2013年03月01日

第10回MMD杯

 MMD杯も10回目。
 初期の頃は、少ない素材や限られた技術でどう表現するかが大きなポイントだったんだけど、最近はモデルもステージもエフェクトもすっかり充実した感がある。完成度も高くなり、プロが金かけて作った作品と見分けがつかないものも多い。
 規模も大きくなり、知名度もじわじわと上がってきてるみたい。特に今回は、選考委員「5名1社1庁」に驚いた。とうとう国まで巻きこんだか!

【第10回MMD杯】MikuMikuDanceCup Ⅹ 【本選開幕告知】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20082842

 今回、印象に残った作品をいくつか。

【第10回MMD杯本選】サンダーバードごっこ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20082842


 個人的に最高傑作はこれ! ハマっちゃって20回ぐらい見た。2号が発進する時にジェット・ブラスト・ディフレクターが起き上がるところとか、エレベーターカーがファイヤーフラッシュの機首にぶつかるところとか、細部までよくできてる。すべり台でバージルごっこは、僕らの世代ではみんなやったよ!
 欲を言えば、最後に爆弾がずり落ちるところが見たかったな。

【第10回MMD杯本選】新番組「ボーカロイドプリキュア!」【モデル配布】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20120545


 おバカなネタなのに、変身シーンの完成度がとてつもなく高くて、ため息が出る。力作。
 再現ものでは、他にも「P4MMD - ペルソナ(物理) -」「御三家で、AIRのOPに中毒になる動画 【鳥の詩】」「はつねのミクのMMD」なども好き。 「【鳥の詩】」はExも必見(笑)。
「カルチャーセンター「うさぎとかめ」ハッチポッチMTV」は個人的にすごく好きなネタなんだけど、表情の変化が乏しいのが残念。細部まで手を抜かずに作るかどうかで、印象がぜんぜん違うということが分かる。

【第10回MMD杯本選】CROSSOVER
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20060531


 格闘もの。殺陣の組み立て方、見せ方が素晴らしく、全編にすごい緊張感がみなぎっている。これは相当アクション映画見て研究したんだろうなあ。目の演技も魅力的。
 この3本が個人的にベスト3。以下、いろいろ。

【第10回MMD杯本選】東方 Fighter 2
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20097822

 海外組。まさに「魔法(物理)」というテーマにふさわしい大迫力のバトル。えぐい表現なんだけど、どうしても笑っちゃう。アリス怖い。

【第10回MMD杯本選】 戦場アイドル春香さん
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20088507

 FPSの雰囲気を見事に表現している。これも残酷な表現なんだけど、ラストでほっとする。
 バトル系では他にも「香港映画Pで香港映画Pを再現」「魔王、決戦」「天使と悪魔」「辻斬日記【般若心経】」など、それぞれ特徴があって面白かった。

【第10回MMD杯本選】サイバーサンダーサザビー
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20096141

 メカアクションものでは、これが文句なしに素晴らしい。
 他にも、「MMDでスパロボ風戦闘デモ」なども力作。

【第10回MMD杯本選】五年前 途切れた線路の 向こう側
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20098526

 前回の「トウナ ステイション」の人。ローカル駅の移り変わりをただ見せてるだけなのに、なぜか目頭が熱くなってくる。
 鉄道ものでは、「犬山橋」も良かった。実物はぜんぜん知らないけど、地元民の感動のコメントで溢れていて、読んでるこっちまで感動してくるのだ。

【第10回MMD杯本選】ドルフィン・イン・ザ・スカイ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20083295

 ブルーインパルスの妙技。これは見入る! 細かいとこまでよくできてる。 Exの地上視点映像も素晴らしいので必見。
 同系統の作品では「Sonic Angels【空を翔る翼】」もかっこいい。フランカーのプガチョフ・コブラは美しい。

【第10回MMD杯本選】マンガっぽいよ【漫画風MMD】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20108789

 MMDってマンガ描くツールとしても使えるのか!?
『コミPo!』と違ってポーズが自由につけられるし、素材もはるかに豊富なわけだから……これって同人誌界の革命になるんじゃない? 新たな可能性を見せつけられた気がした。
 革命的新技術という点では、「Crowd Simulator」「ミクダヨー VS 俺」にも注目したい。どちらもこれから応用が広がりそうだ。

【第10回MMD杯本選】その旅立ちとピアピア動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20124648

 野尻抱介『南極点のピアピア動画』を映像化。原作知ってると泣ける。あと、市場が変なことになってる(笑)。
 SFものでは、アシモフの短編をアレンジした「バイセンテニアル・ガール 〜二百周年の少女〜」も泣ける出来。

【第10回MMD杯本選】たいようのそら
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20120721

 絵本みたい……というより、昔の自主制作アニメみたいな雰囲気の作品。引きこまれた。
 まさか前回のザクアリの人だとは思わなかった。これはまたずいぶん作風変えてきたなあ。

【第10回MMD杯本選】リベルニア−After Centuries−
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20089520

 何か壮大っぽくっていい雰囲気。もっと見たい。

【第10回MMD杯本選】ODDS&ENDS【MMD-PV】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20124333

 モーションも素晴らしいけど、ラストで鳥肌が立つ。
 PVでは他にも「Jealousy of Silence【Unlucky Morpheus】」「マトリョシカ」などが良かった。

【第10回MMD杯本選】MTBチャレンジ!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20092005

 自転車を動かすのは難しいだろうに、なおかつMTBに挑戦とは……この労力を想像すると頭が下がる。

【第10回MMD杯本選】騒がしいゆーじょー【超遅刻カオス】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20127108

 これは遅刻も無理ないクオリティ。ものすごい量のネタが詰めこまれていて、1回や2回じゃ見きれない。

 他にも「黄色のワーゲン」「大妖精1/8 Figure考察」「テキサスコロニーの赤い罠」「-Beautiful World 2013-」「蟻と宇宙」「ツンデレラ」「全力で跳べ!!【バレーボール】」など、印象に残る作品がたくさんあった。「転校生と遠足 【オカ☆ミキ】」「デフォ子の小さな旅 〜 The Small Adventure 〜 森の妖精」などのシリーズものも楽しみ。
 さて、観光庁さんは何を選ぶんだろ?



同じカテゴリー(ニコニコ動画)の記事
 「僕らは何故、電子の歌声に魅了されるのか?」報告 (2014-12-11 11:42)
 第13回MMD杯 (2014-09-18 19:11)
 第12回MMD杯 (2014-03-01 17:13)
 第11回MMD杯 (2013-09-04 18:38)
 第9回MMD杯を振り返る (2012-09-16 17:50)
 ニコマス昭和メドレー4 ~ 昭和のヒーロー&ヒロイン大特集 ~ (2012-05-14 17:41)

この記事へのコメント
 今年は遅刻せず、色々と動画を見れましたのです。

 いつも思いますが、ほんと面白いなあ。こういうのを見てると、自分でも何か作ってみたい……とは思うけど、その余裕なしトホホ。
 
>騒がしいゆーじょー【超遅刻カオス】
>テキサスコロニーの赤い罠

 この二つは、自分もお気に入りです。特に「騒がしいゆーじょー」はお気に入り。作業中にBGM代わりにエンドレスで流しまくってたのですが、何度見てても飽きないですね。
 特にミクや千早たち貧乳キャラが「くっ」ってなってたところに、こなたが降臨して「貧乳はステータスだ!」を全員で行うところがお気に入り。そのとおり、貧乳はステータスで希少価値、ゆえに(以後うるさいので省略)。

>新番組「ボーカロイドプリキュア!」

 これも好きですねえ。
 惜しむらくは、スマプリかウィザードか、そのどちらかに徹して欲しかった気もしますが、かっこかわいいのでおK。
 色合い的に、ミクがマーチでも良かったかなーと思ったり。

>サンダーバードごっこ

 自分もしましたよ! 滑り台使ったバージルごっこ!
 けど実行した幼稚園当時は、周囲に誰も知ってるやついなかったので、先生他大人から「危ないからやめなさい」と叱られました。くっ。

 それはともかく。TB含め全てのメカをミクで再現って、イロモノだけど出来が良いのがこれまたユカイ。
 MMDのミクモデルが数多く存在してるのを、うまく利用した動画だと思います。

 ここから、商業を含む様々な方面へと、伸びてくれれば良いなー。

>これって同人誌界の革命になるんじゃない? 新たな可能性を見せつけられた気がした。

……そういえば、MMDアイマスで、美希のセクシービデオげな動画を以前視聴しましたが。
 18禁方面で、この技術が使われたら……と、ちょいと思いました。
 既にそういう動画作ってる人はいるでしょうけど、この技術が更に進み、手軽になれば、「MMDでアニメばりの18禁動画を製作」……ってのがもっと行われるようになるかも。

 うーむ、期待したいですなあ(莫迦者
 
Posted by 塩田多弾砲 at 2013年03月01日 18:08
山本先生、はじめまして。
書き込みさせていただくのは初めてです。

「スーパーロボット大戦X」は、PS3の「第2次スーパーロボット大戦OG」のOPムービーのツギハギでMMDを使っていない動画として失格しております。
このどうがのUP主は投稿者コメントで自分が作成したかのように装ったり、コメントやタグ欄を監視したりと悪質でしたし、前々から荒らしとして目を付けられていた人物との情報もありますので、取り上げないほうが良いかもしれません。
Posted by ben at 2013年03月01日 21:47
MMD杯も一大イベントになって個人的には正直つまらなく感じました。上位はさながら特定ジャンルのファンによる代理戦争で新鮮味に欠けているような… かといって埋もれた作品を巡回するだけの時間と労力も果たしてそれに見合ったものが本当にあるのかどうか。
Posted by 阿乱墨師 at 2013年03月02日 17:01
今回MMD杯本選を初めて観ました。演出がどれもすごいですね
Posted by AK at 2013年03月04日 17:08
>benさん

 ご指摘ありがとうございます。削除させていただきました。いやー、すっかり騙されてました。油断も隙もないですね。

 あと、「書込」ボタンは1回だけ押してください。何度も押すとコメントがダブって投稿されます。(ダブったコメントはこっちで削除しております)
Posted by 山本弘山本弘 at 2013年03月07日 15:51
 「戦場アイドル春香さん 」、優勝なされましたね。妖狐Pさん、おめでとうございます!
Posted by toorisugari at 2013年03月15日 08:57
>さて、観光庁さんは何を選ぶんだろ?

 観光庁さんは、この一本を選んだようです。

>【第10回MMD杯本選】世界の果てを探した男

 http://www.nicovideo.jp/watch/sm20101183

 絵本を思わせる作品。動きはほとんどないけど、逆にそのおかげで、情緒あふれる一編になってるかと。

 こちらで、記事になってますね。

>観光庁がMMD杯の選考委員になった理由 心を動かした1本の初音ミク動画とは

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1303/15/news127.html


 しかし、観光庁まで動かすとはスゴイよなあMMD杯。
 
Posted by 塩田多弾砲 at 2013年03月16日 23:59
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。