2012年09月27日

『TARI TARI』面白かった

 たまには気分を変えてアニメの話なんかも。
 今期のアニメで個人的にいちばん楽しめたのは『TARI TARI』である。

公式サイト
http://taritari.jp/index.html

 まったく何の予備知識もなしに第一話を見て、「えっ、何これ!? すげー面白え!」と、一発でハマってしまった。
 魔法とか宇宙人とかの突飛な設定があるわけではない。王道とも言うべきストレートな学園青春もの。にもかかわらず、毎回、夢中になって見ていた。
 最近のアニメの部活というと、『けいおん!』みたいにいつ活動してんのかよく分からんものが多いんだけど、この番組はバカ正直なぐらいまっすぐに合唱部(時々バドミントン部)を描いていて、逆に新鮮。
 何と言っても良かったのがシナリオ。第1話の「舌打ちしない」とか「バドミントンな」とか「お前ら、私のしもべな」とか、どうってことないちょっとした日常の台詞が、いちいちいいんである。これを見ると、他のアニメの台詞がいかに説明的でわざとらしいかがよく分かる。
 監督の橋本昌和がシリーズ構成やって、脚本書いて、1話と最終話ではコンテも切ってる。これまで注目したことなかったけど、かなり才能がある人のようだ。

 1話を見て、何話か使って部員を集めて、1クールの最後に合同発表会にのぞむのかと思いきや、2話で早々と済ませちゃったのには驚き。でもって、発表会の日に思いがけないアクシデントが起きて、その逆境を乗り越えて来夏と紗羽が歌いだし、そのままエンディングに突入するという構成の妙にしびれた。
 その後も、エピソードがだいたい2話ごとに完結する構成になってるもんで、2話ごとにクライマックスが来る。それも最終回並みの感動が。

 3人のヒロインの中で、和奏だけがなかなか歌わないという構成も上手い。声が高垣彩陽だから歌ったら上手いに決まってんだから。いつ歌ってくれるかとじらされてたんだけど、6話のラストでとうとう母の死のトラウマを乗り越えて歌い出すところが、やっぱり感動の嵐。

 9~10話のショウテンジャーの話も良かった。
 テレビの変身ヒーローへのオマージュという話はアニメでは珍しくないけど、最初はバイト代のためにヒーローショーを引き受けただけで、「適当でいいよ」とか言っていた紗羽たちが、ウィーンにひきずられてどんどん本気になっていく過程が上手い。志保さんと紗羽の母娘対決とかも爆笑。
 クライマックスでは本当に正義のヒーローになってしまう。『熱闘ヒーローガンバライジャー』の主題歌とともに、夕陽をバックに立ち上がるウィーンとか、大智の登場ポーズとか、爆笑しつつも、あまりのかっこよさに感激して、何度も繰り返し見てしまった。絵コンテ、岡村天斎か。さすがだ。

 あと、この手の学園もののアニメって、親とか教師とか、大人の存在がないがしろにされている例が多いんだけど(親がまったく登場しない作品もある)、この番組は大人たちもみんな印象的で、いいキャラばっかりなんだよねえ。志保さんとか、和奏のお父さんとか、高橋先生とか。
 特に教頭先生。「悪役っぽいけど実はいい人に違いない」と最初から思ってたけど、表のきびしい顔を保ちつつ、旧友の娘である和奏に貴重なアドバイスをする、そのツンデレっぷりにくらくら来ました。最後の方はすっかりいい人になっちゃってまあ……。

 まだ見てない人がいるかもしれないので、最終話については詳しく書かないでおく。
 意外にあっさり終わったな、という印象。でもやっぱり、教頭先生が登場するところは、伏線見え見えではあったけど感動した。「キターっ、教頭キターっ!」と、深夜にもかかわらずテレビの前でのたうち回ってましたよ。
 完成した歌「radiant melody」も良かったしね。
 なんか『まなびストレート!』の最終回を連想した。あれも好きなアニメだったけど。

 しかも!
 終了後に流れる挿入歌集CDのCM!

http://www.lantis.jp/release-item2.php?id=093d4748344a5ac86c30c7e9318d993c

 おおお、「リフレクティア」が! 「Amigo!Amigo!」が! 「goin' my way !!」が! 「熱闘ヒーローガンバライジャー」はフルと10話バージョンと両方入ってるのか! これは嬉しい! 「心の旋律(#6ED Ver.)」って、もしかして「録音スタート」「これから歌う歌は」ってところから入ってるのか?
 ちくしょー、ランティス商売上手いなあ。買うしかないじゃん。

 その他にも、今期の番組で面白かったのは『じょしらく』。
 原作を読んでたもんで、「こんな動きの少ないマンガ、どうやってアニメにするんだ? それに原作のストック少なすぎない?」と不安だったんだけど、蓋を開けてみたら、もう笑える笑える。水島監督さすがだ。
 月見の話とかクリスマスの話とかどれも面白かったんだけど、東京各所を探訪するシリーズも意外に楽しかった。ロフトプラスワンとか、実在の場所がばんばん実名で出てくるのがすごい。けっこう危険なネタにもチャレンジしてて、その危なさがまた笑える。

 あと、『ココロコネクト』も好きな作品。原作のファンなもんで、後藤龍善の声が藤原啓治で、稲葉んの声が沢城みゆきだと知った瞬間、「よっしゃ、これで勝てる!」とガッツポーズしたもんであります。
 原作に非常に忠実なアニメ化で、原作のあのシーンとかあのシーンとかが見事に映像化されていて大満足。特に10話の稲葉んがかわいくてかわいくて、もうどうしてくれよう(笑)。
 ただ、番組内容と関係ないところで起きた騒動のせいで、ネガティヴがイメージがついちゃったのが悲しい。作画スタッフや原作者には責任ないのにねえ。
 ちなみに最終話はこれから見ます。


タグ :アニメ

同じカテゴリー(アニメ)の記事画像
作品の枠を超えたキャラクター対比図
同じカテゴリー(アニメ)の記事
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.6 (2017-02-17 18:52)
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.5 (2017-01-21 18:24)
 『この世界の片隅に』 (2016-11-18 20:22)
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.4 (2016-11-18 20:00)
 弱者が常に正しいわけじゃない (2016-10-12 19:25)
 映画『聲の形』 (2016-10-12 18:37)

この記事へのコメント
山本先生今晩は。

今回は少し真剣に、お伺い致します。

私も「TARI TARI」は十分に面白く良く出来た作品だとは思います。細かなキャラ描写などは恐らく今クールでは最良の物でしょう。

しかしながら、前々から感じていた事ですが、こうした作品を「アニメで作る」意味が今一つ良く分かりません。

例えば「良く描き込まれた背景」は実写なら「映すだけ」で実現できますし、登場人物の細かな心理描写なども、俳優を適切に演出すればアニメより細かく多彩な表現が可能(な筈)です。

又、本作の系列作品は「けいおん!」「らき☆すた」等のように、ディフォルメすることで面白さを追求した作品でもありません。

正直なところ、この手の作品については、それが良く出来ていればいるほど、「実写でやればセンス次第でより容易に出来る物を、わざわざ余計な手間を掛けてアニメ化している」というイメージがどうしても拭えません。

これは私の記憶(つまり間違いという可能性も大)ですが、同様の疑問が、ジブリ映画「耳をすませば」に付いて、映画評論家などからされていた様な気がします。

我ながら形式的な事にこだわり過ぎる様な気がするのですが、正直潤沢とは言いがたいアニメの制作資源、資金などを考慮すると、なるべくなら「アニメで無いと出来ない」作品を作ってもらいたい、という気持ちが無いとは言いがたい物があります。

山本先生は、こうした「ある映像作品がアニメである事の必然性」?に付いていかなるお考えをお持ちでしょうか。
Posted by nns at 2012年09月27日 21:21
>絵コンテ、岡村天斎か。さすがだ。

この回の敵役の衣装が「メダロット」のロボロボ団っぽかったのは岡村さんの仕業だったんですかね(笑)。
Posted by 餃子少年 at 2012年09月27日 21:51
ココロコネクトのあれはホントに作品に泥を塗りましたよねぇ……。
原作者と作画スタッフには罪はありません。ええ、まったく、本当に。
あれに関わったスタッフの上の方の連中は自業自得ですがね。
あんなイベントやったらどうなるかもわからないような作り手の想像力の欠如が、作品の正当な評価を妨げるのはやりきれませんね。
まあ、Twitterで暴れた某音楽家も想像力が欠如していたのでしょうが、作品を作るための想像力はあっても自分の行動の結果を考える想像力が無いというのは何なんでしょうねぇ……。
Posted by ドードー at 2012年09月29日 00:25
最近はトランスフォーマープライムとかキムポッシブルとかスイチューフレンズとかファニー&ファーブとか海外アニメも熱いですよ
Posted by ブーメラン at 2012年10月02日 14:41
フィニアスとファーブでした 申し訳ない
Posted by ブーメラン at 2012年10月02日 16:42
 コメント連投失礼します。
 「じょしらく」と「ココロコネクト」、鷹の爪団の吉田君が出てくる下記リンクのCMも面白かったです。(本編は!?)

http://www.youtube.com/watch?v=J7Im0viu3fE&feature=relmfu

http://www.youtube.com/watch?v=AMIBDWdWrFo
Posted by toorisugari at 2012年10月02日 17:28
>nnsさん

>正直なところ、この手の作品については、それが良く出来ていればいるほど、「実写でやればセンス次第でより容易に出来る物を、わざわざ余計な手間を掛けてアニメ化している」というイメージがどうしても拭えません。

 その問題の回答は、『ネギま!』の実写版とアニメ版を比較してみれば分かるんじゃないかなと(笑)。
 いや実際、キャラクターや背景が「絵だからこそいい」という場合があるんですよ。前にライトノベルの『学校の階段』を実写映画化したものを観たことがあるんですが、正直、「これはアニメで観たかった」と切実に思いました。
『TARI TARI』の場合もキャラクター・デザインがいいし背景も美しいんで、俳優を使って実際の場所で撮影してもこんなに面白くなったかは疑問です。つまり、あなたの言う「余計な手間」をかけたことで、実写よりも面白くなってるんじゃないかと思うんですよ。
 こういうたとえはどうでしょう。リアルな美しい風景画を見て、「こんなの手間かけて絵にしなくても、実際の風景を写真で撮ればいいんじゃないの?」という人がいたら……あなたはどう思われますか?

>餃子少年さん

 はい、僕もあれはロボロボ団を連想しました。

>ドードーさん

 本当にあの事件は腹が立ちますね。
 そもそもテレビでやるドッキリというのは、実際はやらせが多い(出演者は仕掛けを知っていて騙されているふりをしている)と言われてます。本当にドッキリを仕掛けて後で問題になる場合もあるわけで、配慮しているわけですよ。
 こんなことをしたら問題が起きると気がついていなかったんだとしたら、あのプロデューサーはテレビ界にいる資格はないと思います。
Posted by 山本弘山本弘 at 2012年10月03日 10:41
>盆ダンスさんへ

 あれからIPを頻繁に変えてしつこく荒らしの書きこみを続けておられますが、いいかげんにあきらめなさい。僕はあなたのコメントは全部削除すると宣言したはずです。実際、あなたのコメントは目も通さずに削除しています。
 誰にも読まれないまま消えてしまう文章をせっせと書き続けるのって空しくないですか? そんな行為って楽しいですか?
Posted by 山本弘山本弘 at 2012年10月03日 10:47
 …何故かこの記事に最初に書いた私のコメントが反映されていないため、いきなり「コメント連投失礼します」となってしまい奇妙ですね…失礼しました。

 いよいよ秋アニメ開始ですね!私も『ジョジョ』や再開される『銀魂』、それにシューティングゲームや「おとぎ奉り」で有名な井上淳哉さんの『BTOOOM!』等々、期待でワクワクが止まりません!
 勿論、今までの作品群も大切な記憶です。山本さんの分析力と紹介力にはいつものことながら感激するばかりです。

>『TARI TARI』
 あれだけ、それぞれ背負った事情を持つキャラが出ていたにも関わらず、自然な感じに見せられたのがいいと思いました。
>最近のアニメの部活というと、『けいおん!』みたいにいつ活動してんのかよく分からんものが多いんだけど、この番組はバカ正直なぐらいまっすぐに合唱部(時々バドミントン部)を描いていて、逆に新鮮。
>第1話の「舌打ちしない」とか「バドミントンな」とか「お前ら、私のしもべな」とか、どうってことないちょっとした日常の台詞が、いちいちいいんである。これを見ると、他のアニメの台詞がいかに説明的でわざとらしいかがよく分かる。
 やはり、「何気なく魅せる」のが重要ですね。

>『じょしらく』
 季節ズレすらネタにする、パロディのオンパレード!正に「(パロディ)やらないか」ってなものです。
 あと、覆面=まどか。
 パロディといえば、私はほかに『貧乏神が!』も、すぐ終わってしまったことさえ除けば好きです。特にテニスの回がお気に入りです。

>『ココロコネクト』
>「よっしゃ、これで勝てる!」
 何に!?

>番組内容と関係ないところで起きた騒動のせいで、ネガティヴがイメージがついちゃったのが悲しい。作画スタッフや原作者には責任ないのにねえ。

>本当にあの事件は腹が立ちますね。
 そもそもテレビでやるドッキリというのは、実際はやらせが多い(出演者は仕掛けを知っていて騙されているふりをしている)と言われてます。本当にドッキリを仕掛けて後で問題になる場合もあるわけで、配慮しているわけですよ。
 こんなことをしたら問題が起きると気がついていなかったんだとしたら、あのプロデューサーはテレビ界にいる資格はないと思います。

> ココロコネクトのあれはホントに作品に泥を塗りましたよねぇ……。
あれに関わったスタッフの上の方の連中は自業自得ですがね。
あんなイベントやったらどうなるかもわからないような作り手の想像力の欠如が、作品の正当な評価を妨げるのはやりきれませんね。(ドードーさん)

 本当にショックでした。市来光弘さんが格闘ゲームイベント「Evolution 2012」に参加を見送ってまでやった仕事が、ドッキリだなんて…(ショックを受けるところが違いますね)

http://blog.esuteru.com/archives/6575981.html
http://blog.esuteru.com/archives/6579341.html

 他にも私は、日常のちょっとした推理?が魅力の『氷菓』や、原作が大好きな過激作?『はぐれ勇者の鬼畜美学』等々も楽しんで見られました!

 …燥いで長文になってしまいました。(しかも、消えてしまった最初のコメントの手直し…)兎に角、アニメ作品が色々面白かったです&楽しみです!!!
Posted by toorisugari at 2012年10月03日 14:01
 連投失礼。(今度こそ…)
>山本さん

>>盆ダンスさんへ
 あれからIPを頻繁に変えてしつこく荒らしの書きこみを続けておられますが、いいかげんにあきらめなさい。僕はあなたのコメントは全部削除すると宣言したはずです。実際、あなたのコメントは目も通さずに削除しています。

http://hirorin.otaden.jp/e253556.html#comments

>>それを見た多くの日本人は、『あの国の人はみんな日本人が嫌いなんだ』という印象を抱いてしまうんじゃないか?」
>夕帆「本当はデモに参加していない人のほうが多いのにね」
何も考えず暴れる人は極一部という考えには同感です。
極一部の人が書き込んでるだけのmixi日記見ただけで「世の中にはこんなにも異常者が多い」と日本全体が異常者だらけと煽る馬鹿に読ませてやりたいです。
Posted by 盆ダンス at 2012年09月29日 11:08

 一応、お知らせということで…失礼しました。
Posted by toorisugari at 2012年10月03日 14:05
>toorisugari さん

 ありがとうございます。見落としてました。
Posted by 山本弘山本弘 at 2012年10月07日 13:35
歳のせいか、近頃めっきりアニメを観なくなったなぁ…。

最近観たのって『人類は衰退しました』くらいだなー。
秋アニメで追っかけてみようかと思うのは今のところ『新世界より』ですかね。スキンシップ過剰な少年少女達とビックリドッキリクリーチャーの活躍に期待(薄い本的なニュアンス込みでww)。


あと、出来ればで良いのですが…昨夜の放送で「第一部完!」ぽかった『SAO』の山本先生の感想(又は評論)を聞かせて頂けると嬉しいです。
原作は未読ながら、今一番人気のラノベとの噂を聞いてアニメを2〜3回観たものの、正直「ただのゲームオタクの夢?」という非常に残念な印象でした。
人気作に対して下手なコメントをすると炎上の可能性もありますが、業界的な盛り上がりっぷりと個人的な感想にギャップがあり過ぎてなんか気持ち悪いんですよぅ。
Posted by 活字スキー at 2012年10月07日 15:30
>山本さん

 どういたしまして。大変ですよね、ブログ管理…
Posted by toorisugari at 2012年10月08日 13:20
 今更ですが…ニコニコ大百科から知ったのですが、

>市来光弘さんが格闘ゲームイベント「Evolution 2012」に参加を見送ってまでやった仕事が、ドッキリだなんて…(ショックを受けるところが違いますね)

 市来さん、どちらにせよ予定が合わなくて参加は無理だったとのこと。

>2014年現在偽オーディション1ヶ月前の2012年5月24日に「マネージャーと相談した結果スケジュールの都合で参加できない」「パスポート作るのもやーめた」と発表していたことが判明している。
(海外の大会であるため申し込みページがすべて英語であり「英語など読めん!」「(パスポートの作成が)そのめんどくささに吐きそうになってる」と数時間前からコメントしているため、パスポートも作成しておらず、参加申し込みも行っていないと思われる。ラジオ上で不参加になった件について「偽オーディション」を関連づけて発言しているため、マネージャーがこの時期から市来に秘密で予定として入れていた可能性もある)

 私は炎上問題には一切関わってはいませんが、市来さんの事情をよく知らない第三者の分際で誤った情報をコメントしたことを謝罪します。
Posted by toorisugari at 2015年08月31日 14:40
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。