2012年11月06日

「地震雲」について考える(前)

 先月の話になるが、『週刊現代』(2012年11月3日号)にこんな記事が載った。

>本誌は警告する 不気味な地震雲も出始めた
>そろそろやってくるM7クラスの首都直下型地震
http://www.bitway.ne.jp/kodansha/wgendai/sannet/article/121022/top_04_01.html

 ……あのー、『週刊現代』さん?
 貴誌は2005年にも、地震雲などを根拠に、「関東にもうすぐ大地震が起こる!」とさんざん騒いだんですが、もうお忘れですか?


・2005年4月7日号
 福岡沖地震が警告!!「東京&名古屋」
 次にくる巨大地震

・2005年4月30日号
 南関東大地震「GWが危ない!」

・2005年6月18日号
 5・25に“予兆雲”が発生
 地震雲を追い続けてきた本誌だから書ける
 関東・東海大地震「6・18までが危険日」

・2005年7月9日号
 迫り来る東京大地震!「7月の危険日」

・2005年8月13日号
 首都“縦断ベルト地帯”が最も危険
 この夏「巨大地震」が東京を襲う!
 恐怖!「平成の関東大震災」へのカウントダウン

・2005年9月3日号
 9・11衆院選を目前に無気味な前兆現象を確認
「巨大地震が“選挙”に起こる!」

・2005年9月17日号
 雲から動植物の変化、ラジオのノイズまで前兆現象を網羅
 巨大地震「9月のXデー」

・2005年11月5日号
 東海大地震か超台風の襲来か!?
 10・30 火星大接近で「地球大異変!」

・2005年12月3日号
 南海トラフが誘発する「恐怖のM8」のシステム
「12月大地震」に備えよ

・2006年2月18日号
 豪雪が「2月大地震」を呼ぶ! 東京・仙台

 ほとんど毎月、「地震雲が出た」とか「もうじき大地震が来る」って言ってましたよねえ?
 大はずれに終わったこれらの記事は、無かったことにしてるんですか?

 今回の記事の中では、大気イオン地震予測研究所(e-PISCO)の矢田直之氏が、10月9日に中央自動車道の土岐(岐阜県)あたりで撮影されたという「地震雲」の写真について、こんなことを述べている。

>(前略)確実なことは言えませんが、私の経験に照らすと、岐阜、愛知付近でM(マグニチュード)7クラスの直下型地震が発生する危険があります。
>震源が深ければ震度5ですみますが、万が一浅ければ、M7でも震度6強の地震が愛知・岐阜エリアを襲う可能性があるのです。

> 通常、地震雲が観測されてから数週間以内に地震が発生する可能性が高い。実際、10月16日にも岐阜では珍しい地震が起きた。M2.9の小さな地震でしたが。愛知・岐阜エリアでは10月いっぱい、十分な注意が必要です」


 岐阜では地震は珍しいのだろうか? 調べてみたら、今年の8月、愛知や岐阜を震源とする有感地震(M1.9~3.4)が11回も観測されているのだが。

http://www.jma-net.go.jp/gifu/gaikyo/632_08.html

 だいたい、矢田氏は岐阜の地震を警戒しているのに、記事のタイトルが「そろそろやってくるM7クラスの首都直下型地震」というのも変な話である。

 矢田氏が10月9日に岐阜で撮影された雲が「地震雲」だと信じた理由は、阪神淡路大震災の8日前に神戸で撮影されたという「地震雲」に似ていたからである。


>「言うまでもありませんが、この地震雲が観測された8日後、阪神淡路大震災が発生しました。あの時は野島断層が動いたと言われていますが、雲の位置は震源地の真上に相当する。まさに震源地からまっすぐ立ち昇るように伸びている。

 矢田氏をはじめ、「地震雲」の存在を信じる人々はみな、この雲が「震源地からまっすぐ立ち昇るように伸びている」と言う。
 しかし、ちょっと待っていただきたい。この雲は本当に垂直なのか? 撮影者の頭上から地平線方向へと水平に伸びている飛行機雲ではないのか?
 こんな指摘をしている人もいる。


http://sky.geocities.jp/takotako_m8/tarumi.htm
>どちらの写真が先に撮られたのかは、別として・・・そう、明らかに雲は移動しているのである!これは何を意味しているのか!!??
>そう、少なくとも地下の断層・1点から、噴出しているのではない。1点から噴出しているのだから、垂直に立ち上るのであって、であれば、強風によって上端は移動するにしても、下端は同じ場所に固定されるはずである。 噴出口が移動しているとしたら、もっと幅広い扇状に広がるはずである。どうみても、地震雲と考えると不自然だ。

http://mmasamurai.blog100.fc2.com/blog-entry-793.html
>写真を見れば分かる通り,この時刻は完全に日没後であり,明石海峡大橋も淡路島も黒くシルエットになっている.しかし,くだんの雲は下端とされる部分まで陽が当たっており,美しく輝いている.このため,雲が垂直になっているのではなく,奥に向かって水平にたなびいていると考えた方が無理がない.

 まことにもっともである。
 もしこの雲が本当に明石海峡大橋の上に出ているのなら、雲の下端は橋の高さ(298.3m)よりほんの少し高いだけ、ということになる。それなら橋と同様、真っ暗に写っていなくてはならない。
 この写真は神戸の垂水港から明石海峡大橋の方向を撮影したものだという。明石海峡大橋は垂水港から見て南西にある。
 すると、雲は明石海峡の西側にあることになる。しかし、阪神淡路大震災の震源地は明石海峡の東である。つまり、どう考えても、この雲は「震源地の真上」にはないのだ。
 地上は真っ暗なのに雲にはまだ陽が当たっているということは、この雲はかなりの高空、おそらく高度10km以上にあると推測される。とすると、手前に写っている明石海峡大橋との位置関係から見て、この雲は明石海峡大橋より何十kmも向こうにないとおかしい。
 ということは、雲の西の端(画面では下端)が存在するのは四国の香川県の沖合の上空である。

(写真をクリックすると拡大します)

 この雲が飛行機雲だと考え、グーグルマップ上で垂水港から明石海峡大橋へ線を引き、それをさらに延長してみると、東の端が大阪国際空港(伊丹空港)の位置に到達することが分かる。西側に延長すると、四国の松山空港、九州の長崎空港・熊本空港・大分空港などが位置している。
 当時の時刻表は分からないが、現在でも午後5時台に何本もの旅客機がこの航路を飛んでおり、1995年当時もそのはずである。

伊丹空港フライト情報
http://osaka-airport.co.jp/timetable/

 実は我が家も伊丹空港の近くにあり、何日かに一度は、きれいな飛行機雲が見られる。
 明石海峡の上を毎日5時台に旅客機が飛んでいるのだから、垂水港から見て明石海峡大橋の上に、何日かに一度、西南西へと伸びる飛行機雲が必ず出ているはずだ。つまり阪神淡路大震災の8日前に飛行機雲が撮影されていても、何の不思議もないことになる。

 矢田氏は言う。

> 飛行機雲だと反論する人もいますが、絶対に違う。飛行機雲が高度1万mくらいのはるか上空でつくられるのに対し、地震雲は5000mくらいの高度から伸びていくのです。

 この説明は三重におかしい。
 第一に、飛行機雲は高度5000mぐらいからできるとされている。
 第二に、1枚の写真から、雲の高度が5000mだなんて、どうやって分かるのだろうか? まず神戸で撮影された写真の「地震雲」が、高度5000mであることを証明してもらわねば困る。
 第三に、この雲の高度が5000mだとすると、明石海峡大橋より何十キロも向こうの香川県沖にあることになり、逆に地震雲ではないことになってしまうのだ。

 もちろん岐阜で10月中に大きな地震は起こらず、矢田氏の予言ははずれた。
 10月9日に撮影されたという「地震雲」は、やはりただの飛行機雲だったのだろう。


タグ :地震雲

同じカテゴリー(サイエンス)の記事画像
「今日も科学はエキサイティング! 科学雑誌からSFネタを探そう!」
『ニセ科学を10倍楽しむ本』文庫化
新刊『14歳からのリスク学』
「地震雲」について考える(後)
「光より速いニュートリノ」をめぐる誤解・3
「光より速いニュートリノ」をめぐる誤解・2
同じカテゴリー(サイエンス)の記事
 今日も科学はエキサイティング! 科学雑誌からSFネタを探そう! Part2 (2018-03-17 19:27)
 「今日も科学はエキサイティング! 科学雑誌からSFネタを探そう!」 (2018-02-09 20:02)
 中学生の6割は「月は西からのぼる」と信じている。(3) (2017-03-06 18:28)
 中学生の6割は「月は西からのぼる」と信じている。(2) (2017-03-06 18:17)
 中学生の6割は「月は西からのぼる」と信じている。(1) (2017-03-06 18:00)
 LiveWire:またしてもニセ科学を楽しもう! (2017-03-06 17:23)

この記事へのコメント
 イタリアのラクイラ地方裁判所での出来事が他人事ではないですね…
 この場合、安全宣言ではなく不安の煽りですが。
Posted by toorisugari at 2012年11月06日 14:30
岐阜在住で撮影されとされるすぐ近くに住んでいますが…大地震どころか記憶に残るレベルの地震も無かった気がします
Posted by 岐阜人 at 2012年11月06日 20:29
これだけ何度も「予言」をしていたら、そりゃ、いつかは当たるかも。
Posted by 富士男 at 2012年11月06日 22:16
こんにちは。この手の「地震の前兆現象を憂いている人」というのは「視野が狭く、自分が観測している現象以外の現象や、他人の意見は全く意に介さない」のが普通なんですよね…(私の母も「地震雲が出てるんだよッ!!」とか言って、食器棚の扉のガラスにガラス飛散防止用フィルムを貼ったりしてましたが、自分の寝室の家具については特に倒れるのを防止するでもなかったという、かなり抜けた真似をしてました…)

これは「地震雲」ではありませんが「因果関係は不明だが、(大)地震の前には、空の電離層に異常が生ずる」という話はどうなんでしょうね…?実際、昨年の震災の少し前にも、東日本区域の電離層に大規模な異常が生じ「今後1週間~10日の間に、東日本地域でとてつもない大地震が起きる可能性大だ!!」とか予想した方がいらっしゃったとか…(この話は週刊誌の「アサヒ芸能」〔←だったと思います〕に載った他、単行本にもなってました。タイトルを忘れてしまったのが非常に悔やまれます…もし判明したら、またこのブログに書き込みますね…)

…後、これは「超能力」ではありませんが「地震が起きる前には耳鳴りがする」という方もいらっしゃるようです。恐らくは「特異体質」みたいなもので、耳の奥の三半規管が普通の方には判らない地磁気の異常か何かを感じ取り、その結果として「耳鳴りがする」んだと思いますが…(昨年の震災に関しては不明ですが、あの阪神・淡路大震災の際にもそういう方はいらっしゃったようです…)

それにしても「大地震が来るぞ!!」とデマをやたらと流す奴らは(勿論、先生がこのエントリで書いてらっしゃる週刊現代の例も含めて)何とかならないんでしょうかねぇ?こういう奴らが居るから、マトモに地震予知の研究をしている人たちまでインチキ呼ばわりされてしまうんですけどね…
Posted by DRAKO(ドラーコ) at 2012年11月07日 11:26
 いや、これはきっとケムトレイルですよ。どっかの適当な陰謀してる巨大組織が、よくわかんないアレやコレやソレな化学物質を散布し、それがよくわかんないけど化学反応を起こして地震発生の原因になってるんです。

……ってのを、本気にしてる人もいるんだろーなあ。

 しっかしほんと、週刊誌のこの手の煽り記事は困ったものですね。センセーショナルな見出しだと、やっぱ売上伸びるんだろーなあ。
 この矢田という人も、「自分が間違ってるかも」という事を鑑みないのが、実に困りもの。「私の経験に照らすと~」とか言ってるけど、それが思い込みによる間違いだったら、デマ拡散の手伝いしてることになるんだけど。
 で、何度外れても、ケロっと前の発言や記事やらは忘れ、「地震が来るぞー」と吹聴しまくる。
 既に福島の震災で、日本中が不安に苛まれているというのに。なんでその不安を増長するようなデマを流すのか。人でなしってのは存在するものだと、改めて実感。
Posted by 塩田多弾砲 at 2012年11月07日 13:43
件の「地震雲」を有名にした本、「前兆証言1519!」という本を昔持っていました。いまは、無くしてしまいましたが。無くしたことは惜しくないんですが、話の種に取っておいてもよかったかな、と思います。
私は、地震雲についてはまったく信じてません。地中からの電磁波で地震雲ができるなんて言う説もありますが、上空の雲の形に影響するほどの電磁波が出ているのに目立った電波障害がないのはなぜでしょうねえ?そもそも、土(土壌)というのはものすごく電磁波を通しにくいシロモノなんですよね。

前述の本を書いた弘原海清氏は、イオン原因説だったと思いますが、これにも首をひねってしまいます。弘原海氏はイオン説を補強(?)するものとして、地震前日に駅で気分が悪くなったというご婦人の話を「前兆証言1519!」に載せていましたが、そんなバカなという感じです。神戸のような大都市で、急に気分が悪くなる人が一体何人いると思っているのか。この本を読んでいて思ったのは、人間というのは一旦何かのバイアスがかかってしまうと物事の判断にとんでもない偏りが出てくることがあるのだ、ということでした。仮にも弘原海氏は科学者なんですから、本来は冷静なものの見方ができていたはずだと思うのですが。
逆に言うと、阪神淡路大震災がそれだけ大きな衝撃を弘原海氏に与えたということなのかもしれません。

それから、前にyahooの掲示板で地震雲について論争になったことがあるんですが、その時に地震雲支持派の方が、「飛行機雲はすぐに消えるはずなのに私が見た雲は消えずに残っていた。だから地震雲だ」と言っていたことがありました。すぐさま反論しましたが、飛行機雲がすぐ消えるかどうかは上空の気象条件によります。すぐ消えるどころか、ずっと残っていた飛行機雲がだんだんと広がっていき、空を覆う薄い雲(絹層雲とか)になることもあるんですがね。
飛行機雲は1万m以上上空で作られるとか、飛行機雲はすぐに消えるとか、調べればすぐ分かる事なのに何故ちゃんと調べないんでしょうね。
そうそう、「前兆証言1519!」には「夏にしかできないはずの積乱雲が地震前日に発生していた」という証言と写真が載っていましたけど、これも間違いです。
積乱雲は冬でも発生します。冬にも雷が発生することがその証拠です。ちなみに、その方が投稿した「冬の積乱雲」の写真は、どう見ても積雲でした。これも思い込みというヤツかも知れません。
Posted by カルスト at 2012年11月07日 20:28
えええ(°д°;)。ASIOSさんとこのホームページで、週刊現代の『超常現象を検証する』って特集に協力しましたってブログ、読んだばっかなんですけど…

週刊現代の担当編集が、違う階の人なのか? 編集会議とかやっとんのかいな…
Posted by ギルス at 2012年11月07日 20:56
何故、(普通に考えると結びつかない)「雲」と「地震」が関係するという話が人を引きつけるのか?
と言うことは一度きちんと考えて、答えが出ればいいなと思います。
現場でこの手の電話応対の労力はバカになりません。
Posted by FUJI at 2012年11月08日 01:45
週刊現代の見出し一覧に吹きましたw
放射能騒ぎの時もそうですが、やはり週刊誌(マスコミ全体、かな?)なんてのは売らんかな第一で真実の報道なんてする気は全然無いんですね。
Posted by めすくりん人 at 2012年11月09日 11:59
>「カルスト」さん

>そうそう、「前兆証言 1519!」には「夏にしかできないはずの積乱雲が地震前日に発生していた」という証言と写真が載っていましたけど、これも間違いです。
>積乱雲は冬でも発生します。冬にも雷が発生することがその証拠です。ちなみに、その方が投稿した「冬の積乱雲」の写真は、どう見ても積雲でした。これも思い込みというヤツかも知れません。

「夏にしかできないはずの積乱雲」なんて言う方は、きっと太平洋側の御出身で、きっと今でも太平洋側にお住まいな上、冬期に日本海側を旅した事も無いんでしょうね…「日本海側に(冬期に)住んだ事がある」「一回でも、冬期に日本海側を旅行した事がある」なら、こんなデタラメを書く筈がありません。恐らくは「ハタハタ」(魚偏に雷と書く場合もあり)という魚も知らないんでしょうね…(←ハッキリ言って「日本人としては、かなり情けない話」です…)
Posted by DRAKO(ドラーコ) at 2012年11月09日 17:47
私の住んでる地域は飛行機の通り道に当たるので飛行機雲をよく見ます。ある日の夕暮れに3本の飛行機雲が互いに交差しているのを見た時は珍しさに感心しました。飛行機雲は湿度が高くて気温が低い日は低空でも出来やすい気がします。
Posted by Rick=T at 2012年11月09日 21:38
そりゃ、週刊誌なんてのは、次の週までに「売れてナンボ」なんだから。(後でスクラップしておいて、どう騒いだか。その違いをじっくり楽しむ。なんてできそう。)スポーツ紙の「サラ金広告」並に考えないと。後、「地震雲だぁ」と、騒ぐ人々なんて、そもそも日本が「地震列島」と言うのを、忘れているんじゃ、ありませんかね。
Posted by くり金時 at 2012年11月09日 23:30
地震の前に電離層に異常、って話はNHKのサイエンスzeroでやってましたね。番組を見た感想としては、「地震前兆以外の要因による異常も多く、解析が大変なので予知に使えるとしても未だ先の話」といったところでしょうか。
データもまだまだ足らないんじゃないかなぁ。

まとめサイトがあったんでURL貼っておきます。
http://www.asyura2.com/12/jisin18/msg/462.html
Posted by Null Devices at 2012年11月10日 02:25
> Null Devices さん

有難う!!見てみます!! m(_ _)m
Posted by DRAKO(ドラーコ) at 2012年11月16日 22:53
それにしても「週刊現代」は、昨年の震災をちゃんと予知したんでしょうか?だって「大本命」ですよ!!それを予知出来ずして「本誌は警告する!!」だなんて、チャンチャラ可笑しいです。「片腹痛い」という言葉は、こういう場合の為にあるんですよね…ww(この点は、あのブラジル人「インチキ」予言者のジュセリーノも同じです…〔「ジュセリーノ 嘘つき」とか「ジュセリーノ ペテン師」とか「ジュセリーノ 詐欺師」で検索を。沢山のサイトが引っ掛かりますよ!!〕)
Posted by DRAKO(ドラーコ) at 2012年12月14日 23:51
地震雲の信ぴょう性はともかく、
面白いネタであるのには変わりないですね。
今のところ血液型診断と同じようなものでしょうかね。
あくまで私の主観ですが。

でも、もしかしたら「天動説」→「地動説」のように
地震雲なんてまさかハハハといっていた人が

「昔は地震雲を信じていなかった人がいた」
と言われる時代がくるかもしれませんね笑


それか、「地震の前には特徴的な雲を出す」
というプログラムが存在するのかもしれませんね・・・笑
Posted by サンバルカン at 2013年04月07日 05:16
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。