2013年05月24日

『ヒーローズ・カムバック』

『ヒーローズ・カムバック』 (小学館)
http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC/dp/409185320X

 細野不二彦の呼びかけによって実現した、東北復興支援のための企画。小学館の有名漫画家たちが、かつての人気作品の新作を発表。単行本の収益・印税は、必要経費を除いて、被災した子どもたちや学校に本を届ける活動を続けている「大震災出版復興基金」、および岩手・宮城・福島の各県庁が主催する震災遺児への育英基金に寄付されることになっている。
 収録作品は次の通り。

細野不二彦『ギャラリーフェイク』
ゆうきまさみ『究極超人あ~る』
吉田戦車『伝染るんです』
島本和彦+石森プロ『サイボーグ009』
藤田和日郎『うしおととら』
高橋留美子『犬夜叉』
荒川弘『銀の匙 Silver Spoon』
椎名高志『GS美神 極楽大作戦!!』

 これらの新作に、震災の救助活動を題材にした、かわぐちかいじの読切「俺しかいない~黒い波を乗り越えて~」を加えた、計9本。

 かつて大ファンだった者としては、何といっても『うしおととら』と『GS美神』が嬉しい! どちらも、絵柄はもちろん、話のノリも完璧に昔のまんまで、10年以上の空白をまったく感じさせない。そのうえ、しっかりいい話になってる!
 特に『うしおととら』は、震災そのものを扱ってはいないんだけど、この作品が震災遺児のために描かれたことを意識して読むと、涙が出る出来。黒い列車が津波のメタファーになってるんだよな。
 藤田和日郎、いつでも全力で本気だ。

『ギャラリーフェイク』は、震災に便乗する悪徳美術商を懲らしめるという痛快な内容で、これまた結末でジーンとくる。

『銀の匙』は八軒家の過去の歴史を描く番外編で、これも地味だけどいい話。

 逆にちょっと期待はずれだったのが、『究極超人あ~る』と『犬夜叉』。いつものメンバーを出しただけで終わってしまっている感があるがもったいない。

 あと、目次を見て、「島本和彦、何で『炎の転校生』を描かないんだよ!?」とツッコんだんだが(笑)、あとがきを読んで納得。なるほど、どうしても石ノ森作品を入れたかったわけか。
 しかし、あの名場面を公式にリメイクできて、島本和彦、本望だろうな。


 ……とまあ、ここまでならいい話なんだけど、ここから先はちょっと嫌な話。
 AMAZONでこの本に定価の1.5倍以上の値をつけている中古本業者がいっぱいいる。
 中には950円のこの本に3352円もつけてる業者まで!

http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/409185320X/ref=dp_olp_used?ie=UTF8&condition=used

 ある業者はこんなことを書いている。

 新品・未読です。全国的に品薄で大変希少な本のため、プレミア価格となりますが価値をご理解いただける方はご検討下さい。(後略)

 嘘つけ!
 昨日も近所の書店に行ったら平積みになってたよ!
 言うまでもなく、これは詐欺商法。新刊書店で普通に買える本を「品薄」と偽り、定価より高く売って差額で儲けるのである。
 AMAZONでは売れている新刊本が品切れを起こすことがよくある(この文章を書いている今も、ちょうど品切れになっている)。もちろん何日か待てば補充されるんだけど、たまたま品切れのタイミングでアクセスした人は、中古本業者の説明に騙され、手に入りにくい希少本だと思いこんでしまうらしい。
 前からよくある手で、僕も前に自分の本でやられたことがある(『アイの物語』が発売半年後ぐらいに3466円にまで値上がりしていた)。
 しかし、よりにもよって、チャリティ本でやるか!?
 この本の中の『ギャラリーフェイク』に出てくる、震災に便乗して儲ける悪徳業者を思い出したよ。

 みなさん、騙されないで! AMAZONで買えなくても書店に行けば売ってますから! たとえ売り切れてても、書店の人に頼んで取り寄せてもらうこともできますから!



同じカテゴリー(マンガ)の記事画像
初めてマンガの中でコミケを描いた作品は?
「80年代ホビーマンガの素晴らしき世界」
女ターザン・コミック始動!
同じカテゴリー(マンガ)の記事
 ドラマ『重版出来!』最終回 (2016-06-18 19:27)
 80年代ホビーマンガの素晴らしき世界#2 (2015-03-08 13:44)
 初めてマンガの中でコミケを描いた作品は? (2015-01-21 17:08)
 平井チルドレンに残された大きな宿題 (2015-01-21 15:58)
 「80年代ホビーマンガの素晴らしき世界」 (2015-01-20 18:45)
 アングレーム国際漫画祭で何が起きたか (2014-02-04 16:11)

この記事へのコメント
 私はこの本、虎の穴で見つけました。その時は1,050円。帰国したらぜひとも買いたいところです。今は英語に集中集中…

>特に『うしおととら』は、震災そのものを扱ってはいないんだけど、この作品が震災遺児のために描かれたことを意識して読むと、涙が出る出来。黒い列車が津波のメタファーになってるんだよな。
>藤田和日郎、いつでも全力で本気だ。

 私もこの作品大好きです!アニメ版が僅かな話数で終わってしまったことが勿体無いくらいに。
 いつの日か全話やって欲しいです。でも佐々木望さん、声変わっちゃいましたしね…変わった後も後で別の魅力を持っているのですが。
Posted by toorisugari at 2013年05月24日 19:10
先生らしい、素敵な情報ですね。ありがとうございます!
Posted by アリ at 2013年05月24日 21:17
『GS美神』と『うしおととら』の新作ですか!?これは読んでみたいですね。明日あたり近所の書店で探してみる事にします。
しかし世の中には被災地の復興よりも目先の利益を求める悪徳商人がマジでいるんですねぇ。血も涙もないとはこの事ですなあ……。
Posted by ドードー at 2013年05月24日 23:42
読みました!『うしおととら』と『GS美神 極楽大作戦!!』が個人的に期待以上の作品でかなり良かったです。
『GS美神』に至ってはあのページ数で、斬新な設定の妖怪やタイムスリップネタ、そしてツンデレ(笑)と、内容盛り沢山でしたし。
あと『犬夜叉』も作品終了後の後日談としては読む価値はあったと思いますね。
全体的にあれらの作品のファンなら買うべき本だと思いました。
それにしても、私はこの本を消費税込みで950円で近所の書店にて購入しましたが、3000円以上で(しかも中古で)売ろうという腐れ外道がいるというのは許せませんね。
山本先生もおっしゃってますが、購入するなら近所の書店に行って新品を買うべきですね。復興のためにも。
Posted by ドードー at 2013年05月25日 15:31
ブックオフに持っていったら80円で買い取ってもらえました。
たぶん350円から500円あたりで売られるんだと思いますけど
新品・未読という条件をつけてもそれを3000円以上で売るような業者はやはりどうかしてますね。
Posted by ドードー at 2013年05月25日 17:41
山本先生こんにちは。
ヒーローズ・カムバックを先日入手したのですが、私も危うく詐欺商法に引っかかるところでした。
amazonで売り切れだったんで、「あれ?部数限定だったかな?」などと思ってしまい、もう少しで中古本業者に発注するところでした。

いくら何でもおかしいと思い、他のネットショップを探したらちゃんと在庫がありました。危ない危ない。

でも、こういう詐欺まがいの出品は削除したりできないんでしょうか。釈然としません。
Posted by カルスト at 2013年05月28日 10:58
「GS美神」に打ち切られたけど大好きだった
あの作品のあの人が出て来て懐かしいやら嬉しいやら。(一応ネタバレは避けます)
まあ乱破やカナタやチルドレンも出て来てスーパー椎名大戦して欲しかったですが。(笑)
Posted by めすくりん人 at 2013年05月31日 13:35
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。