2012年12月14日

「2013年、あなたが選ぶ山本弘の新作は?」

山本弘のSF&トンデモNight #17
「2013年、あなたが選ぶ山本弘の新作は?」

 ご好評をいただいている、SF作家・山本弘のトークライヴ。2012年最後となる今回は、山本弘が構想中のアイデアや執筆予定の作品の設定を一挙公開! 会場のみなさんのご意見を求め、今後の参考にしようというものです。
 連載中の『プロジェクトぴあの』『僕の光輝く世界』の今後の展開に始まり、『脳内ガールズ』『MADなボクたち』『ブルーフリート』『熱闘!ラノベ道』『ティム』『スターエンジェル』『メドゥサ――War Goddess of Light』など、ライトノベル、青春ラブストーリー、近未来SF、スペースオペラ、秘境冒険小説、マンガ原作と盛りだくさん。幻のボツ企画『機装妖精チャイカ』『幻界戦記B-Kids』も紹介。そして『時の果てのフェブラリー』の続編『宇宙の中心のウェンズデイ』はどうなってる?
 あなたのご意見によって、来年の山本弘の予定が決まるかもしれません!

[出演]山本弘(SF作家/と学会会長)
[時間]12月28日(金)
    開場19:00  開演19:30 (約2時間)
[場所]トークシアターなんば紅鶴
    ・大阪市中央区千日前2-3-9 『レジャービル味園』2F
    ・南海なんば駅より南海通り東へ180m
[入場料]前売り¥1500 (当日500円up)
 ※飲食代別途

 チケットはこちらから↓
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=52655283

-------------------------------------------------

 「SF&トンデモNight 」、今年最後の企画です。これが終わったら、翌日は娘といっしょに、朝早くから東京に行かなくてはなりません(笑)。
 小説というのは多くの場合、作者から読者への一方通行なんですが、執筆前に読者のみなさんの意見を聞いて参考にするのも面白いかと思い、こんな企画を考えました。何か役に立つご意見があれば、取り入れさせてもらおうと思っています。


タグ :PRSF

同じカテゴリー(PR)の記事画像
「今日も科学はエキサイティング! 科学雑誌からSFネタを探そう!」
「わが青春のSFエッチトーク!」
新刊『プラスチックの恋人』
伊藤ヒロ×山本弘トークLive「僕らはエロい小説が書きたい!」
BISビブリオバトル部4 君の知らない方程式
夏コミ直前情報
同じカテゴリー(PR)の記事
 「オタク映画を力いっぱい語ろう!」 (2018-04-17 19:13)
 『リジー&クリスタル』文庫版・解説は菊地秀行先生! (2018-03-31 22:28)
 スーパー!ドラマ オーセンティック海外ドラマ研究室 『ミステリーゾーン』 (2018-03-17 21:25)
 菊地秀行×山本弘「妖魔饗宴~特撮レトロSF&ホラードラマを語り倒す」 (2018-03-17 19:55)
 今日も科学はエキサイティング! 科学雑誌からSFネタを探そう! Part2 (2018-03-17 19:27)
 「今日も科学はエキサイティング! 科学雑誌からSFネタを探そう!」 (2018-02-09 20:02)

この記事へのコメント
>これが終わったら、翌日は娘といっしょに、朝早くから東京に行かなくてはなりません(笑)。

 山本さん、ハードなんてものじゃない程の多忙スケジュールですよ!

>残念ながら、僕はこっちには出演しません。(さすがに月3回東京に行くのはつらいので)

 と、今日のイベントは御欠席なされましたが止むを得ないですよ本当に。(因みに私は行けませんでした。残念である以上に申し訳ありません)

 冬コミ、美月さん共々(無論、コスプレ込みで)お会いできることを楽しみにしています。来週のイベントもどうにか参加したいところです。
Posted by toorisugari at 2012年12月14日 19:07
『妖魔夜行 闇への第一歩』の続編もどうなってるの!?
早く続きが読みたいです
Posted by レンラン at 2012年12月14日 20:27
新妖魔夜行の続編、強く強く希望です!!
しつこく待ってまーす!!
Posted by 欧羅火 at 2012年12月15日 15:21
参加したいところだけど、東京からはちょっと無理なので、ウェンズデイ、新妖魔夜行の続編とか、「戦まほ」のノベライズとかを希望します。
Posted by i=L at 2012年12月16日 17:05
>『幻界戦記B-Kids』

「詩羽がいる街」のあれって、かつて企画として存在してたんですか!?
作中で語られたあのガードゲームの世界観は、私は新妖魔の「奇骸」の設定の原型だと勝手に思ってましたが
ボツ企画とはいえ実在していたというのは驚きました。

しかし、2013年でも新妖魔の続きの予定が無さそうなのが残念です……。
想いから妖怪が生まれるあの世界観は大好きなのですが、もう同人小説とかの道しかないんですかねぇ……。
泣き言を言ってすみません。2013年に出る作品も楽しみにしています。
Posted by ドードー at 2012年12月16日 19:59
チャイカ…! 非常に聞きたいが行けない…ッ!(涙)
Posted by SGF-004 at 2012年12月16日 22:29
なんだ出版ラッシュ詐欺かw
でどうして「輝きの七日間」は早川に見捨てられたの?
Posted by どうでもいい at 2012年12月31日 10:03
>ドードーさん

 あれはもともと、幻に終わったテレビ番組の企画なんですよ。

>どうでもいいさん

 あははは、『輝きの七日間』がなかなか出ないもんで、そろそろデマが出回りはじめましたか?
 出版予定が立ったらすべて説明しますが、うかつにデマを信じて恥をかかないようにしてくださいね。
Posted by 山本弘山本弘 at 2013年01月05日 18:42
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。