2012年10月07日

『非実在少女のるてちゃん』観てきた

 先日紹介した『非実在少女のるてちゃん』を観てきた。
 面白かった!
『朝まで生ゴヅラ』も面白かったけど、あれの数倍、笑えた。展開がものすごくスピーディで、ダレる間がない。素早い場面転換(役者がくるっと回るだけで場面が変わってる)そのものがギャグになってる。
 題材が題材だけに、濃いネタやアブないネタも飛び交う。実在のマンガのタイトルがぽんぽん飛び出すし、明らかに実在の人物をモデルにしたキャラクターが何人も出てくる。
「漫画の神様」はもちろんあの人。非実在青少年の定義をのるてちゃんが訊ねる時の、「幼女のように見えるけど実は大人の奇形嚢腫の女の子」「9歳の女の子がキャンディーを舐めて大人に」「蔵の中に閉じこめられた女の子が近親相姦」というネタの3連発には爆笑した。

 何と言っても圧巻は、後半の表現規制推進派と反対派の討論のシーン。キャラクターが入れ代わり立ち代わり主張をぶつけ合う中で、この問題に関する主要な論点がほぼ完璧に網羅されているのに感心した。作者の方、すごく勉強したなあ。
 しかもこの討論が、ちゃんとエンターテインメントになってるんである。端々に隙あらばギャグが入っていて、確実に笑わせてくれるのだ。
 さらに感心するのが、そのギャグの多くが、元ネタとなった発言が実際にあること。「穴という穴に突っこまれてるんです」とか「ジャニーズも乳首が映ってたら児童ポルノ」とか「メールは開く前に分かる」とか「ロリコンは認知障害者」とか、知らない人が聞いたら作者の創作かと思うかもしれないけど、本当にそういう意味のことを言ってる人がいるんだもんなあ。「アンケートを黒塗りにして発表」というのも実際にあったことだし。 もちろん、いちばん笑えたのは都知事でしたが(笑)。
 つまり舞台を見て笑いながら、規制推進派の主張がいかにおかしいものかが分かる仕組み。いや、恐れ入りました。
 もっとも、推進派だけが笑われてるわけじゃなく、反対派の方でも、BL好きの女教師とか獣姦好きのマンガ家とか2次元しか愛せない少年とか、笑えるキャラばっかりなんだけど。
 もちろんマンガやアニメのパロディもいろいろ。たびたび出てくる『まど☆マギ』パロ(キュゥぶうのインパクトすげえ!)もおかしかったけど、クライマックスで展開される数分間の『エヴァ』パロが見事。げらげら笑えるけど、最後はなぜか感動しちゃうのだ。

 日程はあと2日しかないけど、未見の方にはおすすめしておきます。



同じカテゴリー(社会問題)の記事画像
「思考盗聴」「集団ストーカー被害」を訴える人たち
デマ:蓮舫の子供が海外に留学
福島産の農産物をじゃんじゃん食べよう!
「去年はいい年だったろう」
タイムリミットが迫る!
石原慎太郎『スパルタ教育』より
同じカテゴリー(社会問題)の記事
 オタク差別は消滅しつつある (2018-04-23 17:25)
 「思考盗聴」「集団ストーカー被害」を訴える人たち (2017-05-19 20:30)
 最近のデマ・2017 (2017-01-31 22:27)
 と学会がやっていたことは「弱い者いじめ」だったのか?・4 (2016-11-22 18:02)
 と学会がやっていたことは「弱い者いじめ」だったのか?・3 (2016-11-22 17:53)
 と学会がやっていたことは「弱い者いじめ」だったのか?・2 (2016-11-22 17:35)

この記事へのコメント
はじめまして。同日観劇して、トークショーも拝聴させていただきました。
トークショーでアメリカのマンガ業界はコミックコードによって壊滅的になった、というお話を伺ったのですが、現在規制は緩和されたのでしょうか?
個人的な感覚として、Fワードの有無でレイティングはあるけど描写は昔よりリアル(時に過激)になっていると思うのですが……
Posted by bintron at 2012年10月07日 14:25
>bintronさん

 前に書いたこちらの文章をお読みください。

http://hirorin.otaden.jp/e92767.html

 1980年代から、コミックス・コードをつけない「ノンコード・コミックス」が増えてきました。現在では事実上、コミックス・コードは廃止されているそうです。
Posted by 山本弘山本弘 at 2012年10月07日 14:43
>bintronさん

>同日観劇して、トークショーも拝聴させていただきました。

 羨ましいこと山の如しです。
Posted by toorisugari at 2012年10月08日 16:55
漫画で言うとフランケンふらんあたりか 。 こういった黒い内容をとらえるの私もわりと好きですw ちょっと見たいかも
まどかはあんまり好きじゃないけどw
Posted by ブーメラン at 2012年10月09日 12:40
表現規制は必要だと思います。

香山リカ先生がおっしゃられるように、
一般家庭には斧がないのに、
現実に斧を扱った事件が存在するのは
ゲーム「ひぐらしのなくころに」の
影響がないといえませんからね!

辛淑玉先生との共著「いじめるな!」P167参照
Posted by 理路整然 at 2012年10月12日 16:00
この手の話には関わらない様にしていたのですが・・・

>香山リカ先生がおっしゃられるように、 一般家庭には斧がないのに、 現実に斧を扱った事件が存在するのはゲーム「ひぐらしのなくころに」の 影響がないといえませんからね!

つまり、理路整然様の頭の中では、
そのゲームが存在する前には斧を扱った事件は存在せず、そのゲームが存在した後は斧を扱った事件があからさまに急増した、
と言う事になっているのですね。
Posted by だぁく・はんど at 2012年10月13日 18:31
>理路整然さん                              一般家庭にない斧を、どこでどうやって手に入れてくるのか考えて発言していますか? 今は聞かなくなりましたが、昔は野球部所属の中学生がバットで親を殴り殺すなどの事件があったりしました。バットで人を殴り殺せることは今も変わらないので、その理屈だと野球も規制しなければなりませんね。
Posted by きゅう at 2012年10月15日 00:29
現代社会のおかしなところを笑いにするのは「ザ・ニュースペーパー」も通じるところありますが、どうも日本って風土的にそういう笑いが通じない点があるように思います。

チャットで「ザ・ニュースペーパー知ってる?」ってきいてみても「知らないよ」「誰それ?」って答える人ばっかりだったなあ・・・。

あと、斧ですが僕の友人に果物農園の跡取り息子がいるのですが農家には普通に何本もあるようですよ?(理路整然さんのコメントへの意見です。)
Posted by デーリイスポルツ at 2012年10月15日 08:03
>2012年10月12日 16:00
>理路整然
>表現規制は必要だと思います。
>
>香山リカ先生がおっしゃられるように、
>一般家庭には斧がないのに、
>現実に斧を扱った事件が存在するのは
>ゲーム「ひぐらしのなくころに」の
>影響がないといえませんからね!
>
>辛淑玉先生との共著「いじめるな!」P167参照

事件を起こしたあの子は家庭での家族との関係などに問題があったんでしょうし
凶器が、斧か、包丁とかありふれた物かの違いで、事件を起こしてたと思いますがね。
安易な表現規制は問題の本質から目をそらすもんだと思いますが。
殺人事件はゲームやアニメや漫画が無かった頃から存在したわけですし。
Posted by ドードー at 2012年10月16日 12:35
>BL好きの女教師とか獣姦好きのマンガ家とか2次元
>しか愛せない少年

普通でしょう、笑う所ですか?

>理路整然さん
>一般家庭には斧がないのに、

アウトドア趣味は一般的ではないのですか?
ホームセンターに斧は売ってますし当方キャンプに
際して「銃刀法違反にならない刃物の携帯」に
ついて実に親切に警察からレクチャーとアドバイス
をいただきましたが。
Posted by S.K at 2012年10月21日 15:12
前回コメントへの補足です。

「一般家庭には斧がない」という意見があるようですが、以前ここで書いた僕の友人の家(果物農園)は斧が何本もありますし、僕の職場の先輩に薪ストーブ愛好家がおり、自分で薪割りをするのでやはり2,3本の斧を持っています。このように、「一般家庭には斧がない」というよりは「あるところにはある」というのが正しいと思います。凶悪事件のせいで斧規制なんてされたらどうなることやら?

あと、規制規制言ってたら野球漫画もあぶないの色々ありますよ。「あぶさん」なんて主人公の景浦安武は高校生のときにはすっかり酒飲みだったし、バットに日本酒を吹きかけるし、ヘタすると「野球少年の飲酒を促しかねないので20歳以下の閲覧禁止」なんてことになりますよ(苦笑)
Posted by デーリイスポルツ at 2012年10月24日 08:01
そもそもひぐらしに出て来るのって、斧じゃなくて
鉈じゃなかったかしら
Posted by 鳴ターキ at 2012年10月24日 22:28
 斧について。

 自分の家も一般家庭ですが、斧、鉈は常備してます。
 ついでに最近、本物のチェーンソーを購入しました。コンセントから電気を取る、そのものずばりな電動ノコを。

 なんでかっつうと、自分の家には庭があり、無駄に木が多く生えており、その枝や幹の伐採に用いるためです。
 庭の木が長く高く伸びてしまい、台風の時などに倒れたら大変な事になりそうだったので、切り倒し、さらにゴミに出すために枝を短く切り分けまとめなければならず、その作業のためチェーンソーを購入した次第です。

 まあ正直、理路整然様の言ってる事は、失礼ながら「表現規制しろ」と言いたいだけ、もしくは荒らして煽るためだけの釣り針としか感じ取れないので、名前負けしてる不整然な妄言にしか聞こえんのですが。

 しかし。一般家庭でも、必要ならば斧を常備しているところもある。なのに「一般家庭に斧はない」などと誤った前提を持ち出し、規制すべきという根拠にするのは、あまりに見識が狭い、無知な意見。
 規制に賛成してる人間は、根拠も無く前提からしておかしい人たちばかり……という自分の思い込みが、己の無知と見解の狭さゆえの誤解であってほしいところです。
 


 
Posted by 塩田多弾砲 at 2012年10月25日 01:57
むちゃくちゃな感情論が多いので、一人だけ反論しときます(笑)

>ドードー様

>安易な表現規制

猟奇的な殺人をきっかけとした規制が安易ですか?

>殺人事件はゲームやアニメや漫画が無かった頃から存在したわけですし。

当たり前。

文明が成熟して、
人類が理性を保つことができるようになったのだから
それにふさわしい環境にしたいというのは、

当然のことだと思うのです。
Posted by 理路整然 at 2012年10月26日 19:02
>2012年10月26日 19:02
>理路整然
>むちゃくちゃな感情論が多いので、一人だけ反論しときます(笑)
>
>>ドードー様
>
>>安易な表現規制
>
>猟奇的な殺人をきっかけとした規制が安易ですか?
>
>>殺人事件はゲームやアニメや漫画が無かった頃から存在したわけですし。
>
>当たり前。
>
>文明が成熟して、
>人類が理性を保つことができるようになったのだから
>それにふさわしい環境にしたいというのは、
>
>当然のことだと思うのです。

私が言いたかったのは、事件に使われた凶器や手口よりも事件を起こした動機の方に着目すべきという事だったのですがね。
おそらく事件を起こした子は前々から何らかの原因で殺意を抱いていたわけでしょうし、表現規制をしてもこの手の犯罪が無くなる事は絶対に無いと断言できますよ。
表現規制で社会の表面だけを取り繕っても事件の問題の本質からは目を背けてるだけなんですから。
しかし、理路整然さんが私以外の方々の意見を、まるで自分の意見に都合が悪くて目を背けたかのように、「むちゃくちゃな感情論」と無視したのは残念だったと思いますよ。
まるで理路整然さんが他の方々に反論できないから逃げたように見えますし。
Posted by ドードー at 2012年10月28日 15:10
>むちゃくちゃな感情論が多いので

 なんだ、やっぱり反対する人たちへの釣り針か。
 ちゃんとした根拠と理由の末でそう言ったのかと、少しでも考えた自分がマヌケでした。

 というか、こちらでも過去に山本氏が何度も、「表現規制したところで、問題が解決しない」と書かれているのですが。
 むしろ、規制してもそういった事件は減らず、かえって増えている例もある。
 規制したところで、問題解決にはならない事は、数字が証明している……ってのはさんざ言われてるのですが。

 
 人は理性を保てるようになったのだから、それにふさわしい環境にしたい……というより。
 それを建前として、「(自分が)気に入らないものを見せるな近づけるな語らせるな、それは当然のことだ。だから規制は必要」
 この手の人たちが規制したがるのは、こういった自分の嫌悪の感情が先に来てる。それに気づいていない、あるいは気づいていても認めない。
 そして、反対する人を感情論と嘲笑し、己の正当性を語る。
 これが自分の無知ゆえの偏見で思い込みであることを、切に願いたいものです。
Posted by 塩田多弾砲 at 2012年10月28日 17:29
>理路整然さん

>猟奇的な殺人をきっかけとした規制が安易ですか?

安易にして安直ですね。
『何故』という観点と実行者の資質に関する
絞殺が一切ありません。

>>殺人事件はゲームやアニメや漫画が無かった頃から存在したわけですし。

提起された問題に大使関係ありそうでない
不毛な回答ですね。

>当たり前。

>文明が成熟して、
>人類が理性を保つことができるようになったのだから
>それにふさわしい環境にしたいというのは、

>当然のことだと思うのです。

思えばあらゆる『衝動』『獣性』を完璧に
抑制できるなら呼吸や空腹さえ克服できる
でしょうね。
加えて『理性的な異常者』というのは
大して珍しくないでしょう、逮捕・収監
される凶悪犯罪者は銃殺されるそれより
遥かに多いんですからこれはある意味の
『分別がある』証左です。

ただまあ確かに発想にはモチーフがある
でしょうが、バラバラ殺人のそれが
ホラー映画かミートソースかどうして
貴方にわかるのです?

>ドードーさん

横レス失礼いたしました。
至らぬ差し出口であればお詫びいたします。
Posted by S.K at 2012年10月28日 17:30
>S.Kさん
>普通でしょう、笑う所ですか?

この演劇が「非実在青少年問題の世間への周知」と捉えると
日頃この手の表現規制への関心が薄い、
オタク趣味的なものから遠い人達も想定される観客の一部ですから、
そういう人たちにとっては、理解し難い趣味を持つ、
ちょっとした変人として面白い要素として映るのではないでしょうか?

私自身、そういった二次元が大好きですから普通すぎるほど普通の趣味に見えるので
この推測がどの程度当たってるのかは判りませんが
Posted by ナナミ at 2012年11月26日 01:17
久々にここに来てみたら小学生が混じっていました(笑)

>S.Kさん
>思えばあらゆる『衝動』『獣性』を完璧に
抑制できるなら呼吸や空腹さえ克服できる
でしょうね。

論理的なつながりがまったくありません。
加えて呼吸や空腹を抑制したら死ぬだけです。

山本マンセーのレベルはこんなものだと思っていただければ幸いです。(笑)
Posted by 理路整然 at 2013年01月08日 17:19
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。