2012年12月06日

『UFOはもう来ない』




 新作です。PHP研究所より12月11日発売です。
 もうね、この表紙、しびれますね!
 編集さんからレイアウト案をいただいた時、心の琴線がびんびん震えましたよ。「地球は監視されている」というコピーも編集さんの案なんですが、これもレトロな感じが一周回ってかっこいいです。

 詳しい紹介は、僕のHPの方を参考にしてください。

 僕の大好きなUFOネタを詰めこんだ話で、おそらく「日本でいちばん濃いUFO小説」だろうと思います。
「本当に異星人のUFOが地球に来ていたら」という設定ですが、もちろん、ちゃんとしたファースト・コンタクトSFにもなってます。UFOに関するうんちくを山ほど語る一方で、従来のSF映画やUFO本に出てくる「異星人」のイメージを覆す設定をいろいろ盛りこんでいます。
 UFOと自衛隊機のチェイス、少年たちが活躍するジュヴナイル的な懐かしい展開、後半のコン・ゲーム展開、そしてラストの「“銀河の歴史”が解き明かされる!!」というところまで、見せ場の連続で、たっぷり楽しめると思います。例によって「分かる人だけ笑ってね」という小ネタもいろいろ仕掛けてありますし。

 担当編集さんは、星雲賞を受賞した『去年はいい年になるだろう』と同じ方。SFはぜんぜんご存じないんですが、SFに理解を示してくださって、好き勝手書かせていただけるので感謝しています。その昔、「SFは売れないから書くな」と言った某社の編集とはえらい違いですわ(笑)。
 今回、巻末には、「SF作家ならいつかやりたい」と思っていたアレを入れさせてもらえました。古いSFファンなら「うわっ、懐かしい!」と思っていただけるはず。
 もちろんSFファンでない方にも、SFの楽しさが分かっていただけるものと自負しております。




同じカテゴリー(PR)の記事画像
『幽霊なんて怖くない』文庫化
新連載『プラスチックの恋人』
冬コミ直前情報
コミケ直前情報:『ミステリー・ゾーン』徹底解説
星雲賞受賞の言葉
新刊『世界が終わる前に BISビブリオバトル部』
同じカテゴリー(PR)の記事
 山本弘のSF秘密基地LIVE「世界の怪獣総進撃!」 (2017-06-17 19:17)
 あなたの知らないマイナー特撮の世界RETURNS (2017-05-19 22:24)
 『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』発売記念イベント (2017-04-07 19:39)
 新刊『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』 (2017-04-07 19:09)
 LiveWire:またしてもニセ科学を楽しもう! (2017-03-06 17:23)
 切通理作の『怪獣千夜一夜』第一夜 (2017-03-06 15:56)

この記事へのコメント
文庫かと思っていたら、ハードカバーですか!? 1900円高!ああ、積み本が止まらない…。
この作品は文蔵の連載で全部読みましたが、いつかは買いますねw

ちなみに私は個人的にですが
地球外知的生物は、少なくともこの銀河系には地球以外に存在しないと思ってます。
地球に似た生物が多様の惑星が偶然生まれる可能性や知的生物まで進化する可能性はかなり低いだろうと思うからです。
それに未だにSETI計画では、証拠か見つからないのもありますし。
そう思いながらも、SETI計画に参加して発見してほしい、存在してほしいという思いはあります。
Posted by 匿名 at 2012年12月06日 20:17
楽しみです!
でも、「おそらく」より「たぶん」の方が
適切ではないですか?
間違っていたらすみません。
「絶対」買います!
Posted by とおり&すがり at 2012年12月07日 17:15
…アレっ!?こっちが先なの?
俺がハヤカワのHPで見た(気がする)のは偽記憶か!?仮想現実か!?


まぁ、どうせこっちも面白いに決まってるから全然OKですが。
発売日には、ツンデレレママさんイーグルドライバーを越える逸材に出会えると勝手に期待してジュンク堂に突撃します。


〉担当編集さんは、SFはぜんぜんご存じないんですが

へぇ〜。
出版とは作家と編集がバロムクロスして行うものだとよく言われますが(嘘です)、良い意味でユニークな方のようですね。
他には、「女性の方と聞いて、遠子先輩の様な文系美女を想像して会ってみたらミザリーの様な鬼女だった」みたいな面白エピソードはないですかね?
Posted by 活字スキー at 2012年12月07日 20:02
「神は沈黙せず」の時も思いましたが、こういう帯って、山本さんに対して
何も予備知識の無い人は、「ああ、ムーとか大真面目に読んでる作家さんね」
と、スルーしてしまわないかなと心配です。
自分がいまだに未知の作家の本を買うのは、雑誌のレビューでもネットの評判でもなく、
書店で見かけて……というアナクロなタイプなための杞憂だったらいいんですが
Posted by 白黒猫 at 2012年12月10日 02:12
 いまから、買いにゆきます。

 作品は違いますが、先日「メフィスト」の『僕の光輝く世界』を読んで感動しました。(まだ1話目ですが)
 以前山本さんが宣伝なされた通り、人間の脳が関わってくる設定ですが、「僕の」変わってしまった視界が『「僕らが見ているものはすべて」脳が構築した仮想現実』へとどう変化していくか、この先の展開が楽しみです。
 だいぶ前に『山本さんは「七歩跳んだ男」でミステリー(と言うより、SFを利用したトリック)を書いていらっしゃる(と思っています勝手ながら)ので、ミステリーもいけるんじゃないかと思っております』(http://hirorin.otaden.jp/e236440.html#comments)とコメントしましたが、確信しました。思うではなく、山本さんはミステリーもいけてますしいけます!
Posted by toorisugari at 2012年12月11日 18:25
面白くて一気に読んでしまいました!そして、山本先生の作品は現実に存在する問題を題材にしてるわけですけど、例の番組の事もしっかり取り入れてましたね(苦笑)。
個人的に、この作品は世に出すべきものであったと思いました。騙される人が一人でも減ってくれたらいいんですが……。今後も山本先生の作品、楽しみにしています。
Posted by ドードー at 2012年12月12日 23:25
ところで『輝きの七日間』はどうなったのですか?
Posted by UHI at 2012年12月15日 23:11
https://twitter.com/hirorin0015/status/831766128317849600

 『UFOはもう来ない』、ラジオドラマ化おめでとうございます!ますます山本さんの作品の輪が広まっていきますように。そしてアニメ版『MM9』が早く放送されますように!!(Makuake等があれば『この世界の片隅に』で山本さんがおやりになられたように資金援助いたします!)
Posted by toorisugari at 2017年02月16日 08:36
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。