2013年09月05日

『パシフィック・リム』と『RWBY』

『パシフィック・リム』、初日の午前中に観てきた。
 途中までは割と地味な展開が続くけど、後半の香港防衛戦のあたりからどんどん盛り上がる。
 仲間の危機に駆けつけるジプシー・デンジャーのかっこいいこと!
 香港の街中で、巨大怪獣と巨大ロボットがビルを盛大にぶち壊しながら、ガツンガツン殴り合う!
 これまで日本の怪獣映画やロボットアニメがさんざんやってきたことのはずなのに、こうして金かけて真面目にきっちり映像化したものを見せつけられると、新鮮な驚きだらけだ。
 公開前から『エヴァンゲリオン』とか『ジャンボーグA』とか『マジンガーZ』とかいろいろ言われてたが(設定的にいちばん似てるのは『ゴーダンナー』だと思うんだけど)、実際に見てみると、『ガメラ 大怪獣空中決戦』への明らかなオマージュとか、探せばいろんなネタがちりばめられている。
 しかし、表面上のパロディじゃなく、それら日本作品の魂が作品の中にきっちり溶けこみ、オリジナル作品として昇華されている。

 特撮以外で注目したいのは、マコの少女時代の回想シーン。「小さな女の子が巨大怪獣に追われて逃げる」という場面が、芦田愛菜の演技力によって、リアルに仕上がっている。この子、この若さで、よくこんな演技できるな。
 映画全体を見ても、人類が追い詰められ、滅亡の縁に立たされているという重苦しい雰囲気が、話を盛り上げていた。
 難点を挙げるなら、夜間や水中のシーンが多くて、怪獣やロボットがはっきり見えにくいこと。昼間の戦いももっと見てみたかった。
 あと、クリムゾン・タイフーンはもっと活躍してほしかったな。あれのギミックがいちばん面白いんだもの。

 はっきり言おう。これは日本の「怪獣文化」「ロボ文化」の危機だ。

 だって、今の日本じゃこれ、作れないよ。
 仮にこの映画のおかげで怪獣ブームが来て、また東宝がゴジラ映画作ったとして、それがいつもの平成ゴジラ・シリーズみたいな水準の作品だったら……って想像してごらんよ。情けなくなるから。
 予算の問題だけじゃない。怪獣を縦まっぷたつにするシーンとかも、昔は『ウルトラマンA』とかでやってたけど、残酷な描写がいかんとかで、最近はやらなくなった。好きなんだけどな、バーチカル・ギロチン。
 言ってみれば、そうした今の日本の映画界・テレビ界が忘れてしまった精神を受け継いだのが『パシフィック・リム』なのだ。
 これから、怪獣映画は何を作っても、『パシフィック・リム』と出来を比較されることになる。かと言って、これを超えるものを日本人が作るのは、とてつもなく難しいだろう。
 もしかしたら、優れた怪獣映画を作れるのは外国人ばかりになり、もう「怪獣」「巨大ロボ」は日本の誇る文化じゃなくなってしまうかもしれない。

 初回は字幕版だったが、後で日本語吹き替え版も観た。杉田智和の「ロケットパーンチ!」も良かったけど、司令官の玄田哲章はまさにハマリ役だし、林原めぐみ、古谷徹、三ツ矢雄二、池田秀一、千葉繁、浪川大輔と、『エヴァンゲリオン』『ガンダム』『コン・バトラーV』『トランスフォーマー』などロボットアニメに縁のある声優を集めたのが嬉しい。特に古谷徹のニュートンが実に上手くて聞き惚れる。ただハーマン役の三ツ矢雄二だけは、歳のせいかちょっと舌が回っていないのが気になった。
 ハンニバル・チャウ役のケンドーコバヤシもいい味出してた。
 やっぱり声は大事だなあ……と、『風立ちぬ』を観た後なんでよけいにそう思う(笑)。


 もうひとつ、今、僕がハマってる作品が、先日のMMD杯で知った『RWBY』というアニメ。
 ニコニコ大百科によると、

http://dic.nicovideo.jp/a/rwby

>様々なゲーム動画やマシニマ(FPS等のグラフィックエンジンを用いて制作する動画のこと)、自作アニメーションや実写映像等を世に送り出してきたRooster Teeth Productionsが、『Dead Fantasy』等を手がけた人気アニメーターのMonty Oum氏を迎えて企画・制作したオリジナルアニメーション作品。

>2012年11月に最初のトレイラー「Red」、翌年2月に「White」、3月に「Black」、6月に「Yellow」が発表され、7月18日に待望のEpisode1「Ruby Rose」が発表された。公開はRooster Teeth公式サイトとYouTubeの専用チャンネルにて行われている。

 おおっ、あの『Dead Fantasy』作った人か!?
 まだ観てない人は観た方がいい(検索すれば一発で出る)。『デッド・オア・アライブ』と『ファイナル・ファンタジー』の女性キャラたちが壮絶なバトルを繰り広げるCGアニメ。アクションの組み立て方が凝りに凝っていて、何度観ても楽しめる。
 その作者がいよいよ二次創作じゃなく、オリジナルに乗り出してきたのだ。しかもバリバリの日本アニメ風の美少女キャラで!
 こんなすごいものを最近まで知らなかったのは、我ながら不覚だった。

 まず観たのが4本のトレイラー。

RWBY "Red" Trailer
http://www.youtube.com/watch?v=pYW2GmHB5xs
RWBY "White" Trailer
http://www.youtube.com/watch?v=Vt9vl8iAN5Q
RWBY "Black" Trailer
http://www.youtube.com/watch?v=ImKCt7BD4U4
RWBY "Yellow" Trailer
http://www.youtube.com/watch?v=QCw_aAS7vWI

 4人の女の子のイメージ、武器や戦い方のコンセプトがみんな違う。武器に魔力の弾丸をリロードするのはやっぱり『なのは』かなとか、たぶん『ソウルイーター』も見てるよなとか、ちょっと『デビルメイクライ』っぽい?とか、いろんな日本製のアニメや格闘ゲームの影響は指摘できるけど、それらを吸収して、一段とすごいアクションに仕上げている。つーか、日本のアニメでもここまで見せてくれるのはなかなかないぞ。
 やっぱりいちばんしびれるのがルビーのアクション。大鎌を振り回す女の子とか、銃にもなる接近戦用武器というのはよくあるけど、発射の反動で敵をぶった斬るのが最高に快感。
 4本とも素晴らしくて、何回観直したことか。『Dead Fantasy』で培ったモンティ・オウムの演出の才能が、存分に発揮されている。
 なんかもう、「美少女バトルもの」の完成形を提示されちゃったって感じだ。

 その後、本編も見た。
 ハードな戦闘が満載だったトレイラーとは対照的に、こっちはわりと脳天気な学園コメディ。それでも第1話の魔法バトルがやっぱりかっこいい。

RWBY Episode 1: Ruby Rose
http://www.youtube.com/watch?v=-sGiE10zNQM

 現在は7話まで公開中。しばらくは学園での話が続くらしい。
 武器フェチで人づき合いが苦手なルビーは、オタク心をくすぐるキャラ。
 おとなしいイメージかと思っていたワイスが、実は典型的な高飛車お嬢様キャラだったというのは意外。お嬢様キャラ定番の「これで完璧ですわ、おほほほ」妄想まで(笑)。で、性格の合わないルビーとの掛け合いが、やっぱり定番なんだけどすごく楽しい。
 暗い過去のありそうなブレイク。やっぱりあの不自然なリボンは獣耳を隠しているのか? 3話でヤンとルビーに読書を邪魔された時のツンなリアクションが、個人的にツボにはまった。
 そして、かわいい顔してやることがえげつないヤン。その落差がやっぱり魅力的。
 あと、男性キャラでは、ジョーンくんの空回りとヘタレっぷりが、逆に好感持てちゃうんだよね。

 しかし、こいつらほんと、徹底的に日本のアニメ研究しやがったな。
『ティーン・タイタンズ』とかだと、日本のアニメを取り入れようとしてるけど表面的な模倣にとどまっているぎこちなさがもどかしく感じられたんだけど、『RWBY』に関してはまったくそれがない。ごく自然に「日本のアニメ」として見れる。
 今、日本のどのTVアニメよりも、『RWBY』の更新が待ち遠しい。

『パシフィック・リム』もそうだけど、日本の作品に影響を受けたクリエイター(ギレルモ・デル・トロはメキシコ人、モンティ・オウムは東洋系アメリカ人)が、日本人以上のものを創ってきてるのは驚異である。いや、脅威と言うべきか。
 うかうかしてられないぞ、日本人。



同じカテゴリー(アニメ)の記事画像
作品の枠を超えたキャラクター対比図
同じカテゴリー(アニメ)の記事
 トークイベント:僕たちの好きだった80年代アニメ (2016-05-12 21:26)
 Live Wire「ガルパンはいいぞ! RWBYもいいぞ!~戦闘美少女総進撃」 (2016-01-15 18:06)
 『ガールズ&パンツァー劇場版』 (2015-12-27 17:42)
 『六花の勇者』で考えたこと (2015-10-12 15:45)
 LiveWire「70~80年代・懐かしのアニメ雑誌で盛り上がろう!」 (2015-07-13 15:29)
 Monty Oum氏、死去 (2015-02-04 19:08)

この記事へのトラックバック
 前回ご紹介の「 /09/06 」に続いて、
8月9日から公開中の、ギレルモ・デル・トロ監督のVFX 映画
『パシフィック・リム』、
http://wwws.warnerbros.co.jp/pacificrim/index.html
6日までの鑑賞記のう...
ガメラ:映画「パシフィックリム」でガメラ 2013/09/07【ガメラ医師のBlog】at 2013年09月07日 16:32
この記事へのコメント
 そのうち、日常系も百合も、皆向こうの人が良い作品を作っちゃうんじゃあないか、日本は規制され、作る人間もレベルが下がり、追い越されてしまうんじゃないか……と思うと、ファントムを生み出しそうになるくらい絶望したくなります。
 というか、怪獣や巨大ロボ。どちらも昨今の日本で作られないのが不可解です。
 加えて、今の日本は「ガッチャマン」みたいなのを作って悦に。
 クリエイター以前に、周りの人間や状況が酷すぎるんじゃなかろうか。日本のお家芸を認めないくせに、海外作品の上っ面と興業収入しか見ず、それらの下手な物真似。加えて、莫迦みたいな恋愛要素を無理やり入れ、演技がへタなタレントを起用。で、変に気取った作風にするのも特徴。
 これらを改善しなければ、ほんとに日本の作品は先細りするばかりかと。

 とはいえ、「パシフィック・リム」がスバらしい作品だという事に関しては同意ですし、嬉しく思います。
 見た後、イェーガーが欲しくなりましたもん。各怪獣も、ウルトラマンと戦わせても十分通用するような連中。久々に「見たかったものを見れた」ので、大満足でした。
 
 惜しむらくは、もっと各国のイェーガーがずらっと並んで、怪獣軍団に対し全面攻撃……みたいな画面を見たかったですねー。仰る通り、クリムゾンタイフーンの出番があまりに少なかったですし。あの機体は面白ギミックの塊でしたから、ぜひそれをもっと活かしたシチュエーションを見たかったのです。
 重量感あふれたチェルノ・アルファも、善戦はしたけどやられちゃいましたし。もったいない。

 続編の話もあるとか聞いたので、実現する事を願いたく。
 自分は、これでアニメ(つーか、カートゥーン)を見たいなあ。「ゴジラ・ザ・シリーズ」みたいに、オリジナルの続編的展開。 またはローリーが対ナイフヘッド戦から離れ、復帰するまでに、どんなパイロットやイェーガーが存在して戦ってたのかを描く……みたいな感じのスピンオフとか。
 とりあえずは、アクションフィギュアを手に入れ遊び倒したいですね。海洋堂でリボルテックのジプシー出さないかなあ。

「RWBY」、自分も予告トレーラーは何度も見たのですが、本編が始まってたとは知りませんでした。不覚。
 これはぜひ見なければ。
Posted by 塩田多弾砲 at 2013年09月05日 21:00
このネタを待ってたんですよ!…ホントにも〜、更新が遅すぎです先生!
リア充もほどほどにしておかないと、残念系妖怪に爆破されたり闇猫様に呪われますよ?


この夏一番の怪獣ネタと言っても過言ではない『パシフィック・リム』は最高すぎて全身の穴という穴からボンクラ汁が噴き出すだけでなく、MM9シリーズに唯一欠けていた重要な要素を教えてくれましたね。
やっぱり厨二的スーパーメカですよ!一瞬でエビゴンの餌食になるような貧弱貧弱ゥな観測メカだけじゃ、夢見がちなボンクラ共のハートを燃え尽きるほどヒートさせるには足りなかったんですよ。
萌える女型巨人に代わり、ブサイクな人型決戦兵器が活躍する新シリーズ期待してます!もちろん、クライマックスでは一騎と亜紀子の石破ラブラブ天驚拳が炸裂するんですよね?

ただ、映画のエンドクレジットで気になった事は、ハリーハウゼンと本多さんにはちゃんと献辞を捧げてるのに山本先生名前がありませんでした。
念のため翌週も観に行ったのですが、やっぱりありませんでした。

ま、まさか……先生とは何の関係も無くたまたまアイデア波の受信状態が似てただけ…だと!?
Posted by 活字スキー at 2013年09月05日 21:31
 『パシフィック・リム』、別の記事でもコメントしましたが山本さんの『MM9』と比較して語られるページが増えていますね。
 帰ったら(まだまだ先ですが)字幕版吹き替え版両方、すぐに鑑賞致します。

 バーチカル・ギロチンが駄目という事は、ウルトラセブンのエレキング斬首も駄目ですか。規制範囲がじわじわ広がるなんて怖いです。

>うかうかしてられないぞ、日本人。
 本当にそうですよね。制作の輪が広がるのは大歓迎ですが、(日本が)取り残される問題のほかに技術流出も、個人的には気になる問題です。話は違いますが、iPS細胞第一人者の中内啓光教授がアメリカに移籍(三年半後の予定)したように、日本のクリエイターが予算や指針で行き詰ってみんな海外に行ってしまうようなことになったら…その場合でもパソコンさえあればどこにいても作品が見られる時代にはなっていますが…
Posted by toorisugari at 2013年09月06日 00:41
RWBY、スゴイですね。
日本の若い作り手が外国の雰囲気を足した秀作に見えましたが、反対ですか。

誰であれ、大した物です。
Posted by アリ at 2013年09月06日 03:17
なるほど。これは浮世絵から始まったジャポニスムを思わせる話ですな。
さながらゴッホたち印象派の画家たちが浮世絵の技法を自作品に取り入れているような感じですかね。
日本のアニメ・特撮を超える作品が海外から生まれる可能性確かにもあるかもしれませんな。
Posted by ドードー at 2013年09月06日 12:09
「パシフィック・リム」、確かに凄いですよね。
「面白い!!」と喜んだ反面、日本じゃもう、これを超えるものは作れないんじゃないかと、悲しく悔しく思いました。
ただ、本国アメリカではコケてるらしいですね。
やはり、文化の違いでしょうか。日本じゃ100点満点で300点くらいの評価してる人ばかりでしょうが(笑)。

少し本題とずれるのですが、今の着ぐるみ俳優の人ってスタントマンなんですよね。中島春雄さんのようにゴジラを演じる、怪獣を演じる俳優ではない。だから、動きに人間の動作が思いきり出てきて、不思議な宇宙人や怪獣の動きになっていない。四足怪獣がすぐに立ち上がって戦ったり、「お前の覗き穴はそこにあるから、そんな動きになるだろうが、お前が演じている怪獣の目は、そこについてないだろう!」なんて動きを平気でしちゃう。たまに腕をポキポキ鳴らすレッドキングや、シーボーズみたいな人間ぶりをしても良いけど、今の着ぐるみ俳優の怪獣演技は、中の人間の仕草、動作が思いきり出てしまってるんですよね。スタントマンの方は「ほら! 僕らスタントマンは、こんな重い物を着ていても、こんなアクションが出来ますよ! 凄いでしょ!」と気分が良いでしょうが、見てる方は白けます。
CGでない着ぐるみ怪獣でも良い映画、良い場面は作れるとは思いますが、今の着ぐるみ俳優がスタントマンという意識を捨てて、中島春雄さんのようにゴジラを演じる、怪獣を演じるという意識改革をしなければ、「パシフィック・リム」に出てきた怪獣や場面は作れないと思います。(う~ん、うまく伝わったかな……?)

誰かの映画評で、「「ガッチャマン」を作るなら、「ガッチャマン」の面白さを信じて、そのまま作れや、「パシフィック・リム」は巨大ロボと怪獣が戦う! それだけで面白いやん! と信じて作ってたから、あんな面白く出来たんだから!」と言ってましたが、全くその通りでした。
「ガッチャマン」は酷いですよ。ツッコミどころ満載。陽動作戦を行ってるんですが、それが成功してたら後で利用するための博士が死んでたとか、人間の味方のガッチャマンが人間のパーティー会場に潜入するサスペンスがあったり(普通に入れてもらえば良いじゃん)、人類は滅亡寸前とか言いながら、町でお買い物やらパーティーする余裕があるんですから。ガッチャマンが自分のスーツを酷いスーツと言ったりする。(デザインした荒牧さんは怒って良い(笑)。ただし日本人特有の謙遜の美徳かもしれませんが(笑))
ただしCGとアクションはしっかりしてるので、「デビルマン」よりは上です。

あと「マン・オブ・スティール」もオススメです。
Posted by 河合郷広 at 2013年09月07日 22:02
今晩は。お久し振りです。日が迫ってしまってますし、東京での話ですが、22日(日)の午後7時から(KAIJOU〔笑〕は 1時間前の午後6時)杉並区阿佐ヶ谷の阿佐ヶ谷 Loft A にて「パシフィック・リムを語る会」なるイベントが開催されます!!詳細は↓の URL を御覧下さい。まぁ、山本先生と皆様の御参考まで。m(_ _)m↓

http://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/18454

(山本先生、先日は mixi に於いて御迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした。反省しておりますので、どうぞ御容赦願います)
Posted by DRAKO(ドラーコ) at 2013年09月14日 21:11
今日(9月17日)見てきました。見るかどうか迷ってたんですが、もうじき上映も終わりそうだし、山本先生の感想を読んで急いで見に行きました。いやあ、見て良かった。怪獣映画に興味ない人は評価しないでしょうけど、これはいい。これほどマジメに大金かけて作ってくれるとは!やっぱハリウッドってすごいですね。
イエーガーが鋼鉄製のわりには頑丈すぎないかとか、本当はあれじゃ爆発しないよな、とか突っ込みどころも多いですが、それ以上に嬉しい演出が多かったので満足です。カテゴリー5登場シーンのBGMも雰囲気があって良かったですし。KAIJYUのデザインも過去の映画に出てきた怪獣達へのオマージュですよね?
しかし、本当に今後の怪獣もの、巨大ロボットもののハードルが上がっちゃいましたね。
芦田愛菜ちゃんは本当に上手いですね。監督が、「あの子は本当は50歳くらいじゃないかと思うくらい上手だった」と言ったそうですが気持ちは分かります。微妙な誉めかただと思いますが(^^;)
Posted by カルスト at 2013年09月17日 18:48
>ドードーさん
>これは浮世絵から始まったジャポニスムを思わせる話ですな。さながらゴッホたち印象派の画家たちが浮世絵の技法を自作品に取り入れているような感じですかね。


 まさに正鵠を射た見事な分析です。

>DRAKO(ドラーコ)さん
 イベント、海外にいるため行けないのが残念ですが、情報有難うございます。当日の様子や言った人の感想なら後でもある程度知ることが出来るので、情報をいただけるのは本当にありがたいです。どうぞお楽しみください。
 それにしても、本当に律儀な方なんですね。
Posted by toorisugari at 2013年09月21日 00:58
今日、yahooでパトレイバー実写版のニュースを見ました。
パシフィックリムを見る前だったら「実物大のイングラム」を作ったと聞いて期待半分、怖さ半分だったと思います。しかし、パシフィックリムを見てしまうと・・・。押井監督、大丈夫か?
まあ、パシフィックリムが公開された頃には実物大イングラムもできあがってたと思われるので、今さら路線変更したくてもできなかったでしょうけど。
キャストは面白そうなので、そこは楽しみなんですが。押井監督のことだから、戦闘メインとかじゃ無いのかもしれませんが、それはそれで物議を醸しそう。
Posted by カルスト at 2013年09月25日 15:49
 だめですよ~、「カテゴリーじゃなくてマグニチュードだろ」くらい言わないと。いっそ、MMをハリウッドで……ヒメがひっかかる?
 ところで、ウィキペディアの安堂ロイド、日本語版より中国語版が先とはこれいかに?しかも、日本語版、ガンダムも公安9課も知らない奴が書いてるし。こっちでも、日本文化の危機です。
Posted by 理力不足 at 2013年10月20日 10:37
『パシフィック・リム』観テキタ。以下、感想というでもない、思いついたこと。ちょっとネタバレあり。

・なんで日本語のカイジュー(怪獣)とドイツ語のイェーガーJäger=狩人)をくっつけるのかと思ったが、ひょっとしてカイジュウエイガ(怪獣映画)のシャレか?

・薄暗い中でパンフぱらぱらめくってたら樋口真嗣監督の写真があった。まあ、この映画なら樋口さんにインタビューしてもおかしくないな、と思って、終わってから明るいところで見たらデル・トロ監督だった(笑)。怪獣オタク同士は体型も顔も似るのかね? 庵野秀明も最近似た体型になったし。

・ウルトラマンからのインスピレーション多大、というが、これは『ウルトラマンA』では? 男女合体だし、敵(プリカーサー)がどうみてもヤプール。

・菊地凛子の演技が非常に素人くさい。嬉しいところで笑い、哀しいところで泣く。芝居の基本がわかっていない。ひとり息子を亡くしたハンセ(マックス・マティーニー)の抑えた演技の渋さを見ろ・・・・・・と思ったら、ネットで「なぜ息子を亡くして親父が全然悲しまないのか」と文句つけている若いのがいてガッカリした。観客も劣化してきているな、最近。

・長官の病気と、怪獣とのドリフト(精神同調)の身体的影響を同じ鼻血で表すのはいかがなものか。最初、ははあ、この長官が実は秘かにドリフトしていて、敵に操られているのだな、とミスリーディングしてしまった。

・バランスボールは笑った。ポラード(波止場の繋留柱)の鳥は、あんな最中に呑気にとまってないだろとちょっとわざとくさく感じた。

・怪獣のデザイン的個性が不足。二体出てくると(画面が暗いこともあるが)どっちがどっちだ混乱してしまう。色がみんな同じということもある。ああいう生物がカラフルな色をしている、という設定はウルトラシリーズで育った日本人のある世代しか受け入れられないのかな?

・同じことはイェーガーのデザインと能力にも言える。一体くらいは足がキャタピラだったり、殴り合いでなく電撃やミサイルを主要武器にしている奴がいてもいいんじゃないか。『レッドバロン』(各国のイェーガーで連想したのはあれ)にだってエスカルゴスとかいたでしょう。

・マジンガーZを連想したのはロケットパンチとかでなく、せっかくいいキャラと思ったロシアや中国のイェーガーや操縦士たちがアッケなくやられちゃうところ。ほら、ジャンプ連載のときの最終回あたり。

・私としては菊地凛子よりあの怪獣の脳オタクの博士、あれを日本人キャラにしてほしかった。『アインシュタインの脳』って映画に出てきた近畿大の杉本助教授っていたでしょう。あれ、あのキャラがモデルなんじゃないかな。

・私的総括。SFXに2億ドルかけて、ロン・パールマン一人に全部持ってかれてしまったな(笑)。

しかしパシリム観て思ったが水木しげるの『大海獣』の先進性ってすごかったんだな。怪獣対ロボット(人間乗り込み型)の肉弾対決の元祖でしょ、あれ? マジンガーZよりはるかに早い。
Posted by K.S at 2013年11月01日 08:36
もっと怪獣映画的要素を期待していってちょっと肩透かしでした。主役はあくまでロボットで、これはアニメの実写版にすぎない。本多監督の怪獣映画はもっと怪獣という存在自体に焦点をそそぎ、高度経済成長期日本へのさまざまなアナロジー的観方が可能でした。日本でもはや怪獣映画が作られないのも、この怪獣へのアナロジー的共感が一般観客に成立しなくなったからでしょう。アメリカの怪獣ものは当然、冷戦のアナロジーですからこれも無理。と、なると、ロボットとのプロレスにするしかないのか、と。もちろん、そういう作品としては最高の出来ですが。

『ウルトラファイト』なんだから怪獣も着ぐるみっぽいし戦いは殴り合いがメイン。
Posted by K.Y at 2013年11月01日 19:48
我々の住む現実と地続きの世界が怪獣出現によって変質して行く、という意味での怪獣映画らしさは皆無でしたね。監督の目指したのは、究極の怪獣プロレスでしょう。あの映画のあらゆる要素が、怪獣とロボットの対決シーンを盛り上げるためだけに存在しているという潔さを感じました。
Posted by K.Y at 2013年11月01日 19:51
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。