びかけは「Guy」とのこと。
Posted by toorisugari at 2014年09月04日 06:54
ボリューム2もいよいよファイナル、あっという間でした。
Posted by toorisugari at 2014年10月30日 07:36
>Anyone having RWBY withdrawals?
>We are! Good thing Volume 3 is currently in the works!(9/10)

 ボリューム3制作、頑張ってほしいです。
Posted by toorisugari at 2015年09月16日 22:53
 ボリューム3、今のところ順調なようでホッとしています。ボリュームがどこまで伸びるか期待でもあり心配でもあり。
Posted by toorisugari at 2015年12月11日 13:38
 今秋、遂にボリューム4突入!

https://twitter.com/RoosterTeeth/status/748968222913761280

 モンティ・オウムさんの分も長く続いてほしいです。
Posted by toorisugari at 2016年07月04日 08:57
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。