2012年11月16日

SF&トンデモNight #16「あなたの怖がり方、正しいですか?」

山本弘のSF&トンデモNight #16
「あなたの怖がり方、正しいですか?」


 危険なものを怖がるのは当たり前。でも、あなたの抱いているその危機感、本当に正しいですか? マスメディアやネットに氾濫するトンデモ情報に踊らされていませんか? 間違った常識に毒されていませんか? 本当に怖がらなくちゃいけないことに気がついてないんじゃないですか?
 星雲賞受賞SF作家・山本弘が、ユニークな話題を熱く語るトークライヴ。今回のテーマは「リスク」です。大地震、原発事故、地球温暖化、スーパーフレアなどの超特大の危機から、こんにゃく入りゼリー、食品添加物、ひのえうまの迷信、マンガの悪影響などの身近な話題まで、ありとあらゆるリスクを検証します。
 データから明らかになる意外な事実の数々に、あなたの常識がひっくり返ること間違いなし!

[出演] 山本弘(SF作家/と学会会長)
[日時] 2012年11月30日(金) 開場・19:00 開始・19:30
[会場] なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F / Tel. 06-6643-5159)(地図)南海なんば駅より南海通り東へ180m・駐車場有
[料金] 1500円(当日券500円up)
 ※飲食代別途

 チケットはこちらから。↓
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=51358337



「何をどれぐらい怖がるべきか」というのは、なかなか難しい問題なんですよね。「詩音が来た日」でも書いたけど、人間というのはいちいちリスクの大きさをデータから判断してそれを回避しているわけじゃない。適当に「このリスクは重視する」「このリスクは無視する」としている場合が多いんです。だいたい、この世にあふれているあらゆるリスクの大きさを正確に判断するなんて、事実上不可能な話です。
 だから、放射線にせよ食品添加物にせよ、小さな危険を過剰に怖がってる人を必ずしも非難はできない。
 ただ、間違った怖がり方──あるリスクを極度に恐れた結果、人を傷つけたり、別のリスクをそれ以上に上げてしまうような怖がり方はやめるべきだと思います。
 あと、かなり大きな危険のはずなのに、メディアが大きく取り上げず、ほとんどの人が知らないか無視しているリスクというのもあります。今のうちに警戒して準備をしておかないと、大変なことになるかもしれませんよ……。
 というような話をしようと思っています。


タグ :PRリスク

同じカテゴリー(PR)の記事画像
「今日も科学はエキサイティング! 科学雑誌からSFネタを探そう!」
「わが青春のSFエッチトーク!」
新刊『プラスチックの恋人』
伊藤ヒロ×山本弘トークLive「僕らはエロい小説が書きたい!」
BISビブリオバトル部4 君の知らない方程式
夏コミ直前情報
同じカテゴリー(PR)の記事
 「オタク映画を力いっぱい語ろう!」 (2018-04-17 19:13)
 『リジー&クリスタル』文庫版・解説は菊地秀行先生! (2018-03-31 22:28)
 スーパー!ドラマ オーセンティック海外ドラマ研究室 『ミステリーゾーン』 (2018-03-17 21:25)
 菊地秀行×山本弘「妖魔饗宴~特撮レトロSF&ホラードラマを語り倒す」 (2018-03-17 19:55)
 今日も科学はエキサイティング! 科学雑誌からSFネタを探そう! Part2 (2018-03-17 19:27)
 「今日も科学はエキサイティング! 科学雑誌からSFネタを探そう!」 (2018-02-09 20:02)

この記事へのコメント
こんばんは! これは必見のお話ですね。ちょっと間が空きましたが、今回は行きます。データの読み取り方は広く、教養として現代人は持たねば!山本さんに教えてもらった認知心理学は仕事に役立ちます。
Posted by 京都の会社員 イノ at 2012年11月16日 18:28
このテーマを扱われるなら「ゼロリスク社会」の罠「怖い」が判断を狂わせる佐藤健太郎/著がお奨めです。
http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334037062

ところで、ミクシイのメッセージでお願いした件はどうなりましたでしょうか?
Posted by 亜留間次郎 at 2012年11月16日 19:54
お晩でした〈(~。~)屮


この歳になると、BSEも放射線も添加物も怖くありませんな(^_^;)


宮城県沖の地震が怖くて秋田県に逃げ出して、首都圏に仕事を求めてリスクを増やしてる莫迦ヲヤヂでした。
Posted by 孤星 at 2012年11月16日 23:23
皆が正しい怖がり方を習得したら世界中のホラーハウス、恐怖映画は全て廃業ですが、多分そんなことにはならない気がします。
Posted by 恐怖 at 2012年11月17日 08:02
このテーマだと『リスクにあなたは騙される 「恐怖」を操る論理』(早川書房 著 ダン・ガードナー / 訳 田淵健太)という、そのものズバリなタイトルの名著がありますね。
470ページもあって、読破するのは大変ですが……。
自分は原発事故の前にたまたまこれを読んでいたおかげで、幸いにも福島への風評被害を煽る人間にはならずに済むことができました。
そのうえ山本先生のこちらのブログもありましたし。
トークライヴ、成功を祈っております!
Posted by TakaTaka at 2012年11月17日 17:33
『ひのえうまの迷信』
秋篠宮紀子様が丙午なんですよね。嫁がれてから、あまり言われなくなったとか?
Posted by 輜重兵 at 2012年11月22日 20:33
>輜重兵さん

>秋篠宮紀子様が丙午なんですよね。嫁がれてから、あまり言われなくなったとか?

山本先生の奥様も「丙午」でらっしゃいますよ。また私の弟も丙午年の生まれであり、その同級生には勿論、沢山の女性が居ますが、言い伝えにある通り「旦那を殺した、そこまでせずともダメにした」という女性が取り立てて多い筈もありません。「紀子妃殿下が嫁がれて以来…」なんてのは「遅すぎたくらい」です(「旦那さんをダメにした」とは到底言えない例は、有名な例に限ってももう一つ在ります。女優の安田成美さん〔1966~〕と旦那さんの木梨憲武氏〔1962~〕の例です。この2人、結婚してもう20年近い「おしどり夫婦」ですよ…〔1994年~〕)。
Posted by DRAKO(ドラーコ) at 2012年11月23日 21:11
あぁ、書き忘れてました。山本先生、いつもながら面白そうなんですが、Malric^ulo(マルリチューロ、“^”の記号は、元来は前の文字の上です…)な身の上なもんで(これもいつもながら)行かれません。ホント、新幹線代は高過ぎですよね…
Posted by DRAKO(ドラーコ) at 2012年11月23日 21:18
「丙午伝説が大嘘」だと言える(有名な)例がもう一つ在った事を忘れてました。歌手の早見優さん(1966~)と、その旦那さんの例です。このお二人も、結婚なさってもう16年以上になります…(1996~)
Posted by DRAKO(ドラーコ) at 2012年12月06日 23:19
次回は森昭雄の「ネトゲ脳」も取り上げるのでしょうか?
Posted by TK at 2013年01月09日 23:33
…今更ですが…「『丙午伝説』が大嘘である事を証明する1番有名かつ、今まで挙げた例より遥かに結婚期間が長い例」をすっかり失念してました!!元アイドル歌手の石川秀美さん(1966~)と元シブがき隊のメンバーで、「はなまるマーケット」の司会で有名だった薬丸裕英氏(1966~)の例です。この御夫妻は、結婚なさってもう20年以上になります…(1990~)
Posted by DRAKO(ドラーコ) at 2013年02月03日 12:47
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。