2013年02月24日

『僕の妹は「大阪おかん」』

 最近ちょっとハマってる作品。

http://www.nicovideo.jp/watch/1356079576


 第1話を観た勢いで、一気に8話まで観てしまった。手間と予算かけてぐりぐり動き回るアニメももちろんいいけど、こういう最小限の手間で楽しませようというgdgdなアニメもいいよね。毎回変わるEDテーマも楽しみ。
 昔あった「オバタリアン」みたいな感じだけど、「妹」にしたことで萌えアニメに……なってんのか?  公式タグが「残念アニメ」だしなあ(笑)。

 京都生まれで大阪に20年近く住んでる人間として言わせてもらうと、ここに出てくる「大阪おかん」の特徴の多くは、時代遅れか、誇張されている。「冷コー」という言い方は昔はよく聞いたけど、最近はあまり耳にしない。「豚まん」も551の蓬莱の豚まん限定ではないだろうか。「飴ちゃんあげよか」と言うおばちゃんにも会ったことがない。ましてや「でんがなまんがな」なんて言う女の子はいない(笑)。
 そう言えば、『定吉七番の復活』でもネタにされてたけど、最近は関西人も普通に納豆を食べるようになってるな。
 つまりここで描かれている「大阪おかん」は、あくまで関東人がイメージする架空の大阪人なんである。だから「大阪人ってこうなんだ」とマジで信じるのも、「大阪をバカにするな!」と怒るのも間違い。ギャグと割り切って見ないと。

 阿澄佳奈の大阪弁が下手だと言ってる奴がいるけど、これは戯画化された大阪キャラだから、逆にリアルでない方がいいと思うんだよね。 関西出身の白石涼子に兄をやらせるというのも、意図的なキャスティングではないかと思う。
 あと、毎回、井口裕香が何の役やるのかも楽しみ。おばちゃんの声とか少年の声とかおっさんの声とか、脇役はみんな井口裕香。『らき☆すた』でも2人いたのに、無茶だ。

 やっぱり僕は石舘光太郎作品が好きなんだってことを再確認。『gdgd妖精s』大好きでした。
 スタッフの代わった『gdgd妖精s』2期も観てる。特に第5話のタイムマシンの話には仰天した。この適当に作ってるように見えるgdgdな番組で、まさかそんな緻密な伏線が張ってあったとは!(笑)

 新番組『直球表題ロボットアニメ』も、予想通り、もろに『gdgd妖精s』で、
「それ、メンタルとタイムの部屋やろ!?」
 とかツッコミながら観てる。 ダイサンワの「コマネチ!」には爆笑した。

 あー、でもさすがに『バックステージ・アイドル・ストーリー』はついていけませんでした(苦笑)。


タグ :アニメ

同じカテゴリー(アニメ)の記事画像
作品の枠を超えたキャラクター対比図
同じカテゴリー(アニメ)の記事
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.6 (2017-02-17 18:52)
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.5 (2017-01-21 18:24)
 『この世界の片隅に』 (2016-11-18 20:22)
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.4 (2016-11-18 20:00)
 弱者が常に正しいわけじゃない (2016-10-12 19:25)
 映画『聲の形』 (2016-10-12 18:37)

この記事へのコメント
 面白いなあ。普通のおばちゃんだったら腹立つだけだけど、あすみん声な美少女だったら許す(謎)。

 大阪っぽいイメージを誇張するんならば、あえて関西圏以外を出身地とする声優さんの方が、より怪しげで面白いと思いますね。某火星人のクリプトもそうだったし。
 

>そう言えば、『定吉七番の復活』でもネタにされてたけど、最近は関西人も普通に納豆を食べるようになってるな。

 これなんですけど、自分ら関東圏の人間は何かと「大阪の人は納豆が嫌い」ってよく聞きますが、そのちゃんとした理由ってのは聞いた事がなかったです。
 色んな作品で、「大阪出身キャラが、納豆を目にしたら『こんなもん食えるか!』と拒否る」ってシチュを何度も目にしているため、そう刷り込まれたのだと思いますが。

 やっぱり、昔の関西の方々は、納豆嫌いな人が実際に多かったんでしょうか? それとも「納豆嫌い」ってのも誇張で、実際はそれほど嫌いな人はいなかったとか?

 もしも誇張だとしたら、「関西人=納豆嫌い」ってなイメージを作り上げた、何らかの作品があったとか? どうもこういう「大阪人のイメージ」ってな話題が取り上げられるたび、納豆好きな人間としては、いつもちょいと気になってしまうのです。

 
 でもこの、各都道府県の人間たちを、イメージで見るっつうの。他の都道府県でもありますよね。
 自分は北海道出身なのですが、「北海道民はのんびりしてて大ざっぱ、細かい事は気にしない」などと言われ「いや、そんなことないから!」といつも突っ込み返ししてます。
 こういうののフォーマットはいつごろ確立したのか。ちょっと気になったりなかったり。
Posted by 塩田多弾砲 at 2013年02月24日 19:50
センタンの豚まんはもう無いんですね!残念!
コメントじゃモータープールは四国にないと書かれてましたがあります。
Posted by ハーイ・ハー at 2013年02月25日 14:56
>塩田多弾砲さん

 関西人が納豆嫌いだった理由、僕もよく分からないです。なぜなんでしょうねえ。
 思い起こすと、僕は80年代から普通に納豆食べてましたね。東京の知り合いの家に泊まった時に、夕食のおかずに納豆が出て、「食べられますか?」と心配されたのを覚えてます。
 今でも関西と関東で売り上げには差があるらしいんですけど、昔ほど極端じゃなくなってますね。

http://www.excite.co.jp/News/bit/00091157927912.html?_p=all
Posted by 山本弘山本弘 at 2013年03月01日 15:42
いつも楽しく拝見させております。
砥石ともうします。

このアニメ1話見ました。残念な感じが好みです。

さて、納豆の話題が出ておりますが、答えられる話なので、書き込みます。

昔、フジテレビの「めざましTV」で関西人は本当に納豆が嫌いか調べたことがありました。
その中で、関東の人は、朝ご飯を炊くことが多く、関西の人は夜ご飯を炊くことが多かったので、関西の人は朝、冷たいご飯を食べることになり、納豆はおかずとして合わなかったからだと紹介されていました。
言っていたのは、どこかの大学の教授だったと記憶しています。(うろ覚えです)
たぶん、他にもいろんな説があるかと思いますが、私が知っている話です。・
Posted by 砥石 at 2013年03月01日 21:13
>山本弘様

>関西人が納豆嫌いだった理由、僕もよく分からないです。なぜなんでしょうねえ。

 リンク先を拝見しましたが、

>少し前の関西では風聞通りの嫌われ者だった……と、納豆事情に詳しい人は言う

>確かに年配の方に聞くと「子供の時、納豆など見たことがなかった」「納豆は腐った豆だと教えられていた」と、昔は納豆の存在自体が隠蔽されていた様子なのだ。

 なんかこれも、「自分が聞いた話だと……」レベルで、確実な証言ではなさそうな。
 ただ、昔はあの匂いが嫌われており、一部の人間には敬遠されていたらしい事はうかがえますが。

 そういや、「美味しんぼ」でも8巻3話で同様の話題を出しておりましたが。
「関西人は納豆が嫌い」というのが前提で話を進めており、「なぜ嫌いなのか」って事はほとんど触れられずにおりましたね(匂いが駄目、とだけしか)。
http://d.hatena.ne.jp/T-3don/20091023/1256295692
 これの初版は87年。この十年くらい前から「関西人は納豆嫌い」説が定着してたとすると、77年頃には既にそう思われていた事に。
 この辺りに、「関西人は納豆嫌い」と思わせる何らかの原因が発生していたのでしょうかね。
 関西の有名人が「納豆嫌い」発言して、それが広まったとか。
 あるいは、マンガやアニメや映画など、フィクションにて「納豆嫌いの関西人」みたいなキャラクターやシチュエーションがあったのか。
 はたまた、関西圏外の人間が、勝手にそんなイメージを作り上げたのが定着しちゃったのか。

 なんだか「妖魔夜行」にて、そういう妖怪が出現しそうですねー。
「『関西人は納豆嫌い』というイメージから生まれた妖怪。外見・能力はほぼ人間と同じで、関西圏内の人間と同じものを好むが、納豆を異様に嫌う」とか。
Posted by 塩田多弾砲 at 2013年03月01日 23:07
1話、8話、9話を見ました。面白かったです。「秘密のケンミンSHOW」で喧伝している大阪人のイメージも、概ねこんな感じですよね(笑)

エンディングの歌がまたいいですね。オチのグダグダ感が和みます。

あ、僕はこれは立派な萌えアニメだと思いますよ。現に僕は萌えましたから(笑)
Posted by スバル最高! at 2013年03月03日 19:36
ハンドルネームの通り奈良県民ですが、言語はほとんど大阪弁です。だから共感する部分も多いですね。

うちの娘もアメのことを「アメちゃん」と言いますよ(笑)
Posted by イカルガ at 2013年03月08日 10:47
なぜリクローおじさんと551がでない
上のイカルガさんと同じで尼崎でも「アメちゃん」っていうで
Posted by 尼崎市民 at 2013年03月30日 02:09
『直球表題ロボットアニメ』、ニコニコ動画の配信で最後まで見ました。
不評な序盤も「ああ、これは不条理系ギャグを、SF的な世界観で説得的に描いたんだな」と楽しんでいたのですが、最終話の展開には驚愕しました。
本放送とニコニコ動画配信版では内容が違っているそうですが、ギャグアニメで最もやってはいけないネタを、きちんと伏線を張ることで納得せざるをえない状況までもっていったことも凄かったです。
Posted by 十一郎 at 2013年04月27日 16:27
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。