2013年04月03日

「あなたの知らないマイナー特撮の世界#2」報告

 先日の「あなたの知らないマイナー特撮の世界#2」の報告です。

http://hirorin.otaden.jp/e270737.html

 今回は鋼鉄サンボくんに加え、友野詳がゲストで出てくれました。2人とも僕以上に濃い特撮マニアであるうえ、大阪人特有のツッコミ体質(笑)。要所要所で的確なツッコミを入れてくれるもんで、僕としては実に楽ちんでした。(まあ、事前にパワーポイントで資料を作る作業が、けっこう大変だったんですけどね)
 予想通り、1965~1967年の3年間だけで、2時間まるごと使いました。『宇宙人ピピ』『スパイキャッチャーJ3』『頭上の脅威』『地球は壊滅する』『フランケンシュタイン対地底怪獣』『かわいい魔女ジニー』『私は宇宙人を見た』『大忍術映画ワタリ』『インベーダー』『怪獣王子』『仮面の忍者赤影』『キングコングの逆襲』などの話がたっぷりできました。
 友野と「『赤影』のノヴェライズ書きたいよね!」という話で盛り上がったり、彼が『悪魔くん』の「首人形」の話がトラウマだと知ってたんで「首人形」のスチールを仕込んでおいたら、狙い通り「ぎゃー」と悲鳴上げてくれたり(笑)、なかなか楽しい2時間でした。(出演者がお客さんより楽しんでどうすんだ)

 ここで強調したいのは、1966年というのはすごい年だったということ。

1月2日 ウルトラQ(TBS)
2月1日 奥さまは魔女(TBS)
4月10日 サンダーバード(NHK)

 この3つの人気番組が放映開始されたんですよ。
『ウルトラQ』『サンダーバード』については言うまでもないけど、実は『奥さまは魔女』の影響力というのが大きかった。
 この年、『りぼん』7月号から、横山光輝氏が『魔法使いサニー』を連載開始。それが『魔法使いサリー』と名を変えて、12月5日から放映開始。要するに、『奥さまは魔女』の大人気に便乗して、それを子供向きにしたのが『サリー』だった。
 それが当たったもんで、『ひみつのアッコちゃん』『魔法のマコちゃん』『さるとびエッちゃん』『魔法使いチャッピー』『魔女っ子メグちゃん』と、東映の魔女っ子シリーズが作られ、それが現在に至る「魔法少女もの」というジャンルを形成する。
 つまり1966年は、「怪獣」「魔法少女」「メカ」という、オタク文化の3大要素がいきなり出揃った年だったわけです。

 ちなみに、これが1966年4月10日のテレビ欄。フジテレビが『ウルトラQ』を潰そうと、裏に『バットマン』をぶつけてきたことが分かります。(でも、あっさり敗退)

 他にも、なぜタコが出てくるのが長いこと「海外版」と呼ばれてたかとか、『かわいい魔女ジニー』の原案・製作はシドニー・シェルダンだとか、『ジニー』と『奥さまは魔女』は同じ会社が作ってて、ベローズ大佐の家は『奥さまは魔女』のスティーブンス家のセットを流用してるとか、『サンダーバード』は最初にNHKで放映された時には日本版主題歌はまだなかったとか、誰が喜ぶのかよく分からないトリビアも。

 話しながらあらためて実感したのは、僕はこの頃(9歳から11歳)の作品にすごく影響を受けてるんだなあ、ということ。
『MM9』が『ウルトラQ』『ウルトラマン』なのは言うまでもないけど、『MM9-invasion-』で東京スカイツリーの上で怪獣バトルをやったのは『キングコングの逆襲』がヒントだし、『ダイノコンチネント』は『恐竜100万年』だし。
 そういえば、この頃からノートに小説書いてたんでした。『0011ナポレオン・ソロ』や『スパイキャッチャーJ3』みたいなスパイものとか、『キャプテンウルトラ』みたいなスペースオペラとか。テレビで『渚にて』『世界大戦争』を見て核戦争ものを書いたり。もちろん怪獣ものも何本も。
 処分しちゃったけど、確か怪獣と戦う対策チームみたいな話も書いてたような記憶が……なんだ、今と変わらないじゃん(笑)。

 次回のpart3(5月)も友野が出てくれる予定。次は68年からいよいよ70年代に突入します。
 あと、当日までに資料調べが間に合わなかったんだけど、「『11PM』にサンダとガイラが出た」とか「『スター千一夜』にゴジラとモスラが出た」という話も、次の時までに検証しておきます。
 



同じカテゴリー(PR)の記事画像
『幽霊なんて怖くない』文庫化
新連載『プラスチックの恋人』
冬コミ直前情報
コミケ直前情報:『ミステリー・ゾーン』徹底解説
星雲賞受賞の言葉
新刊『世界が終わる前に BISビブリオバトル部』
同じカテゴリー(PR)の記事
 特撮ファンのための戦争映画入門 (2017-07-21 20:42)
 山本弘のSF秘密基地LIVE「世界の怪獣総進撃!」 (2017-06-17 19:17)
 あなたの知らないマイナー特撮の世界RETURNS (2017-05-19 22:24)
 『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』発売記念イベント (2017-04-07 19:39)
 新刊『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』 (2017-04-07 19:09)
 LiveWire:またしてもニセ科学を楽しもう! (2017-03-06 17:23)

この記事へのコメント
 赤影のノベライズ! いいですねえ。ぜひ読んでみたいです。
 でも自分としては、山本さんに「怪獣王子」のノベライズをお願いしたいですね。いっそタケルを女の子にした翻案ものにするとか。女ターザンものになるし(笑)。

 それはともかく、今回もまた濃い内容だったようで。

 ウルトラQから怪獣ものブームが始まったのはわかりますが、「奥様は魔女」が魔女っ子ものの始祖だったとは。
 つーか、「魔法使いサリー」から日本の魔女っ子・魔法少女が始まった事は知ってましたが、なるほど、さらにさかのぼると「奥様は魔女」からだったんですね。
 こういう歴史を知ると、先人たちの創意工夫がいかに大変で、いかに優れていたか、そういった点に改めて感心してしまいます。

 次も期待してます。参加できずとも、こうやってブログ上にて報告を読むだけでも楽しいですし。
 いっそどこかから、書籍化してはくれないかなと、ちょっと期待。あるいは同人誌化するとか(←無茶を言うな)。
Posted by 塩田多弾砲 at 2013年04月03日 23:53
>『ジニー』と『奥さまは魔女』は同じ会社が作ってて、ベローズ大佐の家は『奥さまは魔女』のスティーブンス家のセットを流用してるとか

子供のころに再放送で観ていて、「どちらも家の中がそっくりじゃん!「ジニー」て、「奥様は魔女」の後番組なのかな?それともパクリなのかな?」とか思っていました(笑)。
まさか、本当に同じセットだったとは・・・
Posted by BB弾 at 2013年04月04日 08:07
そういえば、関西だけかもしれませんが、ウルトラQが放映されてたころ、ABCでは6時半から「JQ ジョニークエスト」、7時から「ウルトラQ」、7時半から「オバケのQ太郎」というプログラムで、子供ごころに、日曜日はQの日と呼んでいたのを思い出しました。プラス6時からのてなもんやを含めて、子供に本当に優しい時代でした(笑)
Posted by 仕立屋雅楽 at 2013年04月05日 11:25
番組表をよく見たらバットマンの吹き替えが広川太一郎。
んで、探したらありますた。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm4356559
Posted by タケチャン大佐 at 2013年04月06日 23:11
凄いお話しばかりで圧倒されます、こういう作品の時代に育った方は魅力的ですね♪
Posted by アリ at 2013年04月07日 23:18
11PMかどうか定かではなく、「実物」が出演したわけでもないのですが、「兄弟」をテーマにした回で、石原慎太郎をゲストに招いて、サンダ対ガイラをの一部を見て、語り合った番組があったと思います。
サンダ対ガイラって「愚兄と賢弟」ですけど…
Posted by 理力不足 at 2013年04月09日 18:54
>大阪人特有のツッコミ体質(笑)。

 …「関東人がイメージする架空の大阪人」?
Posted by toorisugari at 2013年04月09日 21:13
>2013年04月09日 18:54
>理力不足様
>サンダ対ガイラって「愚兄と賢弟」ですけど…

あれ?サンダが兄でガイラが弟じゃなかったかと思いましたが?
Posted by ワンナイト at 2013年04月18日 05:57
トリビアといえば、
「かわいい魔女ジニー」でトニー少佐達のオフィスとして、アイキャッチ的に使われたのは、エドワーズ空軍基地内NASAドライデン飛行研究センター事務棟の入口。

どこがヒューストンなんだろうというw。
Posted by いーの at 2013年04月20日 22:05
自分は再放送でしか見たことがないのですが。『かわいい魔女ジニー』に『奥様は魔女』のダーリンとサマンサが悪役として出ていた記憶があります。子供心に少しショックでした。ドラマの『好き好き魔女先生』
や『変身ポンポコ玉』も魔女ドラマの系譜に連なるような気がします。
80年代に『モーク&ミンディ』が雑誌(スターログ)で紹介された時、「なんで日本で放送されないのか」と、のたうちまわったことがありました。この作品は『ブラボー火星人』系列だと思うのですが現物を知らないので、本当は魔女系列だったりして。
Posted by ウキ at 2013年04月21日 10:29
>ワンナイトさま
これは、したり!「慎」んで訂正しお詫びいたします。本家の兄弟とカン違いしておりました。
人を喰った発言の多い兄とは別の話ですが。こうしてデマが…広まる訳…ないですね。
Posted by 理力不足 at 2013年04月28日 12:56
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。