2013年01月12日

「あなたの知らないマイナー特撮の世界part1」

Live Wire 13.1.25(金) なんば紅鶴
山本弘のSF&トンデモNIGHT#18
「あなたの知らないマイナー特撮の世界part1」

 『ウルトラマン』や『仮面ライダー』や『ゴジラ』ばかりが「特撮」じゃない! 一世紀以上に及ぶ特撮の歴史の中には、一般にほとんど存在を知られていない作品、よほどの特撮マニアでさえ言及することの少ない作品が山ほどあるのです。
 今回は特撮を深く愛する山本弘が、やはり特撮マニアの友人・鋼鉄サンボ氏をゲストに迎え、そうしたマイナーな特撮作品の魅力を徹底的に語り尽くします。
 『月世界の女』『世界大洪水』などの戦前の映画、『スーパーマン』『遊星王子』などのテレビ黎明期の番組、『原潜シービュー号』『スパイキャッチャーJ3』などの60年代の番組、そして『トリプルファイター』『魔神ハンターミツルギ』『流星人間ゾーン』『恐竜大戦争アイゼンボーグ』などの70年代の番組に至るまで、歴史の闇に埋もれた作品の歴史的再評価や、作品の生まれた時代背景、特撮シーンの見どころなどを紹介しつつ、愛にあふれるツッコミを入れまくります。
 炸裂する濃い話題の数々に、あなたはどこまでついてこれるか!?
 

[出演] 山本弘(SF作家/と学会会長)、鋼鉄サンボ

[日時] 2013年1月25日(金) 開場・19:00 開始・19:30
     約2時間を予定

[会場] なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F
     (地図)南海なんば駅より南海通り東へ180m・駐車場有

[料金] 1500円
(店内でのご飲食には別途料金がかかります。入場時に別途ワンドリンクをご購入いただきますのでご了承ください)

 チケット予約はこちらから。
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=53680987

------------------------------------------------

 最初、20世紀の特撮作品をすべて網羅するつもりで、「『月世界旅行』から『鉄甲機ミカヅキ』まで」というサブタイトルも考えてたんですが、パワーポイントで資料を作って、それを見ながらリハーサルの意味でサンボくんと二人で喋ってたら、いろいろ省略したにもかかわらず、20世紀の終わりにたどりつく前に3時間超えちゃいまして(笑)。こりゃ1回じゃとても無理。2回か、ひょっとして3回になるかも。
 1回目はとりあえず、70年代前半、第二次怪獣ブームあたりまでですかね。それでも話すネタ、山ほどあるんで、濃い2時間になると思います。

 もっとも、ゴジラとかウルトラとか戦隊とかライダーについての話は、ほとんど出ません。あまり知られていないけど実はすごい特撮シーンのある映画とか、今では忘れられたマイナー番組とかについて、トリビアやツッコミを交えながら、その魅力をおおいに語ろうという企画です。
 ジョージ・リーブス版の『スーパーマン』なんて、当時の日本でも大人気になった超メジャー番組のはずなのに、意外なことに、今、どういう番組だったのか語る人がほとんどいないんですよね。日本の特撮番組史を語る際、『スーパーマン』が日本に与えた影響とかも、きちんと語っておかないといけないと思っています。

 まあ、中には今見ると笑っちゃうトホホな作品もいろいろあるんですが、そういう作品でもそれなりに評価すべき点はあるし、ダメなりに愛おしくて、ついつい再放送で見ちゃったりするんですよね。
 そう言えば、『名被害者・一条(仮名)の事件簿』で、「これで平和人類は滅亡と決まった!」とか「凶器に値するぎざぎざのもの」というフレーズを使ったら、編集さんに「元ネタが分かりませんでした」と言われました。いや、普通、分からないですから(笑)。知らなくても人生で何の支障もないですから。



同じカテゴリー(PR)の記事画像
『幽霊なんて怖くない』文庫化
新連載『プラスチックの恋人』
冬コミ直前情報
コミケ直前情報:『ミステリー・ゾーン』徹底解説
星雲賞受賞の言葉
新刊『世界が終わる前に BISビブリオバトル部』
同じカテゴリー(PR)の記事
 特撮ファンのための戦争映画入門 (2017-07-21 20:42)
 山本弘のSF秘密基地LIVE「世界の怪獣総進撃!」 (2017-06-17 19:17)
 あなたの知らないマイナー特撮の世界RETURNS (2017-05-19 22:24)
 『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』発売記念イベント (2017-04-07 19:39)
 新刊『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』 (2017-04-07 19:09)
 LiveWire:またしてもニセ科学を楽しもう! (2017-03-06 17:23)

この記事へのコメント
>普通、分からないですから(笑)。知らなくても人生で何の支障もないですから。

 それでも、何となく損をした気分になるのは私だけでしょうか。
 山本さん、また東京でもイベントをしにお越しください。
Posted by toorisugari at 2013年01月12日 17:13
 特撮の濃い話、こうやって告知をうかがうだけでも期待大です。
 
>日本の特撮番組史を語る際、『スーパーマン』が日本に与えた影響とかも、きちんと語っておかないといけないと思っています

 ぜひそのあたりも、詳しく語っていただきたいです。
 特撮としてもちろん、他の様々な作品に対しても、多大なる影響を「スーパーマン」は与えてたはずですが、最近の書籍を目にしてもその辺りがイマイチ語られてないのが、ちと残念と思っていたので。
 今でいう二次創作、またはオマージュやパロディにあたる作品を、マンガ界の巨匠たちも手掛けてましたしね。横山光輝「レッドマスク(外見は、どっかバットマンも入ってるような)」、水木しげる「ロケットマン」、藤子不二雄「パーマン(システムはグリーンランタンですが、能力はスーパーマンですよね)」などなど。
 レッドマスクなんか、設定からして「クリプトン星からやってきた父子」ってのが、そのまんまでスゴイなーと。
 もしもDCコミックとちゃんと提携してたら、近年の「スポーン」の日本版展開みたいになってたりして。

 特撮黎明期に製作されてた「マントと全身タイツ系のコスチューム」のヒーローは、スーパーマンがモチーフだと思われますが。
 願わくば、黎明期以後の、リーヴ版スーパーマンが公開された後の影響もぜひ語って頂きたいです。世代的に、自分はこちらなのでー。今回は70年代までですので、おそらく次回になるでしょうけど。

 あと、「恐竜大戦争アイゼンボーグ」にも期待! 当時ドリルメカがスゴク好きだったので、アイゼンボーグ号はマストメカでした。こないだの特撮博物館で、円谷系なのにボーンフリーは展示されてたのに、アイゼンボーグとコセイドンは展示されてなかったので、不満でありました。
 それに、当時の玩具のアイゼンボーグ号、ドリルがシャープじゃあなくて、しかもクリア素材で銀色じゃあなかったので、子供心に不満でした。劇中のあのドリルを手に取りたくて取りたくて。
 おそらく今の目で再見したら、なんじゃこりゃってな感想抱くかもしれんですが。それでも自分にとって大切な作品の一つです。

 あ、70年代前半までったら、「マッハバロン」や「電人ザボーガー」は……。
 と思いましたが、両者とも結構メジャーですよね。これらはやはり語られんですかー。

 と、とりとめもない長文失礼しました。イベント大変とは思いますが、お体に気を付けて頑張ってくださいまし。

 
Posted by 塩田多弾砲 at 2013年01月12日 23:34
巨大ロボットが登場する日本版の『スパイダーマン』も取り上げますか?有名すぎてマイナーではないですかね。
『アイゼンボーグ』は子供のときに一度見て、主題歌は覚えているのですが、山本さんが岡田さんたちとの鼎談で語っていたような内容は全く思い出せません。ビデオすらなかったのに、どうやって記憶されたのでしょうか。
Posted by TK at 2013年01月12日 23:57
なつかしい。。流星人間ゾーンとかトリプルファイターとかw

アクマイザー3やガンバロンとかワンセブンとか自分のころは好きだったなーとついなつかしがってしまいました。
いきたいなー
Posted by あか at 2013年01月13日 10:38
はじめまして。
私は東京の人間なので、会場にいけないのが残念です。
このトークショー、「絶対的成功の確証を得た!」
Posted by ワンナイト at 2013年01月16日 09:50
シービュー号もマイナー作品に入るんですね。子供時代(小学校はいる前だったような気がしますが)にテレビにかじりついて見ていました。フライングサブの離水シーンはかっこよかったですね。
60年代はアメリカ製の特撮作品が多く放映されていたと記憶してますが、巨人の惑星(一文字抜けるとまったく別の作品になってしまいますが^^;)もマイナー作品に分類されるのでしょうか。結構好きだったんですよね、巨人の惑星。

60年代の日本特撮作品だと、怪獣王子や魔神バンダーもマイナー作品でしょうかねえ。怪獣王子は、まだレコードが手元にあるはずです。この番組のおかげでブーメランなるものを知ることができました。

あと、70年代だと白獅子仮面なんてのもありましたね。これは途中で見るのをやめた記憶があります。今調べてみると、結構怖い顔してたんですね。

いや、懐かしい。見に行けないのが残念です。
Posted by カルスト at 2013年01月16日 20:24
海外でいえば……、
シービュー号があるのなら「タイムトンネル」とかのアーウイン・アレン作品も可ですよね。
あとはアトランティスから来た男とか、NHKで少年ドラマシリーズ枠でやった地球防衛団とかBSでやった旧シリーズのドクターフーとか。
日本でも 宇宙Gメンとか……。
あああ、関西まで行けない自分が情けない。
Posted by 土左衛門 at 2013年01月18日 23:57
「マツコ&有吉の怒り新党」の人気コーナーである「新・3大○○」で、「アイアンキング」や「鉄人タイガーセブン」アニメでは「チャージマン研」最近では「さすらいの太陽」等、懐かしいけどやっぱりトホホな作品が紹介されました。
毎回、楽しみなコーナーです。
Posted by 黒木 燐 at 2013年01月19日 12:32
あ、肝心なこと書き忘れました。
山本さんは面白い企画をよくされるので、行ってみたいと思うのですが、福岡在住なのでなかなか行く機会がありません。地方でもやって下さると嬉しいですが、難しいでしょうね。
福岡は「オタク・アミーゴス」でもけっこう人が集まってましたよ。
Posted by 黒木 燐 at 2013年01月19日 12:43
ミラーマン11話のザイラスの光線技で「スターウォーズ」より6年早くビームサーベル描写やってて感心しましたね。
あとトホホな特撮だとアステカイザーのカイザーインは外せないところでしょうw
Posted by RANDIA at 2013年01月20日 12:20
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。